« 江の島詣で -その1- | トップページ | 江の島詣で -その3- »

2009/01/16

江の島詣で -その2-

1/5に行った「江の島詣で -その2- 」は植物編です。
今回はサムエル・コッキング苑(植物園)にも入りませんでしたし、少ない距離を
歩いただけでしたから数は限られましたが、それでも久し振りに鮮やかな花色を
いくつか目にすることができて嬉しかったです。
私が『あっ!○○が咲いてる~~!』と叫んでは走り去るたびに待たされるはめに
なった夫とクックには、いつものことながら気の毒でしたけれどcoldsweats01
    (tulip写真クリックでもう少し大きめ写真もご覧いただけますtulip) 
 
      090105_13yucca 090105_14yucca_up
 
 サムエル・コッキング苑入り口前の広場では、「ユッカ」が釣鐘状の花を
 たくさん咲かせていました。ユッカとはリュウゼツラン科・ユッカ属の総称、
 これは↑ Yucca gloriosa 和名「アツバキミガヨラン」という種類だと思います。
 アメリカ合衆国が原産で、ユッカガ(蛾)により受粉するが日本にはいないため
 結実しないのだそうですよ。
 この広場では大道芸のお兄さんが風船を使った芸を披露していました。
 
 
090105_22tulip 090105_21tubaki2 
 
サムエル・コッキング苑では、10000本のチューリップ(開花予想1月末まで)が
咲き乱れていました。入らなかったのになぜ写真が?? ずうずうしくも、フェンスの
外から見える部分を撮ってきちゃいました。 うゎ~おばさんだぁ~sweat01
色とりどりのチューリップがたっぷり咲いてました。
道路を挟んだ向かい側の広場には椿の木が何本か植えられていて、中には
幹の太さが30cmはあろうかという、年季の入っていそうなのもありましたよ。
この広場からは江の島の南側=相模湾を見渡すことができます。
 
 
      090105_30kidati_aloe 090105_31kidati_aloe_up
 
 椿を見た広場の隣にある、フードコート?の屋外席では「キダチアロエ」が
 個性的な姿を見せてくれていました。花がちょうど咲き始めたところでした。
 綺麗でしたよ。味わいある姿と色合いですね。
 
 
    090105_24abutilon     090105_32yuzuriha 
 
 そのまた隣の「江の島大師」の入り口の花壇では、これまた色鮮やかに
 「アブチロン」が朱の花を咲かせていました。さすがに寒さで葉も花も傷んで
 いる部分もありましたけれど。アブチロンはアオイ科・アブチロン属の総称でも
 あります。検索して見たところ、これ↑にとてもよく似た「ひめりんご」という品種を
 見つけました。可愛い品種名apple これも「ひめりんご」かなぁ…???
 
 お終いは、江の島入り口近くにある「湘南港北緑地」の「ユズリハ」
 お正月の飾りに使われた方もいらっしゃるであろう、あのユズリハです。
 直径1cmほどの黒い実をたわわにつけていました。指でつまんでみたところ
 少し弾力がありました。何だかおいしそうに思えてしまいましたよ。
 でも、中毒になるから食べてはダメ~。
 
 
江の島詣で -その2- ・植物編は以上です。撮りませんでしたが、この他にも
ノシランの実と思われるもの、日本水仙、マーガレット、パンジー、なども見ましたよ。
 

|

« 江の島詣で -その1- | トップページ | 江の島詣で -その3- »

コメント

さすがポージィさんは目の付け所がちがいますね~
めずらしいお花をいろいろ拝見させていただけて
とってもうれしいです!
それにしても1月にチューリップsign02
芽出ししたものを植えたのでしょうか。
こちらではまだまだ見られませーん。

投稿: koko | 2009/01/16 12:28

◆kokoさん、ありがとうございます ♪

目の付け所~ じゃなくて、あったものを撮っただけですよんwink
たまたまちょっぴり珍しかったかなー
1月のチューリップtuliptuliptulipにはびっくりですよね。
サムエル・コッキング苑もそこが狙いなんだと思いますよ。
確か昨年も同じイベントをしていたと思います。
こんな時期のチューリップの花にはトリックがあるんですよ。
冷蔵促成栽培といって、自然の気候より早い時期に一定期間
冷蔵庫に入れて寒さを味わわせた後、暖かい場所に置いてやると、
寒さで休眠が打破されて早く咲くのですって。
お花屋さんで早くから売られているチューリップの花もそうやって
咲かせたものだそうです。咲いた後は、この寒さですから、
春に普通に咲くものより長持ちですねnote

投稿: ポージィ | 2009/01/16 17:19

ユッカランは花がころころっとついていますね。
姫は・・・秋に咲いているのを見ましたよ。
アップしなかったなぁcatface
チューリップがはやっ!
もう野菜も花も季節が感じられないわね。
でも早く食べたり早く見たりすると人は嬉しいのはなぜ?lovely
姫だって見えたら撮りますよ~
ポージィさんて正直なおかたlovely
アブチロンは外でも大丈夫なのね。
植物園の温室でしか見たことないの。

