« 川縁のピンクたち | トップページ | 現の証拠(ゲンノショウコ) »

2008/10/07

ハゴロモルコウソウ 2008

今年、すっかり種を蒔くのが遅くなり(7月にずれ込みましたsweat01)、ちゃんと咲く
ところまでいくか心配だったハゴロモルコウソウですが、蒔いたら
 芽が出て膨らんで花が咲いてじゃんけんぽんnote じゃないですけど、
あっという間に芽が出て双葉になり、あっという間に本葉を出して蔓を伸ばし始め、
ぐんぐんとそれはもうすごい勢いで伸び、8月末、無事花が咲き始めましたscissors
蒔き時期の遅さを挽回するかのようなすごい生長ぶりにはビックリでしたよ。
昨年5月に蒔いて生長を見守ったのに比べて、何だか早回しビデオを見ている
ような気分でした。 どうやら来年蒔く分の種も採れそうです。
そのハゴロモルコウソウの今年の花、見てやってください。
    (flair写真クリックでもう少し大きめ写真もご覧いただけます)
 
080911hagoromorukousou2 080909hagoromorukousou_guruguru
 
      080911hagoromorukousou1 080911hagoromorukousou3
 
「ハゴロモルコウソウ(羽衣縷紅草)」:ヒルガオ科・ルコウソウ属
             別名「モミジバルコウソウ」
             繊細で糸のような葉の「ルコウソウ」と、丸っこい葉の
             「マルバルコウソウ」との交配種
 
             「縷」を辞書で調べると、「糸すじ。細い糸。糸のように細く
             つづくもの。」と書かれていますが、細い蔓や「ルコウソウ」の
             レースを思わせるような繊細な細い葉を見ると納得できます。
             細い蔓は、ちょっと放っておくと、お互いにグリグリと巻きつき
             絡まりあってしまいます。
 
 
こちらは、散歩道の途中1ヶ所でだけ自生している「マルバルコウソウ」。
頻繁に引っこ抜かれるからか、蔓はあまり長く生長できず、毎年なんとか花を咲かせ
生きながらえています。 江戸時代末期に観賞用として導入されたのだそうです。
今や園芸的にはすっかり見放され野生化していますが、可愛い花ですよね。
      080928marubarukousou2 080928marubarukousou1
 
やっぱり細く繊細な蔓。花色は「マルバルコウソウ」の方が朱がかっています。
 
「マルバルコウソウ(丸葉縷紅草)」:ヒルガオ科ルコウソウ属
 
 
昨日、冷たい雨が上がった午後から、ついにわが家の目の前のお宅の金木犀から
香りの便りが届きました。 大好きで、そして切なくなる秋の香りの便りです。
 ♪雨上がりの朝 届いた 短い手紙~♪
                  <2008.10.6 キンモクセイ開花>φ(・_・ )メモ
 

|

« 川縁のピンクたち | トップページ | 現の証拠(ゲンノショウコ) »

コメント

おはようございます!
ルコウソウ 近所でも咲いているのを見かけます。
種から育てられたのですね~
感慨も一入でしょう。
そそ! 微妙に色が違うのですよね。

キンモクセイ お好きなんですね。
私はこの時期窓を開けるとどこからともなく漂って来るこの香り 苦手です~~
以前は好きだったのですが トイレの消臭剤として使用されるようになってから 大嫌いになりました。
近所の公園にはウスギモクセイが咲いています。
淡いクリーム色がいいです。

投稿: pole pole | 2008/10/07 09:36

散歩道、何処からともなく香るいい香り、金木犀の咲く季節になりました。
10月の初め頃から、流れるように風に乗って香っていました。今は散歩道の何処を通っても香ってきます。
とっても柔らかないい香り、10月季節の香りです。
リキと二人で毎日香りを楽しんでいます。
今も窓から、我が家の金木犀の香りが漂ってきます。

数年前から散歩道の駐車場のフェエンスに、かなり広い範囲に蒔きついて花を咲かせていたマルバルコウソウ、昨日通ったらすっかり刈り取られて無くなっていました。小さな花ながら、いっぱい咲くときれいだったのに残念。この前撮ったのが最後の写真となりました。地主には雑草だったのでしょう。
なくなる前に一本だけ引っこ抜いて持って帰り、鉢植えにしてます。
来年は咲いてくれるかな。小さな丸い種子らしきものも二つ付いています。蒔いたら芽が出るのかな?
真っ赤な小さい花は大好きです。

