« 集まって 集まって | トップページ | アオツヅラフジとの出会い »

2008/09/04

アベリアの名前で

以前何度かアップして以来、しばらくご無沙汰していた「アベリア」こと
「ハナゾノツクバネウツギ(花園衝羽根空木)」が咲いているのを目にして、
久し振りに撮ってみたくなりました。
ほんの微かにピンクが感じられる優しげな白い花。淡いピンクの葯。
暗い色合いの硬質な質感の葉、花後長く残る微妙な色の違いが楽しい萼…と、
なかなかの美人さんです。
生け垣などにされているのをご覧になっていらっしゃる方もいらっしゃいますよね。
ささ、それではご一緒に愛でてくださいませ。
 (写真クリックでもう少し大きめ写真もご覧ください。美人度がupします ^^)
 
 080627hanazonotukubaneutugi4 080627hanazonotukubaneutugi1
 080627hanazonotukubaneutugi2 080627hanazonotukubaneutugi3
 
 「ハナゾノツクバネウツギ」:スイカズラ科・ツクバネウツギ属
                 別名「ハナツクバネウツギ」「アベリア」
 
「アベリア」というのは学名「Abelia X grandiflora」からとった呼び名だそうです。
「ハナゾノツクバネウツギ」も漢字「花園衝羽根空木」にすると素適な名前なのですが、
いかんせん長すぎます。その点「アベリア」はほどよい長さで何となく上品な響き…
と感じます。 (以前の記事にも同じことを書いた気が…catface
ピンクの花色のものもあって、それはそれで可愛いのですが、私はこちらの
白花のほうが好みです。
 

|

« 集まって 集まって | トップページ | アオツヅラフジとの出会い »

コメント

あらら~また先を越されました~~ 笑
このウツギは 街路樹として公害にも強くあちこちに植栽されているので あ~ またか! って感じですが おっしゃるようによく見るとその萼の美しさに唖然としますよね~~
去年から撮り貯めてはいるのですが・・・
ピンクのも見たし 撮りました~~

そのうちにアップできたらいいな~
っていうのがあり過ぎで・・・一向に進まない私です。
前にも何か言ったことがありそうな・・・オトギリソウの仲間だったかしら???
それも ギブアップ! 笑

投稿: pole pole | 2008/09/04 10:08

近所の歩道に沿って小さい白い花を咲かせている
この花の名は何というのだろうと、ずっと思って
いましたが、やっと判明しました。
「アベリア」・・・・上品な響きの名前ですね。
有難うございました。
イメージが広がります。

投稿: 鎌ちゃん | 2008/09/04 11:15

ああ、アベマリアの間抜けですね、わかります(以前のコメントにも同じ事を書いた気が…)

投稿: LiLA管理人 | 2008/09/04 12:14

ハナツクバネウツギ、ハネツクバネウツギ、ハナゾノツクバネウツギ、等々、大変紛らわしいですね。それらの違いを説明していただけませんか? 私は、「和名は、ハネツクバネウツギ。ツクバネとは、花の落ちた後の萼片の形が、羽根突きの羽根に似ているかららしい。」と覚えていました。

投稿: polo181 | 2008/09/04 15:25

◆pole poleさん、ありがとうございます ♪

おっ、pole poleさん追っかけていらっしゃいましたか。
結構よく見かけてあまり珍しくもないですが、やっぱり綺麗な花ですね。
長く楽しめますし、花後のガクがこんなに長い間美しいというのは
他にあまりないかも。

そのうちにアップできたらいいなーがたくさん過ぎますか?(^^)
究極の選択になってしまいますね。どれを見せていただいても
新しい発見・新しい知識などいただけるpole poleさんの記事。
会った事のないものもたくさんで、何でも楽しませていただけますよ~

 
◆鎌ちゃん、ありがとうございます ♪

ご覧になってましたか、このお花。
名前を知っていただけてよかったです(^^)
「アベリア」はいい響きですよね。
今、鎌ちゃんの脳裏にはどんなイメージが広がって
いらっしゃるのかしら。
「ハナゾノツクバネウツギ」じゃ、言い終えるまでに
疲れちゃいます(^^;)


