« エノキグサ -道端の野草- | トップページ | 今年は元気「カラスノゴマ」 »

2008/10/15

イヌタデの花

隣の空き地に咲いた「イヌタデ」が、フェンスのこちらにも顔を覗かせたので
カメラを向けてみました。タデ科の花は可愛らしいものが多いのですが、イヌタデもまた
可愛いものでした。ピントが甘めですが見てやってください。
  (heart小さな花です。写真クリックでもう少し大きめ写真もご覧ください。eye
 
081001inutade3 「イヌタデ(犬蓼)」:タデ科・イヌタデ属
 
 香辛料や薬味などに使われる
 ヤナギタデに対し、葉に辛味がなく
 役に立たないというので
 「イヌタデ」の名に。
 花弁に見える紅色のものは萼で
 花弁はないため、蕾も咲き終わった
 状態も同じように見えます。
 
 
081001inutade1 081001inutade2
 
 
081001inutade2_up

 (この写真は大きくなりません)
 
 上の写真からトリミングで
 アップにしてみました。
 ピントが甘いのが残念ですが
 可愛い雰囲気はお伝えできて
 いるでしょうか。
 
 イヌタデ、味わいある美しい姿で
 晩秋まで楽しませてくれますね。
 

|

« エノキグサ -道端の野草- | トップページ | 今年は元気「カラスノゴマ」 »

コメント

おはようございます。
エノキグサと違って、イヌタデのほうは家の近所でもたくさん見かけます。
小さい花なので写真には苦労しますね。
でもよい雰囲気が伝わってきました。

投稿: 横浜のおーちゃん | 2008/10/15 09:53

イヌタデ・・・・よく見ると、小さな花が
咲いているのですね。可愛い花です。
普段、あまり興味を持ってみたことは
なかったのですが、今度見かけたら、
ちゃんと見てやろうと思います。

投稿: 鎌ちゃん | 2008/10/15 11:43

よく見ると、こんなに小さな花を付けてるんですね。地味な花なので、今まで気にした事もありませんでした。それにしても、役に立たないから犬蓼とは、犬がかわいそうです。犬だって、ちゃんと役に立ちますよね。脱走したり、夜中コヨーテに吠えたり、鹿を追いかけて行方不明になったり。。。あれ?

投稿: LiLA管理人 | 2008/10/15 12:05

ポージィさん こんにちは

「イヌタデ」というより「赤まんま」という呼び名の方に
親しんでいますが、こんなに可愛らしい花が咲くのですね
幼い頃、これをしごいてぽろぽろにしてご飯のかわりにして遊びました
昔懐かしいおままごとで重要な役割を務めていましたよ
役にたたないどころか、立派ですよね~^^

投稿: glenn | 2008/10/15 12:17

そうそうこのイヌタデ、昨日のエノキダケじゃなかったエノキグサの雄花を見た時に何となくイヌタデに似ていると思ったのでした。
先日淀川を自転車で走った時にこのイヌタデには余り気づきませんでした。目立つのはアレチハナガサばかりなりで。下の方に隠れていたのかも。なんせ目的は花ではなくてカワウでしたから上ばかり見ていた(笑)
イヌタデも撮りにくい花ですよね。風に揺れる揺れる。
一番下の花のアップ、イヌタデの花の可愛らしさが充分に伝わってきますよ。小さいのによくここまで写されたもんです。開いた花がうっすらピンクなのがまた可愛い。

投稿: あまもり | 2008/10/15 13:00

これはよく見かけますが アップにすると可愛いことheart01
「犬」の文字がつくので気になって検索してみたら
『犬』がつくものは食用にならない の意味をもつものが多い とか・・・
ちょっと気に入りませんthink
蓼は苦いことから 蓼食う虫も好きずき の言葉が生まれたんですねぇ
色々勉強になりましたhappy01 

