« 山口・宇部 帰省紀行 -その2- | トップページ | 猫ちゃんとの出会い 2008秋 »

2009/01/13

山口・宇部 帰省紀行 -その3-

今年の鏡開きはちょうど満月fullmoonと重なりましたね。わが家ではプラ容器を
開いた中から取り出した丸餅fullmoonをぜんざいに入れて食べました。うまうま
 
さて、宇部帰省紀行最終回の -その3- は、う~~ん、どうタイトルを付けていいか
よくわからないあれこれ点描です。 あまり面白味がなくてゴメンナサイ。
  (bus一部を除き、写真クリックでもう少し大きめ写真もご覧いただけますfuji
 
 
081231_9 090101_26gintengai1
 
-その1- で、たまたま人も車もいなかった国道190号線を、(旧?)市街地と
平行して走っているとご紹介しましたが、その(旧?)市街地のひとつが右の長い
アーケード街で、「銀天街」といいます。この近くに「新天町」というアーケード街もあり、
かってはどちらもとても賑わっていたようです。しかし近年、郊外型大型ショッピング
センターに人が流れ、アーケード街は衰退しつつあると聞き、(旧?)としました。 
元旦でどの店も閉まっているとはいえ、人っ子一人いないアーケード街というのは
寂寥感漂うものでした。普段はどれくらいの賑わいなのかな…
 
 
090101_35plant2 090101_37plant4
 
宇部市の海(瀬戸内海)に面した地域には宇部興産を中心とした工業地帯が
広がっています。工業地帯に入ると高い煙突からもくもくと煙が立ち昇っていたり
複雑に入り組んだ大きなプラントが見られたり、無機質ながらもどことなく興味を
引かれる光景が広がっています。写真はそんな場所からの2つです。
 
 
090101_41sinsen1 090101_42sinsen2
 
これは何ぞや?coldsweats01ですよね。
宇部はかまぼこも特産品になっており、写真は(株)宇部蒲鉾の「新川(しんせん)」
というかまぼこです。周りを麦わらで巻かれているのが珍しい、真っ白でふっくらした
かまぼこは美味しいですよ。
私は、ちくわは故郷豊川の隣市・豊橋市のヤマサちくわ(株)のものがイチバン!と
思っていますが、かまぼこは宇部のかまぼこに軍配です。
 
 
090101_43cook 090101_44cook
 
元旦の夜のクックです。もう疲れも相当に溜まっています。お客さんも帰られた
夜のひととき、毛布をかけた夫の足の上でうとうとしていたところをパチリ。
翌朝(帰る日の朝)、ついにご飯を食べてくれなくなりました。 
 
 
      090102_2fuzisan2
 
      締めくくりは、2日の午後3時半頃、帰りの新幹線の中から見た
       富士山です。発って来るとき山口はどんよりした雲に覆われ
     時おり本格的な雨が降る空模様でしたが、名古屋を過ぎた辺りから
        次第に雲が減りやがて富士山が見える静岡辺りからは
               快晴の空が広がっていました。
 
 
宇部帰省紀行は以上で終了です。たくさん見てくださってありがとうございました。
 

|

« 山口・宇部 帰省紀行 -その2- | トップページ | 猫ちゃんとの出会い 2008秋 »

コメント

おはようございます。
3弾ですね~
宇部は確かセメントで有名だと小学校の頃 習ったように思います。
そしたら 確かにお写真にも見たような光景が・・・
蒲鉾 おもしろいですね~
私は竹輪 さつま揚げのような練り製品が苦手で・・・
蒲鉾もあまりいただきませんが 竹輪よりは食べます~~
小田原の蒲鉾が一番だと思っていましたが上をゆくのがあるのですね~~
富士山 晴れ渡っていましたね。
クックたんもお疲れ様でした~~

投稿: pole pole | 2009/01/13 10:01

古い商店街が寂れて、大手に駆逐されていくのは
辛いですよね。
古きよきものを残していく思索が欲しいですよ。

「工業地帯に入ると高い煙突からもくもくと煙が立ち昇っていたり」・・・・
環境の問題もさることながら、このような風景は、
価値力を感じさせてくれますよね。
環境との両立で、残して欲しい風景でもあります。

かまぼこは、我が故郷敦賀のそれが天下一品ですよ!!

