« ハゴロモルコウソウ 2008 | トップページ | 夕化粧(オシロイバナ) »

2008/10/09

現の証拠(ゲンノショウコ)

初夏の頃、地面すれすれで綺麗さっぱり散髪されてしまった、近所の畑の隅にある
ゲンノショウコ・ポイント。 もう見られなくなってしまうのかとガッカリしていましたが、
逞しくもまた芽を出し、8月末からは花も咲き始めました。
まず白花が咲き始め、半月ばかり遅れて少し混じっている赤花が咲き始めるのも
いつもの年と同じ。 また会えてよかった… 皆さんも見てやってください。
ずいぶん前に撮った写真になってしまって恐縮ですがcoldsweats01
       (写真クリックでもう少し大きめ写真もご覧いただけます)
 
080822gen_noshouko1 080822gen_noshouko2 080822gen_noshouko3
           < 8/22撮影 白花のゲンノショウコとその蕾 >
 
080917kouhaku_gennosyoko1 080917kouhaku_gennosyoko2 080917kouhaku_gennosyoko3
  < 遅れて咲き始めた赤花のゲンノショウコと白花のツー(スリー)ショット >
 
「ゲンノショウコ」:フウロソウ科・フウロソウ属
           全草を煎じて整腸剤として服用する民間薬としても知られ、薬効が
           すぐ現れるので「現の証拠(ゲンノショウコ)」と名づけられました。
           また、花後の実が弾けて反り返った姿がお神輿に似ていることから
           「ミコシグサ(神輿草)」の別名もあります。
           お神輿の姿、もう見られるかな…?
 
 
話変わりまして、先だってクックを病院に連れて行ったとき、待合室に置かれていた
犬種図鑑なる本を手にとってみました。もちろん真っ先に見たのは「チワワ」のページ。
そこにチワワの性格として書かれていたのは…
 『マイペースで猫的な性格が多い。
  自分が甘えたいときはベタベタしてくるが、満足するとすっと離れ、
  逆に気が向かないときに触られると露骨に嫌そうな表情をし、飼い主に対してでも
  噛み付くことがある。マイペースな分、留守番などは平気でできる。
  気が強く自分よりはるかに大きな犬に対しても吠えかかっていくことがある。
  ロングコートタイプよりスムースコートタイプの方がさらに気の強さが見られる。』
云々かんぬんと書かれていました。
クックを飼い始める前に読んだ犬種図鑑には「気が強い」程度しか書かれていません
でしたが、ずいぶん詳しく書かれるようになったもんです。
 
いやぁ、それにしてもクックに当てはまることがいっぱい。これ↑に「超・怖がり」が
加わったのが、わが家のクックたんですよ。昔飼ったミックス犬達とは明らかに違う
性格に、飼い始めて何年かの間、とまどいずいぶん悩んだこともありました。
そして、悩んだ末にやっと把握したクックの性格が、こうして本に書かれていて
やっぱりね!これぞ「証拠」!という思いでした。
      (はい、無理やり「証拠」でくっつけましたです coldsweats01
 
080914cook 愛しのクックたんheartのために 
 も一つ付け加えておかなくては。
 性格は難しいけれど
 いいところもたっくさんある
 とても賢いワンコです。
 最近は、若かりし頃より
 甘えん坊になった気がします。
 
 エヘヘ~
 

|

« ハゴロモルコウソウ 2008 | トップページ | 夕化粧(オシロイバナ) »

コメント

クックたん、おはよー
ご機嫌いかが?笑っているねsmile
え~ クックたんてチワワなの?
なんだかニャンコみたいな性格なのね。
ポージィままはどうですか?
クックたんにベタベタな感じよ。
少しは放っておいて欲しいって?
そうね、近頃は猫っかわいがりする人がいるみたいだからね。lovely
毎日証拠はいっぱいあるって感じ。(無理やりくっつける^^)

投稿: 池田姫 | 2008/10/09 10:42

ゲンノショウコ、僕も近々アップします。
神輿も先日、押えたので。

クックの笑顔、 ほんとにエヘヘ~っていってますね♪

投稿: noodles3 | 2008/10/09 12:20

以前に書きましたが、ゲンノショウコは、夏休みの
薬草集めの対象でしたから、馴染みが深いのですが、
夏休みが遠ざかるこの時期には全く関心がなく、
こんな花が咲くのも最近初めて知りました。
名前の由来も、今回が初めてです。

