« オヤブジラミとイタリアンパセリ | トップページ | アイガモ農法 »

2008/07/23

私待つわ

昨年の秋から冬にかけ、暖かそうな毛布に包まれ咲いていた「ビワ」の花。
そう、これでしたね。うつむきがちの白い花たちが寄り添って咲いていました。
 
  071107biwa_hana1 071107biwa_hana_up
 
造園屋さんのストック場のこのビワの木、その後どうなっていくかと時おりチェック
していました。
 
080415biwa 080516biwa_mi1
        < 4/15撮影 >            < 5/16撮影 >
春、いつのまにか緑の若い実たちが上を向きだんだん膨らみつつありました。
 
080604biwa1
 6/4撮影
 
 ふっふっふ
 色づいてきたね
 
 重くなってきたのか
 また下を向いて
 ぶら下がって
 いました。
 
 
 
080604biwa2
 
 
 
  同じく 6/4撮影
  大粒の実
  美味しくなりそ
  あと少しだね
 
 
 
 
 
みんな淡いオレンジ色に色づいた様子を期待して見に行った1週間後…
先端の枝ごと消滅していました。あんなプックリした実でしたから、
造園屋さんがただ剪定しただけではないでしょうね。木を疲れさせないためと
味わうための両得を目的に切られたのでしょう。
あともう一歩だったのに、残念ながら完熟の様子はみられませんでした。
でもね、完熟した実を見たら味見の誘惑に負けていたかも。
だからこれでよかったのでしょう catface
 

|

« オヤブジラミとイタリアンパセリ | トップページ | アイガモ農法 »

コメント

出た~ ポージィさんの毛皮のコート!
この冬はぜ~ったいこのムクムクモコモコちゃんを
撮りたいです。
びわの実は鳥以外にポージィさんが狙っていたとは
ここの人は気づきもしなかったでしょうね。笑)
食べたのかなぁ~
食べるのならもっと熟させた方がいいのと違う?
でもやはり食べたんだろうな・・・。
ああ、興味はここに集中!catface

投稿: 池田姫 | 2008/07/23 09:58

下を向いていた花が、若い実になると上を向いて。
色づいて重くなってくるとまた下を向くんですね。
定点観測の写真でその様子がよくわかりました。

>ふっふっふ。
↑「ワトソン君。謎は全て解けたのだよ」
というポージィさんの声が聞こえてきそうですね。(笑)

実といえば、あれから私もヤマブキの実を探してみたんですが。
ガクだけしか残ってなくて。
やっぱり「みのひとつだになきぞかなしき」でした。(^^;)

投稿: nanbu | 2008/07/23 11:36

ポージィさん、こんにちは。やれやれ、私にも理解できる話題になってきました。枇杷なら知っています。
それにしても、ずいぶんと何回も観察をしたのですね。最も私の苦手とするところです。やはり、物事を正しく知るためには忍耐強くこまめに調べたり観察したりしないと駄目ですよね。それにしても造園屋さん、もったいないことをする。ここまで大きくなったのだから、食べられる状態まで待てばよいものを。
昔の私達のオヤツは、柿、芋、無花果、アケビ、ザクロ、スモモ、それにこの枇杷でした。実が大きくても種が大きいから、食べるところが少なくて、不満がありました。でも、美味しかったな。庭のちょっとした場所に色々と生り物を植えていたものです。

投稿: polo181 | 2008/07/23 12:04

♪私待~つわ 熟すまで待~つわ♪
あみんのあの懐かしい綺麗なハーモニーが聞こえたと思っていたら、
歌っていたのはポージィさんだったのだ。
ふっふっふとほくそ笑みながら待~つわ・・・
でも熟した実は造園屋さんの関係者のお口の中へ消えていった・・・。多分。
ポージィさんもがっかりしたけど、小鳥さんもがっかりしたに違いない。
今日の小鳥になったポージィさん、最高に面白かったhappy02

下のオヤブジラミのオヤブが雄薮だったこと、オナモミの赤ちゃんのようなヒッツキムシができること知りませんでした。触るとちくちくするオナモミよりフワフワと綿のような感じの実が可愛い。でも引っ付かれたくない(笑)

