« のたりのたりと秋の海 | トップページ | お花と戯る秋の午後  -その2- »

2008/10/30

お花と戯る秋の午後  -その1-

10月13日の体育の日、秋晴れの明るい陽射しのもと、鎌倉の大仏さまと
きらめく湘南の海を眺めた後(前々記事&前記事)、ポージィ一家はさらに国道
134号線を西へと向かい、相模川河口近くの「馬入・お花畑」へと向かいました。
 
相模川は山梨県の山中湖を水源とし、茅ヶ崎市と平塚市の境付近で相模湾に注ぐ
一級河川です。この相模川の河口を渡る橋が「湘南大橋」で国道134号線。
そのひとつ上流を渡る橋が「馬入(ばにゅう)橋」で国道1号線となります。
そして、「馬入橋」すぐ北側の平塚側に「馬入・お花畑」が作られています。
ここへ行ったのは今年の5月連休のときが最初でした。そのときはカリフォルニア・
ポピーが花盛り、たくさんのアイスランド・ポピーたちが開花待ちの状態でした。
そして10月はコスモスが花盛り!! 
憧れの一面に広がるお花畑、見られてとってもシアワセだヮconfident
 
ここでの写真はイヤというほどあります(笑) 2回に分けてお届けしますが、
たくさんなので、適当にピックアップして大きめ写真もご覧いただければ幸いです。
  (sandclock一部を除き写真クリックでもう少し大きめ写真もご覧いただけますnote
 
081013ohanabatake11cut
 
081013ohanabatake5_c1 081013ohanabatake6_c2 081013ohanabatake7_c3
<広いなぁ~ 膝の上から辺りを眺め回すクック。のけぞって撮ると腹筋が…sweat01
 
081013ohanabatake1 081013ohanabatake2 081013ohanabatake4
 <歩いたりカメラを向けたり、みんな思い思いにゆったりと楽しんでいます>
 
081013ohanabatake17 081013ohanabatake15 081013ohanabatake20
 <私も心ゆくまで楽しみます。3人中いちばん楽しんだのは多分私ね…smile
 
081013ohanabatake22_c4 081013ohanabatake23_c5 081013ohanabatake25_c7
 <でもクックも気持ちよかった?ほ~らだんだん眠くなる~ たれクック完成>
 
-その1- はここまでです。続きは -その2- で!
 danger10/25摘み取りイベントが行われ、現在コスモスはなくなっています。snail
 
(サムネイルの大きさの違いは、画像の水平を調整してトリミングしたことによります)
  

|

« のたりのたりと秋の海 | トップページ | お花と戯る秋の午後  -その2- »

コメント

晴れ渡った空に、一面のコスモスが映えています。
気持ち良かったでしょう。
熱心に見わたすクックちゃんの瞼が下がっていくのが可愛らしいです。
お昼寝の時間帯だったのでしょうか。
幸せそのものですね。
馬入川も懐かしいです。自転車で行ったし、海岸の道路も車でよく走りました。

投稿: tona | 2008/10/30 14:13

憧れの、お花畑に行かれてよかったですね。
ポージィさんの、浮き立つ心が、写真から伝わってきますよ。
「馬入・お花畑」ですか。
馬入という地名に、何か歴史的な背景がありそうですね。
国道一号線は、我が家から5キロほどのところを通っています。
何だ、簡単にそちらへ行けるのですね(笑)
クックは、どんな気持ちで眺めているんだろう。
あ~~、やはり眠くなったか。
馬の耳に念仏ならぬ、犬も目に花ですかね。

投稿: 鎌ちゃん | 2008/10/30 15:06

訂正、「犬の目に・・・」でした。

投稿: 鎌ちゃん | 2008/10/30 15:07

馬入は「ばにゅう」と読むんですか。
読み仮名を入れてくれてなかったら私は「うまいり」と読んでいたとこでした。
パノラマの一面のコスモス畑、気持ちのいい風景です。広々としてる。
こんなところで寝転がって青空を仰ぎたい。
って、寝転がったらコスモスの花たちにブーイングをあびそう(^_^;
クックたんも膝の上で左から右へとお花見学。
風になびく姿がライオンに見える(笑)
たれクックも可愛い(^_^) 鎌倉からの長いドライブで少しお疲れ?
(鎌倉から134号線沿いに馬入までGoogleマップでなぞってみました)
結構人出がありますね。
コスモスの花を通して川の向こうに見える街並みと川を走るクルーザー。
秋晴れの一日をポージィさん一家は充分堪能されたようで。
中でもポージィさんが一番楽しんだって?
うんうん、写真からルンルン♪が聞こえてきましたよ~。