投稿: miki | 2008/10/15 14:04

ご無沙汰してます。
タデ科のお花は可愛いですよね~
種類が多くて何タデじゃろ?ってのもありますが(笑)
このイヌタデは一番多く見かけます。
次によく見かけるのがシロバナサクラタデ。
風があったりすると余計ピントが合いにくいですよね。
しゃがみこんでついつい長居をしちまっていけません。
ワンコの名誉のためにも役に立たないものにイヌってつけるの止めて欲しいですよね。

投稿: ちょびママ | 2008/10/15 16:32

◆横浜のおーちゃん、ありがとうございます ♪

こんにちは。
イヌタデはどこへ行っても健在という感じでよく見かけますね。
実は私、イヌタデが咲いているのを見るのは(少なくとも
ちゃんと見るのは)、初めてのような気がするのです。
いつも見かけるけれど、印象に残っているのは粒々の状態ばかり。
それで何とか美人に撮りたかったのですが、蚊の襲撃に負けて
早々に退散してしまいました。小さい、揺れる、暗い…
それらのどれか一つでも当てはまると苦労させられますね。


◆鎌ちゃん、ありがとうございます ♪

よく見たら小さな花が…咲いていたんです~
今まで何度も目にしてきましたが、花が咲いているのに出会ったのは
ひょっとするとこれが初めてかもしれません。見ようとして
いなかっただけかもしれませんけれど(^^;)
イヌタデに限らずタデ科の花たちは、みな小さくとも可愛らしいので、
鎌ちゃんも見つけられたら、ぜひ咲いていないかご注目くださいね。


◆LiLA管理人さん、ありがとうございます ♪

私も、イヌタデが咲いているところを見るのは初めてじゃないかと
思っているんです。記憶にあるのは粒々の印象ばかりですから。
小さくて可愛い花ですね。小さすぎて損してるかも。

役に立たないからと名前にイヌを付けられた植物たくさんありますが、
植物に対してもワンコに対しても失礼ですよね。
そうそう。脱走も対コヨーテ吠えも行方不明も、日常生活に変化を
もたらし活性化。人間との絆を強め豊かな情緒を育てるのに
一役も二役も買ってくれています… ちと苦しいかしら~?happy02


◆glennさん、ありがとうございます ♪

こんにちは。
「赤まんま」で親しんでいらしたんですね。赤まんまのほうが
親近感も情緒もある呼び名ですね。イヌタデはクールすぎdespair
薬味として役立たなくても、立派に遊び材料として役立ってました。
それに人間以外にとっては、すごく大きな役割を担っている
ってことだってあるかもしれませんよね~(^^)


◆あまもりさん、ありがとうございます ♪

フハハ エノキダケ再登場~ エノキダケの雄花にあまもりさんも
このイヌタデを思い出されたんですか。もといエノキグサの雄花sign01
淀川沿いでは見当たりませんでしたか。アレチハナガサよりも
下のほうですものね。ましてやカワウよりはかなり。
下のほうではひっそりと生えていたかもしれません。

いやぁ、ほんと、よく揺れる花ですね。もっと粘ればも少しまともな
のが撮れたかもしれませんが、蚊の襲撃に耐えられませんでした。
それなのに褒めてくださってありがとうございます。
他のタデ科の花たちに負けず劣らずの可愛い花でした~heart04


◆mikiさん、ありがとうございます ♪

mikiさんのご近所でもよく見かけられますか?
借りていらっしゃる空き地にも生えてるかなー。
今回可愛い花を目撃しましたが、もしかすると初めてだったかもです。
他のタデ科の花は(ママコノシリヌグイ、ミゾソバ、ヒメツルソバ)
可愛いのを確認済みですが、イヌタデの印象は粒々ばかり。

「犬○○○」に「蓼食う虫も好き好き」自学自習なさいましたねhappy01
「犬」を付けて劣るものを表すことばは、植物以外にも
結構多いんですよね~ 私も気に入りませぬthink
薬味などに用いるという蓼、私は会ったことも食べたことも
ないのですけど、昔はもっと身近なものだったのかしらん。


