« クリスマスを飾る -生花編- | トップページ | 今年の納めに  »

2008/12/25

クリスマスを飾る -ドライ編-

 
Merry Christmas !!
 
クリスマスの飾り物、昨日は生の素材を使って作ったものをご紹介しましたが、
今日はドライとプリザーブドの素材を使って作ったリースのご紹介です。
生花編と同様、通っているフラワースクールの教室で作ったものです。
 
材料は、何色系にしたいか生徒の希望を聞いて、先生が用意してくださいました。
私が行ったときの生徒は全員が白系希望でした~happy01
今回のは資材費がかな~りかかってますよ。
    (shine写真クリックでもう少し大きめ写真もご覧いただけますxmas
 
081201dry_wreath
まずは全体像を…
飾りのリボンが長いため、うまく撮れなくてsweat01
下の方、光の中のどこかにリボンの端があります。
 
リング状の発泡スチロールのエッジを滑らかに削り、
そこにベビー・ファイバーという素材(植物の繊維)を
しっかり目に巻き止め、 壁に掛けるためのワイヤを
留めて、土台の完成です。
次に配置を考えながら様々な素材を付けていき
ます。(木工用ボンドを付け、竹串で穴を開けて挿す) 
 
素材:(今回の場合)
    バラ、ガクアジサイ…(プリザーブドフラワー)
    ヘリクリサム、カスミソウ、ニゲラの実、
    ブナの実、ラグラス…(ドライ)
 
最後にリボンを付けて完成~heart
 
 
 
 
shineアップ写真をクリスマスカード用に加工してみました。 
 
20081201dry_wreath_card
 
 
私は白だけにしてみましたが、
少し葉ものを入れた方もいましたよ。
素材の配置や挿す高さによってはもちろん、
リボンの種類によっても雰囲気が変わり、
色々な表情のリースが完成しました。
私は星模様の細いリボンで。
白一色のリボンにした方のは、ブライダルの
雰囲気にもぴったりのリースになりました。
 
クリスマス限定でなくて
オールシーズン飾れそうです。
 
 

|

« クリスマスを飾る -生花編- | トップページ | 今年の納めに  »

コメント

おはようございます!
↓ から拝見しました~
素敵なクリスマスリースですね~
毎年 作ろう! 作ろう! と思いつつつい面倒で作るのを止めてしまっています~~
材料の果実などはたくさんあるのにね。笑

白のリースはプリザーブドフラワーがとってもお高いのでゴージャスになりますね~~
リボンもとっても素敵です!

来年こそは! と今年も思っただけの私です。
素敵なクリスマスを!

投稿: pole pole | 2008/12/25 09:40

◆pole poleさん、ありがとうございます ♪

両方の「飾り」見てくださってありがとうございます。
材料集めから始まって、作るのにも相当な時間と根気が
要りますものね。私も教室で作らなかったら、何も作らずじまい
だったかも~~ お正月の花の予定はナシですし…(^^;)

こちらのリースは、やはり資材費もかかっていますしね。
(一人でこれだけの種類の材料を買ったら、費用も倍増以上)
小振りのバラとガクアジサイのプリザーブドが効いて、繊細でかつゴージャスな出来栄えになりました。

来年は… さてどうなりますかhappy01

pole poleさんも素適なクリスマスをxmas

投稿: ポージィ | 2008/12/25 12:16

ドライやブリザードで白系のリーズも素敵ですね。白系は初めて見たような気がします。
しっかり私の心に光り輝きました。

投稿: 横浜のおーちゃん | 2008/12/25 14:33

◆横浜のおーちゃん、ありがとうございます ♪

白一色でも、結構変化に富んで表情豊かに仕上がるものですね。
こんな白だけというの、おーちゃんは初めてでいらっしゃった
のですね。見ていただけてよかったです。

ウフ カードの英文も読んでくださってありがとうございます happy01shine

投稿: ポージィ | 2008/12/25 17:02

まさにポージィさんのイメージそのものです。
これでしたら、部屋を明るく飾ってくれるし、
一年中「春夏冬」ですね・・・・意味解ります?
カードも良いですね。
一枚いただきたかったです。

投稿: 鎌ちゃん | 2008/12/25 17:10

◆鎌ちゃん、ありがとうございます ♪

まぁっ、私のイメージですか?嬉しい~
心はこんなでありたいですけど、見た目はこうはいきませんね、
もうとうに happy02

>一年中「春夏冬」

うっ ??? ??? うぅ わっわかりませんsweat01
頭の回転の速度が見えちゃいますね。教えてください~

カードもお褒めいただきありがとうございます。
 

投稿: ポージィ | 2008/12/25 19:06

◆鎌ちゃんへ!

