« 君の行く道は -コセンダングサ- | トップページ | センナリホオズキ!? »

2008/11/28

ラッキョウの花 その後

先日、当ブログに初登場を果たしたラッキョウの花の、その後を見てきました。
咲き始めて間もない頃の花を撮ったのが10/26、その後の様子を撮ったのが11/21。
約1ヶ月の間にこんな風に変わりました。大変貌は遂げていませんでしたが。
    (cute写真クリックで、もう少し大きめ写真もご覧いただけますeye
 
   081121rakkyou1 081121rakkyou1_up
 
 081121rakkyou2_up 081121rakkyou3
 
上段右と下段左のアップは、オリジナル写真をトリミングしたもので、ちょっと粒子が
荒くなっていますが、咲き終わった花のメシベの根元が丸く膨らんできている様子を
ご覧いただけると思います。ベージュに変色し乾いた花びらの内側では、じっくりと
実の熟成が進んでいることでしょう。(danger食べるのは地面の中の鱗茎部分です)
この日のラッキョウたちは、秋の夕日に輝いていました。
 

|

« 君の行く道は -コセンダングサ- | トップページ | センナリホオズキ!? »

コメント

以前にも書きましたが、ラッキョウの花は、
まだ見たことがなかったです。
そして、恥ずかしながら、食べているラッキョウの実が、
このような形で、花のあとについてくる物だとは、
今の今まで知りませんでした。
何だか、ニンニクのイメージと重なって・・・・。
わが、福井県の東尋坊のある、三国あたりは、
ラッキョウの名産地だというのに・・・・。
「目からうろこ・・・」とは、このことですね。

投稿: 鎌ちゃん | 2008/11/28 12:48

◆鎌ちゃん、ありがとうございます ♪

ラッキョウの花のその後、前の記事とたいして変わり映えしないのに
コメントくださってありがとうございます <(_ _)>

あっ!私の言葉が足りなかったばかりに誤解を招いてしまったようです。
私たちが甘酢漬けなどにして食べるラッキョウは、地面の中の
鱗茎(りんけい)部分です。鎌ちゃんが思っていらした通りで
間違いないのですよ。ニンニクやタマネギなどと同じですね。
ゴメンナサイsweat01 落とされた鱗、急いで拾って
また付けておいてくださいね!!
(花の後にはニラのように種ができてくると思います~)

鎌ちゃんの故郷・福井県にはラッキョウの名産地があるのですか。
いっせいに花が咲いたら見事でしょうね。

投稿: ポージィ | 2008/11/28 13:36

ほんとだ、花の中で種?が膨らんでいますね。
茎も緑から茶色に。
開いていた花びらも色を変えて閉じてくるのね。
姫なんかこれは蕾か?と勘違いするかもしれませんbearing
この後は種だけがポンポンと。かな?
前のラッキョウの記事から何かの花に似ている・・・
と思っていましたが、ようやく自分の記事から探して来ましたわ。dog(おいおい、余計なことせんでいいっ)
ちょっとね、ツルバキア・ビオラケアに似ています。eye
良い週末を!

投稿: 池田姫 | 2008/11/28 16:46

ラッキョの花を初めて見ました。
咲き始めは下を向いていて徐々に上を向いて枯れ始めるんですね。
このシベの根元の膨らみがあのラッキョ・・・
じゃなかった、これは種で、お馴染みのラッキョは地中にあるんですか。
よくぞdangerを付けてくれたもんです。勘違いしなくて助かった~。
ラッキョの花もニラやアガパンサスと同じように一つの大きな苞が破れて花火のように花が広がるみたいですね。こんなに可愛い花だとは知らなかった。ほんとに可愛い。
(ラッキョウが正しいのでしょうが、私はラッキョと短く言うのが当たり前になっているのでご容赦ね)

投稿: あまもり | 2008/11/28 17:40

その後の観察を続けられたのですね。
種子ができかけていますね。
花後一旦 萼が閉じるというパターン結構ありますよね。
1ヶ月に及ぶ観察 お疲れ様でした~
初めて見る植物はどうなるか興味津々ですよね。

↓ 書き忘れました~~
センダングサに似ている園芸種は おそらくウインターコスモスとして発展したのだと思います。
間違っていたらすみません。

投稿: pole pole | 2008/11/28 17:41

◆池田姫さん、ありがとうございます ♪

あまり変わり映えしないのに見てくださってありがとうございます。
1ヶ月経ったわりに変化が少なく見えつつも歩みは着実に。
生えたまま、だんだんドライになりつつあるようでした。
種は、検索してあれこれ見ていたらラッキョウにはできない
と書かれているものを発見。(ヤマラッキョウはできるらしい)
この↑状態を見ると、いかにも種ができそうですが、そう見せかけて
おいて、ヒガンバナ同様できないのかしら?
ラッキョウがニラのように道端に生えているのを見たことがないのは
分球でしか殖えないからなの??
何だか疑問だらけになってきてしまいました。農家の方にでも
お聞きしたら一発で答えがもらえそう~

