« 春告げ花をさがして -その1- | トップページ | 春を待つ -その2- »

2009/01/28

春を待つ -その1-

タイトルは変わりましたが、「春告げ花をさがして-その1-」と同様、1/10の
「常泉寺」で見つけたものたちのご紹介です。
    (club写真クリックでもう少し大きめ写真もご覧いただけますheart
 
090110_10kappasitifukuzin 090110_8rokuzizou
 
       河童七福神 と 六地蔵様  物語が生まれそうです。
 
 
090110_19jugatuzakura 090110_11kanayame
 
 チラホラと可愛い花を咲かせていたのは小さな八重の桜。「十月桜」でしょうか?
 春になったら花数を増やして咲くのでしょう。
 山口県宇部市の「廣福寺」に続いて、ここ「常泉寺」でも見ることができたのは
 「カンアヤメ(寒菖蒲)」。葉に埋もれるように咲いていました。
 
 
      090110_24tubaki 090110_14tubaki_rakka
 
    何椿でしょうか?小振りの開ききらない花姿は侘助系のようですね。
    可愛らしい花姿に花色で、小道の落花も風情がありました。
 
 
      090110_21asebi 090110_17kamakiri_tamago
 
 赤い蕾がまるで花のように見えるのは、多分ピンクの花の「アセビ(馬酔木)」。
 右は「ツツジ」に産み付けられたカマきりの卵。この木だけで3つも産み付けられて
 いましたよ。春には子カマきりたちがぞろぞろ生まれてくることでしょう。
 
 
今回は以上です。この後、「春告げ花をさがして-その2-」と「春を待つ-その2-」を
アップ予定ですので、また見てやってくださいね。
 

|

« 春告げ花をさがして -その1- | トップページ | 春を待つ -その2- »

コメント

お早うございました。
「河童七福神と六地蔵様」・・・・
本当ですね、楽しい物語が出来そうですね。
何か創作できたら発表してくださいね。
昨日の「やもりん」と「やもらん」、
鬼太郎が出てきてもいいですね。

「カンアヤメ(寒菖蒲)」・・・・
いい響きですね。
一句詠みたくなりました。
「ひそやかな想いあなたに 寒菖蒲」
コラボ発表させていただいていいですか。
もう少し推敲の余地はありそうですが・・・。

投稿: 鎌ちゃん | 2009/01/28 10:27

河童の七福神と六地蔵があるのですね~
ありがたや~ って感じになるのでしょうね。
カンアヤメ 落ちツバキ いいですね~
落ちツバキは風情があって大好きなのでつい撮ってしまいます。

アセビは白いのも蕾の時はピンクのようですよ。
でもこれはピンクっぽいですね。

カマキリの卵ですか~~
久しく見ていませんでしたので新鮮です。

投稿: fairy ring | 2009/01/28 11:29

河童七福神…
名前を聞いただけで,頭の中にしょーもない物語がもやもやと湧き上がってきました.河童弁天に恋する河童大黒が,河童恵比寿に策略を持ちかけ..以下略

投稿: LiLA管理人 | 2009/01/28 14:13

◆鎌ちゃん、ありがとうございます ♪

こんばんは。
河童七福神に六地蔵、日本昔話の登場人物にぴったりですよね。
もちろん現代の童話でも♪ やもりん・やもらんが登場しても♪
何か作れるといいんですけれど、私にはお話作りの才は
ないんですよぉ。
どなたか作ってくださると楽しそうなんですけどね。
あ LiLA管理人さんが…! ↓ eye

「寒菖蒲」に俳句心を刺激されて…
わぁ 早速に詠んでくださったのですね。
葉に埋もれるように咲いている様子から「ひそやかな想い」
ロマンチックです~heart04
こんな写真でよければ持ち帰っていただいて、ぜひコラボを
アップなさってください。楽しみです。


◆fairy ringさん、ありがとうございます ♪

河童七福神に六地蔵、どちらも結構古そう(お地蔵様は
顔が欠けているものも…)ですが、河童七福神には
ありがたや~という気持ちより可笑しさのほうが先にたって
思わずニヤニヤしてしまいます(^^;)

寒菖蒲や、ころんと散った椿、しっとりとした風情がいいですね。
落ちた椿はfairy ringさんもよくお撮りになるのですね。

ピンクのつぼみで白い花が咲くアセビもあるのですか!
あらら 白い花は黄緑色の蕾ばかりと思っていました。
教えてくださってありがとうございます。
これ↑は、ご近所のアケボノアセビととてもよく似ているので、
ピンクが咲く、ということにしておきますね。

カマキリの卵、身近であまりご覧になりませんか?
うちの周りには毎年のようによく産み付けられています。
でも、この常泉寺のツツジには1本に3つもあってびっくりでした。


