« アイガモ農法 | トップページ | ボタンクサギ ついに咲く »

2008/07/25

フワフワボールの作り方

ご近所のお宅のフェンスに、クレマチスがたくさん実をつけています。
 
080606clematis_mi1 080606clematis_mi3
                    < 6/6 撮影 >
 
 
細いワイヤーのメタリックな輝きが渦を巻いて高速回転しているみたい。
よぉく見るとちょっと毛羽立ってきています。
すっかり毛羽立つとフワフワボールになるのですが…。
(↓↑ 写真をクリックして、大きめの写真でお確かめくださいね ↑)
 
 
080720clematis_mi  < 7/20 撮影 >
 
ひと月半たってやっとここまで毛羽立ってきました。 高速回転といえども、
金属であるワイヤーを空気摩擦で毛羽立たせるのはなかなか大変なことの
ようですね。完璧なフワフワボールの出来上がりを待っていたのですが
痺れを切らしてアップしてしまいました。
 
(お断りするまでもありませんが、高速回転も金属もウソのお話です confident
 

|

« アイガモ農法 | トップページ | ボタンクサギ ついに咲く »

コメント

おはようございます!

あはは!面白い表現でした~
そう見えてくるから面白いです。
クレマティスの仲間はこれが面白いですよね~
オキナグサ センニンソウもみなそうですね。

投稿: pole pole | 2008/07/25 10:36

ワイヤーを高速回転させれば毛羽立つんだと本気で思った。
騙された~pout ←(私の頭は単細胞)

メタリックなクレマチスの実はメドゥーサの髪。
時が経つとメドゥーサから山姥の髪に。
いつ見てもそう思う私の頭はやっぱり単細胞。bearing

投稿: あまもり | 2008/07/25 11:15

◆pole poleさん、ありがとうございます ♪

アハ ほんとにワイヤーみたいに見えてきましたか?
乗ってくださってありがとうございます~
ご近所のフェンスで花もとっても綺麗に咲いていたのですが
撮りそびてしまったので、実に注目していました。
待っているとなかなかフワフワになってこないものですね!(^^;
オキナグサやセンニンソウのフワフワはもっと繊細な感じですね。
写真でしか見たことがなく、会ってみたい植物です。


◆あまもりさん、ありがとうございます ♪

ウフフ ほんとにほんと?信じてしまわれた?
騙されたフリをしてくださるそんな優しさ好きです~happy01

メドゥーサの蛇の髪も歳をとると山姥のモシャモシャの白髪に
変わっていくんですねー。うんうん、のたうってるとこなんて
まさに蛇の髪って感じです。直接見たら石に変えられちゃうんでした。
レンズ越しだから大丈夫だったのかしら?ホッ

そういえば、以前は猿の仲間のライオンタマリンに見えたことも
あったんでした。
 

投稿: ポージィ | 2008/07/25 18:06

ポージィさん、こんばんは。昼間に読んだときは、なんのことを言っているのか全く理解できませんでした。あのクレマチスがフラワーボール?<金属ワイヤーで高速回転?>私の頭はすっかり混乱してしまいました。
それで、ネットで検索したら、クレマチスの毛羽だったボールを見付けました。随分と変わった姿に変身するのですね。驚きました。花は花の時しか見ない私にはちょっと戸惑う内容でした。

投稿: polo181 | 2008/07/25 20:33

◆polo181さん、ありがとうございます ♪

こんばんは。
アハハ それは失礼しました。ご存じない方には説明不足の
文になってしまっていましたね。反省です(^^;ゞ

もうご自身で調べてくださいましたが、クレマチスはとても特徴ある
実をつけるので、その毛羽立った実の様子をフワフワボールと
呼んでみました。そしてワイヤーが絡まったような姿が徐々に
毛羽立っていくのを高速回転による空気摩擦でそうなっていくのだと。
全くのフィクションですが、そんな想像をして遊んでみたというわけです。
花後の姿にも興味深いものが結構あるものです(^^)
 

投稿: ポージィ | 2008/07/25 20:59

ツヤのある金属ボールを回しているとだんだん毛羽立ってくるのですか。なかなか面白いです。
クレマチスの仲間は花も実も楽しめるのが多いですね。そろそろセンニンソウも咲くでしょうか。撮りに行かなきゃあと思いました。

投稿: 横浜のおーちゃん | 2008/07/25 21:09

クレマチスは花後も楽しませてくれますよね。
私が見たは同一方向に渦巻いていて、こちらとでは少し渦の形が違ってます。
いろいろあるんだなって、気付かせていただきました。

氷砂糖を溶かして綿飴にするのは短時間で済みますが、さすが金属のワイヤーを高速回転して毛羽立たせるのには、時間がかかりますね~~(笑)。

投稿: goro’s | 2008/07/26 01:24

◆横浜のおーちゃん、ありがとうございます ♪

ワイヤーをクシャクシャと丸めてでできたボールが空気摩擦で…(^^;ゞ
輝いているのを見ていたら、そんな想像をしてしまいました。
花後も面白い姿で長く楽しませてもらえていいですね。
センニンソウはまだ写真でしか見たことの無い花なので、
いつか実際に会ってみたいものです。そろそろ時期なのですね。


◆悟郎さん、ありがとうございます ♪

ほんとに、花後の姿も十分楽しませてくれる植物ですね(^^)
悟郎さんがご覧になったのは一方向の渦巻状でしたか。
ごういえば、この同じ場所の実が、小さな毛の長いサル
ライオンタマリンに見えた時もあって、そのときはふわっと
下へ向かって流れていました。
何の加減で形が決まってくるのでしょうね。面白いですね。

アハ 綿菓子は魔法のようにあっというまにフワフワボールが
出来上がりますが、金属が材料じゃ、そう簡単じゃぁありませんよね(^^;ゞ
 

投稿: ポージィ | 2008/07/26 09:34

ふわふわのボールがご近所で見られたらいいですね、
このくらい沢山お花も楽しめたということでしょうから
あとあとまで期待させてくれる、クレマチスは偉いです(笑)
クレマチスの種類も多くあるようですね、(本で見た事があるのです)
どのお花も愛好者がいますが華やかで素敵なお花と思います。

投稿: | 2008/07/26 19:54

◆玲さん、ありがとうございます ♪

もうしばらく待てば、きっとみんなフワフワボールになると思います(^^)
お花の時期も大輪の白とピンクがとても素適で、通りかかるたび
見ては楽しませてもらいました。
花のときも実になってからも楽しませてくれて、ほんと偉いですhappy01

クレマチスの種類、多いようですね。
私も実際に見たことのあるのはあまりないのですが、
大きく華やかなものから小さなベル形のものまで、色もとりどりで。
それぞれにみな素適ですねheart01

投稿: ポージィ | 2008/07/26 20:28

僕ははじめの頃、この状態からクレマチスを知ったのでした。。
以来、「眺める花」として楽しんでいます〜(苦笑)。。。

投稿: noodles3 | 2008/07/28 17:09

◆noodles3さん、ありがとうございます ♪

クレマチスとの最初の出会いが実の状態だったのですね。
懐かしの姿ってことになりますか。
noodlesさんの写真撮影モデルの対象ではなくなって、
肉眼で楽しむ花となっているのですね。
そういうのがあってもいいと思います~confident

投稿: ポージィ | 2008/07/28 18:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50994/41850220

この記事へのトラックバック一覧です: フワフワボールの作り方:

« アイガモ農法 | トップページ | ボタンクサギ ついに咲く »