« 戦士の姿 -サルビア・グアラニティカ- | トップページ | 臭い木と呼ばれてます »

2008/11/11

ビロードの手触り -サルビア・レウカンサ-

昨日は勇ましい戦士の姿の「サルビア・グアラニティカ」をご紹介しましたが、
今日はビロードの手触りも見た目も優しい、「サルビア・レウカンサ」です。
 
ご近所の畑に咲いたのを見たのが初めての出会いでした。
色も美しく見るからに手触りの良さそうな花に、遠慮なく生け垣越しに手を伸ばして
指先でナデナデしていました。 そして、思ったとおりの柔らかな手触りにうっとり。
以来毎年見かけるたびに触れてみてはニンマリしています。
わたくし、産毛や和毛(にこげ)など柔らかな毛を触るの大好きなのです。
 
今年は隣市の公園「ふれあいの森」でたっぷり見て、ちょっぴり触ってきました。
    (dog写真クリックでもう少し大きめ写真もご覧いただけますcat
 
 
  081018_43salvia_leucantha3
 
            081018_44salvia_leucantha4
 
                    081018_45salvia_leucantha5
 
        081018_41salvia_leucantha1
 
 
「サルビア・レウカンサ」:シソ科・サルビア属  メキシコ原産
      別名「アメジストセージ」「ベルベットセージ」「メキシカンブッシュセージ」
      どの名前も特徴を捉えていますね。
      ビロードのような手触りの部分はガクで、花が咲き終わった後も残って
      目を楽しませてくれます。
 
      レウカンサとは、白い花の、という意味だそうですが、紫のガクに白い花が
      咲くものだけでなく、紫のガクに紫の花、というのもあるようです。
 
      昨日の「サルビア・グアラニティカ」共々、広ーい庭があったら植えて、
      風になびくさなを愛で、触れて楽しみたい花のひとつです。
 

|

« 戦士の姿 -サルビア・グアラニティカ- | トップページ | 臭い木と呼ばれてます »

コメント

これも今よく見かけます。
花の少ないこの時期にとても目立ちます。
近所にも咲いています。

あはは! 産毛フェチでいらっしゃるのですね~
ぶんを触ったらきっとビックリされることでしょうね~~
柔らかくって 肌触り抜群ですから~~~笑
羽二重餅かヤモリの肌触りです~~

投稿: pole pole | 2008/11/11 10:49

昨日のは『シャー!』で今日のは『もこもこちゃん』よ。
名前は覚えられないのですcatface
こう寒いともこもこちゃんは応えられません。
みんな寄せ集めて首にでも巻きましょうかsmile
こういう毛糸ありますもの。
花でいてこの手触りeye
不思議なもこもこちゃんでした。

投稿: 池田姫 | 2008/11/11 12:53

昨日といい本日といい,舌を噛みそうな名前です.試しに,名前をひっくり返してみました.

「サンカウレ・アビルーサ」シソ科アビルーサ属ニューメキシコ原産
別名,ニューメキシコウクレレ.
サンカウレとはスペイン語でウクレレという意味で,小さい葉がウクレレの形をしているのに由来するそうです....

「カティニラアグ・アビルーサ」シソ科…

え,いいかんげにしろって?

投稿: LiLA管理人 | 2008/11/11 15:13

2年ほど前に鉢植えでもらったのを地植えにしたら、のびのびと増えて狭い花壇から道路に茎を伸ばしています。
通行の邪魔でないかと心配しなければならないほどです。
まったく手触りのよい花ですね。

投稿: 横浜のおーちゃん | 2008/11/11 17:25

◆pole poleさん、ありがとうございます ♪

結構人気があるようで、あちこちで見かけますね。
秋の深まりを感じ始める頃咲き始め、この時期とてもよく目立ちます。
この数日のように薄ら寒いと、ビロードのようなこの花が
あったかそうに感じられて、ちょっと羨ましいような~(^^)

はい、産毛フェチなんですよ。柔らかい手触り大好きheart
柔らかそうなのを見ると触らずにいられません。
おぉ ぶんちゃんはそんなに手触り抜群? 触りたぁ~い(笑)
クックの毛もかなり柔らかいのですが、短毛種のワンちゃんの
柔らかな毛というのは触ったことがありません。
>羽二重餅かヤモリの肌触りです
う~ん柔らかそう!