◆LiLA管理人さん、ありがとうございます ♪

おっ!名うてのストーリーテラー・LiLA管理人さん、
お待ちしておりました。
河童弁天に恋する河童大黒が… キャ 恋のお話ですね。ワクワク
河童恵比寿に策略を? ムム純愛路線じゃないのかな?
以下略 ありゃ、これでおしまいですか?
もっと続きが知りたーい。これじゃ欲求不満になっちゃいます~
以下はLiLA管理人さんのブログで! ではダメですか?wink

投稿: ポージィ | 2009/01/28 17:59

ポージィさん、こんばんは。家中がインフルエンザでダウンです。私だけが健在!だから、とても忙しい。お気を付け下さい。
春を待つ!花とは無関係で恐縮ですが、去年の11月に雪用タイヤに変えてあるので、早くどかっと降ってもらいたいと思っております。新雪の上をスルスルと走るのがとても楽しいからです。
へぇ、これがカマキリの卵ですか。貴女は物知りですね。きっと、この寒さの中で、春の到来を待ち望んでいることでしょう。
写真としてみると、小径の落花がもっとも風情があって良いなと思いました。トリばかり撮っているのでこのような、写真は考えつきません。

投稿: polo181 | 2009/01/28 21:34

調べたら、常泉寺は禅宗なのですね。
意外に僕は「禅」派です。

が、歴史・仏像マニアの息子は、禅宗嫌い。典型的な偶像崇拝ですね。
まあ、どうでもいいんだけれど。。。

投稿: noodles3 | 2009/01/29 01:13

ユーモラスな河童たちですね。
それぞれに屋根がついているんですね。
家持ち河童だ~~
しっかりお賽銭箱もある~~(笑)。

このカンアヤメ、美しく咲いていますね。
どうしても花びらに傷のあるものが多いんですよ。
葉っぱを掻き分けて撮りたいって、思いませんでしたか?(笑)。

私のフィールドでは侘助系のツバキが減っています。
2本が伐採され、残っているのはほぼ強剪定されて絵になりません。
落花したものも素敵ですよね。

アセビたちも開花の時期を狙っていますね。
私も監視の目を光らせてみます~~(笑)。

投稿: goro’s | 2009/01/29 03:28

河童七福神と六地蔵、どちらも可愛くて比べてしまいます。
お地蔵さんのベストの色が赤によく合っています。

このお寺にはいろいろなお花や樹が植えられていて素敵ですね。
寒アヤメと椿の色がとてもやわらかくて好きです。
来る人を楽しませようと、お寺の熱意も伝わってきます。


投稿: tona | 2009/01/29 09:06

◆polo181さん、ありがとうございます ♪

こんにちは。
poloさんを除いてご家族全員がインフルエンザでダウンとは!
poloさんは大丈夫でいらっしゃるのですか?皆さんのご看病で
大変ですね。お疲れが出ませんように。そして皆様も一日も早く
ご回復されますようお祈りいたします。

車のタイヤをスタッドレスに変えていらっしゃるのですか?
新設の上をスルスル走るのが楽しい、というお言葉には笑って
しまいました。慣れていらっしゃるんですね。でも他の慣れていない
車がツツーと滑ってきてドン!とやられはしないかと心配では
ありませんか?今冬は暖冬ですから、関東にどか雪が降るとしたら、
春先の可能性が高いですね。そういう意味で「春を待つ」ですね(^^) 

カマキリの卵は、この塊は正確には「卵鞘(らんしょう)」で、
この中に何百という卵が入っています。春になると子カマキリが
うじゃうじゃ出てきますよ~ その様子はなかなか目撃できずに
いますけれど。
椿の落花に風情を感じてくださいましたか。嬉しいです。
私も好きな写真なんです。


◆noodles3さん、ありがとうございます ♪

常泉寺をお調べになったんですね。
禅宗でしたっけ。私もHPは何度も見ているのですが、
その辺りのことはすぐ記憶から抜け落ちてしまいます(^^;)
noodlesさんは禅派で息子さんは仏像のある宗派に惹かれ…
noodlesさんは座禅や瞑想といった心の内なる世界につながるものへ
目を向けていらっしゃるということかしら?
宗派のことはとんと疎くてさっぱりわかりませんが(自分ちの
宗派についてすら…汗;)、子供としてはやはり形あるものの方に
惹かれるというのは分かる気がしますね。


◆悟郎さん、ありがとうございます ♪

河童七福神たちの屋根、雨はへっちゃらでしょうから、もっぱら
日除けでしょうね(^^) そ!お賽銭箱もありました~
(入れてきませんでしたが… ボソッ)

また綺麗に咲いている寒菖蒲に出会えました。
どう見たって丈夫そうな花びらには見えませんものね。
ちょっとしたことですぐに傷んじゃうだろうなと想像つきます。
葉を掻き分けて…葉っぱにピントが合いたがるのに苦労しましたから
そういう意味ではちょっと葉をどけたくなりましたよ~。
手の届かない距離でしたけれど。

