« 「唐竹蘭(トウチクラン)」 | トップページ | ヒルガオ »

2008/07/10

グラデーションが好き

全体として淡い色合いが好きな私。
そして、グラーデーションが入るとさらに強力に惹き付けられるものを感じます。
淡い色+グラデーション 私にとっては最高の組み合わせ。
いつの間にそんなに好きになったのかしらん。
        (写真クリックでもう少し大きめの写真もご覧いただけます)
 
080607azisai_tubomi 
 

 粒々だったアジサイのつぼみが
 ゆっくりとふくらみほどけていき…
 
 
 
 
 
080607azisai_up
 
     少しずつ色づき始めた
     ちょうどその頃
 
     初々しさとも相まって
     えも言われれぬ
     その美しさよ
 
 
080618kasiwabaazisai_up 
 
 周りの白を
 少しずつ凝縮させていって
 現れたかのような淡いグリーンは
 柔らかく優しく花の内へ誘う
 
 (「カシワバアジサイ」八重)
 
 
080627hypericum 
    艶やかな実の
    色づき始めのグラデーションも
    心惹かれるもののひとつ
   
    柔らかく射す光が加わると
    内から放つ光にも見えてきて
 
    (「ヒペリカム」品種名不明)
 

|

« 「唐竹蘭(トウチクラン)」 | トップページ | ヒルガオ »

コメント

淡い色にグラデーション・・アジサイは最適の花かもしれませんね。縁が紫だったり逆に縁のほうが白い色であったり、いろんなパターンも楽しいです。
実を楽しむヒペリカムも人気がありますね。

投稿: 横浜のおーちゃん | 2008/07/10 08:48

ポージィさん おはよう!

グラデーション 好き!

  ポージィさんの文章も大好き!!

投稿: glenn | 2008/07/10 09:08

淡い色+グラデーションが好き・・・・
考えてみると、鎌ちゃんもそうかもしれません。
しっとりとした心の落ち着けるものが好きのようです。
今日の紫陽花なんて最高ですね。

多分、女性の好みもそうだったような。
妻のこともそのように見えていたと思います(過去形)。

でも時々、そのはめをはずして、弾けたがる
自分もあったりして。
なかなか自分というものを御しえない鎌ちゃんです。

投稿: 鎌ちゃん | 2008/07/10 11:46

がさつな私には無い詩的な感性を持っているポージィさん。
今日はたっぷりとポージィワールドにひたりましたぁ\(^_^)/
ポージィさんが好む淡々とした色合い。
この三枚の写真はともに色トビしやすいのにとっても綺麗に撮ってあげている。
カシワバアジサイの色合いといい、ヒペリカムの実の光の取り入れかたといい。
う~ん、ただ花を写す私とは大違い。
これはやっぱり撮る側の感性の違いが大きいなぁ。
今日はほんわかとした気分になりました。おおきにぃ。

投稿: あまもり | 2008/07/10 12:32

>周りの白を
 少しずつ凝縮させていって
 現れたかのような淡いグリーン

この表現には唸ってしまいました。
何も無い宇宙空間にほんの少しのゆらぎが起きて、それがビッグバンにつながったという説が素直に納得できるような。
(↑はい。いつもの妄想と思って聞き流してください ^^;)
そんな神秘的なロマンを感じてしまいました。
内から放っているようにも見える透けた光も、ツヤのある透明感やグラデーションならではですね。

投稿: nanbu | 2008/07/10 16:24

↑こんな文章を載せたら(まさにポージィワールドshine
「体具合でも悪いんかsign02」と言われるような私でも
グラデーションは好きですよ~note
アジサイは色が付き始めの頃が好きだし
あっ、だから淡い水色系のブルースターが好きなんだhappy01

投稿: miki | 2008/07/10 16:52

◆横浜のおーちゃん、ありがとうございます ♪

アジサイの咲き始めの頃のグラデーションは、ほんとに綺麗
と感じます。グリーンのせいかなとも思っています。
おーちゃんの仰るように色んなバリエーションがあるのも楽しいですね。

実を楽しむヒペリカムは、切り花では大分前からお馴染みでしたが、
最近お庭に植えているのもちょこちょこ見るようになってきました。
花も小さめながら可愛く実も可愛いとあって、人気上昇中
なのかもしれませんね。
今回よそのお宅のものを見て、誘惑を押さえられずそそくさと
カメラを向け撮ってきてしまいました。