投稿: あまもり | 2008/07/23 13:11

それは惜しいことをしましたね。
造園屋さんに知らせて、撮影していたらよかったですね。
その後、その実がどのような運命を辿ったか
とても気になるところです。
きっと、某さんだったら、あらかじめ
造園屋さんと仲良くなっておいて、
収穫もさせてもらっていただろうと思います。
ポージィさんは、奥ゆかしい。
その点は、鎌ちゃんにそっくりですね。

投稿: 鎌ちゃん | 2008/07/23 14:26

あらあら! 読んでいるうちに試食されたのではないことを知って・・・
こんなに懸命に観察をされていらしたのにある日突然はないですよね~

ポージィ さんが密かに観察されていらしたことをご存じなかったのですね~
あるいは ご存知でこれはやばい! と・・・笑
いずれにしてもあの黄色い果実をみることも試食することも出来ずに残念でしたね~
お花はとっても可愛くていい香りなんですよね。

投稿: pole pole | 2008/07/23 16:45

◆池田姫さん、ありがとうございます ♪

あ~ 毛皮のコート覚えていてくださったんですねっhappy01
この冬のお楽しみのひとつ。ぜひお撮りになってください。
最後の写真を撮ったときはほんとワクワクしてたんですよ。
もうじきだぁ~って。で、1週間後に見に行ったら何にも無し!
せめて見たかったですよぉ、美味しそうに色づいたのを。
きっと直前に採ったのではないかと。
少し早くても、採ってから追熟させたんでしょうね~
はい、私も想像をたくましゅうしておりますbleah


◆nanbuさん、ありがとうございます ♪

上を向いたり下を向いたり、こんなに動いていたとは
写真を撮ってみて初めて気づきました。
緑の実の時代がちょっと毛深いイチヂクみたいだってことも(^^)
あはは ふっふっふ を謎解きのホームズの笑いととってくださいましたか。
実は色づいてきた様子を見て卑しくほくそえんでいたのでしたcoldsweats01

あ、ヤマブキの実を探して見てくださったんですね。
やっぱりガクだけになっているものが多かったですか。
熟す前に落ちてしまいやすいようですね。
「みのひとつだになきぞかなしき」は、八重のヤマブキに掛けたのだと
思っていましたが、こうなると一重のヤマブキでも十分当てはまる
と思えますね。


◆polo181さん、ありがとうございます ♪

こんにちは。
熟すまであと一息だったのに惜しかったです~
いえいえ、写真を撮るのが目的であって、味見はあくまで
ひょっとしたら、ですからね(笑)
いつもクックの散歩で限られた狭い場所を歩いているので、
その途中にあるものなら定点観察も難しくはないのです。
わざわざ特別な場所へ出かけて行って、というのはなかなか
できませんよね。

かっては身近な果樹の実が、自然の恵のおやつになっていた
のですね。現在市販されているものほどではなくとも、果物の甘さは
魅力も大きかったことでしょうね。
そうそう、ビワは特に種が大きくて食べるところが少ないのが
ちょっと残念。でも2004年に種無しビワというのも生み出された
そうですよ。私はお目にかかったことありませんが。


◆あまもりさん、ありがとうございます ♪

ダハハハ 綺麗なハーモニーのはずなのにちょっと変、と
お思いになったでしょう?私の音痴歌声聞かれちゃいましたね。
でもよくぞあみんの「待つわ」に気づいてくださいましたhappy01note
6/4に、ほくそえみながら撮っていた姿を見られていたのかも
しれませんね。ヨダレをこぼさんばかりの顔だったとか?
そんな顔を見たら、これは急いで収穫しなくちゃと思うでしょうね~
私と同じようにほくそえんでいた鳥さんもガッカリ。
鳥さんのほうが可哀相ですねdespair

オヤブジラミの方へもありがとうございます。
小さくて可愛いひっつき虫。イノコズチのひっつき虫よりイイナ。
なんて、本音はやっぱり引っ付かれたくありませ~んcoldsweats01


◆鎌ちゃん、ありがとうございます ♪

惜しかったです。多分一日くらいの差だったでしょうね~
でも、お願いするほどのことでもないので(^^;)
消えた実はきっと造園屋さんのお宅で追熟して、美味しく
食べられたのだろう、ということにしておきましょう。
無関係の人だったらごっそり持っていくなんて顰蹙物です。

ウフフ 鎌ちゃんも私も奥ゆかしいが故に
ちょっぴり損している部分があるのでしょうかね?