◆池田姫さん、ありがとうございます ♪

アハハ 姫様の命名は『シャー!』と『もこもこちゃん』?happy02
見た目どおりのネーミングですね。
このところの寒さに、とってもあったかそうなもこもこちゃんが
羨ましくなりますね。集めて身につけたらぬくぬくになれそうです。
ホント、花でこんなのは他にあんまりないでしょうね。
今日も思わずするっと触ってきました~paper


◆LiLA管理人さん、ありがとうございます ♪

アハハ 逆さま読みにしてもやっぱり舌がもつれて転びそうですよ。
それにしても
>「サンカウレ・アビルーサ」に「カティニラアグ・アビルーサ」
なんかスペイン語っぽい響きで、すごく本物っぽく聞こえるのは何故?
名前の由来には、ほぉ~なるほどとうなずいてしまいそうでした。
危ない危ないhappy02


投稿: ポージィ | 2008/11/11 17:34

◆横浜のおーちゃん、ありがとうございます ♪

おっ!おーちゃんのお宅の花壇にも植えられているのですね。
ウフフ 道路にまで顔を出していますか。大きくなりますものね、
このサルビアも。でも大丈夫ですよ。私のようにこの花の
手触りファンがきっと他にもたくさんいますから。
その人たちにとって道路に顔を出しているのは触りやすい
ラッキーな存在です。 ほんと気持ちいいですね。
 

投稿: ポージィ | 2008/11/11 17:37

ポージィさん、こんばんは。手触りねぇ、コールテン、ベッチンなども高級なのになると、とても感触が良いです。そうそう、クック君のあのフサフサとした体を撫でればさぞかし気持ちが良いでしょう。私は、犬のお腹を触るのが好きです。近所にラブラドールの雌がいるのだけれど、散歩中に私と会うととても喜んで、路上でゴロリとお腹を出して寝ころびます。そのお腹をなでなでしてあげると、キュンキュン云って喜びます。まるで私の恋人のようです。

投稿: polo181 | 2008/11/11 20:54

◆polo181さん、ありがとうございます ♪

こんばんは。
このサルビア・レウカンサの花は、高級ベッチンに匹敵しようかという
気持ちよさですよ。どこかでお見かけになったらぜひ触ってみて
くださいね。
クックの毛も柔らかくて気持ちいいですよ~
poloさんは犬のお腹を触るのがお好きですか。気持ちいいですよね。
ご近所のラブちゃん、poloさんのことが好きでたまらない感じですね。
おやおや、女の子があられもない姿で(笑)
ほんと、恋人のようですhappy01heart04
動物の毛をナデナデすると気持ちが落ち着いて血圧が下がるそうです。
あの温もりと柔らかな手触りがいいのですね。
 

投稿: ポージィ | 2008/11/11 22:06

私はアメジストセージの名前で認識しておりますので、そちらを使わせていただきます。

この花を見ると、ポージィさんを思い出すんですよ。
イメージがどうのってことじゃなくてね、アメジストセージにもいくつかの花色があることを教えていただいたのが、ポージィさんだったからなんです。
あ、こういう場合は、大人っぽい紫の花色がポージィさんを彷彿とさせるとでも言ったほうがよかったですかね。
いえいえ、あの… やっぱり、あの… 正直がいちばんかと…(大汗)。

こちらでも盛んに咲いています。
咲き終わって萼だけになったら、回りに誰もいないのを確認して、リース素材に少しだけいたいてこようと思ってます(笑)。
いただいてくるのは、公園のアメジストですよ~~

投稿: goro’s | 2008/11/12 01:36

◆悟郎さん、ありがとうございます ♪

サルビア・グアラニティカに続いて、久々登場してもらいました。
えっ、アメジストセージを見ると私を?? 
あら、私ってそんなに優雅なイメージだったかしら~ ムフッ
…てなわけないですねsmile 私は大人の女性の紫色のイメージとは
絶対に重ならないと自覚しております~~
花色が白だけじゃないことを私からですか?そうでしたっけ。
イヤだ、すっかり忘れていましたよ。慌てて過去記事見てきました。
3年も前の記事をよく覚えていてくださいましたね。
(3年前も今回も同じようなことを書いていて、全然進歩していない
ことに我ながらガッカリ ^^;)

そうでしたね!悟郎さんのリースに、このハッとする綺麗な紫が
使われていたんでした。今年も加えられるご予定なんですね(^^)
はい、公園から。楽しみでーす。
 

投稿: ポージィ | 2008/11/12 10:11

今や、ツワブキとアメジストセージぐらいしかなくなってしまいました。キク科以外は。。

ポージィさんがお撮りになった白いのではなく、
花冠が萼と同じ紫のも、同種同名と考えていいのでしょうか?

