« 身近な 照葉(てりは) | トップページ | ラッキョウの花 その後 »

2008/11/27

君の行く道は -コセンダングサ-

うちの近所で、一昨年頃から明らかに爆発的に殖えている「コセンダングサ」。
実ができるとひっつき虫になるのが厄介です。地面に落ちた後もくっついてきます。
ほら、クックは足にも長い飾り毛が生えていますからね。
繊細な飾り毛にくっつくと取るのに苦労するんです… 
コセンダングサとイノコズチの実には近寄らないように気をつけていますが、
大繁殖のおかげで、あっちでもこっちでも近寄らせないよう用心してリードを
引かなきゃなりません。それでもいつの間にかついてる~
 
そのコセンダングサに、白い舌状花のついているものを初めて見つけたのは
昨年のことでした。 今年もまた見つけたんですよ。 黄色の筒状花だけの
地味~な花だったのが、小さな白い舌状花がちょろんとつくだけで、俄然可愛い
花に様変わりします。 これは変異か雑種か別種なのかさっぱり分かりませんが、
可愛い花となるとひっつき虫の厄介度も少し軽減して感じられるというもの。
勝手なもんですね。贔屓だ!偏見だ!とブーイングがおきそうですsweat01
 
今年見つけた白い舌状花付きのコセンダングサ、見てやってください。
    (shine写真クリックでもう少し大きめ写真もご覧いただけますsagittarius
 
080923kosenndangusa1 080923kosenndangusa2
080923kosenndangusa3 080923kosenndangusa4
 
可愛いですよね~  この株は、写真を撮った翌日には土地のオーナーさんに
引っこ抜かれ、おそらく実を結ぶことなく一生を終わりましたが、この先こんな
コセンダングサの花が増えていくのでしょうか。 地味路線から可愛い路線に
変更するつもり? 愛され大事にされる園芸種を目指す?
コセンダングサよ、君の行く道は希望へと続くのか果てしなく遠いのか…
 
 
081102kosendangusa_mi 081102yuuhi
  
そしてこちらは夕暮れ時に川の堤防で撮ったコセンダングサの実と、
そのときの夕日のあった空。 光をまとったひっつき虫もきれい… 
これまた厄介者のイメージが変わりますcoldsweats01
いやいや、この姿に油断してはいけない。この日も気をつけていたにも
かかわらず、こっそりクックの足にひっついていたのでした。
 
「コセンダングサ(小栴檀草)」:キク科・センダングサ属
 

|

« 身近な 照葉(てりは) | トップページ | ラッキョウの花 その後 »

コメント

ポージィさん、こんにちは。ヒッツキムシには三種類あるのですね。知りませんでした。あのしつこい、ヒッツキムシが絶えることは絶対にありません。おそらく絶滅する最後の植物でしょう。
野山を歩くときは、ツルツルの引っ付きたくても引っ付けないズボンを履きます。ところが、彼らは足下を狙ってきます。そう、靴と靴下に引っ付くのです。かれらは、棒ではたいても取れません。結局、一つずつ根気よく摘んで取るしか方法がありません。いつも鳴かされていますよ。

投稿: polo181 | 2008/11/27 11:49

花の少なくなったこの頃は キク科の植物がはばを効かせていますね~
こちらでもコセンダングサなのかただのセンダングサなのか 交雑種なのかわけわからないセンダングサがたくさん咲いています。

夕陽と果実 とっても美しいです。
白い舌状花可愛いです~

クックたんの足裏には ひっつき虫がつくのですね~
うちのワンズ 足裏には毛が生えていないし 体の毛も皮膚に沿ってあるだけなので ひっつき虫はついたことがありません。
むしろ洋服にたくさんつきます~~!

投稿: pole pole | 2008/11/27 12:17

コセンダングサとポージィさんの、愛の遍歴を
楽しく読ませていただきました。
コセンダングサは、愛されたいがために、可愛い
姿に変身し、それに心を惹かれていくポージィさん。
そこに、クックという存在もあり、両者への愛に
葛藤するポージィさん。
さて、この愛の行方は・・・・。

投稿: 鎌ちゃん | 2008/11/27 13:09

「ひっつきむし」の代表格。散歩道には無数にあります。毎年増えてきています。
気をつけていても、帰って見ればリキの耳にも体にも尻尾にまでもついています。
あらあら、ズボンにも付いている。

花はじっくり見たことはないですけど、黄色い花とだけで、今度じっくり見てみます。
熟れた実は線香花火みたい。おっと!近寄ってはいけない。

投稿: 夢閑人 | 2008/11/27 13:12

う~ 先日のひっつき虫はこやつかも?
夕陽に輝いてきれいですが、そうはいきませんsmile
全部払い落としたつもりだったのにお城にまであがってきてしまいました^^
花の形からすごくバラバラになります。そのバラバラはトゲ!
でもこういう花を見ると可愛い~happy02
良く見かけるのは黄色なのね?
クックたん、今日は寒いね。dog(なんだ、とってつけたみたいにっ)