投稿: 鎌ちゃん | 2009/01/13 11:32

その1で見せてもらった国道190号線のがらーんとした風景。
その3ではその国道に平行してあるがらんどうの商店街。
でも宇部の工業地帯はお正月も可動しているようで煙が立ち上ってますね。

宇部かまぼですか。
ストローで巻かれたこんなかまぼこ見たことあるような・・・
うどんに入れる鳴門こんなストローで巻いてなかったかなぁ。
最近カマボコのナルトを買わないので記憶がはっきりしない。
このストローは麦わらですか。
それで麦わら帽子をストローハットっていうんですね。
(人間の証明に確かストハーのくだりがあったのを思い出して)
クックたんのそばにあるぬいぐるみはクックたんのオモチャだったかな?
以前にも見たことがあるようなないような・・・。記憶違いかも。
クックたんの精神力の限界もここまでだったんですね。よく頑張ったね。

名古屋を過ぎたらやっぱり快晴でしたか。
お天気の境目もやはり名古屋だったようですね。
かっこいい旦那様とポージィさん、そしてクックたんお疲れ様でした。

投稿: あまもり | 2009/01/13 15:45

ご家族でご一緒の初詣はご両親様もさぞ喜ばれた事でしょう。参拝されて今年も良い年になりますね。
クックちゃんのアップのおメメの大きく綺麗な事。
ステキなご主人に抱っこされて嬉しそうです。
お節料理も豪華で、やはり地方地方で少し違うでしょうね。
お餅が第一違いますからね。
帰りの新幹線で富士山がバッチリと撮れてそれも嬉しいでしょう、
冬の富士山は何も障害物もなく綺麗に撮れますね。
これで気分もスッキリ、私ならの想像が膨らみます。
お疲れ様でした~

投稿: | 2009/01/13 17:28

◆pole poleさん、ありがとうございます ♪

こんばんは(^^)早々にお越しいただいてありがとうございました。

宇部セメント、社会科で習われましたか。良く覚えていらっしゃる!
宇部港は日本一のセメント輸出量を誇るらしいです。

麦わらで巻かれた蒲鉾って、珍しいですよね。
この藁をひっぺがすのが楽しいですよ(^。^)
私も実は普段ほとんど練り製品を食べない口で、蒲鉾を食べるのは、
宇部から送られてきたものがいちばん多いのです。
よって小田原の蒲鉾はほとんど食べたことがなく、本当のところは
どちらを美味しいと感じるやら 実にいい加減な比較でした~(^^;ゞ

だんだん晴れてきて、遠くに富士山を認めたときはチャンスと
早くからカメラを用意して待ってました。席も富士山側でしたしscissors

クックへの労わりのお言葉ありがとうございます。
もうすっかり元気も食欲も元通りになりました(^^)


◆鎌ちゃん、ありがとうございます ♪

長ーい立派なアーケード街なんですよ。こうした小売店がずらりと
並んだアーケード街、今でも活気に満ちている地域もあると思いますが、
方や寂れてしまった地域もたくさんありますね。
原因は色々あるのでしょうけれど、こういう場所が寂れることで
人同士の交流もまた希薄になっていってしまうでしょうね。

宇部の工業地帯は昔からあるというか、明治期に石炭産業で栄え、
その後セメント製造などと結びついて発展した街で、現在は
重化学工業が主な産業になっているようですよ。
風向きによって化学系の嫌な臭いが漂ってくることもありますが、
環境への影響などは同なんでしょうね。
うまく撮れずにアップできませんでしたが、様々な種類・大小の
パイプが複雑に入り組んだプラントは、なかなかの見ものだと思います。

>かまぼこは、我が故郷敦賀のそれが天下一品ですよ!!

