« 3度目の出会い「キキョウソウ」 | トップページ | グラデーションが好き »

2008/07/09

「唐竹蘭(トウチクラン)」

先だって山口・宇部へ行ったときのこと。
義母のプランターに見慣れない花を見つけました。
 
080609toutikuran1 
 スッスッと伸びた茎に笹のような
 葉が付き、焦げ茶色の花が
 俯いてぶら下がっています。
 これは何?
 「サンダーソニア」の別品種???
 
 別の場所では地植えのものが
 1.5m程にも育っていて、
 葉の付いていない下の方の茎は
 まるで竹そのもので、緑色の茎に
 節?に茶色の短い稈鞘(かんしょう)の
 ようなものが付いていました。
 (稈鞘=稈の皮、稈=茎)
 
 
 
義母に尋ねると「園芸店のおじさんが『唐竹蘭』か『宝竹蘭』と言っていた」とのこと。
帰宅後「トウチクラン」でネット検索したところ、ヒットしました。
 
080609toutikuran_up「トウチクラン(唐竹蘭)」
:ユリ科・チゴユリ属
 中国・インド・
 マレーシア原産
 イネ科の「トウチク」に
 似ていることから命名。
 古くから茶花として
 用いられている。
別名・
「チャバナホウチャクソウ」
花の大きさ・
直径1cm弱 長さ1.5cm位
 
 学名(Disporum pullum)
 
 
ちなみに最初に思い浮かべた「サンダーソニア」はユリ科・サンダーソニア属。
私が思うに、葉っぱの感じは「トウチク」よりも「ホウチャクソウ」よりも、
「サンダーソニア」にこそ、似ていたような。
古くから茶花として愛用されてきたというわりには私は初めての出会い。
珍しいものを見せてもらいました。 
ただ、笹のように見える茎の下のほうを撮ってこなかったのが失敗でした。
 

|

« 3度目の出会い「キキョウソウ」 | トップページ | グラデーションが好き »

コメント

パッと見はよくブログで見せていただくホウチャクソウに似てますね。
三本筋の入った葉っぱといい俯いて咲く花といい。違いは花色だけのような。
なるほどそれで別名が「チャバナホウチャクソウ」なんですね。
サンダーソニア?は初めて聞く(見る)名前だと検索して見てきました。
花はこのトウチクランよりぷっくり丸め。
トウチクランとサンダーソニアを並べると
ダイエットのビフォアー、アフターみたい(笑)
あ、シチレイ。花は提灯みたいで可愛らしい。

稈鞘の説明で思い出したことが。
神戸の森林植物園で園内を案内してくださった方に竹と笹の違いを教えてくれました。
茎に沿って皮があるのが笹。無いのが竹。大きさや高さは関係無いのですよと。
その皮というのが「稈鞘」なんですね。
ここでそのことを復習できたし、稈鞘という言葉も知って今日はラッキーでした。

投稿: あまもり | 2008/07/09 13:32

ポージィさん、こんにちは。昨日のキキョウソウにつていコメントを書こうと思ってやって来たら、はや更新されている。今度も知らないトウチクラン。あまもりさんのコメントを読んでもちんぷんかんぷん。
あなたの説明で(稈鞘=稈の皮、稈=茎)の意味が分かったのが大きな収穫。私の印象では、花はちょっと小さいが、ホタルブクロに似ていると思いました。蘭の文字を使っているけれどユリ科の植物なのですね。ネットで調べたら茶花として用いた後、挿し木で簡単に根付くようなことが書いてありました。貰いに行くにしても、宇部では遠すぎますね。笹のように見える部分の写真があるとなおよかったと私も思いました。

投稿: polo181 | 2008/07/09 15:33

何でもご存知ポージィさん、でもお義母さまの大事なものでふと可愛いお嫁さんの雰囲気に~(笑)
落ち着いた綺麗なお花ですね。
私も欲しくなりそう、~愛でていただいてお義母さまも
心中嬉しいと思います。

最初の物はなるほど全体像も欲しい、私もアップをまず考えて行動するので
その様な点も大事な事、でしょうね。

投稿: | 2008/07/09 16:08

うつむいた花に、私も一瞬ホタルブクロかと思いました。
でも、葉の形が違いましたね。(^^;)
葉がサンダーソニアに似ているというのも、検索して納得しました。
属は違っても同じユリ科ですもんね。
そういえば、最後の上向きにした写真で、花の様子がよくわかりましたけど。
ちょっとクロユリを思わせるようなシックな花ですね。

投稿: nanbu | 2008/07/09 16:09

◆あまもりさん、ありがとうございます ♪

あまもりさんは、パッと見真っ先にホウチャクソウを思われたのですね。
やっぱり、科名も属名も同じお仲間のホウチャクソウは似ている(^^)
そうそう。別名もチャバナホウチャクソウですし。
私は自分の中のイメージにあるホウチャクソウの葉がもう少し
幅広だったので、サンダーソニアが頭に浮かびました。
サンダーソニアも検索してみてくださってありがとうございます。
花の形は断然ホウチャクソウ似ですよね!色が違うだけ。
ダイエットのビフォー、アフターには笑えました~happy02

