« 春を待つ -その1- | トップページ | 春告げ花をさがして -その2- »

2009/01/30

春を待つ -その2-

1月10日の「常泉寺」で出会った春を待つ花たちの続編です。
    (diamond写真クリックでも少し大きめ写真もご覧いただけますdiamond
  
「常泉寺」といえば、その名を一躍有名に?した「三椏(ミツマタ)」は外せません。
3月頃の花盛りともなると、大勢の人がミツマタの花を見ようとやって来ますが、
この日この時は、私たちの貸し切り状態。ゆっくりと他の人を気にせず歩けました。
 
090110_6mitumata  090110_38mitumata
 
その「ミツマタ」は1/10の時点でもう咲き始めているものもありましたよ。
開花率0.01%くらいかしら?(笑) その後暖かい日もありましたから、もう少し
増えたでしょうね。 右の写真で手前から向こうへ続く白っぽく霞んでいるのは
すべてミツマタの蕾です。
 
090119mitumata 
  ちなみに
 ←こちらは散歩コース沿いの
  造園屋さんストック場のミツマタ。
  1/19の撮影で、昨日(29日)の
  時点でもほとんど同じ。
  日当たりがあまりよくない場所の
  せいか、まだまだ固い蕾でした。
 
 
 
      090110_36sidaremomo 090110_35tc6
 
 左は枝垂れの桃(かな?)。複雑な枝振りが印象的でした。まだまだ蕾の気配も
 ありませんでしたが、やがて可愛らしい装いとなって楽しませてくれることでしょう。
 
 バッグの中にすっかり埋もれているクック。(可愛い~っ!←飼い主ばか)
 きみも春が待ち遠しいかしら?
 
 
       090110_32himeryukinka
 
           お終いは、鉢植えで元気に咲き始めていた
      「ヒメリュウキンカ(姫立金花)」:キンポウゲ科・キンポウゲ属
        ずいぶんと早く咲き始めたようです。 (花期は春先)
      (実は名前には自身がありません。間違っていたらごめんなさい)
 
  

|

« 春を待つ -その1- | トップページ | 春告げ花をさがして -その2- »

コメント

お早うございます。
~「常泉寺」といえば、その名を一躍有名に?した「三椏(ミツマタ)」は外せません~
?マークは、私のためにあるようです。
常泉寺の名も初めてです(汗)
ミツマタがこんな花を咲かせるのを初めて知りました
(見せていただいたことあるかな?)。

枝垂れの桃の樹形が何とも言えず魅力的ですね。
妖艶な女性?
早く着物を着ないと目の毒です。

クックは、退屈そうですね。

投稿: 鎌ちゃん | 2009/01/30 09:26

おはようございます。
雨で家にこもっています。
私が行った時もまだミツマタは0.01%ぐらいでしたよ。
ヒメリュウキンカがずいぶん早く咲いていましたね。前は鉢植えじゃなかったような気がするのですが、もしかしたら環境が変わって早まったのかと考えたりしました。

投稿: 横浜のおーちゃん | 2009/01/30 10:48

もうすぐミツマタ咲き始めますね。
私も毎年撮っていますよ。
黄色いのも赤いのもかわいいです。

クックたんはこのお寺には入れたのですか?
抱っこならオーケーなんでしょうか?
それとも外で旦那様と待機?

投稿: fairy ring | 2009/01/30 11:27

常泉寺はおーちゃんに紹介いただいてからすっかり気に入ってしまったお寺です。
ミツマタと河童の印象が強いけど、一年中花が絶えない自然豊かなお寺。
行ったことないけどかなりの情報通になったような気がする(笑)
ヒメリュウキンカですか。仲間のユキワリソウに似て可愛くて可憐な花ですね。
抱っこカバンに入って夢見る瞳のクックたん。
大好きな旦那様に抱きしめられて幸せそう。

その1の河童の七福神。ちょっと見はお地蔵さんにしか見えないところがいい(笑)
控え目なお賽銭塔も好感が持てま~す。

投稿: あまもり | 2009/01/30 15:04

先週末、ミツマタチェックに大船フラワーセンターに行きました。
植物園なら過保護なミツマタが、正に開花率0.01%ぐらいになってるかもと期待したのですが。。。
まだ気配もありませんでした。

枝垂れの木ですが、、、
やはり植物園で、見事な枝振りだなあと思い撮ってきたものとそっくりです。枝垂れエンジュかも知れませんよ〜♪

投稿: noodles3 | 2009/01/30 17:29

◆鎌ちゃん、ありがとうございます ♪

こんばんは。

>常泉寺の名も初めてです
 
無理もありません~。そんなに大きなお寺ではないですから。
でも神奈川の中では意外と有名かも。 平地に植えられている
三椏の数としては日本一とかいうことです。

ミツマタの花はほとんど毎年アップしているのですが…
今探したところ、昨年は3月にアップしてました。
鎌ちゃんにはコメントいただいていないので、ご覧になっていない
かもしれませんね。こちら↓です(^^)
http://fshop-posyposy.cocolog-nifty.com/posyposy/2008/03/post_b3b9.html