風景を写真に撮る時にどうしても斜めになってしまうことも多いよね。
それを水平に調整したなんてご苦労様でした。
ポージィさんらしい(^_^)v

投稿: あまもり | 2008/10/30 15:36

◆tonaさん、ありがとうございます ♪

素晴らしい秋晴れの日、コスモスもまた青空に映えていました。
はい、河口からの風が少し強めでしたが。気持ちよかったです。

クックはこの日朝からほとんど寝ていなかったので(普段は逆に
ほとんどの時間寝ています)、かなり眠くなっていたようです。

馬入川(河口付近ではそう呼ばれるそうですね)は思い出ある
川なのですね。自転車で、の部分を拝見して女学生時代の
tonaさんが目に浮かびましたが、それでは遡りすぎですか?(^^)


◆鎌ちゃん、ありがとうございます ♪

おかげさまで、ひとつ夢がかないました。昨年見たのよりもっと広い
お花畑を見ることができました。

さすがは社会科の先生、馬入という名前に反応されましたね(^^)
ちょっと調べてみましたら、「平塚の川と橋」というHPの中に、
『相模川下流で、旧馬入村地内の通称。伝説。
 建久3年1198年12月、武蔵国の豪族稲毛重成が亡妻の追善供養
 のため、相模川の茅ヶ崎と平塚の間に橋を架設し渡初めの式を行った。
 時の将軍源頼朝はこの式に参列、式も無事に済んだが、どうしとことか
 頼朝の馬が荒れ狂い頼朝を乗せたまま川の中に飛び込み、頼朝が落馬
 するというハプニングが起こったという。それからいつとなく
 馬入川と言う様になった』
という記述がありましたよ。面白いですね。
 
国道1号線、鎌ちゃんのお宅の近くも通っているのですね。
そうですね~ ひた走ればすぐいらっしゃれます。

クックは… 仰るとおり「犬の目に花」花には無関心です(^^;)

訂正コメントもありがとうございました。
全然気づかず「犬の目に」と読んでいました~(笑)


◆あまもりさん、ありがとうございます ♪

漢字って読み方に迷いますよね。振り仮名がなくては絶対に
読めそうにないものもあります。「馬入」は「ばにゅう」でした。
鎌ちゃんへのお返事↑に書いたのですが、面白い伝説があるようです。

広々とした場所一面のお花(コスモス)畑、気持ち良いですよね。
でもお花畑の中に寝転がるには、コスモスはちょっと背が高すぎかなsmile
随分高いところからコスモスたちに見下ろされそうです。

風になびくクックの毛にご注目くださいましたね(^^)
車の中の後頭部とは大分イメージが変わりますよね。なびいているのは
耳の飾り毛です。若かりし頃はこの倍以上の長さがありました。
はい、お察しの通りクックは、ちょっとお疲れだったようです。
いつもは日がな一日寝ているのに、この日は朝からずっと起きて
興奮しっぱなしでしたからcoldsweats01

わぁ~ グーグルマップで辿ってみてくださったんですね。
そして大いに楽しんだ気持ちも汲み取っていただいて、嬉しいです♪

私は手持ちで水平に撮るのがすごく苦手みたいで、大抵どちらかに
傾いて撮れてしまっているんです。気を付けているんですけどね。
傾いていても気にならなかったり、わざと傾けたものはいいのですが、
気になるものは調整したくなってしまって…
その結果大きさが微妙に違っているんじゃ、あまりいいことでは
ないですね(^^;ゞ
 

投稿: ポージィ | 2008/10/30 17:43

馬入川河口は近くの海岸で、大昔に投げ釣りをしたことがあるので覚えていますが、少し上流にこんなお花畑が出来ているのですね。
青空の下、広々とした中に水の風景もあり素敵ですね。
いつか機会を作っていってみます。

投稿: 横浜のおーちゃん | 2008/10/30 20:36

こういうお花畑って行ったことないのですよね~
すごく広いのですね。
春はポピーでしたか~
秋はコスモスなのね。

クックたん あまりの広さにビックリでしょうね~
気持ちがよくってこっくりですね。
可愛い!
ポージイ さんが最も楽しまれたようです~~

投稿: pole pole | 2008/10/30 20:44

◆横浜のおーちゃん、ありがとうございます ♪

おーちゃんはこの辺りで投げ釣りをされたことがあるのですか!
ブログで存じ上げているおーちゃんからは、釣りはちょっと
意外な感じがしました。大分前になさっていたのですねfish

お花畑は10年位前からボランティアさんの手で作られるように
なったそうです。平塚の名所となりつつあるのではないでしょうか。
コスモスの向こうに見えるのは相模川(馬入川)の水面です。
次に行くときには、この川べりまで行ってみたいと思います。
おーちゃんも、また春(5月頃)にでも機会がおありでしたら
いらしてみてください。