投稿: noodles3 | 2008/11/12 11:28

◆noodles3さん、ありがとうございます ♪

花が急速に少なくなりつつありますね。
うちの近所では… ツワブキ、サザンカ、ツバキ、アメジストセージ、
菊たち、といったところでしょうか。寂し~

アメジストセージは 紫×白 も 紫×紫 も
同種同名でいいと思いますが、ちょっと検索してみたところ、
園芸的には 紫×紫 は「パープルメキシカンブッシュセージ」と
呼ばれることもある、と出ていました。

投稿: ポージィ | 2008/11/12 12:16

下の記事のサルビア・グアラニティカが中世ヨーロッパの戦士なら、
ビロードのコートを纏ったサルビア・レウカンサは貴婦人ですね。
サルビアナイトにサルビアレディ・・・なんて勝手に名前を付けたらあかんがな(^_^;
サルビア・グアラニティカをメドーセージと呼ぶのは間違いなんですか。
どうしましょ。
サルビア何とかと言うよりメドーセージのほうが覚えやすいのに・・・ヽ(´~`;
サルビアナイトとサルビアレディだったら忘れないのに・・・ダメですね~。じゃんねん(^ヘ^;

投稿: あまもり | 2008/11/12 14:20

サルビアの仲間ってこんなに色んな色があったんですか!
どれも個性的な色でイメージが違いますよねぇ
そしてどれも覚えにくい、、ちゅうか覚える気なしcoldsweats01
また来年 ポージィさんとこで紹介されたら
あ~、、そんな名前だったな と思い出せたらいいほうですhappy01

投稿: miki | 2008/11/12 14:55

あら、悟郎さんの次にコメント入れたはずなのに、送信しそこなっていました。よくあることですが。(´Д⊂グスン

今日早速触ってきました。本当にベルベットの感触でした。
とても気持ちいいです。クックちゃんを触っているようかもしれません。
サルビア・レウカンサはなかなか覚えられそうにないですが、ベルベットセージは大丈夫頭に入りそうです。
連日教えていただいてありがとうございます。

投稿: tona | 2008/11/12 20:00

◆あまもりさん、ありがとうございます ♪

おぉ~ サルビアナイトにサルビアレディ いいですね、それ!
ほんとに、中世ヨーロッパの鎧を纏ったナイトにベルベットの
ガウン(ローブ)姿の貴婦人に見えてきました。
(この際ヨーロッパじゃなくて南米だったことは無視しよう ^^;)

メドー・セージって覚えやすいですよね。だからこそ誤用が
広まってしまったんだと思います。でも本当のメドー・セージさんは
別にいるそうで、グアラニティカさんが自分の名前で呼ばれるたびに
ちょっと迷惑してるかも。

う~ん、それにしてもサルビアナイトとサルビアレディ、いいですね。
とっても気に入りました。何だかロマンチックheart04


◆mikiさん、ありがとうございます ♪

サルビアの仲間って、種類も色もいろ~んなのがあるようですよ。
私も知ってるのは、ほんの3~4種類ですがcoldsweats01
名前は覚えにくいこと覚えにくいこと。
覚えたかな?と思ってもすぐ忘れちゃいますweep
今回これらのサルビアを取り上げたのは何年ぶりか
だったんですけど、次にアップしようかなと思うときには
きっと白紙に戻っていることでしょう~ 
そしたら調べ直しでーす。


◆tonaさん、ありがとうございます ♪

あららら… 送信ボタンのクリックし忘れですか?
気を取り直して再度コメントしてくださってありがとうございます。

うふっ tonaさんも手触り確かめていらしたんですね。
私も今日またまた触ってきました。ベルベットの手触りですね~
クックとはちょっと違う感触ですが、どちらも気持ちいいです(^^)
そうそう。サルビア・レウカンサは覚えづらいですけど、
別名たちは特徴をよく表しているので、私も名前を忘れたら
別名で検索して調べてますwink
 

投稿: ポージィ | 2008/11/12 21:51

サルビア 紫 ビロードで検索しましたら一発でヒット ありがとうございました 嗅いで触って心地よいお花に乾杯 セカンドネーム アメジストセージ

投稿: のぶこ | 2011/11/30 13:28

◆のぶこさん、ありがとうございます ♪

まぁ 検索でたどり着いてくださったのですか。
及ばずながらお役に立てて幸いです(^^)
見てよし 触れてよし 嗅いでよし の魅力あるお花ですね。

投稿: ポージィ | 2011/11/30 17:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50994/42961784

この記事へのトラックバック一覧です: ビロードの手触り -サルビア・レウカンサ-:

« 戦士の姿 -サルビア・グアラニティカ- | トップページ | 臭い木と呼ばれてます »