ツルバキア・ビオラケア! 姫様の記事にツルバキア・ビオラケアが
取り上げられていたことを覚えていられなかった私です。
ごめんなさーい。ツルバキアはずっと前に花材として使ったことが
あるような…。
検索して見てきましたが、ほんと、色も咲き方も、雰囲気似てますね。

姫様も良い週末をお過ごしくださいhappy01

投稿: ポージィ | 2008/11/28 17:48

◆あまもりさん、ありがとうございます ♪

あまもりさんにとっては「ラッキョ」♪ 私もいざ口に出して呼ぶときは
「ラッキョ」って言ってますヨ。最後の「ウ」はいい難いですもん。

咲き始め、垂れていたのが上向きになって、なんだか花柄まで
短くなったように感じました。ドライになりつつあるうちに
軽くもなり縮みもしたんでしょうか??
おっとっと… dangerの一文は鎌ちゃんを勘違いに導いて
しまったので慌てて追記しました。
シベの根元のふくらみが種に、なるんだと思うのですが…
検索していたら、ラッキョウには種ができないという記述を見つけて
しまいました。ヤマラッキョウは種の写真があったから出来るようですが。
えぇ~~っ? というわけで、もしかするとヒガンバナのように
ちょこっと膨らむけど種はできなくて分球だけで殖える、という
タイプの可能性もありそうです。真相は謎のままですが。フゥ~
種の有無確認は畑の中に入らないと見られないですし…

うんうん。この咲き方には、あまもりさん仰るようにニラやアガパンサス
といった花を思い出しますねheart


◆pole poleさん、ありがとうございます ♪

あ、実は観察を続けてはいなくて、約1ヶ月ぶりに目を向けた、
というだけなんです~ お恥ずかしいsweat01
労っていただいては罰が当たります。ポリポリ…
 
緑の種のできかけみたいなの、見えますよね。
ところが、検索していたらラッキョウには種ができないという記述が
出てきたのです。もしかすると種ができると見せかけて実はできないよ~
という、ヒガンバナみたいなタイプなのでしょうか。畑に入り込んで、
茶色くなっている花の中を開けて見てみたくなりました。
そうもいかず、もやもやが残りそうです。

ウィンターコスモスのこと、ありがとうございます。
キクザキセンダングサという別名があるんですね。
キバナコスモスの種を見たとき、棘がないだけでコセンダングサと
そっくり!と思ったことがあります。キクザキセンダングサの
別名を持つウィンターコスモスの種はセンダングサのような
引っ付き虫になるための棘を持っているのかしら?と興味が湧きました。
あとで検索してみまーす。

投稿: ポージィ | 2008/11/28 18:10

私も今年初めて見て撮ったのですが、慌てていてピンボケでした。
こんなに綺麗な花なのですね。
骨だけの笠に花の飾りが付いたような・・本当に素敵な表現です。
種が出来る所も拝見できてよかったです。
似たような強いにおいのニラの種を今年は採りました。
とても小さな黒い種です。
ラッキョウの種はどんなのでしょうね。

投稿: tona | 2008/11/28 20:50

この後ラッキョ(関西ではこうでした)の実がどうなっていくか楽しみですね。
種が採れたら蒔いてみるのも面白いかもしれませんね。

投稿: 横浜のおーちゃん | 2008/11/28 20:56

◆tonaさん、ありがとうございます ♪

ラッキョウの両方の記事、見てくださってありがとうございます。
tonaさんも今年初めてお会いになりましたか。同じでしたね(^^)
これまでにもかなり遠くからなら見たことがあったのですが、
近くで見たら思った以上に綺麗な花でした。
種ができかかっているように見えるのですが、検索していたら
ラッキョウには種ができない、という記述を見つけてしまい、
この↑緑の丸っこいのはこの先萎んでしまうのか、種になるのか、
疑問として残ってしまいました。機会があったら確認してみたいです。
ニラは、道端で咲いたものが、花後黒い種をつけているのを
ときおり見かけます。手にとって見たことはありませんでしたが、
そんなに小さいのですね。今度見てみましょう。