投稿: 池田姫 | 2009/01/16 17:28

◆池田姫さん、ありがとうございます ♪

ユッカは、葉っぱは先端がツンツン鋭くて刺さりそうなのに、
花はコロコロと可愛いですね。花期は5~6月頃と10~11月頃と
書かれていますね…姫様がご覧になったのも秋。
どーして1月に咲いていたんだsign02

チューリップは冷蔵促成栽培したものですね。お花屋さんでも
鉢植えや切り花が売られていますよね~tuliptuliptulip
そういえばだんぜん夏の花のイメージのグラジオラスももう
売られていました。季節はどんどこ先取り。そのうち真夏に真冬の花が
売られるのかなぁ。季節先取りは何となく嬉しいものですけど、
そこまでいっちゃったらいくらなんでもですねcoldsweats01

アブチロン、5度くらいまでなら耐えるそうですけど、この時期は
普通温室の中ですよね。同じ市内でも、うちの辺りは最低気温5度より
下がってること何度もありますし。ユッカが咲いていることといい、
江の島はちょっとあったかいのかな~confident(イイナ)

投稿: ポージィ | 2009/01/16 17:47

江ノ島はけっこういろんな花が見られますね。
チューリップは10000本もあるのですか。なかなか壮観でしょう。
アブチロンにヒメリンゴという品種があるのですか。バラ科の木と紛らわしいですね。

投稿: 横浜のおーちゃん | 2009/01/16 19:12

江ノ島詣で(その一)(その二)を拝見しました。やはりポージィさんのブログは楽しいですね。
江島神社の御神木(むすびの樹)、やはり皆さん神頼みですね。それにしても、もうすでにチューリップが10,000本も見れるのですか?「うゎ~おばさんだぁ~」とありましたが、ポージィさんのイメージはおばさんからはほど遠いものです。ブログの読者は誰もおばさんをイメージしてはいないと思います。

投稿: 茂彦 | 2009/01/16 19:35

植物園には入らなかったのですね~
フェンス越しに撮る! それ常識です! 嘘!

ユッカは寒さの中でも凛として咲いていますね。
近所のおうちのキダチアロエ それはそれは立派なのです~

アブチロンも寒さにめげずに咲いていますね。

投稿: pole pole | 2009/01/16 21:10

◆横浜のおーちゃん、ありがとうございます ♪
 
もう少し注意深く細かく見ていくと、もっといろんな植物との出合いが
ありそうですね。コッキング苑の中に入ればさらに珍しいものも(^^)
これでも、夫とクックに少しは遠慮があるのと、道行く他人の視線も
多少気になって、見て見ぬふりで通り過ぎたものもありました(笑)

チューリップ10000本はこのところの毎年の恒例になっているのかも
しれません。コッキング苑の入り口などにポスターが貼られていました。
門を入ってすぐの広場にギュッとまとめて置かれているようでしたよ。

アブチロンのヒメリンゴは園芸植物のネットショップサイトで
見つけました。本当にヒメリンゴという名のバラ科の植物があるだけに
紛らわしいですね(^^;


◆茂彦さん、ありがとうございます ♪

江の島詣でのその1、その2、ともご覧くださってありがとうございます。
自分ではどうもワンパターンになっているなぁと思いつつ変えられずに
いるのですけれど、楽しんでみてくださったとの事で嬉しいです(^^)

むすびの樹にハートの絵馬がびっしりでピンクピンクしてるのには
びっくりしました。カップルさんや恋人募集さんたちの熱~い思いが伝わってきました~(笑)

おばさんだぁ~ 中へ入らず柵の間から写真を撮るズーズーしさに
我ながら赤面したのですが、茂彦さんに否定していただいて
ちょっと安心しましたhappy01
 

投稿: ポージィ | 2009/01/16 21:11

◆pole poleさん、ありがとうございます ♪

そうなんです、今回は植物園には入りませんでした。
えっ!? 柵の間から撮るのは常識!?!? 
そうかそうだったのか、皆やってることなのか って
信じるとこでしたよ~~ アハハcoldsweats01

ユッカもアブチロンもキダチアロエも、皆とても元気に
(柵の中のチューリップも ^^)凛としていましたね。
同じ藤沢市内といえども最南の江の島と最北のうちの辺りとでは
結構気温差があるのかなと思いました。