おぉ、竹と笹の違いを教えていただいたのですね。太さや高さではなく
稈鞘の有る無しの違い。私もトウチクランつながりで竹や笹を
検索したとき知りました。でも「稈鞘」なんて言葉覚えられな~い。
「皮」でもいいですよねcoldsweats01


◆polo181さん、ありがとうございます ♪

キキョウソウに戻ってきてくださったのですね。
でもコメントはこちらへ~(^^)

トウチクラン、私も6月に夫の実家で見たのが初めての出会いでした。
poloさんも検索してみてくださってありがとうございます。
「稈鞘」という言葉は、トウチクランを検索したつながりで
笹や竹を検索していて知った言葉です。あまもりさんも書いて
いらっしゃいますが、この稈鞘が残っているのが笹だそうですよ。
せっかくのトウチクランの特徴的な部分を撮ってくるのを忘れて
失敗でした。またの機会があったら撮ってこようと思います。
ホウチャクソウはトウチクランと同じ、ユリ科・チゴユリ属の植物で、
トウチクランの茶色の花を白くしたような花が咲くのです。
(…と書きつつ、写真でしか見たことないのですが ^^;)
俯いてぶら下がって咲くところはホタルブクロとも共通していますね。


◆玲さん、ありがとうございます ♪

義母もプランターで色々なものを育てているので、訪れたときは
何があるかなーと見せて貰うのが密かな楽しみです(^^)
今回は見たこともなかったトウチクランを知ることができて大収穫。
この花色のせいでしょうね、落ち着いたいい雰囲気でした。
茶花として昔からあるということですが、玲さんもご存知ありません
でしたか。もしかすると関東では珍しいのかもしれませんね。

せっかく「稈鞘」のような特徴に気付きながら、その部分や
全体像の写真を撮り忘れるとは大失敗でしたwobblysweat01
またの機会を狙うことにしましょう。


◆nanbuさん、ありがとうございます ♪

俯いてぶらさがって咲いている姿に、nanbuさんもホタルブクロを
思い出されましたか。実際には葉だけでなく花の大きさも
かなり違うのですよ。でも醸し出している雰囲気には共通する
ものがありますね。

同じユリ科・チゴユリ属ということでホウチャクソウとこそ
近しいお仲間なのですが、自分のイメージのホウチャクソウの葉は
もう少し幅広だったものですから、サンダーソニアの方が
浮かんできてしまいました。
サンダーソニアも検索して見てくださってありがとうございます。

そうそう、このシックで渋い色合いはクロユリを思い起こさせます。
クロユリもユリ科で俯いて咲きますね。残念ながら写真でしか
見たことがないのですけれど(^^)

投稿: ポージィ | 2008/07/09 17:08

唐竹蘭・・竹でも蘭でもなくユリの仲間でしたか。
ユリ科の葉は笹の葉に似たところもありますからね。
花の形から、私にはチャバナホウチャクソウが分かりやすい名前に思えました。

投稿: 横浜のおーちゃん | 2008/07/09 20:19

◆横浜のおーちゃん、ありがとうございます ♪

そうなんです…竹でも蘭でもなくユリの仲間(^^;)
日本の植物名のややこしさが出ている名前ですね。
おーちゃんの仰るように、チャバナホウチャクソウが分かりやすいと
思います。科名・属名も同じですし。
たしかにユリ科の植物は笹の葉に似ているものも多くて、
私は切り花のサンダーゾニアを見るたびに、七夕のアレンジに
いいなと思ってしまいます。

投稿: ポージィ | 2008/07/09 21:20

トウチクランですか。
見るのも聞くのも初めてです。
私も即ホウチャクソウを思い起こしました。
花の形はもちろん、葉や茎もよく似ています。
キバナホウチャクソウよりも、こちらのトウチクランのほうがホウチャクソウに近いです。
ホウチャクソウと同属で、別名チャバナホウチャクソウというのですね。
憶えられるかな?

古くから茶花として用いられていたんですね。
その割りに見かけたことが無いのはどうしてでしょう?
地植えのものは1.5m程にも育っていたというのにもビックリです。
ホウチャクソウはそこまで大きくはなりませんものね。

稈鞘の件も勉強になりました。

投稿: goro’s | 2008/07/10 00:56

◆悟郎さん、ありがとうございます ♪

悟郎さんも即ホウチャクソウを思い浮かべられたのですね!
やっぱり私はホウチャクソウの実物を見たことがないからかなぁ…
それほどどこもかしこも似ているとお感じになりましたか(^^)
ユリ科・チゴユリ属、と科名属名とも同じお仲間ということでした。