◆横浜のおーちゃん、ありがとうございます ♪

ラッキョ(この呼び方、個人的なものではなく関西地方全般での
呼び方なのですね!)の実、この先この緑の丸っこいのがちゃんと
種になるのか、それともしぼんで消滅してしまうのか気になります。
また機会を見つけてちょっと畑に下りて見てみようかしら。
出来ていたらついでにちょっといただけたら… 
って、やっぱりそれは不味いかな~~(^^;)笑

投稿: ポージィ | 2008/11/28 21:20

ポージィさん、こんばんは。ラッキョウの花は1ヶ月ではあまり変化がありませんね。でも左下の写真を見ると、種らしきものができつつあります。貴女のように、計画的に観察を続けると、その植物について、概ね全ての変化が判って、楽しいでしょう。それに、しっかりとした知識となります。どうも、私は単発的なのでいけない。

投稿: polo181 | 2008/11/28 22:37

確かに大変貌はとげていませんが、ドライ化しつつあるのはわかりますね。
ドライのニラのようになるんでしょうね。

種子は出来ないんですね。
根元の膨らみは、何でしょう?
確かにヒガンバナもこんな風に膨らみはしますが、種子は出来ませんものね。
もう少し観察してみてください~~

投稿: goro’s | 2008/11/29 03:46

◆polo181さん、ありがとうございます ♪

こんにちは。
はい、1ヵ月後に見たラッキョウの花、以前とあまり大きな変化は
ありませんでした。意外とのんびり咲き進むのですねぇ。
よく見ると咲き終わって茶色く乾いてきているものや、実らしきものが
出来つつあるものもみられ、着実にすすんでいるのが
分かりました。
計画的に観察、ですか?いえいえ、褒めて頂くような観察ではないのです。
私の場合、散歩しながら『そういえば○○○はどうなったかいな』と
ふらりと足を向けるので、時期が合わないこともしばしば。
いきあたりばったり観察なのですよ(^^;)
でも、そんななかにも思いがけない出会いがあって楽しいです(^^)
知識にもなるといいのですが、この頃ではすぐに忘れてしまうことも
多くていけません(笑)


◆悟郎さん、ありがとうございます ♪

意外と変化がゆっくりなことにちょっと驚きました。
でもドライ化が進んでいますね。そうそう、きっとニラのドライの
ようになるんでしょうね。私もそう思います。

種については、「ラッキョウには種ができない」という記述を
見つけてしまったんですよ。でもヤマラッキョウにはできるようです。
私が畑に見つけたこのラッキョウはどうなのか…
ヒガンバナの例がありますものね。
また思い出したら見に行ってみま~す(^^)
 

投稿: ポージィ | 2008/11/29 14:32

あれれ?前回の記事は読んでなかったですcoldsweats01
改めて 花の可愛さにビックリです
食べるラッキョとイメージが全然違いますねぇ
毎年 叔母さんが漬けたものを瓶ごと貰うんですが
なかなか減りません(ぼそっ)
血を綺麗にする効果があって毎日何粒か食べたらいいらしいんですが、、
あっ 苦手なポージィさんには興味ないかhappy01
今度叔母に会ったら花の話を振ってみますねnote

投稿: miki | 2008/11/29 21:48

◆mikiさん、ありがとうございます ♪

お返事遅くなってごめんなさい。

mikiさんにもラッキョの花の美しさ可憐さを知っていただけて
よかったでーすhappy01
ラッキョ漬けは苦手で敬遠!の私ですが、花は好きになれましたheart

mikiさんのお宅には叔母さまのお手製ラッキョ漬けが届くのですか。
なかなか減らない? うふふ 大好きってわけではなさそうですね。
はい、血を綺麗にして流れをスムーズにする、って聞いたことあります。
でもねぇ…私の場合我慢して食べるストレスで相殺されちゃいそうhappy02
他のもので綺麗にしてもらいましょう、ってことで義母の
手作りラッキョ漬けもいらな~いとお断りしてます。

そうですね。叔母様に花の話をしてさしあげてください。
ご存知かなconfident

投稿: ポージィ | 2008/12/01 09:18

丸い花がそのまま乾燥していくのでしょうか。
なかなか愛嬌があります。
これは、畑のものですか?

投稿: noodles3 | 2008/12/02 14:35

◆noodles3さん、ありがとうございます ♪

開いていた花が閉じて、そのまま乾いてきているように見えました。
みんな乾いて茶色になってしまったら、ニラと間違えそうな
気もします。

はい、これは畑のものですよ。
3つ前の記事に初登場として載せたラッキョウのその後です。

投稿: ポージィ | 2008/12/02 17:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50994/43209472

この記事へのトラックバック一覧です: ラッキョウの花 その後:

« 君の行く道は -コセンダングサ- | トップページ | センナリホオズキ!? »