◆ちょびママさん、ありがとうございます ♪

お久し振りでーす、嬉しいな。

可愛いですよね、タデ科の花たち。
うちの近所で見かけるのも、イヌタデがいちばん多数です。
その次は何かなぁ?? ちょびママさんのご近所では、次が
シロバナサクラタデ?うわぁ、いいないいな。私はシロバナ
サクラタデにもサクラタデにも会ったことないんです。
タデ科の中でもトップクラスの可愛さのサクラタデ、ぜひ会いたい
のですが機会に恵まれません。
揺れる・小さい・暗いは撮影の大敵。
何度シャッター押してもうまくいかないときがあります。
この時は蚊の襲撃に耐えられなくて粘る気にもなれませんでした(^^;)

そうそう!役に立たない=イヌ は止めてもらいたいですヨ。
昔っから大いに犬に助けられてきたのに、よくそういうことが
できたもんです。
 

投稿: ポージィ | 2008/10/15 17:28

イヌタデのイヌは ”役に立たない” と言う意味ではなく ”否” の意味だそうです。
何でも間でも頭にイヌをつけるのは イヌに対して失礼です! 笑
イヌだって立派に人間の役にも立っています。

タデ科の植物はほんとうに可愛いですよね。
蕾だか花だか果実だかもよく見ないとわからないので 花期が長くみえてお徳かも~~笑

投稿: pole pole | 2008/10/15 20:43

◆pole poleさん、ありがとうございます ♪

>イヌタデのイヌは ”役に立たない” と言う意味ではなく
 ”否” の意味だそうです。
 
そうでしたか。調べたとき「(香辛料として)役に立たない」
と書かれているのを複数見つけたので、そのまま採用しましたが、
「蓼ではない=否蓼」でもどちらでも意味は同じようなものかな~

それはさておき、否定するために犬を付けるのは植物にも
犬にも失礼な話ですよね。そもそも、犬は古来人にとって
大いに役立ってきた存在のはずなのに…
あくまで「ヒト」を優位とするとこういう見方になるのでしょう。

私が実際に会ったことのあるタデ科の花はそう多くはないのですが、
その全てが可愛かったです。イヌタデのはっきりと咲いている花は
今回が初めてだったかも。やっぱり可愛かったです~
ほんとに花期が長く見えますね。霜が降りる頃には草紅葉が
見られることもあったり、すらりとした草姿と花穂のバランスなど、
どこにでもあるけれど、絵になる野草だなぁと思います。

投稿: ポージィ | 2008/10/15 21:05

ポージィさん、こんばんは。イヌダテ?聞いたことがあるような無いような。そして、見たような見ないような。ごめんなさい、正直、これは知りません。
ピントを気にして居られるようですが、私の目にははっきりと見えますよ。でも、自分で気に入るような鮮明な写真が欲しい場合は、相手が小さいから、三脚が必要だと思います。
それに、どうみてもこれは食べられそうな草です。テンプラや、おひたしにして?変なコメントですみません。

投稿: polo181 | 2008/10/15 23:45

かなり前から咲いていましたが、ここにきてイヌタデの群落が見られるようになりましたよね。
一面赤く染まっているのを見ると、きれいだなと立ち止まってしまいます。
カメラに収めるとスケール感が捕らえられなくて、がっかりすることが多いんですけどね。
出会うとまた撮ってしまいます(笑)。

イヌタデの花が開花しているの、珍しいと思いますよ。
多分私は、見たことありませんね。記憶にございません(笑)。
コメントで「見ようとしていなかっただけかも」と書いていらっしゃいますが、見ようとして見続けておりますが、未だ見たことありませんよ。
羨ましい~~(笑)。

