« 猫ちゃんとの出会い 2008秋 | トップページ | 江の島詣で -その2- »

2009/01/15

江の島詣で -その1-

あぁ どんどん日が経ってしまふ… まったくもってのんびり屋ですみません。
 
かれこれ10日あまりも前のことになってしまいましたが、宇部帰省から帰宅したあと
1/5には江の島へも初詣に行って来ました。
江の島はもう何回かご紹介していますが、またまた点描をアップさせていただきます。
(-その1-・江島神社編、-その2-・植物編、-その3-・いろいろ編)
また江の島~?と仰らずにご覧いただければ幸いです(^^;)
    (cloud写真クリックでもう少し大きめ写真もご覧いただけますsun
 
 090105_2syunotorii_zuisinmon 090105_3benzaiten_dousizou
 
お店や旅館の並ぶ参道を抜けたところに建つ「朱の鳥居」。江島神社の入り口です。
その奥に見える白い門が「瑞心門」。何となく龍宮城を思い出す形。この瑞心門を
くぐった正面にある石のレリーフ像は「弁財天 童子像」、平成14年(2002年)12月に
江島神社御鎮座1450年事業で造られたものだそうです。まだ新しいものですね。
このあとも階段をえっちらおっちら上っていきます。
 
 
 090105_4cook 090105_6hetunomiya2_2
 
長い階段を上り終わって最初に現れるのが「辺津宮(へつみや)」で本社です。
「辺津宮」の左側にある「奉安殿」の裸弁財天は今回もスルーしてしまいました。
特に理由はないんですけれど、なんでだろう~ (←彼らまだ頑張ってますね)
 
 
090105_7ema 090105_8omamori
 
「辺津宮」の隣にたくさん掛けられていた絵馬。ピンクの絵馬は恋愛関連の願が
掛けられているものです。
うちにも何かお守り買おうかな… と思案中の夫。ペット守りというのもありましたが
クックに付けてあげるには大きいのでやめにしました。
 
 
090105_9yasakazinzya 090105_11nakatumiya1
 
左:「奉安殿」の隣には「八坂神社」もあります。落ち着いたたたずまいです。
右:さらに階段を上って、現れる「中津宮(なかつみや)」。
 
 
090105_10musubinoki  ←御神木「むすびの樹」
 
「八坂神社」の正面にある、樹齢400年とも500年とも言われる大イチョウは、
1つの根から2本の幹が伸 びていることから御神木「むすびの樹」とされ、
『この銀杏のようにひとつ心(根)に結ばれる』ように…との願いを込めたピンクの絵馬が
びっしり奉納されています。
素適な彼と巡りあえますように、という願いのものもいくつかheart
 
 
このあと、さらにもう少し階段を上って「サムエル・コッキング苑」の辺りまで行った
辺りで、今回の江の島詣では終わりとしました。
 
たくさんご覧いただきありがとうございました。その2、その3も見てやってねnote
 

|

« 猫ちゃんとの出会い 2008秋 | トップページ | 江の島詣で -その2- »

コメント

初詣。江ノ島にいらしたんですね。
僕は年末以来行ってません。
今年の我家の年賀状は、そのときハーバー内で撮った家族写真を使いました。
もう少し、暖かくなると島の海側も、いい散歩コースですよね♪

投稿: noodles3 | 2009/01/15 13:06

そちらのブロガーの方が多いので、江ノ島はよく紹介されます。
昨日も江ノ島神社を見せていただきました。

なるほど、龍宮城を思わせる鳥居と「弁財天 童子像」・・・・
ひょっとして、乙姫さんとは、弁財天だったのでしょうか。
裸弁財天も見せてほしかったですね。

「八坂神社」・・・そちらにもあるのですか。
祇園の舞妓さんがお参りしていませんでしたか(笑)

投稿: 鎌ちゃん | 2009/01/15 14:33

地面の下では結ばれていても,現世では二人別々の人生をとか,そういう風に考えちゃだめですね,はい.
絵馬って読んでるとおもしろいですよね.福岡県にある太宰府天満宮は学問の神様ということで,受験祈願の絵馬がたくさん奉納されるんですが,誤字脱字だらけなのがあったりして,「こりゃ無理だろう」みたいな.