アハハ そうですか~ やはり誰にとっても、幼少期から
慣れ親しんだものがいちばんですね!私は、竹輪は愛知県豊橋市の
ヤマサの竹輪を押しますが、蒲鉾はどこがいちばんでも構いませ~ん。


◆あまもりさん、ありがとうございます ♪

がら~んとした道路にがら~んとした商店街。大丈夫なの?って
思っちゃいました。工業地帯の中の道路もがら~んとしていましたが、
中には炉の火を落とせないといった工場もあるんでしょうね。

あ、プラスチックのストローで巻かれた鳴門巻きもスーパーで見ましたよ。
神奈川の、現在よく行くスーパーではストロー巻きのものなんて
見たことがなかったので珍しく感じました。
そしてこの蒲鉾は本物のストロー(=麦わら)巻き♪
全国的にもちょっと珍しいかなと思ってアップしてみました。
はいはい、そうですね!麦わらで作った縁のある帽子だからストローハット。
そのまんまですね(笑) 「人間の証明」の中でストローハットが
語られる場面があるのですね。有名な小説だけど読んだことがないのです…

うふっ クックのおもちゃ、覚えていてくださったんですね。
もう何年来のクックの唯一の子分、くまさんです。以前も登場した
ことがありますよ。これで遊ぶこともめっきり減りましたが、
泊まりで出かけるときには必ず一緒に連れて歩くことにしています(^^)

宇部にいる間、青空も夕焼けも見たけれど、曇り空や雪や雨の印象が
強かったので、名古屋を過ぎてしばらくして、快晴の空が広がり始めた
ときはなんだか無性に嬉しかったです~。おかげで綺麗な富士山も
見ることができました。
あたたかい労いのお言葉、ありがとうございまーす。
 

投稿: ポージィ | 2009/01/13 17:35

◆玲さん、ありがとうございます ♪

帰省紀行のその2・その3も丁寧にご覧くださってありがとうございます。
何だか4人と1匹揃っての家族写真は久し振りだったように思います。
皆いい顔していましたし、いい記念になったかな(^^)
おせち料理は昔ながらの縁起物をそろえつつ、現代風にアレンジもされ、
今までになく美味しく食べられました。
お雑煮は、これはもう地域差が相当に大きいようですね。

帰りの新幹線では、名古屋を過ぎる頃まで雲が多いお天気だったのが、
次第に雲が晴れ快晴になったときは嬉しかったです。
これなら富士山もバッチリと随分前からカメラを取り出し待ちました(^^)
私は雲の多い日が続くと気分もどよんとするタイプですので、
玲さんのご想像通り、これで気分もすっきりでした♪
 

投稿: ポージィ | 2009/01/13 17:44

美味そうな蒲鉾!
って、ついつい食い物に反応してしまします(笑)。

おお、この富士は!
時間帯といい、僕が撮ったのと同じ富士ではないでしょうか!
伊勢原辺りでしょうか。

投稿: noodles3 | 2009/01/13 19:00

手前に大きな山もない裾野まで広がった雄大な富士山ですね。すぐ近くですね。
右側のこぶが私の方からは全然見えません。
この小さな山は宝永山というのでしたね。
江戸時代の宝永年間に噴火したということを聞きました。
これがないと富士山は完璧に美しかったのですね。

宇部興産の工場は新幹線から見えないのでしょうか。
何回も通っているのですが記憶にないのです。

宇部もかまぼこが美味しいのですね。そして豊橋も。
私は仙崎のしかあのあたりのは知りませんでした。

クックちゃん、もうすっかり疲れは取れましたか。


投稿: tona | 2009/01/13 20:32

◆noodles3さん、ありがとうございます ♪

蒲鉾、麦わらを取り去ったあとの真っ白なプリプリも
お見せできると良かったのですけど(^^)
そのほうが美味しそうに見えますものね。

富士山はnoodlesさんが撮られたのと似ているでしょう~
日付までは同じ(1/2)です。時間は午後3時半頃、
場所は静岡辺りを走行中の新幹線の窓からなんですよ。


