« マメ科の花、初秋の出会い | トップページ | 育ちつつある彼岸花名所 »

2008/09/25

真っ赤な珊瑚

近くの中学の校庭沿いに植えられている「サンゴジュ」の実が、今年はなかなか
綺麗な状態で美しい色付きを見せてくれました。
「サンゴジュ」の実は、まだ暑い最中から真っ赤に色づいてきます。この写真を
撮ったのも8月のうちで、現在はすでに真っ黒くなってしまったものも多数見られる
状態になっています。 今回は色づきの段階の違うものを撮ってみました。
         (写真クリックでもう少し大きめ写真もご覧いただけます) 
 
080806sanngozyu_y 080806sanngozyu_o
  <黄緑、黄、オレンジなど色々>    <淡いオレンジに色づいて> 
 
080806sanngozyu_r1 いずれも 8/6撮影
 「サンゴジュ(珊瑚樹)」
   :スイカズラ科・ガマズミ属
 
 真っ赤な実が、珊瑚細工の珊瑚珠に
 似ていることからの名前だそうです。
 確かに、実の先に着いているプチッと
 した突起の部分など、いかにも
 珊瑚珠の細工物という感じに見えます。
  <真っ赤に色づいて珊瑚珠完成>
 
 
花の様子は→こちらをご覧ください。 2年前に撮った赤い実は→こちらです。
 
装飾品やアクセサリーに加工される珊瑚は、宝石珊瑚と呼ばれる仲間です。
深海に生息して長い長い年月をかけて樹枝のような形を作る緻密で硬い珊瑚で、
アカサンゴ、モモイロサンゴ、シロサンゴなどがあるそうですが、乱獲によって
激しく減ってしまっているようです。
浅い海に広がり珊瑚礁を作る珊瑚たちにも温暖化などによる枯死の問題が
著しいですが、深海の珊瑚たちもまた、象牙・べっ甲などと同じように人の手によって
危機に瀕しているのですね。
 

|

« マメ科の花、初秋の出会い | トップページ | 育ちつつある彼岸花名所 »

コメント

ポージィさん、ご機嫌うるわしゅう。
こんなにサンゴがじゃらじゃらあったら嬉しいです。
姫もいつだったか昭和記念公園で見ました。
赤い実をつけるものはたくさんあるけど、
これはサンゴという名前をもらって良かったですね^^
サンゴバナというのもあります。
ピンクの花でサンゴ?と思っていたけど、モモイロサンゴもあるんですね。
花や木はいいから宝石の珊瑚が欲しいですbearing

投稿: 池田姫 | 2008/09/25 14:17

うちの近所はどういうわけかサンゴジュが多いです。
今赤い実をいっぱいつけて綺麗ですが、なぜか蜘蛛が網を張りやすいらしくて蜘蛛の巣だらけの木もいっぱい。
でも自宅の窓からも見えるサンゴジュは葉一つなくツンツンのまんま。生き返るのかと気になって。
何もこれほど伐採しなくてもと思いますよほんと。
ポージィさんち近くにある中学校のサンゴジュは日差しをいっぱい浴びて幸せそう。
色づいていく過程も海の珊瑚に負けないほど綺麗です。

和歌山の白浜辺りでも数十年前は珊瑚がいっぱいあったそうです。人の乱獲と温暖化でかなり減ったそうです。悲しいね。

投稿: あまもり | 2008/09/25 16:17

◆池田姫さん、ありがとうございます ♪

こんばんは(^^)
これが本物珊瑚だったら、も、家宝ですよね。
何かの時には一粒ずつ売ってしばらく食べていけそう…
あれ?変なほうに思考がcoldsweats01

池田姫さんもご覧になりましたね。サンゴジュの実。
そうそう、赤い実はたくさんある中で、これだけが
こんな貴い名前を貰えたんですね。珊瑚花というのは
会った事ないです。良い名前をもらえた植物は得ですねー
んん?姫様は木や花より本物の珊瑚がお望みですか?
ではでは、はい、どうぞpresent


◆あまもりさん、ありがとうございます ♪

ご近所はサンゴジュ並木?どなたか気に入った方がいたのかな~
燃え難く防火樹にもなるといいますから、そちら方面かも。
でも、つんつるてんに剪定してして葉をなくしてしまったら
何にもなりませんよねぇ。それ、前に強選定されたと仰ってた
サンゴジュですか?まだ葉が出ないなんてかなり心配ですね。
この中学のも、ときおりバッサリ剪定されますが、そこまで
つんつるてんの裸にはされません …かわいそうに。

実にくもの巣はよくかかってますね。ばっちい感じのも多いです。
葉っぱも結構虫食い穴が開いていたり。今年は珍しく綺麗でしたが。

へーっ、かっては南紀白浜でも珊瑚がたくさんあったんですか。
なのに、やっぱり減ってしまったんですね。
昔々の人間は、自然のものを根こそぎ我が物にするようなことは
決してしなかったのに。いつから変わっちゃったんでしょう。

投稿: ポージィ | 2008/09/25 21:22

♪モモイロサンゴが手をふって~
ぼ~くの およぎを ながめていたよ~
        
サンゴジュ、、きっとどこかのお家にあるんだろうけど
まだ蒸し暑い日が続いているので散歩中に余裕がありません
赤い実は多いけど こんなにギッシリはそうないですよね?