◆pole poleさん、ありがとうございます ♪

最後に撮ってから1週間後にはなくなっていましたからね~
タッチの差だったのではないかと思います。
ちょっとショックでしばしボーゼン。
そうそう。目を輝かせてほくそえみながら撮っている姿を
目撃されていたのかもしれません。そんな姿を見ちゃったら
これはヤバイと思いますよねhappy01
この木がどこかのお宅へ興し入れせずにこのままあったら、
また来年に期待することにします。
寒い時期に咲く花が、コートを着ているのがとっても可愛くて、
ほんのりいい香りもいいものですね。

投稿: ポージィ | 2008/07/23 18:42

ビワの木は、何カ所かマッピングしてあるのに、何故か花期逸してしまいます(悲)。

そして、たわわに実った実を眺めながら後悔するのです。
それにしても、熟れた実がボトボト、落ちているのはいかにももったないですよね。

ご自由にどうぞ、とか表示してほしい。。。

投稿: noodles3 | 2008/07/23 19:34

追記です。

ビワの葉は、婦人科に効くようで、一時家内がビワの葉のお風呂に浸かっていましたっけ。

投稿: noodles3 | 2008/07/23 19:36

◆noodles3さん、ありがとうございます ♪

おや?ビワの花、見逃していらっしゃいます?
今年は初冬の頃からしっかりマークなさってくださいね(^^)

実は収穫もされずにボタボタ…とは。あぁ、もったいない。
朽ちるままにするくらいなら欲しいという方がたくさんいる
でしょうに。「ご自由にどうぞ」とあったら嬉しいですよね!

ビワの葉の効能の情報もありがとうございます。
今ちょっと検索してみましたが、いろいろな効能があるんですね。
春頃だったか、どこかの公園で剪定されたビワの枝がたくさん
積んであるのを見たことがあります。そういうのを貰ってくると
お風呂にもバンバン入れられますね!

投稿: ポージィ | 2008/07/23 21:03

ちょっと残念でしたね。
わが家のすぐそばに、勝手に生えているビワの木があって手を伸ばせばとれるのですが、ちょっとやせ気味の実で誰も採ろうとしませんでした。
そのうちに熟した実が全部地上に落ちていました。鳥がつついたのかもしれません。
来年は採ったり撮ったりしようかと考えています。

投稿: 横浜のおーちゃん | 2008/07/23 21:07

◆横浜のおーちゃん、ありがとうございます ♪

できれば完熟の様子も見たかったです~(味見も ^^)
残念ですが、これは造園屋さんのもの、仕方ないですね。
おーちゃんのご近所には勝手ビワの木があるんですか。
冬の頃にでもちょいちょいと根元に肥料をやっておいたら
もう少しぷっくりした実が生るかもしれませんね。
あーでもそうなると鳥や他の人に先に採られちゃうかな…
来年のおーちゃんの採ったり撮ったりに期待していまーす。

投稿: ポージィ | 2008/07/23 21:30

去年同様、生意気な毛皮のコートが
またシメジに見えたmikiですdelicious
「枇杷」という漢字もお勉強させてもらったっけpencil
(でも未だに書けない)

子供の頃 イチジクとかビワはよその庭にあるもので
決してお店で買うモノではなかったですが
今は畑で作っておられる人は別にして
滅多に見ることがなくなりました
そしてお店では結構いい値段がついてるんですよね
ポージィさん 味見できなくて残念happy01

投稿: miki | 2008/07/23 21:47

上京して驚いたのは、東京の街には夏みかんと琵琶の木が数多くあったことです。
どちらの実も、誰も採らないことには、もっと驚きました。
夏みかんは生りっぱなし、琵琶の実は道路を汚す厄介者、そんな存在でした。
ただ今では随分と少なくなりました。

この琵琶の実、大きくてふっくらしてて、美味しそうですね。
もう少しで完熟かってところで、残念でしたね。
でも足元のゴミになるより、誰かのお腹におさまったと考えれば、琵琶も本望でしょうね。
いろいろ摘み食いはしておりますが、未だ琵琶の実との縁はありませんね。
どこかにあるに違いない強い縁で結ばれた琵琶の木、なんとか探し出さなくちゃ(笑)。