投稿: 池田姫 | 2008/11/27 15:51

あ~去年コシロノを殺しのと書いたのを思い出した~(汗)
なるほど、殺しのじゃないコシロノをぽいっと捨てて、
今年は可愛い系に進化しだしたと見たコセンダングサに絞ったんですね。
それで♪君の行く道は~♪ですか。
可愛い系にイメチェンしだしたコセンダングサの道は、
♪希望へと続く~♪
そのお陰でひっつきむしを取り除く作業は、
♪歯をくいしばり~♪
そして
♪果てしなく遠い~♪

あはっ、歌詞を書くのはこの辺でやめときます。
著作権がどうのこうのとクレームが付いたら困るので。

投稿: あまもり | 2008/11/27 17:21

◆polo181さん、ありがとうございます ♪

引っ付き虫になる草の実、身近でよく見るのが、今日の
コセンダングサとイノコズチ。最近見かけませんがオオオナモミ
がかなりポピュラーじゃないかと思います。他には先だって
ご紹介したアメリカヌスビトハギやヌスビトハギもそうですね。

そうそう。poloさんも鳥撮影のために草むらへも入られますから
引っ付き虫攻勢には手を焼いていらっしゃる。ズボン対策はされても
靴ひもや靴下はゴム長にでもしないと対策が難しいです…
ビッシリ付いたのをひとつずつ取らなきゃいけない作業は
うんざりですね。


◆pole poleさん、ありがとうございます ♪

咲き残っている花、キク科が多いですね!
アハハ やっぱり純血種だかミックスだか変異だか分からないのが
たくさんありますか~

白い舌状花は可愛く、夕日に輝く実も綺麗♪
しかぁし!引っ付きもぐりこむんですよねぇ。
クックも足裏ではなくて、脚や耳や胸に生えてる長い飾り毛に
いつの間にかくっついてます。
ぶんちゃんたちは毛が短いのでさすがの引っ付き虫たちも
くっつけない。でも代わりに防寒用のお洋服があるもんね~
という引っ付き虫の声が聞こえたような気がしました(笑)


◆鎌ちゃんさん、ありがとうございます ♪

ウハハ 愛の遍歴ですか!
コセンダングサの装った愛らしい姿に、ふらふらと心が
動きそうになりつつ、ハッと気が付いて踏みとどまってる私。
嫌いよ 好きよ やっぱりイヤよ てなわけですね~happy02

さぁて、この先の愛の行く手はどうなりますか。


◆夢閑人さん、ありがとうございます ♪

あらぁ… 夢閑人さんとdogリキちゃんの散歩道沿いでも
増えつつありますか。無数に…ひゃぁやっかいですねぇbearing
リキちゃんはもちろんのこと、夢閑人さんのズボンにも。
そう、よっぽど気をつけていても、いつの間にか付いて
いるんですよね。あちらの方が上手と見えます。

花は地味な黄色が主ですが、時にはこんな可愛いのも。
実も見るだけなら面白いんですけどね。
近寄ってご覧になるときは、ご用心ご用心happy01


◆池田姫さん、ありがとうございます ♪

そうそう。姫様が付けて帰られた草の実が、
「棘のような」と拝見したとき、これじゃないかと思いましたよ。
もしや払い落とされたのは、お城のすぐ外でですか?
そうだとしたら、来年城下に生えてくるかもですよ~~

夕日に輝く様子も、何を思ったか白い花びらを付けちゃった様子も
素適なんですけどね。こっそりくっつくのはやめてほしいです。
これがまた取り難いですし~bearing

ぼくの目下の悩みは寒さよりひもじさです。
お腹すいた~お腹すいた~と言ってもなかなかくれませんdog


◆あまもりさん、ありがとうございます ♪

ウッフッフ コロシノセンダングサ smile♪ 
去年はコシロノかなぁ~と首を傾げていたのに、今年はあっさり
この説捨ててますね、ワタクシ。やっぱり変異(いや、進化)だ
との仮説の元、擬人化して楽しんでしまいました。
可愛い花を咲かせるのが増えてきていますしね。
そうそう、それで ♪君の行く道は~♪ です。
それにしてもあまもりさん、うますぎですっ!
見事に歌詞に「くっつけて」くださいましたね。
あぁ~ 笑った笑ったhappy02 楽しかったです。
 

投稿: ポージィ | 2008/11/27 18:11

最後の二枚は良いですねぇ!
このフレームだけでなく、ずーっと世界が広がっている気がします。

投稿: ふくやぎ | 2008/11/27 23:00

そちらではコセンダングサ、増えてますか?
マイフィールドでは減っているんですよ。
もともとがそんなに多くはなかったのですが、全体に縮小傾向です。
とは言いつつ、皆無ということではありませんので、引っ付かれていることもありますけどね(笑)。