クック、可愛くていいところが一杯じゃないですか。
なんて、一緒にいない鎌ちゃんには、その苦労は
分かりませんね。
でも、こうして見せていただくと、癒されます。

投稿: 鎌ちゃん | 2008/10/09 12:38

今の時期、けっこうゲンノショウコが元気ですね。
今朝、和泉川を歩いていたら濃いピンク、薄いピンク、白のゲンノショウコが咲いていました。
それと、前にご近所で見かけられたシャクチリソバがかなり広がっていました。

投稿: 横浜のおーちゃん | 2008/10/09 13:50

ゲンノショウコは例のあのミコシグサですね。
私には大名行列の毛槍の先に見えるあれ(笑)
白花と言ってもうっすらと紫色が入ってますね。上品な花~。
今年も花が見られて良かったですね。
神輿も見られたら尚更ラッキー。
昔は薬に用いられたのに、今では雑草扱いでゲンノショウコさんとしてはたまらない。人をいっぱい助けてやったのに~と愚痴をこぼしているのかも。

クックたんはやっぱり猫的性格なんだ。
なんか親しみを感じると思ってました(笑)
知ってますよクックたんの賢さ。
玄関で待てを言ったら絶対動かないっていつだったか書いてましたよね。

下の猫にゃんたちのオンパレード。
もうひとりでにやけてました。
よくあれだけの写真が撮れたもんです。
うちのは家の中に居るのになかなか撮らせてくれない(-_-;

投稿: あまもり | 2008/10/09 15:43

あはは! ゲンノショウコとクックたんの現の証拠 笑ってしまいました~
性格がぴったり言い当てられていたのですね~
図鑑なんて信用できないですよ~
自分の目で確かめるのが一番!
クックたんへの愛情 戸惑いながらも今はとても愛していらっしゃるご様子がよくわかりました。
比べてはいけないんですよね。
私もそのうちゲンノショウコアップしたいです。

投稿: pole pole | 2008/10/09 16:34

◆池田姫さん、ありがとうございます ♪

こんにちは~
カメラ目線でもたまーにご機嫌な顔を。たいてい嫌そう~な
顔をされるんですけどね。(ねっ、本に書いてあったの当たってる)
あれっ、ご存じなかったですか?チワワンなんですよ~
毛の長いタイプ。耳が垂れているし一般のチワワよりデカイですがsweat01
わが家はニャンコみたいな性格のクックに、これまたニャンコみたいな
性格のポージィです。夫は苦労してますよ、きっとsmile
そんな私、クックにもベタベタじゃないですよ。
気持ちはベタベタheart04でも接し方はクールかもwink
そもそも、彼が寝ているときに触ったりしようものなら
すごい剣幕で怒られますしィthink

フッフ 姫様も頑張って証拠とくっつけてくださいましたねhappy01


◆noodles3さん、ありがとうございます ♪

お神輿押さえるまで待つって仰ってたゲンノショウコ、
noodlesさんもいよいよアップですか。
私はこの2週間ほどこの場所へ行っていなくて、
お神輿の確認しないままアップしてしまいました。
近いうちに確かめに行ってみよーっと!

こんな顔したときのクック、エヘヘ~な顔に見えますよね。
本人は暑くてハァハァ言ってるだけかも知れませんが(^^;)


◆鎌ちゃん、ありがとうございます ♪

そうでしたね。夏休みの宿題!
そっか、夏休みに葉を集める頃には花はまだですね。
可愛らしい花が咲くことをお知りになって、ゲンノショウコへの
お気持ちに変化がおありになったでしょうか?

犬って、人に従順で云々…という定説がありますよね。
クックの性格はその定説を覆すことがいっぱいだったのです。
こういう性格だ、ということが分かるまでは正直悩みましたよ~
今はこういうものと分かってすっかり受け入れています。
ガウガウ言うのには慣れることできませんけどね。
私とクックはおおむね平和に仲良く毎日を送ってますよ(^^)


◆横浜のおーちゃん、ありがとうございます ♪

涼しくなって、ゲンノショウコたち真夏の頃よりずっと元気ですね。
和泉川沿いでは3色咲いていましたか。
ここのは、毎年この2色が咲くのですけれど、薄いピンクには
いちどもお目にかかったことがありません。
一旦交配種が生まれてしまうと咲くのでしょうけれど、
自然の状態ではおいそれとは生まれないものなのか、あるいは
白の数が圧倒的多数なせいで、白の遺伝子が強力なのか?
勝手な想像をして楽しんでいます。

