« 地区防災訓練 | トップページ | 戦士の姿 -サルビア・グアラニティカ- »

2008/11/06

刈りいれ後の田の畦で

歩いて7~8分のところにある田んぼでは、10月末には稲の刈りいれもほぼ終わり、
乾いた田の中ではハクセキレイが何羽かピョコピョコしていました。
夏の間メヒシバ等イネ科の草がたくさん生えていた畦では、それらはすっかり枯れ、
他のカラフルな花色がちょこちょこ目につきました。
    (shine写真クリックで、もう少し大きめ写真もご覧いただけますnotes
 
 081010akinonogesi2yoko  081010akinonogesi3wata
      < 「アキノノゲシ(秋野芥子)」:キク科・アキノノゲシ属 >
 
 1m以上の長身のアキノノゲシが1本、倒れこむようにしてたくさん花を咲かせて
 いました。その中から花と綿毛をひとつずつ。花の大きさは直径2~3cmです。
 
 
       081022hosobahimemisohagi  081022hosobahimemisohagi_up
    <「ホソバヒメミソハギ(細葉姫禊萩)」:ミソハギ科・ヒメミソハギ属>
 
 昨年に続いての出会い。今年会ったのは3~4本、特に数を増やしているようでは
 ありませんでした。昨年の記事は→こちらです。
 
 
 081022nogiku2  081022nogiku1
                   < 野菊 >
 この秋何度目かの登場のおそらく「ノコンギク」であるところの野菊。
 枯れ草に埋もれるようにして咲く様子が、いかにも秋の風情の感です。
 
 
 081022oozisibari1  081022oozisibari3
       < 「オオジシバリ(大地縛り)」:キク科・ニガナ属 >
 
 春によく見られる黄色の花が、秋になって再び初々しく咲き始めていました。
 
 
081022cook1 081022cook2 081022cook
                 < おまけ・クック隠し撮り >
 
 私が花を撮っている間、所在なげに待っていたクック。カメラが向けられたと知ると
 そっぽを向くので、花を撮っているフリをして隠し撮りです。
 風のにおいに彼はなにを感じていたのでしょう。
 

|

« 地区防災訓練 | トップページ | 戦士の姿 -サルビア・グアラニティカ- »

コメント

クックたんの自然な表情がいいですね。
目を細めたりキリッと目を見開いたり。風の大地を感じてるんだろうか。
ポージィさんが花に夢中な間はこんなに穏やかな表情で待ってるクックたん。
大人を感じます。
後ろのワラを束ねたようなものは稲ワラですか?
刈り入れ後とあるので、稲ワラですよね。
稲ワラをこんな風に無造作に干している風景は初めてかも。
こちらでは積み上げたり、また棒に掛けて横に並べたりなので。

アキノノゲシもこんな風に撮ってもらったら何と綺麗に見えること。
小さな小さなホソバヒメソハギさん、今年も出会えたね。
と、左の細い葉っぱに止まったヤマトシジミさんが言いました(^_^)
数を増やしていないのに気づいてくれたポージィさんに、
こんにちは、ありがとう。と今度はホソバさんが言いました。

野菊にしましょ。
私も以前撮った花をヨメナ(ノコンギクではなかったけど)としましたが、
ヨメナと決めつける決定的な証拠もなし。
そ、野菊でいいよ。
とハナアブ(?)さんも言いました。

右のオオジシバリさん。
毛繕いしているうちの猫を思い出してしまった。なぜか・・・。

投稿: あまもり | 2008/11/06 16:27

◆あまもりさん、ありがとうございます ♪

写真のひとつひとつを見てくださっている、あまもりさんの
優しい視線を、今日はことさらに感じます~ 嬉しいです。

ウフフ この日のクックは大人でしたね。伸び縮みするリードの
ロックを外して自由にさせていたからかな。
静かに風を感じているようでした。
車の危険があるときなどは短くロックしているのですが、
そういうときはグイッグイッと引っ張ってピントを合わせる
邪魔をしてくれることもあるんですよ。
はい、クックの背景にあるのは稲ワラです。機械で脱穀まで
してしまった稲わらはこんな風に円錐形に束ねて置かれています。
ここの田んぼでははさ掛け(棒にかけて横に並べる)は
ほとんど見かけないんですよ。お年寄りが多いから協力し合って
機械で一気に済ませることが多いのかもしれません。

ホソバヒメミソハギさんとヤマトシジミさん、それにハナアブ?さんの
言った言葉を読みながら、桜塚やっくんを思い出しました~virgo
やっくんよりずっと優しい会話ですけどね。いいなぁ~ほのぼのしてて。
そうですね、野菊にしましょ。野菊なら間違いなしよ、と
ポージィも言いました。