枝垂れ桃の樹形は何ともいえない形ですね。
身をくねらせていて、私には艶っぽさを通り越して生々しく
感じられますよ。ええほんと、早く着物を着ていただかないとsweat01

フハハ クックは退屈そうな顔に見えましたか?
ボーっとして眠かったとは思いますが、退屈はしていなかったと
思いますよ。飼い主の読みによりますればwink


◆横浜のおーちゃん、ありがとうございます ♪

本格的な雨ですねぇ。明日も雨だとか。
さすがにおーちゃんも家にこもっていらっしゃいますか。
私はお花の勉強があったので、仕方なく出かけてきました。

おーちゃんがいらしたときも、開花率はまだ0.01%程度でしたか。
暖かい日もあったので咲き進んだかと思いましたが、三椏さんたち
そんなに慌ててはいないようですね(^^)

ヒメリュウキンカで当たりですか?ありがとうございます。
こちらはずいぶん早い開花ですね。地植えだったものが鉢植えに?
とすると、少し暖かい場所において開花を早めた可能性も
なきにしもあらずですね。


◆fairy ringさん、ありがとうございます ♪

あちこちでミツマタの開花便りが聞かれるようになるのも
もうじきですね。咲くとつい撮りたくなる花のひとつですね(^^)
このお寺には、黄・赤・白と揃っていて楽しいのですが、
ミツマタの花の時期にはとても混雑するので、行くのを躊躇います。

お寺の入り口にバ~ン!と「犬を連れての入場禁止」の看板が
ありましたが、入場料を払うところへ行って「抱っこならいいですか?
下ろしませんから。」と聞いたところOKしてもらえました。
毎回それで許してもらっていますscissors


◆あまもりさん、ありがとうございます ♪

常泉寺は、多分おーちゃんのお宅からもうちからも似たような距離に
あるのではないかと思います。おーちゃんは私よりもっと何回か
行っていらっしゃいますね。あまもりさんにもすっかりお馴染みの
お寺に、しかもお気に入りの場所ということになって、
常泉寺としてはとっても嬉しいことだと思います。
もし、いつの日か訪れる機会がおありになったとしたら、
初めてとは思えないかもしれませんねwink

ヒメリュウキンカは開花が早くて間違いかと自信がありませんでしたが
どうやら合っていたようでホッです。ユキワリソウとは
キンポウゲ科のお仲間ですね。可愛くて可憐。でも元気いっぱいの
感じで、ユキワリソウのような儚さは感じられませんでした。

このときのクックはぽよ~んとしてましたね。
夢見る瞳のクックとは、このままキャプションとしていただきたいですね。
ありがとうございます~(どこまでも飼い主ばかです coldsweats01

河童七福神もみてくださってありがとうございます。
たしかに~ ぱっと見は七福神には見えなくて、河童地蔵と思えます。
 

投稿: ポージィ | 2009/01/30 17:47

◆noodles3さん、ありがとうございます ♪

大船植物園のミツマタは、まだ気配もありませんでしたか。
それじゃ、クックの散歩コース沿いの↑と同じですね。
立春を過ぎたらぼちぼちでしょうか。

ドキリ 私が枝垂れ桃?と思った木が、大船植物園の
シダレエンジュとそっくりなんですか?あらま、そうなのかしら?
ウムムム いやぁ~山門入ってちょっとの、目立つ場所に
シダレエンジュはやっぱり植えないと思います。
このお寺の全体の雰囲気からいっても。
私よりよく行っていらっしゃる横浜のおーちゃんからの訂正も
なかったので、多分枝垂れ桃だと思います~
でもありがとうございました(^^)
 

投稿: ポージィ | 2009/01/30 17:55

次第に春になっていく気分になりましたね、
いろいろなお花が小さいながらも咲いているのですね。
やはり湘南方面は早い感じがいたしますね。
三椏もちらほらと、寒あやめなど健気に綺麗ですね。
侘助はわが家は相当前から咲いていて落花が多く、
後から咲くから長いですね。
クックちゃんはバックの中で安心しきっていますね。
ほんわかとした家族の様子、カメラ目線も慣れたもので
トップモデルさんばりではないですか、
お元気で良いですこと。
チーコは相当年寄りになり、それでも食欲がなかなかなもので催促するときは若いものには負けない勢いで
さすがに少量ですが、
笑ってしまいます。

投稿: | 2009/01/30 19:59

◆玲さん、ありがとうございます ♪

四季折々のお花が植えられているところですから、1月という真冬でも
何かしら楽しめ、近づきつつある春を感じることができました。
こういう所はいいですね。うちのネズミの額ほどの庭には、
日本水仙が1輪咲いているだけです(^^;)
やはり、玲さんのお住まいの辺りと比べると、こちらはかなり暖かいですね。
そのぶん春の訪れも早いと思います。
玲さんのお庭の侘助は、後から後から咲いて花期が長く、花の少ない期間を
温かく彩ってくれる立役者ですね(^^)