減ったのは、小まめな草刈り作業の賜物でしょうか。
棘になる前に刈り取られているんでしょうか。
ふと思い起こしてみましたが、広大な面積を誇る代々木公園ですが、(多分)無いと思います。
その代わり、イノコズチはたくさんいます。
空間移動の手助け、しょっちゅうやってますよ~~

投稿: goro’s | 2008/11/28 04:13

◆ふくやぎさん、ありがとうございます ♪

最後の2枚、気に入ってくださいましたか。
ありがとうございます~ 嬉しいです。
空にかかる雲の状態などが、うまく広がりを演出して
くれたのでしょうね。
川の横に田んぼが広がっている場所なのですが、
電線のかからない、家々の屋根もない空、というのは
広々として気持ちのいいものですね!


◆悟郎さん、ありがとうございます ♪

おや、そちらでは減っているのですね。熱心な草刈り隊の
努力の成果なんでしょうね~
こちらでは、放置されたままのもののほうが圧倒的多数ですから、
種こぼし放題、生え放題(笑)
減少傾向では、小さな白い舌状花付きのをご覧になる機会も
少ないでしょうね。

広~い代々木公園にもありませんか。あれ?イノコズチも
結構背が高くなると思いますが、そちらは残っているんですねぇ。
イノコズチの実も、知らず知らず空間移動のお手伝いをさせられて
しまいますね。家まで連れて帰ったと気づいたときは、摘み取って
ゴミ箱行きにしてますが(庭には生えて欲しくないので ^^;)
それでも去年生えていなかった隣の空き地に、今年は生えてます。
運び屋は誰だ~ 
 

投稿: ポージィ | 2008/11/28 10:00

うちの近くでも、この仲間たちが咲いています。
舌状花の数も大きさもまちまちで、何の種類なのか交雑しているのかさっぱり分かりません。
まあコセンダングサの仲間と割り切ることにしています。

投稿: 横浜のおーちゃん | 2008/11/28 20:30

◆横浜のおーちゃん、ありがとうございます ♪

思い起こせば… 最初に舌状花のあるコセンダングサ(?)を
見せていただいたのがおーちゃんのところだったと思います。
相変わらずご近所でもこのタイプが咲いているのですね。
彼らがどんな道を行きつつあるのかは分かりませんが、
コセンダングサの仲間には違いありませんね。
私ももう悩まず、仲間で行くことにしました。

投稿: ポージィ | 2008/11/28 21:08

 ひっつき虫にそんな本名があったのですね。お花も可憐でいい感じです。
 なのに。なのにっ。
 二人っきりになるとなーんであんな悪さをするかっ。

 なんかコセンダングサがツンデレキャラに見えてしまう僕はほとんど病気かもしれません。

投稿: ろぷ | 2008/11/29 10:49

◆ろぷさん、ありがとうございます ♪

この細長い棘状のひっつき虫、ろぷさんにとってもお馴染みさん
でいらっしゃいましたか? そう、こんな本名だったのです(^^)
米粒を細長くしたくらいの大きさの、鳥の餌のようなひっつき虫は
イノコズチで、長さ1cmくらいのラグビーボールに棘とげを
いっぱいくっつけたようなのがオナモミです~

そうそう、彼ら(彼女ら)、離れて見ている分には
クールな印象なんですけどね。うっかり近寄ろうものなら
ビタ~ッと密着!です。
ウハハ ツンデレキャラですか? なるほどぉ、言えてますよhappy02

投稿: ポージィ | 2008/11/29 14:41

まあまあ。
動物に引っ付くのも、彼等の生きる知恵ですし(笑)。

ジーンズだとほとんど被害には遭いません。
ジャージ系(カットソー)だと、びっしりくっつきますね。。

舌状花付のもの、僕も見ましたよ。
掲載後だったので、アップ予定はありませんが。。

投稿: noodles3 | 2008/12/02 14:31

◆noodles3さん、たくさんのコメントありがとうございます ♪

まぁまぁまぁ…そう毛嫌いせずとも、ですか?
彼らには彼らの事情が。 はい、そうですね(^.^)

そうですね、ジーンズはまずくっつきませんね。
私は滅多にくっつかれませんが、付かれるとしたら上に
フリースを着ているときですね。
クックちんにくっつかれるのが一番厄介ですよ。
クックの毛は細くて柔らかいので、絡みつくように付くと
取るのが大変。どこにもぐりこんだ?とさぐっていると
そのうち嫌になったクックは怒り出しますし(^^;)
できるだけ近づかないように避けています。でも、ほんっとに
いたるところに生えるようになってしまいました。

舌状花付きのもの、noodlesさんもご覧になりましたか。
こちらもジワジワ増えているように感じます。

投稿: ポージィ | 2008/12/02 17:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50994/43028532

この記事へのトラックバック一覧です: 君の行く道は -コセンダングサ-:

« 身近な 照葉(てりは) | トップページ | ラッキョウの花 その後 »