投稿: 夢閑人 | 2008/10/07 09:51

ハゴロモルコウソウを種から育てられたのですね。
毎日たくさんの花が咲くでしょう。
近所にも咲いているところがあって放りっぱなしなので、前年のこぼれ種で毎年続いているようです。
昨日のコメント、早合点して失礼しました。

投稿: 横浜のおーちゃん | 2008/10/07 11:49

おっと、「結婚するって本当ですか」ですね。
あの、ダ・カーポの澄んだ声と、キンモクセイの
香りが、そういえばぴったりですね。

「ルコウソウ」そういえば、どなたかのブログでも
見せていただいたと思いますが、
この花の色が、何とも魅力的ですね。
驕った赤でもなく、とても可憐な赤だと思います。
鎌ちゃんも育ててみたいです。
ポージィさんのブログを見せていただくと、
次々、欲しいものがたまってきます。

投稿: 鎌ちゃん | 2008/10/07 12:25

このお花、私好きです。
あさがおのような、おしろい花のような・・・そんな感じの花ですよね。

金沢を旅行したとき
あさがおのツルを伸ばして
すだれのようにしているお家がたくさんありました。
このお花のすだれもあったなあ、と
思い出しましたよ!

投稿: SAKURA-MOCHI | 2008/10/07 13:47

まあ、見事に咲きましたね。
ハゴロモだと思うけど、近くの家で2階まで
上がろうとしているのを見ましたよ。
ジャックと豆の木みたいです。club
ポージィさんちもそのうちlovely
ハゴロモの館にっ!

投稿: 池田姫 | 2008/10/07 16:34

でましたね! ツコウソウの仲間達!!
確かにこうして、比較すると花色にかなり違いがあるものですね。
ハゴロモの紅が好みで〜す♪

投稿: noodles3 | 2008/10/07 17:04

種から育てた花は愛情もひとしおですよね
こんなに沢山咲いてくれて良い子じゃhappy01

noteポストのそばには~ 赤いコスモスゆれていた~
ではなくて オレンジの金木犀ゆれていた~
ですねhappy01
うちの金木犀も今年は早くも咲きだしましたよ
偶然ですが今日アップしたところです
ポージィさんにとっては思い出の花。。
私は秋になったなぁと知らせてくれる花ですmaple

投稿: miki | 2008/10/07 17:13

◆pole poleさん、ありがとうございます ♪

こんにちは。
昨年に続いて2度目のハゴロモルコウソウ育てでした。
特にこれといってしなくてもすくすく元気に育ってくれて
無精者の私にとってはありがたーい植物ですhappy01
葉の細いルコウソウにだけはまだちゃんと間近で会ったことがないので
いつか見てみたいと思っています。

キンモクセイ、子どものときからずっと好きなんですよ~
あらら、pole poleさんは苦手でいらっしゃいますか。
一時、トイレの芳香剤といったらキンモクセイ、っていうような
時期があったような気がしますねぇ。あのせいで苦手に?
芳香剤は人工的に作られた香り。そのせいで、もともとの天然の香りの
キンモクセイが嫌われちゃったのはちょっと気の毒な気もしますよcoldsweats01

ご近所にウスギモクセイがあるのですか?いいですねぇ。
広い通りを渡るのでたまにしか行かない場所のお宅に植えられて
いるのが、ウスギモクセイなのかギンモクセイなのか?と
ずっと思っているのですが、花がちょうどいい時期に行き合わせた
ことがないのです。今年も多分…


◆夢閑人さん、ありがとうございます ♪

夢閑人さんのご近所では、10月の初めからもうどこからともなく
香りが漂ってきていましたか。今は真っ盛りなのですね。
そうだ、お庭にもおありになるのでしたね。
いいなぁ~ 香り嗅ぎ放題(笑)
リキちゃんともども、今しばしのこの時期ならではの香りの便りを
存分にお楽しみください。私も深呼吸しながら歩きます。

駐車場のフェンスにたくさん咲いていたルコウソウ、きれいさっぱり
刈り取られてしまいましたか。可愛かったでしょうに残念…。
あ、でも1本は夢閑人さんに救われたんですね!何てラッキーな子happy01
来年芽が出て咲いてくれるといいですね。ワクワクheart01