クックは本当は匂いを嗅いで回りたかったようですが、ここはワンコ立ち入り禁止
(バッグ入りなので許してもらいました)なので、ずっと抱っこバッグの中。
夫の体温でだんだんぬくぬくして、ぽよ~んとしてきていました。
このときは、私が離れたところからカメラを向けていたので、何してるのかな~と
ぽよん顔のまま見ていたようです。

チーコちゃん、食欲あるのですね。嬉しいですね~。
ニャォーン(ごはんちょうだーい)とスリスリしてくるチーコちゃんに目を細めて
応えていらっしゃる玲さんのお姿が目に浮かぶようですニャcat
今夜「ポチたま」というTVを見ていたら、我が藤沢市で飼われているという、
ナント28歳の猫ちゃんが登場しました。人間の歳にすると130歳だそうです。
びっくりしつつチーコちゃんのことを思い出していたんですよ。
チーコちゃんも、しっかり食べて、例え眠っていることがほとんどでも、
まだまだ傍にいてくれますように、と願います。

投稿: ポージィ | 2009/01/30 21:15

ポージィさん、こんばんは。常泉寺のミツマタはたしかに咲いていますね。開花率0.01%となると一万分の一となります。このように咲いている蕾を探すのがとても大変だったということでしょう。数年前に初めてこのミツマタに遇って、その咲き方に興味を持ったのでした。全部が全部蕾は下向きに垂れております。花の撮影はなかなか難しいと思いました。
クック君も春を待っているのでしょう。カンガルーの子供のように袋に入ってすっかり安心しきった顔つきです。何の心配もない表情をしております。いつまでも子供なのですね。

投稿: polo181 | 2009/01/30 22:14

1月10日に、開花率0.01%とはいえ、ミツマタの花が咲いているのは驚異です。
メチャクチャ早いですよ。
春告げ花のなかでは、どちらかというと遅れ気味にやってくる花ですからね。
いやいや、驚きました。
こちらはまだ咲き出す気配はありません。

へ~~、この枝垂れ桃の姿は、なんとも奇妙ですね。
手間隙かけてこんな姿にしちゃったんでしょうけど、まあ、なんと言いますか、この姿でいいのかと…
花が咲いたら素敵になるんでしょうね~~(笑)。

こちらはヒメリュウキンカでいいんですよね。
私もアップしましたが、まったく自信がなかったので「名称不明」にしました。
花時期の違いはともかく、昨年出会ったものとは、花の大きさや茎や葉、株全体の状態が違い過ぎて、躊躇いがあったんですけどね。
先日見たら花茎が伸びていましたのでね、近々また咲くと思います。
因みに私が出会ったものは、露地植えのヒメです。

投稿: goro’s | 2009/01/31 02:09

◆polo181さん、ありがとうございます ♪

こんにちは。ご家族の皆さんのインフルエンザ、峠を越えられた
でしょうか?poloさんまでダウンされるのではと心配していましたが
お元気そうで安心しました(^^)

常泉寺のミツマタ、本当に開花率1万分の1かどうかは不明ですが(笑)
グリーンがかった銀色の蕾ばかりの中にポチッと黄色が混じると、
意外と目に付いて、探すのはさほど苦労しませんでした。
そうそう、ミツマタの花は下から覗き込んで撮ることが多いですから、
明るい空を背景にちょっと難儀しますね。蜂の巣のような蕾、
開花後は鮮やかな毬のようになる花、心惹かれる花ですね。

ウフフ このときのクックは、ほんとお母さんのお腹から
顔を出しているカンガルーの子みたいですね(^^)
怖がりながら自立心旺盛な性格のクックですが、甘えて任せきって
いるときは子供のままですね。たまらなく可愛くなる瞬間です~


◆悟郎さん、ありがとうございます ♪

1月はじめの開花、やっぱりめちゃくちゃ早いですよね(^^)
たいてい見頃といったら3月ですから。
いやー、たまーに悟郎さんやnoodlesさんより早くアップできると、
これは意外と快感ですヮ(笑)
毎年チェックしている近所の造園屋さんストック場のもまだまだ。
上の↑蕾写真がそれですよ。

枝垂れ桃の枝ぶり、すごいでしょう… のたくっているような。
妖艶といえば妖艶。ちょっと生々しすぎる印象でした。
花が咲けば可愛らしい姿になると思います~

この黄色の花はヒメリュウキンカでいいようです~(ホッ)
悟郎さんがアップされたときにコメントに書かせていただいたのが、
これ↑だったんです。こちらもあまりに早い開花。暖かいところに
置いたのかとも思いましたが、悟郎さんがご覧になったのは
路地植えで咲いていたんですものね。1月初めにミツマタが咲く
常泉寺では自然な状態なのかもしれません。
悟郎さんのヒメも、もう少し暖かくなってくると、馴染みある
花葉の姿になるのかも…
 

投稿: ポージィ | 2009/01/31 10:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50994/43807735

この記事へのトラックバック一覧です: 春を待つ -その2-:

« 春を待つ -その1- | トップページ | 春告げ花をさがして -その2- »