海のサンゴは色とりどりで綺麗ですが
死活問題が起きてるとは・・
いずれ水族館でしか見れなくなったら悲しいですね

投稿: miki | 2008/09/25 21:26

うちの近所にもサンゴジュがたくさんあって、もう赤くなっています。
途中経過をあまり気にしませんでしたが、なかなかいいものですね。
サンゴも赤だけではありませんからね・・
珊瑚が生き続けられる海中環境を保ちたいものです。
海の環境は陸地特に人の活動で決まるものですね。

投稿: 横浜のおーちゃん | 2008/09/25 21:35

◆mikiさん、ありがとうございます ♪

お~っ、懐かしの「およげたいやき君」よく歌いましたよ。
学校の学年集会で全員で歌ったりもした思い出の歌です(^^)

サンゴジュは庭木にされるより、公園や並木などに
植えられている場合の方が多いかもしれません。
涼しくなった頃、どこかで真っ赤な珊瑚細工を見つけられると
いいですねー。

珊瑚礁などの珊瑚は温暖化で白化現象→死滅がよく聞かれますし、
装飾品の珊瑚は乱獲問題があるんですね。
せっかくの素晴らしい自然、水族館の中だけなんてことに
なったら大変だし悲しいことです~think
 

投稿: ポージィ | 2008/09/25 21:40

◆横浜のおーちゃん、ありがとうございます ♪

おーちゃんのご近所にもたくさんあるのですね。
同じようにみんな赤くなってますか。
私も色づきの途中の様子には、今回初めてちゃんと目を向けました。
なかなか綺麗で、真っ赤になる前もいいもんだなと思いました。
>サンゴも赤だけではありませんからね・・
うふ、おーちゃん、うまいことを仰います。そのとおりですね(^^)

海の環境は陸地の人の活動で決まる、というのもまさしくですね。
温暖化も乱獲も、人のせいですから…

投稿: ポージィ | 2008/09/25 21:45

サンゴジュ 懐かしいです。
以前は立派なサンゴジュが近所にあって 毎年花と果実とを楽しみ オナガ ヒヨドリ ウグイスなどがその林には来ていたのですが 木々をばっさりカットして駐車場になってしまいました~~
花も鳥も見ることができなくなって つまらないです。
こちらでいろんな段階のサンゴジュを拝見できて 懐かしく思いました。
ありがとうございます。

投稿: pole pole | 2008/09/26 00:15

サンゴジュに縁が無いことを再三ぼやいておりましたが、今年は数ヶ所で拝見しました。
でもポージィさんが撮ったような、きれいな状態のものではありません。
なんだかボロボロ。
一応写真は撮りましたが、個人的な資料画像でしかありません。
花も見ていないし、記事にするのは来年以降になりそうです。

宝石珊瑚ですか? 硬いサンゴですね。
子供の頃、わが海にもあったんですよ。
あったといってもほんの少しだけ、それも見たことがあるのはほんの一握りの人間だけですが。
1才年上の先輩がゲットしました。
サンゴの生えていた?岩から、まわりの岩を金具で丹念に削りとり(素もぐりで何十回、もしかして数百回潜って)、岩付きのサンゴを手に入れたんだそうです。
大きさは20cmほどで、上部で3つほどに分枝していましたかね。
この話のあと、仲間うちではゴールドラッシュならぬサンゴラッシュになり、必死になって探し続けたのですが、誰も見つけられませんでした。

すっかり忘れていた懐かしいエピソードを、思い出しました。
ありがとうございました。

投稿: goro’s | 2008/09/26 02:14

◆pole poleさん、ありがとうございます ♪

かってはご近所にサンゴジュの林が… 色んな鳥も訪れて
pole poleさんも小さな生き物達も楽しみにしていたのに
バッサリ→駐車場 ですか。残念ですね。
私の近所でも、こういったこと、毎年のように行われています。
つい昨日も時おり散歩で通る空き地に「土壌調査済」なんて
札が立っていて嫌な予感を覚えたばかりです。

僅かばかりの拙い写真ですが、懐かしんでいただけて幸いです。


◆悟郎さん、ありがとうございます ♪

おっ!ついにサンゴジュとのご縁が出来ましたね。それも数箇所。
良い時はいいのですが、サンゴジュは虫のつきやすい木でも
あるような気がしています。葉っぱが虫食いだらけだったり
葉焼けしていたり、くもの巣がいっぱいだったり…etc.
うちの近所の中学のも、バッチイ姿になっていることの方が
多いですよ(^^;)
今年サンゴジュポイントを見つけられた悟郎さん、まずは
来年の花ですね。そして綺麗な珊瑚もご覧になれますように。

そうそう、宝石珊瑚は加工のできる硬い珊瑚だそうです。
わぁ、故郷の海にもあったのですね。何と先輩がgetされましたか。
その先輩の根気というか執念というか努力はスゴイですね!
その立派な珊瑚、家宝になっているんじゃないでしょうか。
後に続けとばかり珊瑚ラッシュが起きたのももっともでしょうね。
ひょっとして、最後の宝石珊瑚だったのかなぁ~・‥…━━━☆

投稿: ポージィ | 2008/09/26 10:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50994/42505266

この記事へのトラックバック一覧です: 真っ赤な珊瑚:

« マメ科の花、初秋の出会い | トップページ | 育ちつつある彼岸花名所 »