◆横浜のおーちゃん、ありがとうございます ♪

はい、プランターに種を蒔いて、伸びてきた蔓はフェンスに絡ませて(^^)
毎日よく咲きますね。咲き始めの頃は咲いている時間が短かったのですが、
この頃では夕方まで開いたままのものもあって、大いに楽しませて
くれています。
ご近所ではこぼれ種から毎年ですか。逞しい生命力をもって
いるんですね。マルバルコウソウが野生化して生きていけるわけです。

いえいえ、昨日のはこちらこそ至りませんでした。


◆鎌ちゃん、ありがとうございます ♪

キンモクセイの香りを「香りの便り」と呼んでいることから、
ダ・カーポの懐かしい歌と結びつきました。
秋という季節は、私に物悲しさも運んできますし(^^)

ハゴロモルコウソウ、他の方のところでもご覧になりましたか?
驕らない赤…なるほど。分かる気がします~。いい赤ですね。
これは育てやすいですよ~ 蔓を誘引してやる必要はありますが、
ほかは水遣りだけです。チャンスがおありでしたら鎌ちゃんもぜひ!


◆SAKURA-MOCHIさん、ありがとうございます ♪

そうそう!小さなアサガオのようなオシロイバナのような花です。
お好きでしたかhappy01

金沢でご覧になった、アサガオの鉢植え、拝見しましたよ。
格子戸とマッチしていい感じでしたね。
なんとハゴロモルコウソウでもすだれが作られていたんですね。
見事な緑と花のカーテン(日除け)になると思います。
ゴーヤのような食べられる実はならないですけれど(^^)


◆池田姫さん、ありがとうございます ♪

私の心配などどこ吹く風。グングン伸びてあっという間に
花を咲かせてくれました。手のかからない良い子ですwink
蔓はね~ よく伸びてすぐ絡まるのでちょいと誘引を。
2階にまで達しようとしているお宅もありましたかwobbly
うちはフェンスにグルグルに巻きついてもらってます。
ウフフ ハゴロモの館って何だか幻想的な響きheart04
でも、もう間もなく終わりの時期がきちゃいそう。

投稿: ポージィ | 2008/10/07 17:32

◆noodles3さん、ありがとうございます ♪

私が見られるルコウソウの仲間2種、今年も登場して
もらいました。遅れて蒔いたにもかかわらずちゃんと
咲いてくれましたしね。
ルコウソウの花色も比べられるといいのですけど、
残念ながら近所で見かけないので。
noodlesさんは、ハゴロモの赤のほうがお好みなのですね。
いい色だと思います。


◆mikiさん、ありがとうございます ♪

ハゴロモルコウソウたち、遅く蒔いても勝手に育ってくれ、
ほとんど手もかからない、良い子たちですheart04

キンモクセイが私にとって思い出の木ということ、覚えていて
くださったんですね。嬉しいです…
mikiさんのお宅のキンモクセイ、いつもこちらより遅めでしたが
今年は同じ時期ですね。(後で見せていただきにに伺いまーす。)
そうそう、揺れていたのはコスモスじゃなくキンモクセイ note  happy01

投稿: ポージィ | 2008/10/07 17:43

種子を蒔くのが遅くても、ポージィ家のハゴロモルコウソウたち、元気で花を咲かせていますね~~
まだまだ咲き続けるんでしょうか。

私は今年はまだ見ていないんですよ。
例年咲いていた小田急線の踏み切り近くのものが、今年はさっぱりでした。
あんなに咲いていたので、昨年の零れ種子から芽が出ないかと期待していたのですが、(誰かが親の敵のように出てくる芽を引っこ抜いたとしか思えないほど)1個も芽が出なかったようです。
初対面のルコウソウも、そろそろ私の時間帯でも花が見られるかと期待していたところ、きれいさっぱり処分されてしまいました。
辛うじてマルバルコウソウの花を2枚ほど、カメラに収めました。
今年はルコウソウの仲間たちとの縁、薄いようです(泣)。

投稿: goro’s | 2008/10/08 01:25

◆悟郎さん、ありがとうございます ♪

昨年3ヶ月かけて育って花が咲き始めたのが、今年は1ヶ月半で。
倍速で生長ぶりを見せてもらいました。咲いてよかった~
花数はもう大分減ってきていますが、まだ毎日咲いていますよ。
でもそろそろお終いですね。昨日、早くに咲いた分の種を
少し採取しました。