あら~ 悟郎さん'sフィールドでは侘助系が減っているんですか?
どうしてかしら?絶対に人気のある品種だと思うのに。
伐採 強選定 あぁもったいない…

アセビたち、早いものは2月に咲き始めますよね。
うちの近所のはまだつぼみが固そうですが、悟郎さんの方では
どうでしょう。ピンクが先に咲き始めますよね。


◆tonaさん、ありがとうございます ♪

ユニークな像たちですよね。もっと小さな河童たちがいろいろな
ことをしていたり、仏陀と弟子たちの羅漢像もあったり、
花以外のこうした像に注目しても楽しめそうです。

木や花の数は相当数に上ると思います。
ここまで上手に整えて維持するのは、よほどセンスと熱意がないと
できないことと思います。
寒菖蒲と椿いい色合いでした。tonaさんも気に入って
くださって嬉しいです(^^)

投稿: ポージィ | 2009/01/29 10:39

常泉寺のカンアヤメは昨年より数が増えて、いろんな場所に咲いていましたね。
順路を整備されたのはいいのですが、侘助は前のほうが自然の中で咲いている感じで好きでした。
この桜は常泉寺では四季咲き桜と呼んでおられるようです。

投稿: 横浜のおーちゃん | 2009/01/29 18:39

◆横浜のおーちゃん、ありがとうございます ♪

今回の常泉寺行きは多分1年4ヶ月ぶりくらいでした。
カンアヤメも初めて見たのですが、このときは1ヶ所でしか
気づきませんでした(^^;)葉っぱだけの場所は全部
見過ごしたようですね。
順路と小道が整備されて、自然のままの雰囲気がちょっと
壊されたかなという気はしますね。春になって枝葉が伸びてくると
またもう少し自然な雰囲気が戻ってくるかもしれませんね。
桜の呼び方、常泉寺では「四季咲き桜」でしたか。
細かく限定せず、広い呼び名で呼んでおられるのですね。

投稿: ポージィ | 2009/01/29 21:43

こちらでも、四季桜とか冬桜とか見かけます。
ソメイヨシノのワサワサ感がなく、清楚な美しさがありますね!

投稿: ふくやぎ | 2009/01/29 23:18

まずは遅ればせながらクックちゃん、誕生日おめでとうございます。
心臓のお薬、日々進歩してるんですね。
先代シーズーの大は可哀想な事したので、ちょびには同じ目にあわせないよう早めに病気見つけてやらなくちゃって思ってます。
クックちゃんも新しいお薬が体に合って、ますます元気でその愛くるしい姿を見せて欲しいです。

この椿、可愛いですね~
好みです♪
寒アヤメも好きなのですが、仰るように葉に埋もれたように咲くのでキレイに撮れません。

それと常泉寺の「やもりん」と「やもらん」に激しく反応してしまいました(笑)
めちゃめちゃ可愛いです、庭にいっぱい置きたい!

投稿: ちょびママ | 2009/01/30 00:14

◆ふくやぎさん、ありがとうございます ♪

四季桜や冬桜、よくお見掛けになりますか。多いのかな?
私はブログをはじめるまでは、存在すら知りませんでした(^^;)
春だけでなく、秋にも冬にも咲く桜。
なんとも慎ましやかで清楚ですね~。
ソメイヨシノとはまた別の美しさを楽しませてもらいました。


◆ちょびママさん、ありがとうございます ♪

クックへのお祝いのお言葉、ありがとうございます~happy01dog
動物用の薬は、専用のがなくて人間のを使っている部分も
あるそうなんですが、今回の心臓の薬は専用に開発されたものの
ようですよ。今週は今までの粉薬からステロイドがはずされて
食欲減退→錠剤食べ残し の影響が出ています(^^;)
何とか切り替えがうまくいくといいんですけどね。
来週は粉薬からさらに抗生剤が除けられる予定~
小さい種類のわんこの心臓病の確率はかなり高いようですね。
心臓病から肺水腫を起こしてかわいそうな状態になるのは運も
あるのかもしれないと思っています。でも、肺に雑音が聞こえたら
即対応することで何とか食い止められるかもしれない…
去年の今頃のクックがそんなでしたよ。
ちょびちゃんも小型犬ですから、日ごろから健康診断や聴診を
してもらって、もしもの場合に早期発見できるようにしてあげたいですね。

この椿、可愛いですよね~ ちょびママさんも好みですか?
開ききらない侘助系って、私もやっぱり好きです。
寒菖蒲も、うんうん、ちょびママさんはお好きだと思ってましたよ。
私は今冬が初の出会いでしたけど、ほんと埋もれて咲いてますね。

うっふっふ やもりん・やもらん 是非見ていただきたかったのですよ。
やっぱり~ って反応されました!happy02
 

投稿: ポージィ | 2009/01/30 09:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50994/43799145

この記事へのトラックバック一覧です: 春を待つ -その1-:

« 春告げ花をさがして -その1- | トップページ | 春を待つ -その2- »