ご近所にキダチアロエの大株があるのですね!
頭の中で想像してしまいました。見応えあるでしょうね~confident
 

投稿: ポージィ | 2009/01/16 21:18

さすがにHNがPosyだけあって、花を語るときの貴女は生き生きとしてきます。(文章からの判断)
ところが、私が知っていた花は、チューリップのみ。それで、いまこちら(昭和記念公園)で咲いている花をご紹介しましょう。フクジュソウ(つぼみ)、クリスマスローズ(開花始め)、スノードロップ(開花始め)、ニホンズイセン、シナマンサク、ウメ、乙女ツバキ、ソシンロウバイ、ヤブツバキ、カンツバキです。
現在、私はミヤマホオジロを見付けるのに必死の思いです。笑

投稿: polo181 | 2009/01/16 22:36

ユッカ,うちの庭の端っこの方にも「自生」しております.なんと言っても,ニューメキシコの州花ですからね.うちにあるのは,これよりもちょっと小さい種類だと思います.葉っぱの先端が尖っているので,子供らには近づかないように言っています.
ここは北部なのでそれ程でもないのですが,南部の草原(荒野)には,延々と地平線までユッカだけが広がるような場所もあるんですよ.そんな場所で花が咲いてたら,壮観でしょうね.

投稿: LiLA管理人 | 2009/01/17 02:29

花を追っかけるようになった当初は、ユッカは冬場の花だと思って見ていました。
そうしたら、春にも咲いたのには驚きでしたが、今では数ヶ所の株ではありますが、年中どこかでは咲いている気がします。
実際には春と初冬の2季咲きなんでしょうけど、それぞれに早咲き遅咲きがあるようで、つい年中咲いているように見えます(笑)。

この時期、こんなに多くのチューリップですか。
さすがに植物園ですね。
フェンス越しでの撮影ですか?
禁止されていた訳じゃ無いんでしょう?
禁止されてるところでも平気で撮るのが、おばさんです~~(笑)。
どんどん、撮って差し上げましょう(笑)。

こちらが海の近くで咲いていた、キダチアロエの花ですね~~
まさに咲き始めたばかりですね。
大人の雰囲気を漂わせた、姿と花色です。

アプチロンも健気に咲いていますよね。
品種名まで気にしたことはありませんでしたが、「ひめりんご」という名前のものがあるんですか。
言わんとしているところは分からなくもありませんが、本家の「ヒメリンゴ」がありますのでね、そこのところを考慮して欲しいですね(笑)。

ユズリハの実、まだありましたか。
年末探してみましたが、目に付かなかったんですよね。
一足お先に、鳥さんたちに食べられちゃったのかな?

投稿: goro’s | 2009/01/17 03:17

素敵な花や実を見つけてはしゃぐポージィさんに、
ご主人もクックも少女のような可愛さを見ていたのでは?
妻がそのようにはしゃぐことは、我が家ではありませんので、
とても新鮮に思えます。

「ユッカ」・・・・最近よく見ます。
なかなか名前を覚えられず・・・・こんな簡単な名なのにね。
「キダチアロエ」・・・・これは、最近よくブログで
見せていただくようになりました。
実物をまだ見たことがありません。
トリトマのようですね。

投稿: 鎌ちゃん | 2009/01/17 09:26

◆polo181さん、ありがとうございます ♪

おはようございます。
ウフフ 花についての文には、他と違う何かがありますか?
自分では意識していませんでした(^^)

今回アップの中でpoloさんがご存知の花、チューリップのほかに
もう一つありますよ。ツバキ(ヤブツバキかしら?)です~♪
昭和記念公園にはもうこんなに色々咲いて(咲き始めようとして)
いるのですね。早春を告げる花もたくさんありますね。
まだ1月も半ばですが、そうした花たちを見ると早くも春のウキウキ感が
湧いてきます。 おっとそれよりも、poloさんは次なる目標の
ミヤマホオジロを求めて寒さと戦いつつ里山歩きでいらっしゃいますね!

◆LILA管理人さん、ありがとうございます ♪

おぉ、ニューメキシコの州花でしたか。お庭にもしっかり自生とは
さすがは州花happy01 種類が違ってもやっぱり葉っぱの先端は
鋭いのですね。これぶつかりでもしたら絶対に刺さりますよね。
刺さりどころによっては大変なことになりますから、要注意danger

ニューメキシコ州の南部には、見渡す限り延々とユッカ!!
なんていう光景の広がるところがあるのですか。葉っぱだけの時期でも
壮観でしょうが、いっせいに花を付けたらそれはもうすごいでしょうね!