あれ~ 以前見せていただいた場所の、1つの芽も出なかった
んですか?今年はもうやめた!って、1本たりとも許して
貰えなかったんでしょうかね~ 残念
れれれ そろそろ見られると期待されていたルコウソウも、
もう処分されちゃったんですか?気が早いですねぇ。残念
そんなこともあるんですね。マルバルコウソウの写真2枚が
せめてもです。
近所のマルバルコウソウスポット、今年は草ぼうぼうのまま
なんですよ。毎年マルバもろとも抜かれていたのに。
それはそれで気がかりなんです。草取りしていた人が体調を
崩されたりして出来なくなったというご事情かも知れず、
となると次は大体除草剤か売られて開発が待ってます…

投稿: ポージィ | 2008/10/08 10:11

ポージィさん、こんにちは。ハゴロモルコウソウやマルバルドウソウの元になったと思われるルコウソウを見たら、白、ピンク、赤と三種ありました。縷紅草の文字で、縷は葉っぱが細いとかツルが細いの意につながりますが、紅草の紅の字が現実とは合わないとなってしまいます。まぁ、これは後の人達が、元々は紅色だったものから白やピンクを作りだしたものと考えるべきでしょう。
また、マルバルコウソウは雑草扱いをされているようなコメントがありました。観賞用として移入してきたものが、見捨てられ雑草化して、引っこ抜かれる、人間の身勝手さが見えますね。
ネットで3者を眺めた結果、私はハゴロモルコウソウが最も気に入りました。垣根に這わせるといい感じでしょう。その赤さにドキリとします。

投稿: polo181 | 2008/10/08 13:44

こんにちは。
また雨が降ってきました。
今年もきれいに咲きましたね。
私の家では今年は遅く咲いて、今頃になって種がたくさん出来ました。まだ咲き続けています。
まだルコウソウだけが見られなくて、早く見てみたいです。

キンモクセイが満開になりましたね。
家の2本はまだ私の身長くらいで、あまりたくさん花をつけません。葉の下部の木化した枝に花がびっしりついていて、面白いです。
ホトトギスがいい香りというのを今日気がつきました。

投稿: tona | 2008/10/08 14:13

◆polo181さん、ありがとうございます ♪

こんにちは。
ルコウソウ、ハゴロモルコウソウ、マルバルコウソウのそれぞれを
検索して見比べられたのですね。
ルコウソウの赤と白は私もネットで見ていましたが、ピンクもあるんですね。
マルバルコウソウは、ほんと気の毒なんですよ。観賞用として
入ってきたのに、今では顧みられなくなってすっかり雑草扱い。
これだって十分可愛いと思うのですが、ルコウソウやハゴロモルコウソウと
比べられたら負けてしまったのですね。人間の勝手さですね。

poloさんは3つのうちではハゴロモルコウソウがいちばん
気に入られたのですね。葉の緑に真っ赤な花色が映えますね。
赤さにドキリheart うんうん、そうですね。その感じ分かります。


◆tonaさん、ありがとうございます ♪

rain午前中で止むと思っていましたのに、また降ってきましたね。

tonaさんにいただいた種の2代目が、無事咲いてくれましたheart04
7月に入ってから種をまいたので心配だったのですがほっとしました。
花の咲き始めは昨年とほぼ同じ8月後半に入ってからでした。
その、始めのころ咲いたものの種を、昨日少し採取しましたよ。
これで来年も咲かせられそうです。
tonaさんもまだルコウソウをご覧になっていないのですね。
私もなんですよ。見てみたいですねhappy01

キンモクセイ、咲いたと思ったら雨ばかりで十分香りを楽しむ前に
散ってしまいはしないかとヤキモキしています。
tonaさんのお宅の若い木も頑張っていますね。年々少しずつ花数が
増えているのではないでしょうか。枝にまぶした様に咲くのが面白いです。

ホトトギス… 以前私が嗅いだ香りはあんまりいい香りじゃ
なかったのですが… tonaさんが嗅がれたのはどんな香り
だったのでしょう。
 

投稿: ポージィ | 2008/10/08 15:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50994/42670517

この記事へのトラックバック一覧です: ハゴロモルコウソウ 2008:

« 川縁のピンクたち | トップページ | 現の証拠(ゲンノショウコ) »