◆pole poleさん、ありがとうございます ♪

私は色んな方のブログで、昭和記念公園などのお写真からお花畑に
憧れていて…割と近くのここへは是非行ってみたかったのです(^^) 
そうした公園と比べたら素朴な作りですが、大いに楽しんできました。

春はポピーとラベンダーだったそうです。
私が春行ったときはちょっと時期が早すぎましたが。
クックは眠たかったようですが、彼なりにのんびりと楽しんで
いたみたいです。でも、いちばん楽しんだのはワ・タ・シですねcoldsweats01
 

投稿: ポージィ | 2008/10/30 21:17

ポージィさん、こんばんは。快晴の日1日を鎌倉見物や馬入・お花畑で”お花見”で楽しみましたね。運転はおそらくご主人の”仕事”でしょうから、貴女は景色を眺めるのみ。たしか134号線はこのあたりでは1号線と平行して走っているように思いますが。小田原あたりで大きく離れるのでしょうか。コスモス畑は随分な人出ですね。昭和記念公園でもそうでした。私はあまのじゃくなのか、あのように大規模に咲かせるよりは、田圃の空き地にチラホラ咲いているのが好きです。たれクックは、もうすっかり目がたるんで睡魔に負けているようですね。

投稿: polo181 | 2008/10/30 21:33

◆polo181さん、ありがとうございます ♪

こんばんは。
そうなんです、この日は盛りだくさんで大いに楽しみました(^^)
お察しの通り、運転は夫にお任せで、私は心ゆくまで景色を眺め
写真を撮りまくるのみ! 笑

国道134号線と1号線は、仰るとおり、ちょうどこの河口付近では
並行して走っています。分かれるのがどの辺だったかはちょっと
覚えていません。
お花畑はちょうど見頃だったこともあってかなりの人出でしたね。
どこのお花畑も人気が高いようです。poloさんはチラホラ咲いて
いるほうに風情を感じられるのですね。
私は、わーっと群れて咲いているのを見たい花と、チラホラ
咲いているのを見たい花があって、コスモスはわーっと咲いているのを
見たい花に入ります。でもポチンと咲いているようなコスモスも
また好きですよ(^^)

垂れクックの眠たげな顔は、見ているとこちらも眠気を誘われます。

投稿: ポージィ | 2008/10/30 22:25

ワァ~~、群生して咲いてるコスモス、素敵ですね~~
のたりのたりの湘南海岸からこの風景を見ると、目が覚めます(笑)。
さすがにクックくんはおねむのようですが(笑)。
そこそこの人出のようですが、これだけ広いと気になりませんね。

同じ日の多摩川河川のコスモスは花がほとんど終わってしまい、巨大な(1、5mほど)オオイヌタデに占領されていました。
そちらにビックリでした(笑)。

投稿: goro’s | 2008/10/31 01:51

◆悟郎さん、ありがとうございます ♪

はい、シャキーンと目が覚めましたhappy01
下調べもなしに行ったので、見頃かどうかも分からず心配だった
のですが、川を渡る橋の上からピンクの絨毯が見えたとたん
胸が高鳴りました。これまでで私が見たいちばん大きな絨毯でしたよ~。
うふふ クックは辺りの匂いを嗅ぎまわるとき以外眠そうで。
さすがに帰りの車の中ではしばらく景色も見ずに眠ってましたよ。

人出はそれなりにありましたが、仰るとおりまだまだスペースに
ゆとりがあったので全然気にならなくて、寛いで見られました。

あらっ 多摩川へ行かれたときコスモスはもう咲き終わりでしたか。
この平塚のより早かったんですね。
変わって占領していたのがオオケタデというのもまたすごいですね。
オオケタデ自体滅多に見かけない私、そんな景色を見たら
しばしボーゼンと立ち尽くしそうです。びっくりですよね!
 

投稿: ポージィ | 2008/10/31 11:06

そうかそうか!
こんな凄いコスモス畑という隠し球が控えていたんだ!(笑)
素晴らしいですね♪

僕は京都で、これに近い状態を見つけたんですが、残念ながら移動中のバスの花でした〜。。。(泣)

投稿: noodles3 | 2008/10/31 20:06

◆noodles3さん、ありがとうございます ♪

はい、大仏様の後に行った平塚のお花畑とは、これだったのです~
こちら、3万平方メートルだそうです。といわれてもピンときませんけどね。

そうだ、京都に行かれたんですね。
その京都でご覧になったコスモス畑はバスの中からでしたか。
残念!あっという間に過ぎ去ってしまいましたねweep

投稿: ポージィ | 2008/10/31 22:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50994/42879364

この記事へのトラックバック一覧です: お花と戯る秋の午後  -その1-:

« のたりのたりと秋の海 | トップページ | お花と戯る秋の午後  -その2- »