古くから茶花として、とあったんですよ。
見かけたことありませんよね。なぜなんでしょうね??
写真に撮った、花の咲く上のほうは優しい草花の雰囲気ですが、
逞しく育った下のほうは笹そっくりでした。
近くにあればもっとよく見られるんですけれど、次に会えるのは
いつのことやらです(^^;)

投稿: ポージィ | 2008/07/10 08:21

トウチクランの名前は聞いたことがありますが 初めてブログで拝見しました。
茶花としていかにも好まれそうですね。

おっしゃるように上部の葉は サンダーソーニアによく似ていますね。
下部はササの葉なんですね。

珍しいものをありがとうございました。

投稿: pole pole | 2008/07/11 08:57

◆pole poleさん、ありがとうございます ♪

さすがはpole poleさん、トウチクランの名前はご存知だったのですね。
花姿も見ていただけてよかったです。
渋い色合いが茶花向きですよね。一部の地域の茶人の間でだけ
愛好されてきたのか、見たことがありませんでしたが…

丈夫の葉、サンダーソニアにも似ていると思っていただけましたか。ホッ
撮り忘れた下部のほうはほとんど葉がなく、直径1cmくらいの
緑の茎が真っ直ぐ伸びていて、ところどころに茶色の、笹の稈鞘の
ようなものが付いていました。あ~、撮り忘れたのが悔やまれまする。

投稿: ポージィ | 2008/07/11 10:24

聞くも見るも初です。。

関東でも、花時期は一緒なのでしょうか?

投稿: noodles3 | 2008/07/12 00:50

◆noodles3さん、ありがとうございます ♪

やっぱり初めてでいらっしゃいますか。
ご存じない方のほうが多いようですね。
私も初めての出会いでした。しっとりいい雰囲気でしたよ。
花の時期は関東でもほとんど同じじゃないかと思います。

投稿: ポージィ | 2008/07/12 20:00

お茶の先生の庭にあったのをいただいて 二十年ほどになります。ササリンドウと教えられ、ずっと その名前で愛でていました。
先日差し上げた方から ササリンドウで調べても解らない といわれ、びっくりしました。ほんとうにササリンドウではどの本にも載っていないのですね。 今 チゴユリを調べていて 偶然 トウチクランの画像をみて またまた びっくり!
たしかに ホウチャクソウとそっくりですね。
でも ササリンドウ は素敵な名前ですね。

投稿: ぱーちゃん | 2014/06/18 12:08

◆ ぱーちゃんさん、ありがとうございます ♪
 
こんにちは。
古い記事を見つけてくださってコメントをいただき、恐縮です。
お庭でトウチクランを大切に育てていらしたのですね。
20年間ずっとササリンドウの名前で愛でていらしたのに、実は違う名前だったと
お知りになって、さぞかし驚かれたでことしょうね。

ササリンドウで検索しましたら、葉が笹に似た竜胆で、上向きに青系の
美しい花を咲かせている写真を見ることができました。
鎌倉市の市章もササリンドウのデザインで、植物名としてより家紋として有名
とも書かれていました。
ササリンドウ 魅力的で素適な響きですね。
長く、トウチクランをササリンドウの名前で愛でていらしたのを
「唐竹蘭」や「茶花宝鐸草」にかえるのは戸惑いもおありでしょうね。

投稿: ポージィ | 2014/06/19 10:29

今年もトウチクランの季節になりましたね。
ササリンドウと呼ばれているのは 静岡県西部あたりだけかも とわかって以来、なんだかよけいいとしくなって気をつけて世話をしました,
そのかいあって今年はしっかりした茎にたくさんの花をつけてくれました。
昨年千葉にお嫁入りした株も元気に増えているとのこと😊
欲しがっている友人たちに分けてあげられるように がんばって 育てますね

投稿: ぱーちゃん | 2015/05/29 04:45

ポージーさん
たった今 トウチクランは お茶席では ササリンドウと呼ばれているという記事をみつけました。 ササリンドウについて教えていただいたのはお茶を嗜む方ばかりだったことを思い出して 納得! でした😊

投稿: ぱーちゃん | 2015/05/29 05:40

clover ぱーちゃんさん、こんにちは ♪
 
トウチクランの花の季節は今くらいだったと思い出させていただきました。
ぱーちゃんさんのお庭でも、丹精こめたお世話の甲斐あって
元気に育ってたくさんの花が咲いたとのこと。
しっとりと落ち着いた風情の可愛い花が、とても素適でしょうね confident heart04
お嫁に出された株も元気に育って、愛しく思うファンも増加中ですね。
義母が育てているものも咲いているかしら? 今度電話したら聞いてみましょう。
 
お茶席では「ササリンドウ」の名前で… そうでしたか。
いまひとつ判明していなかった何故?という思いが晴れて
胸がスーッとしましたね。お教えくださってありがとうございました happy01
 

投稿: ポージィ | 2015/05/29 15:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50994/41622672

この記事へのトラックバック一覧です: 「唐竹蘭(トウチクラン)」:

« 3度目の出会い「キキョウソウ」 | トップページ | グラデーションが好き »