投稿: LiLA管理人 | 2009/01/15 15:05

◆noodles3さん、ありがとうございます ♪

はい、行って来ました。正月3が日でもなく、5日ということで
昨年3日に行ったのと比べるとずーっと平和でした。
noodlesさんがいらしたのは、年末スパの龍がクリスマスイルミに
なってたあのときですね。ハーバーでの家族写真が年賀状に?
ん~ 爽やかな景色と笑顔が目に浮かびます。
私たちは8月の夜、灯籠を見に行って以来でした。

はい、また海側や岩屋の方にも久し振りに行ってみたいです。


◆鎌ちゃん、ありがとうございます ♪

鎌ちゃんのブログ友達、関東圏の方々も多いのですね。
江の島へ行かれた方も多いですか。何度も登場して少々
食傷気味でいらっしゃるかもしれませんね~すみませんcoldsweats01

赤い鳥居の向こうに見える白い門が、竜宮城の門のように
見えませんか?弁財天は音楽・弁才・財福などを司る女神だそうですし、
竜宮城といえば乙姫様に歌や踊り、乙姫様=弁財天の鎌ちゃん説は
案外真実をついているやも知れませんね。

江の島の八坂神社は小ぢんまりとした社でした。
舞妓さんや芸妓さんはいっぺんも見たことないですねぇ…(笑)


◆LiLA管理人さん、ありがとうございます ♪

あ、コラコラ、いけませんよ。熱いカップルの皆さんに
水差しちゃぁ。って、実は私も同じようなこと考えましたcoldsweats01
 
合格祈願の絵馬が誤字脱字だらけだったりすると、思い切り
突っ込みたくなりますね~ 願掛ける前に勉強せぇ!って。
おあついカップルさんたちの絵馬は、ちょこっと読んだだけでしたが
なんかあちこちムズムズしちゃいましたよ~
 

投稿: ポージィ | 2009/01/15 17:23

初詣 近所で済ませてしまいました~~
本格的には行っていません。
江ノ島は弁天様ですよね~
ご夫婦でお参りすると 焼もちを焼かれるとかですよ~~
前回の江ノ島も拝見していて久しぶりに江ノ島へ出かけてみたくなりました~
でも 寒くて遠い!

投稿: pole pole | 2009/01/15 18:03

かなり昔、子供たちが小学生ぐらいのとき、初日の出を兼ねて江島神社に初詣したことがあります。真っ暗な中をぞろぞろ歩き寒かったです。
ピンクの絵馬が増えているのですね。願いをかなえてあげたいものです。

投稿: 横浜のおーちゃん | 2009/01/15 19:00

クックちゃん、何を真剣に見ているのでしょうね。
江ノ島もかなりの人出でしたか。
勿論電車で真っ直ぐいらっしゃったのでしょう。
江島神社は前にも書いたかと思いますが、何も覚えていません。
瑞心門、竜宮城の門のようで、江ノ島に合っているよう思います。
辺津宮、八坂神社、中津宮などたくさんありますが、ご案内が丁寧でしたので、よくわかりました。
ピンクの絵馬がびっしりですね。どの方たちも素敵に結ばれたらいいなあと見ながら、私も一緒に願いました。

投稿: tona | 2009/01/15 20:47

◆pole poleさん、ありがとうございます ♪

うちも初詣のための初詣(なんのこっちゃ?)というわけでも
なかったですけどねcoldsweats01

江の島は弁天様ですよ~~
弁天様にカップルで行くと焼餅ちを焼かれて別れてしまう。
これ昔から言われていますね。
でも、こんな風に言われるようになったのは落語から来ているそうで、
弁天様には旦那様もいらっしゃるんだそうです。
せっかくピンクの絵馬を奉納していったたくさんのカップルたちが、
皆別れたんじゃ可哀相ですものね。よかったヨカッタ。

pole poleさんは東京でいらっしゃいますものね。
ちょっとしたドライブになってしまいます。いらっしゃるときは
もっと日も長く過ごし易い気候の時、早朝出発が渋滞に巻き込まれず
いいと思いますよ。


◆横浜のおーちゃん、ありがとうございます ♪

江の島で初日の出を待つ人たち、今でも結構いるのでしょうね。
真っ暗な中、いつもとは全く違う場所のように感じられたのでは
ないでしょうか。夜明け前、海を渡る風はさぞ冷たかったでしょうね。
見事な日の出をご覧になれたのでしょうか。

ピンクの絵馬がいっぱいありましたよ。大イチョウの木は
「むすびの木」という名前がついていましたし。
みんな仲の良い強い絆で結ばれたカップルになるといいですね。


◆tonaさん、ありがとうございます ♪

クックが見ているもの、tonaさんも気になられましたか。
私も、後から何を見ていたのかと気になりました。撮っているときは
特に気にも留めなかったのですけれど。

行ったのは5日でしたから、電車ではなく車で行きました。
駐車場は満車でしたが順次入れ替わっているのでさほど待たずに
済みましたし、参拝の人も昨年の2日に行ったときと比べたらずっと少なく
平和でしたよ。

