« 存在感たっぷり アオイ科の花たち | トップページ | 出会い・猫たち 2008夏 -その2- »

2008/10/02

出会い・猫たち 2008夏 -その1-

この夏6~7月に、クックとの散歩中に出会った猫たちです。
飼い猫・野良猫両方かな。 一口に野良猫といっても、人間に餌をもらっている
子たちもいれば、虫や小動物、ゴミだけで命を繋いでいる子たちもいることでしょう。
表情を見てやってください。 今日の -その1- の猫たちには余裕が感じられます。
    (cat写真クリックでもう少し大きめ写真もご覧いただけますcat
 
  080604cat_2
 
              080606cat_3
 
   080624cats1_2
 
                080624cats3
 

|

« 存在感たっぷり アオイ科の花たち | トップページ | 出会い・猫たち 2008夏 -その2- »

コメント

おはようございます
ノラちゃんは逞しくて顔つきも違いますね。
クックたんがいるから?
鋭いです!
ブログなどで見るネコちゃんはの~んびり。
うちの近くでも畑にノラちゃん達が住んでいます。
見たらお腹を空かせているんじゃないかと人は気になりますよね。
ノラちゃんは冬になると特に可哀想。寒そうで!
でも人間と同じで何が幸せかはわかりません・・・。
安住の地にいてダラリンコがいいか、束縛されない自由がいいか・・・
あっ いつの間にやら自分のこと?coldsweats01

投稿: 池田姫 | 2008/10/02 11:10

ノラちゃんたちは、すっかり自分のテリトリーを作って
その中で悠々の生活を送っているみたいですね。
それにしても、4枚目以外は、鋭い目つきで
こちらを見ています。
野生が目覚めたような目つきですね。
あっ、そうかクックがね。

投稿: 鎌ちゃん | 2008/10/02 12:11

たくさんいますね~
自然があったほうが、餌もあるということでしょうか。
猫も犬も性格ってありますが、
猫ちゃんのほうがよりはっきりしているような気がします。
人好き人嫌いとか。
おっとり系、神経質とか。
その2が楽しみですhappy01

投稿: koko | 2008/10/02 12:43

ポージィさん こんにちは~

久しぶりの快晴です^^

不敵な面構えのにゃんこ達ですね
でも、傷もないようだしよく太っているし
毛艶も悪くないので野良だとしても幸せな暮らしをしているのでしょうね
猫の寿命もずいぶん延びていますが、家猫と比べて
野良猫の寿命はかなり短いそうです
悠々自適な暮らしのようでも現実は厳しいのでしょうね

投稿: glenn | 2008/10/02 12:44

もんはニャンコにとても興味があるらしく 遠くからでもニャンコを見つけます。
でも 近寄らせないので挨拶はしたことないです~~
ニャンコはどんな病気を持っているかわかりませんし ニャンコパンチを受けたら出目のこの子達はひとたまりもありませんからね。

私もよくニャンコの写真は撮ります。
本当の意味の野良猫は都会にはいないように思います。
みんな どこかで餌を調達しているのか 太っていますもの~~笑
それに 看板でネコに餌を与えないでくださいと書かれているにも拘らず 餌をあげている人がいるんですよね~~
中にはノラちゃんたちに自腹を切ってまで去勢手術をさせているお方もいらっしゃるようですが ご飯をあげるのはどうかな~~
ご自分では飼えない事情もおありなんでしょうが トイレの問題もあるし・・・
ニャンコのものはとても臭いです!

ご自分で飼っていても ほうりっぱなしの人もいるから なんともいえないのですが・・・

今 目の前に生きている仔たちに何の罪もないのですが 人間の身勝手さに腹が立ちます。

ワンコは放し飼い禁止でニャンコは自由っていうのも納得ゆかないです!

すいません! つい熱くなってしまって・・・
やっぱり私はワンコ派です~~!

投稿: pole pole | 2008/10/02 16:48

◆池田姫さん、ありがとうございます ♪

こんにちは。晴れて少し暖かくなりましたね(^^)ホッ
野良ニャンコたちは、クックがいるいないに関わらず
精悍な(怖い)目つき顔つきしている子が多いですね。
池田姫さんのご近所にも野良ちゃんいるんですね。
春から秋は、昆虫やトカゲなど捕って食べられるものも
たくさんいますが、冬場はきついだろうと思います。
暖房ももちろんないですしね。どこで寝ているのやら。
彼らは彼らなりにその環境を受け入れ、一生懸命生きて
いるんでしょうね…

>安住の地にいてダラリンコ 束縛されない自由
キャッsweat01 てっきり私のことだと思いましたよ。
私の場合、両方兼ね備えた贅沢な生活かもしれません。


◆鎌ちゃん、ありがとうございます ♪

悠々の生活。夏場は心身ともにゆとりたっぷりかもですね。
目つき鋭いですよね~ ニャン相も正直悪い(笑)
クックがいるからというわけでもないようですよ。
一応警戒はしますが、離れていると余裕綽々、悠然と構えてます。
4枚目は3枚目の同じ猫たちの、3分後くらいの様子です。
もう目をつむってますもんね~happy01


◆kokoさん、ありがとうございます ♪

見かけないとなると全然見ないのですが、たまたま彼らの
行動と私のそれがクロスすると立て続けに見ることがあって。
どんどん宅地が増えているとはいえ、やっぱりまだまだ
自然も畑なども残っている分、ニャンコたちも多いんでしょうね。