投稿: goro’s | 2008/07/24 01:30

ご無沙汰しています。
でも毎日拝見させていただいています。

びわってこんな豪華なコートを身につけて
いたのですね。だから高いのでしょうか?
大好きなのですが、高価で第一食べるところが少ないです。
今年から種なしが出荷されるという話を
聞いていましたがどうなっているのかしら?
名前も希房のようですが・・・

投稿: あやや | 2008/07/24 07:56

◆mikiさん、ありがとうございます ♪

ウッフッフ やっぱりシメジに見えましたか(^^)
去年アップしたのと同じ写真ですしね。
私にとって、枇杷も琵琶も読めても書けない漢字です~。
決して複雑な漢字じゃないのに何故に覚えられない、私sweat01
mikiさんも枇杷が書けないと知ってホッとしています。

mikiさんの子ども時代には、ビワとイチジクはそれくらいたくさん
植えられていたんですね。自分ちのおやつにもなり、近所の子供達の
おやつにもなり。お菓子も果物ものも多種多様になった今、
植えられている木もすっかり少なくなってしまったのですねぇ。
そしてお店で売られているビワもイチジクもすっかり高価なものに。
なんだか変なの~ このところの食糧高騰や食糧危機で、
もしかするとまた増えてくるかもしれませんね。


◆悟郎さん、ありがとうございます ♪

そうだったんですか。
こちら神奈川でも同じだったのかもしれませんね。うちの近所が
農家が多い(多かった)こともあってか、蜜柑・枇杷・無花果・柿が
庭や畑の隅にあるお宅、今でもちょこちょこ見かけます。

実の収穫は…それなりにされているのかな。お店で買えば結構な
お値段がするのに、ボタボタと落果するままというのは何とも
もったいない話ですね。足元が土じゃなかったら肥料にもならない。
かってはそんなにあった枇杷の木も今ではすっかり減って、
悟郎さんのお口に入るチャンスもないままですか。
運命の糸で結ばれた枇杷、見つけられるといいですね(^^)


◆あややさん、ありがとうございます ♪

こんにちは。暑い毎日ですがお元気でいらっしゃいましたか?
いつも見に来ていてくださって嬉しいです(^^)

お店で売られているビワもきれいに箱詰めされて、何だか妙に
お高いですよね。毛皮のコートを着るような生まれだからでしょうか(笑)
種無し品種があること、私も以前検索していて知りました。
いよいよ今年から発売ですか?
その「希房」、千葉で生まれた品種ではなかったでしょうか。
最初のうちは超高級で一般のスーパーなどでは売られないかも
しれませんね。普通のビワは3分の2が種という感じですが、
種無しだと食べ応えがありそうですね。
 

投稿: ポージィ | 2008/07/24 09:54

びわ・・・実は食べるのはあまり好きではありません。
子供の頃に食べたきりの食べず嫌いですが・・・。笑

そういえば、小学校の理科の先生が、
びわの木には
ケサランパサラン(ケセランパセラン?)
という、不思議な生き物がいると教えてくれて、
一時期よく探しました。
たんぽぽの綿帽子のような生き物で
白粉を食べて生きるそうです。。。
植物なのか動物なのか、今だ正体不明な生物だそうです。

びわの木の妖精とも言われているそうですよ!

投稿: SAKURA-MOCHI | 2008/07/24 10:00

◆SAKURA-MOCHIさん、ありがとうございます ♪

ビワの実、私も食べてみればそれほど好きということはないです。
どう言ったらいいのでしょう…食べずに見ているときのほうが
美味しいというか。あの色形のせいかな?
いざ皮を剥いて食べると、種は大きいし種を包んでいる膜は
どことなく渋いし、食べられる部分は少なくて物足りないしcoldsweats01
見ていると美味しそうと期待がむくむくと膨らむんですけどね。
 
小学校の先生、夢のある楽しい話を教えて下さいましたね。見つけられましたか?
ケサランパサラン その名前は聞き覚えがあるぞ、というので
ネット検索してみたところ、たくさんヒットしました。
本当にビワの木の妖精だったら、なんてステキなんでしょheart04

投稿: ポージィ | 2008/07/24 10:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50994/41842120

この記事へのトラックバック一覧です: 私待つわ:

« オヤブジラミとイタリアンパセリ | トップページ | アイガモ農法 »