龍伝説もある江の島に、竜宮城を思わせる瑞心門はマッチしていますね。
昨年は人が多くてこの門をくぐったこともレリーフも覚えていませんでした。
何度か行っても、なかなか全部を歩き回れず、まだご紹介していない
所もあるのですよ。またそのうち何度目かの登場となるかもしれません。

ピンクの絵馬がビッシリには、ちょっとびっくりしました。
若いカップルもたくさん来ているということですね。
みんな愛情に満ちた素適なカップルであり続けられるといいですねheart
 

投稿: ポージィ | 2009/01/15 21:40

ポージィさん、こんばんは。江ノ島へ行くと、決まって動く歩道に乗っかってスルスルすると上まで行ってしまいます。(記憶違いでなければ良いけれど)それに、たしか展望台があってエレベーターで登ることができる。帰りに、2,3の神社にお賽銭を投げて、ハイオシマイとなります。何故か昼食時が多いので、なにかの麺類を決まって食べる。大抵、鎌倉に宿泊します。駐車場に困るので、あの江ノ電を活用します。暖かくなったら、湘南から外房へと旅行をしようかとふと思いました。

投稿: polo181 | 2009/01/15 22:15

最後に江の島に行ったのがいつだったか… 覚えていませんが、軽く10年は経っています。
赤い鳥居や竜宮城のような門には見覚えがあります。
もちろんこんな上品な「弁財天 童子像」はありませんでした(笑)。

ピンク色の絵馬があるんですね。
それだけで気恥ずかしくなってしまいます(笑)。

5日ともなれば、さすがに空いていますね。
これだとクックくんも落ち着いていられますね。

投稿: goro’s | 2009/01/16 03:41

ポージィさん おはようございます

お正月休みは堪能されましたか?

クックちゃんは長旅で疲れたでしょうね
でも、今回のお写真ではご主人に抱かれて「大丈夫さ!」のようですね

江ノ島の記事を拝見するたびに夫が「行こう、行こう」といいます
私は何回か行ってますが、夫は未だに行ってないので・・
今年こそ、行ってみようかな
もちろん暖かくなってからですが^^

投稿: glenn | 2009/01/16 09:43

◆polo181さん、ありがとうございます ♪

おはようございます。
poloさんは何度か江の島へ行かれたことがおありなのですね。
鎌倉にお泊りになって江ノ電で。それ、いいですねぇ。

「動く歩道」は「動く階段」=「エスカー」ですね(^^)
エスカーを上りきった所にある植物園(サムエル・コッキング苑)の
中に展望灯台があります。建て直されてからはいらっしゃいましたか?
一気に上までいらして、下りながら神社へお参りのパターンですね。
「何故か昼食時が多い」に笑えちゃいました。私たちが行くときも
何故か昼食時が多いです(^^)
 
暖かくなってからの湘南から房総の旅、すてきですねぇ。
海の近くでは普段里山で会われているのとはまた違う鳥との
出合いもあるかもしれませんね。


◆悟郎さん、ありがとうございます ♪

私が江の島の記事をアップするたび、また行ってみようかと、
ちょっぴり心が動いていらっしゃるのでは?10年以上前とは
色々変わったと思いますよ~ ピンクの絵馬も含めて(笑)
「弁財天 童子像」もですね。6年ほど前に造られたものだそうですから。

辺津宮は少々参拝の行列ができていましたが、ほかは空いていました。
昨年2日に行ったときはビッシリでしたけれどね。これくらい空いて
いたほうが、クックのみならず私たちも落ち着けます~


◆glennさん、ありがとうございます ♪

おはようございます(^^)
お正月休みは堪能したというべきか何と言うべきか…
あっという間に過ぎ去ってしまって、やっぱり帰省しなかった
昨年のお正月の方がゆっくりのんびりとはできましたね~
クックも長旅でお疲れでしたが、回復は昨年6月のときより
早かったように感じました。ホッconfident

ご主人は江の島へはいらしたことがないんですか。
それなら是非いちど。鎌倉・江の島の旅はいかがでしょう。
鎌倉で回るところは絞っていただかないと江の島まで回っていられなく
なっちゃいますけれどwink
季節はやっぱりうららかな陽気のときがいいですね♪
 

投稿: ポージィ | 2009/01/16 10:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50994/43714925

この記事へのトラックバック一覧です: 江の島詣で -その1-:

« 猫ちゃんとの出会い 2008秋 | トップページ | 江の島詣で -その2- »