◆glennさん、ありがとうございます ♪

こんにちは(^^)
glennさんもグラデーションお好きですか?
きっとそうだと思っていました。
タハッ 私の拙い文にまで 好き!って言ってくださって 
こそばゆいけどとってもとっても嬉しいですhappy01


◆鎌ちゃん、ありがとうございます ♪

淡い色+グラデーション と 落ち着き感
鎌ちゃんもお好きなんですね~
奥行も感じられますよね。
おぉ… 奥さま、しっとり落ち着き感のある女性で
いらっしゃるのですね。あら、過去形ですか?(^^)
私も夫に「イメージが~ ガラガラガラ…」と言われましたっけ。
それもまた良いではありませんか。意外な一面ってやつで(笑)
ときどき弾けたくなると仰る鎌ちゃんもまたしかり、です。


◆あまもりさん、ありがとうございます ♪

最近すっかりさび付いてるポージィワールド。
よくぞこの言葉を覚えていてくださって…(^^)
拙い表現しかできないのに、たっぷり浸ってくださったなんて嬉しいです。
淡々とした と書いて、あわあわとした と表現する私の好きな
色のことも覚えていてくださって…ウルルル。
写真のこと褒めてくださってありがとうございます。
でも実は、私も心の赴くままただ撮っているだけなのです。
構図とかカメラの設定とかちゃんと分かって撮れるといいんで
しょうけれど、なかなか。


◆nanbuさん、ありがとうございます ♪

カシワバアジサイの色について、私の感じたことを
きちっと捉えてくださっているばかりか、その発想を宇宙にまで
広げてくださったnanbuさん、素晴らしいです。
妄想だなんてとんでもない。ロマンあふれるステキ広がリです。
グラデーションに透明感や艶やかさ、光、こうしたものがみな
奥行き、奥深さを感じさせてくれるのがまたいいですね。
そして奥深さは神秘性につながりますね。


◆mikiさん、ありがとうございます ♪

久々にやっちゃいましたよ、ポージィワールド(^^;) 
え~mikiさんが仰ったらおでこに手当てられるぅ~? まさか(笑)
実は私もかなり照れ臭いんですけど、たまに衝動が…。

ピンクと白と水色がお好きな(←決め付けてるー違ってたら堪忍です)
mikiさんは、グラデーションもお好きなんですね。
そうそ、アジサイは咲き始めにいちばん惹かれます。
お庭に咲いた今年のブルースター拝見しましたよー。
一見淡色の淡いブルー(水色)のように見えて、
実は微妙な色変化を見せてくれる花ですよね。

投稿: ポージィ | 2008/07/10 17:18

さすがポージィ さんですね~
淡い色合いのグラデーションがお好きとは。
お逢いしたことはないけど なんとなくそんな感じを受けていましたので。
そして 超現実的な私とはちがって文章もソフトで心に響きます。

私はというと・・・言わない方が花ですね。笑
最後のはヒペリカムの仲間でコボウズオトギリ(小坊主弟切)だと思います。
私も撮ったけど まだまだ先のこと・・・ムフフ

投稿: pole pole | 2008/07/10 17:30

◆pole poleさん、ありがとうございます ♪

淡い色合いで微妙なグラデーション・ぼかしの入った色あいについて
時折り取り上げては、あわあわ(淡々)とした色合いと呼んでみたり、
好きだ好きだというものですから、長年ここにお越しいただいている
方たちは、ポージィカラーと呼んで下さって。
さらに、最近は鳴りを潜めていたんですけど、これまた時折り
その辺が痒くなるような乙女チック・ロマンチックなことを書くので
そちらはポージィ・ワールドと (^^;ゞ
いい年して~でチョット恥ずかしいですけど顔が見えないのを
いいことにさらけ出してます。
pole poleさんが和をお好きなことは分かりましたが、色合いなどは
どんなのがお好きなのかな~?