犬と猫では猫のほうが性格がはっきりしているとお感じですか?
猫のほうがマイペース派が多いからかな。
懐っこい子と距離を置く子の差がはっきり分かりますね。


◆glennさん、ありがとうございます ♪

こんにちは(^^)
ねー、久し振りの快晴ですね!青空と陽射しが眩しく、
とっても気持ち良かったです。

これだけ不敵な面構えのニャンコはやっぱり野良だと思うのですが、
この近くでご飯を貰っているのかもしれません。
でも、glennさんが仰るようにやっぱり野良ニャンコの寿命は
短いでしょうね。生活環境厳しいですし、病気も怪我も
ありますし。これから一番の厳しい季節がやってきますね。


◆pole poleさん、ありがとうございます ♪

熱く語ってくださいましたね。pole poleさんの仰ることや
お気持ちはよく分かりますよー。
猫を飼ったこともありますし、よそのニャンに玄関におしっこ
かけられたり庭にウン○をされたこともありますから、臭いのことも。
でも、私はワンコを飼っている今でもどっちも好きです。
野良猫にご飯をあげる人と、ご飯なんてとんでもないという人と
反目し合っている例もよく聞きますね。
野良猫は元はといえば人がそうしたこと。捨て猫をしたどこかの
誰かの後始末をして、トイレのことやこれ以上繁殖させないこと
などもきちんと考慮したうえで、ご飯をあげている人たちの
取り組みには頭が下がる思いでいます。野良ニャンコにでも
トイレの躾をすることは可能なのだそうですよ。
少し前、NHKのご近所の底力で、まさにこの野良猫の餌やりの
問題を取り上げていて、擁護派と反対派の人が協力し合って
問題解決出来た様子を見ました。
ただただ、ご飯だけあげるだけというのでは、いろいろな
問題を引き起こしてしまいますが。

猫を飼う人たちも、病気や交通事故のことなどいろいろ考えて、
家の中だけで飼うようにしている人たちも増えてきていますね。

ちなみに、クックは猫を見つけると、それっ!とばかりに
ワンワン吠え立てます。傍には寄らせませんよ。
もんちゃんは興味津々なんですね(笑)
 

投稿: ポージィ | 2008/10/02 18:04

ポージィさん、こんばんは。正直言うと、私はネコ派ではなくて、犬派です。あの傍若無人な振る舞い。マイペースで、こちらの気持ちなど委細構わず行動する。庭に入り込んで、臭い臭い落とし物をして行く。
不思議ですね。親友の一人は、17年一緒に暮らしたネコが死んで、その後のペットロスによる落ち込みは見るに耐えないほどでした。自宅の庭に埋葬してその上にお墓まで立てています。
母は、生涯犬も猫も好きだったようです。

投稿: polo181 | 2008/10/02 21:40

◆polo181さん、ありがとうございます ♪

poloさんも犬派でいらっしゃいますか。
傍若無人な振る舞い、マイペース… あはは 猫の特質ですね。
うちのクック(チワワ)は犬だけど猫的な性格なんですよ。
逆に、猫でも犬みたいな性格のこもいそうです。
親友の方、ペットロス症候群でずいぶん苦しまれたのですね。
お気の毒です。思うように悲しみを表して涙を流し、別れを
惜しむことがペットロス症候群のひどい落ち込み防止になると
いわれていますが…。 poloさんも愛犬のお骨を持ち歩いて
いらっしゃると仰っていましたね。
相手が犬であれ、猫であれ、それぞれ深く愛していらしたと
いうことですね。
私は身内から、クックがいなくなったらうつ病になるんじゃ
ないかと今から心配されています(^^;)
そんな私は、poloさんのお母様と同じで、犬も猫もどちらも好きです。

投稿: ポージィ | 2008/10/02 22:26

家の近所でも昔はそれなりに数を見かけたノラたちですが、現在ではほとんど姿を見なくなりました。
でも居るところにはいます。
ノラとはいっても、どなたかが餌をやっているんでしょうね。
時折顔を出す公園でホームレスのおじさんが、5~6匹のネコに紙袋から缶詰を取り出して食べさせているのをみかけます。
ほとんど毎回のことなので、もはや彼の飼い猫でしょうね。
その場面を見ると、彼の人生を思いやって壮大な物語を創作してしまいます(笑)。
結末はハッピーエンドであって欲しいと、そう思ってます。

投稿: goro’s | 2008/10/03 04:14

◆悟郎さん、ありがとうございます ♪

悟郎さんのお宅の回りでは減りましたか、野良ニャン's。
野良猫という猫生を生きなきゃいけない猫たち自体が減ったのだと
いいのですけれど。
餌をもらえる境遇の野良たちは恵まれた境遇ですね。
猫たちに缶詰の餌を用意してあげている、ホームレスさんが
いるんですか。缶詰は結構高くつくと思いますが、そのおじさん、
自分は家がなくても猫たちに食べさせてやりたいんですねぇ。
ホームレスの方たち、ペットの犬や猫を飼っている人が
結構いるようですね。動物を飼って世話することが、その方たちに
とって色んな意味を持っているのだなぁと思います。
私も壮大な物語を創作してしまいそう(^^)
ほんとにそうですね。ハッピーエンドでありますようにと願います。
 

投稿: ポージィ | 2008/10/03 10:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50994/42345975

この記事へのトラックバック一覧です: 出会い・猫たち 2008夏 -その1-:

« 存在感たっぷり アオイ科の花たち | トップページ | 出会い・猫たち 2008夏 -その2- »