◆LiLA管理人さん、ありがとうございます ♪

ウハハハ 
そうそう マヌケのアベマリア アベマリアの間抜け。
前回書いたアベマリアの記事を見直したら、案の定今回の記事と
ほとんど同じこと書いてました(^^;) 
いやぁ、何度でも同じこと言いたくなっちゃうんですよねー。
そういうのを何と言うかは省略します。


◆polo181さん、ありがとうございます ♪

「花園衝羽根空木」「花衝羽根空木」一文字「園」の字を
入れたり入れなかったりの理由は存じません~
植物の名前は、和名、学名、別名・別称、流通名…etc.色々な
呼び名があって、紛らわしいことが多いですね。
「衝羽根空木」は、 poloさんも仰っているように、花後も長く残る
5枚のガク+実の形が羽根衝きの羽根に似ていて、木の姿が「ウツギ」に
似ていることに由来するそうですよ。
花後残るガクと実は、1cmに満たない小さな小さな羽根衝きの羽根
そのものといった感じです。アベリアをお見かけになったら、
poloさんもそっくりなのをお探しになってみてください。

投稿: ポージィ | 2008/09/04 16:06

アベマリアのマヌケ、LiLA管理人さんに教えて貰ったこれがあまりにも強烈で未だに頭にインプットされたまま。忘れようとしても忘れられない。
そのお陰でアベリアの名がすっと覚えられたのも確かなので感謝感謝です。
ポージィさんはアベリアがほんと好きなんですね。
花だけじゃなく、ガクだか苞葉だか知らないけどあの柔らかな赤の綺麗な写真もありましたよね。秋だったような気が。

まぁ産毛まではっきりと写ってる。
恥ずかしい! って顔を染めたみたいに見えましたぁ。
アベリアの花ってけっこう撮りにくいのに4枚とも綺麗です。

投稿: あまもり | 2008/09/04 16:59

こんなにスッキリ可愛い花なのに、ハナゾノツクバネウツギとはごてごてした名前ですね。アベリアのほうが似あっていそうです。
今日、境川を藤沢まで歩きました。ご報告は明日にでも。

投稿: 横浜のおーちゃん | 2008/09/04 19:16

◆あまもりさん、ありがとうございます ♪

わはは アベマリアのマヌケ インパクト強烈でしたよね。
あまもりさんもしっかり刻み込まれてしまいましたかhappy01
マリア様には叱られそうですけれど、許していただきましょう。

>ポージィさんはアベリアがほんと好きなんですね。

そう言われてみれば… 好きheart01とはっきり意識しては
いなかったのですけれど、繰り返し取り上げては同じようなこと
書いて称賛しているところをみると、かなり好きなんでしょうね(^^;ゞ
よく覚えていてくださいました、羽根衝きの羽根に見えるガクも
アップしたことがありました~ あれは晩秋だったかしら??
あまもりさんのほうが本人よりよく覚えていてくださって。

あ、大きくしてみてくださったんですね。褒めていただいて嬉しいです。
大きな写真の方がちゃんと美人さんに見えますよね。はい、産毛も。
淡く淡く色づいた様子を、恥ずかしいと頬を染めたようとご覧になる
あまもりさんの感性、大好きでーす。
 

投稿: ポージィ | 2008/09/04 19:26

◆横浜のおーちゃん、ありがとうございます ♪

ハナゾノツクバネウツギ は長すぎるうえ、濁点が3つも付くのが
言いづらかったり花のイメージにそぐわないのかもしれませんね。
アベリアの名前の方が響きがいいです。

境川沿いをおーちゃんのところから藤沢まで歩かれたのですか!?
暑かったでしょう~sweat01 おーちゃんの健脚で何時間かかったのでしょう。
何年か前、自転車で境川を藤沢まで下ったことがありますが、
たしか1時間弱かかっただったような…
記事を楽しみにしています。

投稿: ポージィ | 2008/09/04 19:32

良い匂いがして、排気ガスに強い花ですね。
高速にずっと植えてあって、枯れずに何時までも長期間咲いているという印象が最初のものでした。
挿し木にも強いですね。
我が家でも挿し木でついたのが、今咲き誇っています。
急にそばで雷が落ちました。失礼します。