◆悟郎さん、ありがとうございます ♪

悟郎さんが最初にご覧になったユッカの花は冬のものだったのですね。
私は?全然覚えていません(^^;)これも滅多に会うことのない
花のひとつです。基本は春と秋、でも早咲き遅咲きの個性ありですか。
それじゃぁあちこちのを見ているうちに四季咲きに見えますねhappy01

10000本のチューリップ、全部プランターやコンテナ植えのようでしたが
入り口は行ってすぐの辺りにうわーっと咲いていて、外から見ても(笑)
なかなかのものでした。そっか、禁止されていたわけじゃないですから
ちょっと覗き撮りするくらいOKですねsmile

そうです、これが海のそばで見たキダチアロエです。
状態もよく落ち着いた美しさでした。悟郎さん仰るように
大人の雰囲気ですね。久し振りで嬉しかったです。

アブチロンのひめりんごという品種名は私も初めて見ました。
可愛い名前で気持ちも分かりますが、やっぱりちょっと紛らわしいですね。

ユズリハの実はうじゃうじゃついていましたよ。近くの郵便局のは
昨秋は不作だったようで全然見なかったのですが。
お見かけにならないのは豊作不作のせいというのもあるかもしれませんね。
 

◆鎌ちゃん、ありがとうございます ♪

花を見つけては走り去る私に、夫とクックはいつもどう思って
いるのでしょうね。少なくともクックは「またぁ?」って感じ。
夫も遠からずだと思いますよ~ アハハ
奥様も実は内心すごくはしゃいでおられるのかもしれませんヨ。

ユッカをご覧になる機会多いですか?私は滅多にありません。
本当はユッカというといろいろな種類を含めたものになるようです。
アツバキミガヨラン(厚葉君が代蘭)のほうの名前ではいかがでしょう?
キダチアロエはちょうど花の時期でブログでの花便りも増えている
でしょうね。 鎌ちゃん、鋭いですね!花の様子や色合いは
本当にトリトマによく似ています。私もつい先日悟郎さんのブログで
比較されているのを拝見してあまりの似ように驚いたところです(^^)
 

投稿: ポージィ | 2009/01/17 10:02

江ノ島。
以前、バイクの旅で寄りました。
ヤローばかりで。
当然、腹ごしらえばかりで風景なんて覚えてません。
一度、ユックリ行ってみたくなりました。。

投稿: ふくやぎ | 2009/01/17 23:47

ユッカラン、そういえば実をつけてるの見た事ないなぁ~って思ってたら、そういう事情があったのですか。
あの花からどんな実がなるのでしょうねぇ、ちょっと想像付かないです。

ウハハ、私もオバチャンですから、外からちょっくら失敬って感じで写真撮っちゃう事ありますよ。
よそ様のお宅はさすがに遠慮しますが、公共の場所ならね、良いのではないでしょうか(言い訳)

このアブチロン、我が家のと同じだ。
買ったとき名札がついてたんですけどね、もう何年も経つし、放置してても枯れずに育ってくれるので、いつか捨てちゃいました。
品種名、書いてたかもしれませんね、残念。

投稿: ちょびママ | 2009/01/18 20:43

◆ふくやぎさん、ありがとうございます ♪

おぉ~ 江の島までバイクで寄られたことがあるんですか。
お仲間と茨城からツーリングで?寄られたということは、
最終目的地はさらに西だったのでしょうか。
あはは 景色より腹ごしらえ、でしょうね~
また機会がありましたらお寄りください。
島には猫ちゃんもたくさんいますよ(^^)


◆ちょびママさん、ありがとうございます ♪

ユッカが実をつけないことに気づいていらしたんですね。
うむ、さすが。ユッカガがいないとダメなんですって。
特定の虫や鳥とだけ協定を結んだ花っていうの、時々ありますね。
アメリカ合衆国ではどんな実がなるんでしょ。実も鈴生りかな~

エヘヘ 外からちょっくら覗き撮り♪ 近くの入り口には係員が
立っていたにもかかわらず、かなりズーズーしかったですアタクシ。
目で見るだけじゃなく1枚カメラにも納めたって、同じですよね。ヘッヘ
個人のお宅はね~ さすがに遠慮しますよね。

わぁ~ちょびママさんのアブチロンと同じなんですね。
「ひめりんご」の品種名はたまたま検索してみた中から見つけた
ものですが、本当のところは何かな~apple
丈夫なんですねぇ。それにしても真冬に路地植えで咲いているのに
お目にかかるとは思いませんでした。
 

投稿: ポージィ | 2009/01/19 09:37

うう。
こんなに花がありましたか〜!
今週末にでも行こうかなあ。。
最近息子は体調不良で、付合ってくれないからなあ・・・

投稿: noodles3 | 2009/01/20 00:25

◆noodlesさん、ありがとうございます ♪

結構色々ありましたねぇ。植物園に入ればもう少し増えるかも。
うちの近所では、見事なまでに花がないのでとても新鮮に感じました。
あらあら、息子さん体調不良ですか?
うーん、そういうときに無理なさってはいけませんよ。
どうぞお大事に。

投稿: ポージィ | 2009/01/20 10:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50994/43726862

この記事へのトラックバック一覧です: 江の島詣で -その2-:

« 江の島詣で -その1- | トップページ | 江の島詣で -その3- »