◆tonaさん、ありがとうございます ♪

この富士は、お膝元静岡辺りを通過中のときのものです(^^)
さすがにあの辺りではふもとがなだらかに広がる様子も見られて
裾野の広さがよく分かりますね。
tonaさんのお宅からは見えない右側の瘤、名前がついているとは
知りませんでした。噴火したときの元号で宝永山ですか。

宇部の工業地帯は、新幹線からは見えないんじゃないでしょうか。
新山口駅(以前は小郡駅という名前でした)に着く頃は窓の外を
見ていたことがないのですが、新山口駅から宇部までは車で40分ほどの
距離がありますから。

日本は海に囲まれていますから、各地に名産の蒲鉾や竹輪がありますね。
私は竹輪は、豊橋のヤマサのを生で齧るのがいちばん好きです(^^)

クックのご心配ありがとうございます。
もうすっかり疲れも取れたようで、食欲も元に戻りましたdog
 

投稿: ポージィ | 2009/01/13 21:15

ポージィさん、こんばんは。宇部帰省リポートも最終回となりましたね。竹輪は豊橋で、蒲鉾は宇部ですか。どちらも食べたことがありません。竹輪の名所は知りませんが、蒲鉾は何と言ったって、和歌山は田辺の南蛮焼きが一番だと私は思っています。白くて丸い蒲鉾、どのような味がするのだろう。沢山買い込んできましたか。
何処も、郊外の大型店舗に喰われて、旧市街地はシャッター通りとなっております。そればかりか、小さな、町中の小形のスーパーも潰れる有様。これはまさに弱肉強食。食うか食われるかの熾烈な戦いに成ってきております。
クック君、ご飯を食べてくれない!?疲れ切ったのかもしれません。可哀想に。今はもうすっかり元気ですか?

投稿: polo181 | 2009/01/13 22:23

前に言ったかもしれませんがぁ。。
宇部に住んでたことのある友達含めて3人で
湯本温泉へ行った帰り宇部に立ち寄ったことがあるんですよ
その時歩いたのがこの商店街だったと思います
今から10年ぐらい前かなぁ、、
日曜ということもあってか賑わってたような気がします
その後 カッタ君に会いに「ときわ公園」へも行ったり。。。
たった1回しか行ったことのない宇部の街並みが
一気に甦ってきましたよ~happy01

クックちゃん、、お疲れの様子が表情に表れてますね
ラムっちでさえ ゆずの家にお泊りした時
夜はなかなか寝付けないようでしたから。。
dogにとっては我が家が1番ですね(^^)v

投稿: miki | 2009/01/13 22:33

「銀天街」、懐かしい響きです。
一般に西日本には「銀天街」が多いです。
私が知ってる限りでは、どの街にもありましたからね。
こちらに来て驚いたのは「銀天街」が少ないことでした。
雨が降っても濡れない便利なものが、どうして東京には少ないんだろうって、そう思ったんですよ。

地方都市はいうに及ばずですが、寂れたアーケード街の映像はよく目にしますね。
地域のコミュニケーション不足がよく言われますが、商店街が果たしてい役割も大きいんでしょうね。

ネットで話題沸騰になり、写真集も発売された「工業地帯」マニア、「工場萌え」とでもいうんでしょうか、そのことを思い出しました。
複雑に組み合わされた鉄骨や鉄パイプに萌える気持ち、わからなくもありませんが、そんな風景をあまり見たことが無いのも事実です。
まあ、近寄らないことにします(笑)。

私も一言言わせていただきます。
蒲鉾は宇和島のものがいちばんです~~(笑)。

投稿: goro’s | 2009/01/14 03:16

◆polo181さん、ありがとうございます ♪

おはようございます。
帰省レポート、帰宅から10日も過ぎてやっと最終回となりました。
ウハハ poloさんにとって蒲鉾No.1は、和歌山・田辺の南蛮焼きですか(^^)
みなさんやっぱり故郷や慣れ親しんだものがいちばんですね。
(竹輪の強力ライバルが現れなくてほっとしています 笑)