シャクチリソバも増えているのですね。
私が近所で見つけた唯一のものは、今年は夏の初めに根元から
ばっさり刈り取られてしまいました。その後も伸びていない
ところを見ると、時々刈られているのでしょうね。
素適な花が咲くのに残念です~


◆あまもりさん、ありがとうございます ♪

はい、あのミコシグサです。ウフフあまもりさんには毛槍の先に~
でも、そう思って見ると毛槍の先に見えますwink
そうそう!ゲンノショウコの白花は上品ですよね。
うっすらと紫がかった花弁に紫の筋と紫の葯。小さな美人さんです。
お神輿もそろそろ出来ているか見に行ってこなくちゃ。
しばらく行かなかった間にまた無くなっていたりしませんように。
民間薬として大活躍だったのが、今では多くが雑草扱い。
たいした丈でもないから生やしておいても邪魔にもならない
だろうにな、と思うんですけどね。

クックは猫的性格なんですよ~。あまもりさんにお聞きしている
セピアちゃんの性格とも共通点ありだなぁと思ってます。
うちでは私も猫的性格なせいか、夫はいつも、クックは誰かさんと
そっくり!と言ってます。(嘆いているんかいな? 笑)

あ、前記事のニャンコたちも見てくださったんですね。
人間にこれっぽっちも媚びを見せていないニャンコたちでしょう。
これらの写真を撮った後は、またパッタリ会わなくなったのですが
会うときは立て続けに会うことがあって、そんなときは
ついついカメラを向けてしまいます。
でも全部10倍ズーム目いっぱい使ってですよ。セピアちゃんも
部屋の反対の、遠くからズームで狙うのがいいかもですねcamera


◆pole poleさん、ありがとうございます ♪

無理やりのくっつけでしたが、笑っていただけてよかった~happy01
いやぁ~「犬には珍しい性格だけど、クックはこれこれしかじかの性格」
と、やっとの思いで理解したことが、サラサラ~と文章化
されて本に載っていましたよ。
クックを飼い始めた頃はまだ珍しかったチワワですが、その後
大ブームが来てよく知られるようになったしデータもたくさん
集まったんでしょうね。
よそのチワワンはみんなクックより大人しいように見えていたのですが、
1回だけ動物病院でいきなり飼い主の手にガブリ!と噛みついて
血を出させたチワワを目撃しました。飼い主さんの手が、
ワンコが予期しないときに予期しない場所に触れたゆえの
反射的ガブリと見ましたよ。そして、あークックと一緒だーと
ニヤついてしまいました。

pole poleさんのゲンノショウコも楽しみにしていますhappy01

投稿: ポージィ | 2008/10/09 17:36

一瞬「ゲンノショウコ」って こんな字を書くのかな?
と思ったら クックちゃん登場heart04
なるほど、図鑑の解説にピッタリだったんですねhappy01

ラムっちの友達チワワン2匹と2日連続で散歩しましたが
相手が人間、わんこ構わず吠えてますsweat01

>スムースコートタイプの方がさらに気の強さが見られる

そう 特にスムースのサチは会った瞬間ラムっちに突進して軽く噛みますよcoldsweats01
それでもラムっちはジッと耐え友好関係を築いてますup
CMのクゥちゃんが話題になって 一時期チワワを飼う人が増えましたが
飼ってみると意外にもヤンチャなのでビックリした人も多かったのでは。。
そんなことも含めてチワワの魅力だと思うんですがねぇhappy01

因みに ウエスティは飼いにくい犬種ベスト5に入ってますsmile

投稿: miki | 2008/10/09 22:18

ポージィさん、こんばんは。ゲンノショウコは知っていますよ。虫下しとして、昔は定期的に飲まされました。回虫やギョウ虫を追い出す効果があるとかなんとか言われて、無理矢理母が飲ませました。苦いのなんのって、その苦味がいつまでも口の中に残ります。現の証拠とはしりませんでした。
クック君、ネコ的性格なのですか。マイペースというか。独立心が強いとも表現できます。娘の、ジャックラッセルテリアも、そう言えばネコ的性格ですよ。

投稿: polo181 | 2008/10/09 22:53

白花も赤花もそれぞれを見て、それぞれ可愛い花だと思っておりますが、こうやって並んでいると、なお一層可愛さが増しますね。
今年は昨年までより多くの場所でゲンノショウコの花を確認しました。
緑のなかにぽつんと咲いている白花や赤花のゲンノショウコを見つけると、なんだか嬉しくなってしまいます。
群生しているものより、そっちのほうがいいなと思ってしまいます。
いつものような自己中心の発言です~~(笑)。