アハハ 右のオオジシバリに、毛繕い中のセピアちゃんを
思い出されたのは、花びらの一部が、舌で舐めたばかりの
湿って筋がついているところみたいに見えたからですにゃcat
  

投稿: ポージィ | 2008/11/06 18:14

そうそう、刈りいれの終わった田んぼやあぜ道には、
待っていましたと言うかのように、色々な植物が
顔を見せますね。
残念ながら、名前を知らないものがほとんど。
でも、ホソバヒメミソハギだけは、去年皆さんに
教えていただいたので、思い出しました。

クックは、なかなかのシャイボーイなのですね。
カメラを意識して避けるなんて、ポージィさんとの
気心が通じているからできることなのですね。
楽しいショットです。

投稿: 鎌ちゃん | 2008/11/06 19:22

クックたん 気持ちよさそうですね~
ラストのお写真 とってもハンサム!

アキノノゲシ 最近みかけなくなりました~
(ハルノ)ノゲシは1年中咲いているようですが・・・

ホソバヒメミソハギとナンゴクヒメミソハギとはとってもよく似ていますよね。
慣れれば区別は簡単なようですが なんと神奈川県にもナンゴクヒメミソハギがあるとか・・・

オオジシバリは 去年も晩秋に咲いていました~
勿論 この春にもたくさん見ましたよ~

投稿: pole pole | 2008/11/06 21:21

ポージィさん、こんばんは。知っていたのはノコンギクだけです。あとは、まるで知りませんでした。申し訳ありません。
クック君にカメラを向けると顔をそむけるとありましたが、どうしてなのでしょう。彼は、カメラの機能を知っているのでしょうか。
最初の一枚が一番良いと思います。すっくと立って、綺麗にブラッシングがされているのが判ります。それに当然ながら輪郭がはっきりしていますね。

投稿: polo181 | 2008/11/06 21:48

◆鎌ちゃん、ありがとうございます ♪

鎌ちゃんもお気づきでしたね、刈り入れ後の田んぼの畦の様子。
本格的な寒さが来るまでのひとときを楽しむかのような植物が
見られますね。
おぉ、ホソバヒメミソハギご存知でしたか。私は昨年初めて見ました。
西から東へと生息範囲を広げつつあるのかしら???

クックはカメラを意識してしまうととたんにそっぽを向くんですよ。
たまにカメラ目線でこっちをいてくれることもありますが。
面白いですね。


◆pole poleさん、ありがとうございます ♪

このときはぼーっと寛いで待っていましたね(^^)
キャハッ ハンサムですか?ありがとうございます。
(クック~ ハンサムって言ってもらえたよ~ 良かったね!)

うちの近所もハルノノゲシはウジャウジャあるのに対して、
アキノノゲシはたまにしか見かけないんですよ。同じですねぇ。
何か理由があるのでしょうか。

ナンゴクヒメミソハギ、写真で見ましたが似てますね。
あらま、神奈川にもナンゴクヒメミソハギ進出ですか。
植物も生き物も、かっては見られなかったものが北上してきて、
やはり温暖化の影響を感じますね。

オオジシバリは春と秋の両方に気持ち良さそうに咲いていますね(^^)
秋のは葉っぱも柔らかそうで、美味しそうに見えてしまいます。


◆polo181さん、ありがとうございます ♪

こんばんは。目にされたことがありそうなものばかりなのですが、
馴染みのないものがほとんどでしたか。いえいえ、謝られる
ことなどありません。私も鳥の名前は知らない覚えられない忘れるの
3拍子揃ってますcoldsweats01

クックはこちらの顔を見て何か訴えてくるときはカメラ目線にも
なりますし、目と目も合わせるのですが、そうでないときは
そっぽ向いたり視線をそらしたり。カメラは目と同じように
感じているのかもしれません。動物はジッと目を見ると
敵意があると
思われるとも聞きますから、クックはカメラも目でも、本能的に
ジッと見るのを避けているのかなと思っています。

クック隠し撮り、poloさんはいちばん左がいいと思われますか?
ありがとうございます(^^)
 

投稿: ポージィ | 2008/11/06 22:25

刈り取り後の田んぼの風景など、見ること叶わずです。
それまでとは違った植物たちが、限られた僅かな時間に、種の保存にいそしむのですね~~

アキノノゲシ、必ずといっていいほど倒れていますよね。
それならもっとコンパクトな姿でいいと思うんだけど、彼には彼なりの主張があって、大きくなっているんでしょうけどね(笑)。