投稿: tona | 2008/09/04 19:38

◆tonaさん、ありがとうございます ♪

わわっ…sweat01 thunder鳴る中ご訪問くださって
いたのですね。お近くに落雷とは、大丈夫だったでしょうか。
うちの辺りは遠雷ですみそうですが、それでもクックがびびってます。

アベリア、強い花で花期も長いですよね。
道路沿いの植栽にはもってこい(剪定は面倒かもですが)なのでしょう。
そうそう、挿し木がよく付くと読みました。
tonaさんのお宅にはその挿し木でついたアベリアがおありなんですね!
花盛りですか。さぞかし綺麗でしょうねlovely
 

投稿: ポージィ | 2008/09/04 19:52

私は「アベリア」で認識しておりましたが、ポージィさんから「ハナゾノツクバネウツギ」の名前を伺って以来、花を見かけるたびに「アベリア」から「ハナゾノツクバネウツギ」に翻訳しています(笑)。
確かにハナゾノツクバネウツギは長過ぎます、舌噛みそうだし(笑)。

LiLA管理人さんの間抜けのアベマリア、大笑いしたのにすっかり忘れてました。
今度こそ忘れないようにしなくては(笑)。

ウツギの仲間たちを纏めたいとの思いがずっと前からありまして、いつか記事にと考えてます。
そのせいでアベリアも今年も撮りはしましたが、さてさて。
こんなんばかりですので、花倉庫のストックは増える一方です。
何年越しで記事になるのか、まったく未定です(笑)。

投稿: goro’s | 2008/09/05 03:37

散歩道でふと見かけたアベリア。
雑木林だったところに建てられた新しいうちの、庭の隅に植えられた、まだ小さな木。少しばかりの花を咲かせています.
 おうちの中には、若い二人がいました。
 スイカズラと同じ白い花、いい香りがするのかな。

投稿: 夢閑人 | 2008/09/05 11:13

◆悟郎さん、ありがとうございます ♪

ご覧になるたび、アベリアからハナゾノツクバネウツギに
翻訳ですか? あはは お手数おかけしてます(^。^)
でも、実は私も、見る度両方の名前を口の中で唱えています。
寒さで顔がこわばっているようなときには、絶対に口に出して
言わない方が良さそうな名前ですよね、ハナゾノツクバネウツギは。

爆笑のマヌケのアベマリアは、ひょっとするとアベリアを見たときより
アベマリアという言葉を見たときのほうが甦ってきそうにも
思えますね。その方が不謹慎だ~(笑)

花を仲間ごとにまとめるという作業、私は自分ではほとんど
したことがありませんが、どんなに大変か分かります。
クマツヅラ科の仲間もウツギの仲間も、倉庫の中でたくさん
出番を待っているのですね。いつか拝見できる日を楽しみにしていますよ。
悟郎さんは記事の題材に事欠くなんてことはなさそうですね。
ときおり在庫写真が限りなくゼロに近づく私としては羨ましい
ような気もします。でもやっぱり大変そうだな…(^^;ゞ


◆夢閑人さん、ありがとうございます ♪

雑木林だったところに建った新しい家の庭には、アベリアが植えられて
いましたか。若いお2人、この花を気に入って植えたのかしら。
そうだといいな。これから、若い夫婦と共に育っていくのですね。
来年にはきっともっとたくさんの花を咲かせることでしょう。
そして、甘い香りが二人を包むのでしょうね(^^)
 
香りは強いと書かれていることが多いのですが、私自身はこの花の
近くへ寄っても、なぜかあまり香りを感じたことはないのです。

投稿: ポージィ | 2008/09/05 14:24

アベリアは神奈川の我がエリアより、渋谷で普通に見かけます。
渋谷駅脇の246沿いの植栽もアベリアですし。
なんで、今年は特に撮っていないんですが、なんせ香りがたまりませんねえ♪

投稿: noodles3 | 2008/09/05 20:09

すみません、、お花のことじゃないコメントを・・

>写真クリックでもう少し大きめ写真もご覧ください。美人度がupします 

思わず、私自身がそうなりたいnote
と思ってしまいましたcoldsweats01
アップに耐えられた頃が懐かしい.。o○

投稿: miki | 2008/09/05 22:27

こういう名前、どこで区切るか悩むです。
一瞬。
違った語呂で覚えちゃいますし!!