郊外の大型店にお客が流れて寂れてしまった商店街は全国各地に
ありますね。車という便利な道具を使って出かけられ、1ヶ所で何でも
手に入る便利さ、大型店だから成し得る価格、などに人が流れるのは
仕方のないことと言えそうですが、商店街にこそあった人と人との
繋がりや人情が失われつつあるのは残念に感じます。

クックは、普段家で私と2人きりのときは大半寝て過ごしますが、
その環境が変わると全然寝ずに興奮して人の後をついて歩いて
いますからね。それで疲れ果ててしまうようです。それでも若い頃は
食欲が落ちるようなこともありませんでしたが、年とってこたえるようです。
けれど、病院に預けるのもおおいにストレスがかかりますから、やっぱり
連れて行くしかないのです。
今はもうすっかり元に戻りましたよ(^^)


◆mikiさん、ありがとうございます ♪

mikiさんは宇部のこの長~いアーケード街を歩かれたんですねぇ。
10年くらい前だったら、まだまだ活気があったかな~。
私がお店が開いているとき最後に行ったのは…7年位前かな??
その頃はすでに陰りが見え始めていました。
かの有名なカッタ君に会いに常磐公園へも行かれたんですね~
busバスで移動されたのでしょうか。
だとしたら190号線を通られたのだと思います。
そのカッタ君も昨年亡くなってしまったそうですよ。

猫は家に犬は人につく、なんていわれますが、
dogワンコにとってもやはりわが家はいちばん安心できる場所ですね。
人にとってもです~happy01
(枕が代わると寝られないことが多いワタクシ…)


◆悟郎さん、ありがとうございます ♪

>一般に西日本には「銀天街」が多いです。

まぁ、そうなんですか! 面白いですねぇ。
宇部のこの場所のもうひとつのアーケード街は「新天町」
こちらは他ではありませんでしたか?どちらも「天」なんですねぇ。
やはり屋根から来ているんでしょか。
雨の日でも濡れずに歩けるのはありがたいですが、晴れの日の
青空も見えなくなってしまうのがちょっと残念なところでしょうか。
でも、小売店が軒を連ね、買い物客が店の人たちと親しく会話を
交わせるアーケード街というのは、温もりと懐かしさを感じます。

「工業地帯」マニア、「工場萌え」、というのにもびっくりです。
ネット上で話題沸騰とは、全く知りませんでした。
複雑に組み合わされた鉄骨やパイプ…宇部の工業地帯が重化学工業中心
なので、ことさら目に付くのでしょうね。私も心のどこかで
引かれるものを感じはしましたが、萌え~には遠いなぁ。
同時に寂寞としたものも感じていましたし。

ウハハ 出ましたね!悟郎さんにとっての蒲鉾No.1は宇和島産。
ですよね~~(^^)
 

投稿: ポージィ | 2009/01/14 10:31

富士山がきれいに撮れていますね。こんなのが撮れると新幹線の車窓も楽しいものです。
静岡から新富士を少し行ったあたりまでは富士山の形が良い姿に見えますね。

投稿: 横浜のおーちゃん | 2009/01/14 20:45

◆横浜のおーちゃん、ありがとうございます ♪

帰りの新幹線の席は山側でしたから、名古屋を過ぎた辺りから
青空が広がってきたとき大いに期待しました。
はるかかなたに見え隠れする小さな富士山の姿を見つけたときから
カメラを出してスタンバイ。でもこの↑場所に来るまでには
随分待つことになりました。気が早すぎましたね(^^;)
新幹線もあれで結構揺れるので撮れるかなと思ったのですが、
何とか成功して嬉しかったです。
富士山は東海道新幹線の楽しみの一つですね!(^^)

投稿: ポージィ | 2009/01/14 21:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50994/43666560

この記事へのトラックバック一覧です: 山口・宇部 帰省紀行 -その3-:

« 山口・宇部 帰省紀行 -その2- | トップページ | 猫ちゃんとの出会い 2008秋 »