ホソバミゾハギには、出会える機会は少ないだろうなって思います。
野草好きなかたでも、この環境を整えるのは難しいでしょうしね。

好きです、好きです、野菊のこの環境~~
回りの草が枯れているところに、ひとかたまりの野菊たちがいると、秋(初冬)そのものの風情です。
野菊がいちばん野菊らしく見える風景だと思ってます~~

オオジシバリも咲いてましたか。
夏以外、どこかで咲いていますよね。

クックくんの隠し撮り、やっぱりカメラを意識しているときの表情とは違いますね。
哲学してますよ~~

投稿: goro’s | 2008/11/07 03:11

秋になってもキク科の花は何かしら咲いていますね。
私も何種類かを明日にでも紹介しようかなと思っています。
ホソバヒメミソハギは昨年来まだ見つけていません。
昨年から数を増やしているようでもないということなので、こちらで見る機会が少ないのかもしれません。

投稿: 横浜のおーちゃん | 2008/11/07 09:25

◆悟郎さん、ありがとうございます ♪

そうですよね、近くにまだこんな環境があることに感謝です。
本格的な寒さが来るまでの束の間の花たちの彩りがしっとりと
秋の風景に馴染んでます。

アハハ 悟郎さんがご覧になるアキノノゲシも倒れていることが
多いのですね。たとえ倒れる確率が高くても、背を高くして
種を遠くへ飛ばせる可能性にかけているのでしょうか。
それとも別の理由があるのか、聞いてみたいところです。

ホソバヒメミソハギ、まだそんなには増えていないようです。
でも、ここの田んぼも草むらになってしまっている休耕田が
増えてきていますから、そのうち急に増えることもあるかもです。
そうなったらなったで心中複雑でしょうね。

わーい、この野菊のシーンにご共感いただいて嬉しいです~happy01
枯れ草の中の野菊、侘び寂び系の秋(初冬)の趣ですよね。
すごく寂しくなっちゃうのですけど、しんみり素適だなとも思うのです。

オオジシバリ、ちょっとくたびれた花を載せてしまいましたが、
もっとみんな美しく咲いていましたよ。葉っぱも柔らかそうで
何だか美味しそうに見えました(笑)

撮られていると全然気づいていないときのクックの自然な表情を
見るの、結構好きなんです。こういうとき彼のちっちゃな頭の中では
どんな思いがよぎり、何を感じているのでしょうね。
やっぱり哲学しているのかしら?confident

投稿: ポージィ | 2008/11/07 09:40

◆横浜のおーちゃん、ありがとうございます ♪

キク科の花は真冬以外、何かしら咲いているようですね(^^;)
おそるべし、キク科の多さ! おーちゃんもアップを予定
されていましたか。どんなキク科を拝見できるか楽しみです。

ホソバヒメミソハギ、夏の間は他の草に紛れてか見つけられませんでした。
秋になってから、見つけましたがそれでも3株程度。
でも、草むらになっている休耕田も増えつつありますから、
そのうち急激に増えるかもしれませんね。
おーちゃんのご近所の田んぼでは今後どうなるでしょう…

投稿: ポージィ | 2008/11/07 09:45

ホソバヒメミソハギ、未だ未見です。
オオジシバリが咲いていましたか。
僕も先月、タツナミソウの白花を目撃しました。

クックの3カット! ナイスです。
飼い主ならではの好ショットですね♪

> 風のにおいに彼はなにを感じていたのでしょう。

コメントも良いです♪

投稿: noodles3 | 2008/11/08 00:21

◆noodles3さん、ありがとうございます ♪

ホソバヒメミソハギは、私も2~3株しか見ていないんですよ。
まだ数少ないんでしょうね。これからどうなるか分かりませんが。
もっと数が増えると目にも留まりやすくなるでしょうね。
オオジシバリ、この↑写真のはちょっとくたびれていますが(^^;)
多くは初々しい姿で咲いていましたよ。
えーっ、タツナミソウが返り咲いていましたか!
散歩コースで見られるタツナミソウは咲きそうなのは全然
ありませんでしたけど、たまたま条件が揃ったんですねぇ。

クック隠し撮り、人を意識していない自然な表情が楽しいです。
きゃ コメントまでお褒めいただいて恐縮です~ 有難うございますhappy01

投稿: ポージィ | 2008/11/08 10:24

おおっ、クックちゃん、哲学者みたいないい表情!
何思ってるんでしょね~

ホソバヒメミソハギ、こちらではかなり殖えてます。
お土地柄もあるのかなぁ
でも殖えたからって困ったって話はそんなに聞かないですね。

ノコンギク、我が家にも群生してもらいたくて、野良生えしてるのを一株持ち帰って植えてみた事があります。
が、ダメでした。
可哀想なことしちゃいました。
あんな丈夫そうなのに育つ場所選ぶのかな?
あの色合いがとても好きなんだけどなぁ
それを見たけりゃ散歩しろって言われたような気がしました(笑)