私も、タデ科の美人をアップしましたよ~~

投稿: goro’s | 2008/10/16 02:05

おはようさんどす
赤まんまは失礼なから良く見ていませんでした。
こんなに可愛いのにね。
ぷくぷくした蕾、ピンクのラブリーな花
雰囲気良く素敵に撮られていますlovely
では忘れないうちに見てみましょ。dog笑ってる・・・

投稿: 池田姫 | 2008/10/16 09:48

◆polo181さん、ありがとうございます ♪

おはようございます(^^)
「イヌタデ」ご存知ありませんか?では「赤まんま」ではいかがでしょう?
この野草はいろんな場所でとてもよく見かけますから、poloさんも
きっと、いえ、絶対ご覧になっているはずです。(断言! ^^)
あまりに普通すぎて目に留まらなくなってしまっているのかも
しれませんね。

写真のピント、大丈夫ですか?ありがとうございます。
ほんとは、小さなもの、暗い場所、の撮影に三脚は必需品ですよね。
分かってはいるのですが、面倒くさがりの私はほとんど手持ち撮影です。
そもそも、わが家にはまともな三脚がないですし(^^;ゞ

うふふ 食べられそうに見えますか?別種のヤナギタデ等は、香辛料・薬味
として利用されています。 こちら↓は一ご参考に
http://had0.big.ous.ac.jp/plantsdic/angiospermae/dicotyledoneae/choripetalae/polygonaceae/yanagitade/yanagitade.htm


◆悟郎さん、ありがとうございます ♪

かなり前からありましたが、目立つようになってきましたね。
やっぱり秋が旬の花なんだなぁ、と思います。
悟郎さんは一面赤く染まっているような群落をご覧になることが
おありなんですね。見応えありそうですねぇ。そんな群落は
見たことがありません。見てみたいなぁ…

イヌタデの開花を見られるの、珍しいですか?
ほんと?やっぱりやっぱりそうですか!? 笑
粒々の印象ばかりが記憶に残っていたのは間違いじゃなかったんですね。
「自己否定」に走っておりましたが、見ようとし続けながら
未だご覧になっていないという悟郎さんの言葉に、自己否定取り消しです。
隣の空き地から、うちのほうまで顔を覗かせてくれたからこその
出会いですね。感謝しなくちゃ。

悟郎さんのタデ科の美人さん、どなたかしら?楽しみ~♪
後ほど伺います。


◆池田姫さん、ありがとうございます ♪

おはようさんどす… (京都へおでかけどすか? happy01
 
赤まんま、身近にありすぎてつい見逃しがちですね。
私も、隣の空き地から領地侵犯してきた赤まんまさんがいて初めて
注意を向けたようなもの。注意を向けてみたら、なんとまぁ
こんなラブリーな花が咲いているではありませんか。
赤い粒々の印象ばかりだったこの花の、咲いている様子を
見るのは多分初めてですよ。隣の空き地様さまwink
姫様もどこぞで見つけてくださいねdog
雰囲気お伝えできていますか?ありがとうございます。
 

投稿: ポージィ | 2008/10/16 10:35

そう、そろそろタデ科の季節ですね。
たくさん控えているのですが、、、
その前の花々を優先しないと。。。

イヌタデもまとまって咲くと、はっとしますね♪

投稿: noodles3 | 2008/10/16 16:20

◆noodles3さん、ありがとうございます ♪

タデ科の季節ですねぇ。わがやの貧相なヒメツルソバも
ポチンと花を付けていました(^^)
今回、この粒々の状態しか記憶になかったイヌタデが、
こうして可憐に咲いているのを見られたのが嬉しかったです。

noodlesさんがお会いになったタデ科さんたちそんなにたくさん?
大丈夫ですよ、花たちまだまだ待っててくれます。

投稿: ポージィ | 2008/10/16 17:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50994/42703670

この記事へのトラックバック一覧です: イヌタデの花:

« エノキグサ -道端の野草- | トップページ | 今年は元気「カラスノゴマ」 »