分かりました~~
 「あ き な い」ですねsign03 happy01

投稿: ポージィ | 2008/12/25 21:58

ポージィさん、こんばんは。preserveとは保存するという意味ですよね。プリザーブドフラワーとドライフラワーとどのような違いがあるのですか。ドライフラワーと違って、特別な処理をしてあるのでしょうか。初めて聞く言葉です。ドライフラワーは、八ヶ岳に工房があるから、何度も見たことはあります。
さて、貴女が作られたリースについての感想です。白一色で統一してあるので、とても清潔感があって上品です。これなら、季節を問わず飾って置くことができると思います。昨日のは床の間に欲しい一品ですが、今回のは玄関の壁に欲しいと思いました。ドアーを開けたら真正面の白い壁に飾りたい。

投稿: polo181 | 2008/12/25 22:41

ポージィさん こんばんは

わぉ 白いリース!

白は清楚で気品があるうえにゴージャスな雰囲気までありますね
不思議な色です
皆さん、おそろいで白いリースを作られたのですか~
同じ素材を使っても、作る人によって違う雰囲気になるのでしょうね

カードもとっても素敵ですね
手作りとは思えません!

投稿: glenn | 2008/12/26 00:43

私の発想からは、決して生まれることの無い白いリースです。
透き通るような白が重なって、ベージュ色の影が現れる…
素敵です。

ニゲラの実はどこかと探しました。
ドライでここまで脱色することが出来るんですか?
ヘリクリサムはムギワラギクでいいんですよね。
こちらもかなり色が抜けてますね。

カードのキラキラは、加工したのですか?

投稿: goro’s | 2008/12/26 03:57

◆polo181さん、ありがとうございます ♪

おはようございます(^^)
仰るとおりで、プリザーブドフラワーのはpreserveは保存するの意味です。
簡単に言うと切り花に特殊な溶液を吸わせて、植物の内部の水分と
入れ替えて長期保存を可能なように加工したもののことです。
詳しくはこちら↓のWikipediaをご覧くださいね。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%97%E3%83%AA%E3%82%B6%E3%83%BC%E3%83%96%E3%83%89%E3%83%95%E3%83%A9%E3%83%AF%E3%83%BC
世の中に登場したばかりのころは、「枯れない花」とか「永久に
咲き続ける」とかうたわれましたが、それは嘘ですね(^^;)
生花に近い柔軟性が保たれるとはいえ、生花じゃありませんし
永久保存というわけにも行きません。
確かに、かなり長い期間変わらない状態で保てますが、高温多湿に
なる日本の場合は、劣化が早いのではないかという気がしています。
ドライフラワーよりはずっと長く同じ状態を楽しめますが。
ドライフラワーは植物内の水分を蒸散させて乾燥させたもの。
ぱりぱりに乾いて柔軟性はありません。
経年変化で次第に色褪せ茶っぽい枯れた色が濃くなっていきます。

白一色の雰囲気、予想以上のいい雰囲気の仕上がりで、自分でも
満足できました(^^)
こちらは白い壁に飾ってくださるのですね。嬉しいです~~
白い壁に白いリース、いいですよnote


◆glennさん、ありがとうございます ♪

おはようございます(^^)
今日のリースも早速見に来てくださってありがとうございます。

白いものばかりで作って、こんなに表情豊かになるんですね。
そうそ。ゴージャスにも見えますよね。不思議~
いい雰囲気に仕上がって嬉しかったですhappy01

他の時間帯の生徒さんでは赤系を作られた方もいたようですが、
私が参加した時間の生徒さんは、たまたま全員が白系でした。
でも、ほとんど同じ素材を使ってもみんな違う出来栄え。
面白かったですよwink

カードも褒めてくださってありがとうございます~heart04


◆悟郎さん、ありがとうございます ♪

白い花の好きな悟郎さんですが、白いリースの発想はありえませんか~
(以前、カスミソウ一種のリースも作ってみましたが、あぁいう系も?)

白 と一口で言っても、微妙な濃さの違いなどあるのですよね。
それに、それぞれの形が生み出す繊細な影の演出もある…
それらがあわさって、豊かな表情が生まれるのがいいですね。

ニゲラは実が熟して弾けたあとのものですね。ヘリクリサムは
=ムギワラギクだと思います。どちらも漂白して色を抜いてある
ものでしょうね。自然にドライにしたものではこんな風に真っ白には
絶対なりませんよね。

カードは写真を加工するソフトを使って、さりげなくちょっとずつ
加工しました。全体をソフトにして周辺をぼかし、最後にキラキラ増幅加工。リボンの星のキラキラが光を放ちましたshine
 

投稿: ポージィ | 2008/12/26 10:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50994/43396686

この記事へのトラックバック一覧です: クリスマスを飾る -ドライ編-:

« クリスマスを飾る -生花編- | トップページ | 今年の納めに  »