ヒペリカムについて、ありがとうございました。
コボウズオトギリ、この名前は見たことあります。
これもまたpole poleさんの詳細記事をいつか拝見できるのを
お待ちしていま~す(^^)

投稿: ポージィ | 2008/07/10 21:36

ポージィさん、こんばんは。淡い色+グラデーションがお好きなのですね。写真はすべてそれを満たしていますね。とても上品で優しさを感じます。好みは年齢と友に変化しませんか?私の場合で恐縮ですが、若い頃は、白と紺色しか身に付けませんでした。ワイシャツ、靴下、ハンカチは純白で模様なし。スーツは濃淡はあってもすべて紺色でした。それが、50を過ぎた頃から、好みが変わってきました。色物のワイシャツを着るようになったし、ネクタイなどはムラサキ系が多くなりました。夏場のズボンはベージュ、ジャケットは淡い青系。ハンカチや靴下も嫌味でない色物になってきています。想像できないほどの変化です。

投稿: polo181 | 2008/07/10 22:19

花色のグラデーション、きれいですよね。

花を見ていると、自然界にすべての原型があるんだなって思うことがあります。
花色のグラデーションなんてまさにそれです。
変化していくプロセスを見ることができます。
アジサイはいい例ですよね。
咲き初めとはまったく違った花色になっていくことも、途中経過があるからこそ、すんなり受け入れることが出来ます。

久々のポージィワールドに包まれるのもいいもんですね。
ありがとうございました。

投稿: goro’s | 2008/07/11 03:10

◆polo181さん、ありがとうございます ♪

自然界のもの、特に花については「淡い色+グラデーション」の
ものにいちばん心惹かれます。
着る物はどうでしょう?やっぱり淡い系が多いかなぁ。
でも黒も着るんですよ。淡い系といっても、花では綺麗と思う
ピンク系は滅多に着ません。グリーン系も。合わないと感じる
ものですから。同じ理由で赤も全く着ません。
クックを飼い始めてからは、抜け毛が付いても目立たないグレーの
割合がぐぐっと多くなりましたが(笑)、最近は茶色やベージュ系に
引かれることも増えました。
poloさんの着るもののお好みの色は大きく変化されたのですか。
お若い頃は白と紺だけだったとは、見事なまでに限定されていたのですね!
ある程度年齢を重ねられてから、明るい色物を好まれるようになる方、
結構いらっしゃるようですね。年齢を重ねられた方々は、暗~い
くすんだ色(年配の方向けの服は何故かこういう色が多いです)を
着ていらっしゃるより、明るい色を着ていらっしゃる方がご自身も
気持ちが元気になられるでしょうし、傍から見た感じもハツラツと
して見えていいものだと思います。poloさんは健康で颯爽と
お歩きになっていて、とってもダンディーでいらっしゃるのだろうなと
想像しています。そういう年の重ね方、憧れます。


◆悟郎さん、ありがとうございます ♪

花色のグラデーション、ほんと綺麗で大好き。
ポージィカラーの大切な要素にもなってますよ(^^)

悟郎さんの仰るとおりだと思います。人間のデザインするものは
元をたどれば、全て自然界からヒントを得たものなんじゃないかと、
私も思います。そしてまた、人も含めた全ての命あるものの
移り変わり行く様を短期間で見せてくれるのですよね。
(決まって 花の色は移りにけりないたずらに…
 の歌を思い出してしまいます。)
アジサイは、初々しい美しさから、花盛りを過ぎた後の枯れ行く
美しさまで、見せてくれます。自分も年を重ねていくにつれ、
美しい枯れ方をしていけたらなと思います。

久々のポージィワールド 受け止めてくださってありがとうございました(^^)
 

投稿: ポージィ | 2008/07/11 10:17

そうですね。
陽光があたってこそ、色を認識するだけあって、だからこそ人為的な色(芸術・文化)があるんですもんね!

インテリアに限っても、カーテンの柄から始まって、ありとあらゆるところに植物柄のデザインがありますよね。

以前は、知識だけで理解していた様々なことが、今はリアルの感じられるようになりました♪

投稿: noodles3 | 2008/07/12 01:05

◆noodles3さん、ありがとうございます ♪

色にしても形にしても、人間は自然界から実に多くの恩恵を
受けていますよね。
「植物のことになんか関心ないよ!」と思っている方でも
知らない間にどれほどお世話になっていることやら(^^)
お世話になっている範囲はデザイン的なものに限りませんし。
あ、これもだ、あれも! とリアルに感じることで親近感も
いや増しますね。

投稿: ポージィ | 2008/07/12 20:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50994/41723469

この記事へのトラックバック一覧です: グラデーションが好き:

« 「唐竹蘭(トウチクラン)」 | トップページ | ヒルガオ »