投稿: ふくやぎ | 2008/09/05 23:13

◆noodles3さん、ありがとうございます ♪

お住まいのご近所より職場の近くでの方が、多いですか。
地域によって濃淡はあれど、全体で見ると植えられている
ことの多い木ですね。
あれ?noodlesさんも香りについて仰ってる…
私は花の傍にいてもあまり感じたことがないのですよ。
どうしてだろう?? 嗅覚は普通にあるのですけれど。
今度花に鼻をくっつけて嗅いでみましょう。


◆mikiさん、ありがとうございます ♪

うふふ 大きくすると美人度アップup に反応なさいましたか。
私もそうなりたいですよ~
若い肌の美しさ、たまーに姪っ子なんかと会うと痛感しますもん。
あぁ、あの頃が懐かしい ○o。+..:* 同感で~すcoldsweats01


◆ふくやぎさん、ありがとうございます ♪

あ、お久し振り、ご無沙汰してます。

どこで区切るか… そうですよね。
特にカタカナで書かれていると意味がつかみ難いですし。
違う語呂で覚えちゃうと、訂正も難しいですよね(^^;)
 

投稿: ポージィ | 2008/09/06 11:25

ハナゾノツクバネウツギですか?何か舌をかみそうな難しいネーミングですね。ピンクも白も、いずれもそれなり美しいのですが、名前がなんとも難しく、名前に辟易します。アベリア、これなら私でも大丈夫そう。

投稿: 茂彦 | 2008/09/07 20:01

◆茂彦さん、ありがとうございます ♪

ハナゾノツクバネウツギ は口に出せば舌を噛みそうですし、
パソコンのキーボードを打ったり漢字で書こうと思ったら
手が攣りそうな名前ですね(^^;)
花園なんてついて綺麗な名前なのですけれど。
植物の名前というのは、できれば「名は体を現す」ものであり、
かつ親しみやすく覚えやすいものでもあってほしいですよね。
アベリアは綺麗な響きで短く親しみがもてますが、カタカナに
意味を重ねられないと覚えづらいというのが難点かも…
ですが、そこは何とか。茂彦さんもどうぞアベリアの名前で
覚えてやってください(^^)

投稿: ポージィ | 2008/09/08 09:12

はじめまして

アベリアは,公園事業を初めてしたときに覚えました。
たしかに,ハナゾノツクバネウツギは覚え難いですね。
切ってみると,木の中がうろになっているので,ウツギ。アジサイも同じですね。
街路樹の低木として,よく植えられます。
公園屋がマニュアルに沿って,これを植えるのですから,日本中に広がったのでしょう。
強い木です。「強剪定」に耐えるという特性をもっています。放っておくとピンピンと樹枝を四方に伸ばします。
個人的には,彼女の思う存分,樹枝を広げさせてやりたいです。
出始めの頃は,白色だけでしたが,現在はピンクの少し大きな花も市場に出ています。

思いもかけず,強い香り。
しかし,嫌いじゃあない。
むしろ,好きな部類の匂いです。
だからでしょうか,ハナムグリたちもやってきます。

投稿: DAI | 2008/09/21 21:29

◆DAIさん、ありがとうございます ♪

初めまして、ようこそお越しくださいました!

公園や道路沿いなどに樹木を植えるようなお仕事をして
いらっしゃる方でしょうか。
アベリアはDAIさんにとって、思いである木なのですね(^^)
よく伸びる樹勢の強い木ですね。思い切り刈り込まれたのが
またいつの間にか伸びているのを見ることがあります。
自由に伸び伸びと育ったらどんな大きさと形になるのかなと
思いながら眺めることもありますよ。
ピンクの花も見かけたことがあります。私は白花のほうが
好きなのですが…。香りはやはり強いのですか?
近所にあるものでは、不思議とあまり香りを感じたことが
ありません。ハナムグリは見ていませんが、クマンバチが
夢中で蜜を吸っているのには遭遇したことがあります。
虫にとっても人にとっても親近感大ですね。

また気が向かれましたらいらしてください。

投稿: ポージィ | 2008/09/21 22:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50994/41850069

この記事へのトラックバック一覧です: アベリアの名前で:

« 集まって 集まって | トップページ | アオツヅラフジとの出会い »