投稿: ちょびママ | 2008/11/08 10:37

◆ちょびママさん、ありがとうございます ♪

カメラも私のことも意識していないときのクックは、こんな顔して
いるんですね~ アハハ やっぱり哲学者のようですか?
なに考えていたんでしょうね。腹減った~ 早くしろよ~ とか
思っていたんだったりしてねcoldsweats01

ホソバヒメミソハギ、ちょびママさんエリアでは殖えてますか。
やっぱりだんだん東へと生息地が広がりつつある途中なのかな。
殖えても厄介視されない子達なんですか?それはよかった。
ここの一帯の田んぼにも草ぼうぼうの休耕田があるので、
そういうところで今後殖えていくかもしれませんね。

ノコンギクの咲く姿には心惹かれますよね~
ちょびママさんが持って帰られたお気持ち、よく分かります。
でもダメでしたか。いかにも逞しそうに見える野草が、持って帰ると
いとも簡単に枯れてしまうことって珍しくないようですね。
不思議だなぁって思います。何か私たちにはうかがい知れない絶妙な
バランスの上に成り立っているのでしょうね。

投稿: ポージィ | 2008/11/08 12:47

ポージィさん、こんばんは。

クックちゃん、お元気?
隠し撮り、とてもいいお顔ですね。
可愛い!!!

いかにも秋そのもののお花たち、オオジシバリやノギクの色がとても素敵!
私も今年すっかり虜になりました。
よく見ますと虫がたかっていますね。
ハクセキレイといえば、我が家の前の畑にも毎朝、番がなにやらついばんでおります。
ムクドリもこの間ちょっと見たのですが、もう渡って来てるのですね。

投稿: tona | 2008/11/08 21:11

かわいいですね。
こういう仕草にやられちゃいますね。

投稿: ふくやぎ | 2008/11/08 21:24

◆tonaさん、ありがとうございます ♪

こんにちは。
クックはおかげさまで元気にしています。
隠し撮りは自然な表情を見られて楽しいですね。
この時のクック、寛いでいるようでした。

オオジシバリは春にもたくさん見られますが、野菊は秋ならでは。
この淡い紫、主張しすぎない控えめさ、枯れ草と共にある様の趣…
すてきですよね。tonaさんも心を奪われておしまいですね。
そしてハクセキレイはご近所の畑でもやはりピョコピョコ(^^)
あ、ムクドリも来てますね。時々電線に群れているので、
フン爆弾に注意して歩かなくてはいけません。


◆ふくやぎさん、ありがとうございます ♪

クックの気取らない表情、気に入ってくださいましたか。
本人が気づいていないときの表情や仕草を見るの、
結構好きなんですよ~
はい、仰るとおりで、すっかりやられちゃいますlovely 笑

投稿: ポージィ | 2008/11/09 09:39

こちらは昨日辺りから冬の匂いがしてきました
あんだけ暑くて文句言ってても やはり冬もイヤですねcoldsweats01
不思議なもので クックちゃんが風に吹かれてる姿を見ると
夏なら気持ち良さそうupと思うだろうに
今は 寒そうsweat01 と思ってしまいます
こんな凛々しく立ち止まってる姿が見られるよう
冬になっても元気でいてほしいですhappy01


投稿: miki | 2008/11/09 18:19

◆mikiさん、ありがとうございます ♪

この週末は寒かったですね!
超の付く寒がりで寒いの大嫌いな私。年齢と共に暑さにもすっかり
弱くなってきましたが、それでもまだ寒い方が嫌いです。
だから寒いよぉと感じ始めるとユーウツでcrying
mikiさんの方でもついに冬のにおいがし始めましたか。
冬は暗いnightうちに起きなきゃいけない朝も辛いですよね。

そうなんですよね。同じような光景を見ても、見ている季節によって
あるいは背景によって感じ方が変わるのが面白いです。
この秋はいつになく調子の良さそうだったクック、冬もその調子で
乗り切ってほしいものですhappy01

投稿: ポージィ | 2008/11/10 09:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50994/42931084

この記事へのトラックバック一覧です: 刈りいれ後の田の畦で:

« 地区防災訓練 | トップページ | 戦士の姿 -サルビア・グアラニティカ- »