いつもクックくんに対してポージィさんが仰ってるようなことが、そのままチワワの性格なんですね。
クックくんが特別な性格なのかと、そう思ってましたよ。
失礼ながら、きっとポージィさんたちが甘やかしているから、そんな性格になっちゃったんじゃないのかなって、密かに思ってました。
ごめんなさい、ポージィ家のみなさまがた、大変失礼いたしました。

エヘヘ~なんて、そんな勝ち誇ったような顔をして。
このシアワセ者め(笑)。

投稿: goro’s | 2008/10/10 04:36

◆mikiさん、ありがとうございます ♪

ゲンノショウコって、ほんとに現の証拠って書くんだそうですよ。
薬草としての現の証拠とはちょっとニュアンスが違うかもですが、
クックの性格=チワワの性格 って証拠を見つけました~wink

お友達チワワンのジルちゃんサチちゃんも、やっぱりぃ(笑)
スムースコートのほうがより強気っていうのも、サチちゃんの
様子を見るとどうやら当たり?
噛まれてもじっと耐えるラムっちは偉いなぁ。理解してるんですね。
うちの近所のワンちゃんも、大抵はクックに吠えられても
無視してくれています。大声で吠え立てられてうるさいでしょうにcoldsweats01

そうですねぇ。チワワブームに乗って飼い始めた人たちは、
可愛い外観とは裏腹の?性格にびっくりした人も多かったでしょうね。
その結果不幸な目にあったチワワンがいないといいのですが。
マイペースで自立心旺盛な性格は、確かに魅力でもあります。
いい子で留守番してくれたのには、うちに来た当日から
ずいぶん助けられましたし~。

えっ、ウェスティは飼い難い犬種ベスト5!?
皮膚病などになりやすいせいですか?それとも性格のせい?
mikiさんとラムっちを見る限り、そんな風には思えないです。
頑張ってしっかり絆を作られたってことですねhappy01


◆polo181さん、ありがとうございます ♪

こんにちは。
poloさんは、ゲンノショウコとはとても親しんで(?)お育ちに
なったのですね。へぇ虫下し効能もあるんですか。
うちの兄は小さい頃お腹がすぐゆるくなって、やはり母に
ゲンノショウコを飲まされていたようですよ。私は飲んだことが
一度もなくて、そんなに苦いものとは知りませんでした。
子どもにとっては苦いのは相当辛いですね!

はい、クックの猫的性格は前から思っていましたが、本にまで
書かれていて、やっぱりね!と納得しました。
そうそう、言い換えると独立心自立心が強いってことになりますね(^^)
お嬢さんのジャックラッセルテリアもですか。そういえば
決して飼いやすい犬種ではないようなこと、読んだ覚えがあります。
でも返せばそれが魅力の一つなんですね。


◆悟郎さん、ありがとうございます ♪

可愛いですね、ゲンノショウコの花。なんでも、白と濃いピンクの
間の薄いピンクもあるのだそうです。私はまだ会ったことが
ありませんが。どんな姿なのか見てみたいような、きっぱり
2色のほうがいいような… でもきっと可愛いでしょうね。
私が見るここの小群落では、葉は繁っていても花はポツポツです。
咲き乱れているようなのは見たことがないですけど、たくさん
咲いていたらイメージ変わりそうですね。緑の中にぽつんと
咲いている方がいいと仰る悟郎さんのお気持ち、分かる気がします。

やっとの思いでつかんで理解して受け入れたクックの性格は、
=チワワの性格だったという証拠を見つけました(^^)
あ~やっぱりね!世間の人には、私たちが甘やかしたからこういう
性格になったんだと思われているだろうと、そう思ってましたよ。
夫の両親にも同じこといわれますしね。
決して甘やかしはしなかったと思うんですよ。厳しかったことが
超怖がりなクックにはかえって仇になった部分もあるくらいで。
今後私たちに出来るのは、クックを丸ごと受け入れ最後まで
しっかり愛してやるだけで~す。シアワセ者め~happy01
 

投稿: ポージィ | 2008/10/10 09:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50994/42641486

この記事へのトラックバック一覧です: 現の証拠(ゲンノショウコ):

« ハゴロモルコウソウ 2008 | トップページ | 夕化粧(オシロイバナ) »