« 山口・宇部 帰省紀行 -その3- | トップページ | 江の島詣で -その1- »

2009/01/14

猫ちゃんとの出会い 2008秋

3回にわたる帰省紀行の記事も終わったことですし、唐突ですが、今日は昨秋出合った
ニャンコちゃんたちの登場です。箸休めってとこかにゃ~cat
 
昨年は、夏以降猫と出合うことが少なくなりちょっと寂しく感じていたのですが、
10月と11月に集中して出合いがありました。10倍ズームで撮らせてもらいました。
   (cat写真クリックでもう少し大き目の写真をご覧いただけます。一部除くdog
 
081015old_cat  081113cat_up
  <だいぶお年と思われる三毛猫>         <若さあふれる美猫>
 
 年取っているらしい三毛猫を見たのは、散歩で頻繁に通る道沿いでのこと。
 けれど、この猫ちゃんを見たのはこの時が初めてで、今までのところ1度きりです。
 深窓の令嬢として暮らしてきたのかもしれません。
 
 若さあふれる美猫の方は、たまにしか通らない道沿いで。毛艶もよくふっくらとして
 可愛がられている様子がうかがえました。
 
 カメラを向けても、私の足元をクックがウロウロしていても動じなかったのは、
 どちらの猫ちゃんも同じでした。
 
 
081118cat  081128cat1
    <夏に?生まれた子猫>               <猫背>
 
 初秋のころ、近所の散歩道から見下ろせるお宅の軒下に置かれたダンボールに、
 お母さん猫と子猫3匹がいるのを見つけました。警戒心が強い子猫たちのうち、
 この1匹だけかろうじて(ピンボケ)撮れました。クックは気づいていませんでしたが、
 子猫の視線はクックに釘付け。この後すっ飛んで逃げていってしまいました。
 
 ある場所で静かに座っていた猫。日向ぼっこでもなく何を瞑想中?
 光不足で手持ちズームはボケボケ。ほとんど大きくできません(^^;)
 
 
081128cat2  081128cat3
                    <真っ白の美猫>
 
 綺麗な猫でした。前を向いている視線の先にはクック。クックは気づいていません。
 パッと上を見上げたのは、木の上で小鳥でもさえずったのでしょうか。
 
 
081010cook 
 

  catニャンコじゃなくdogワンコ
 
 
  小首を傾げて私の方を見るクック
 
 
    ねぇ、何してるの?
 
 

|

« 山口・宇部 帰省紀行 -その3- | トップページ | 江の島詣で -その1- »

コメント

老いた三毛猫を元は深窓の令嬢かというポージィさん。
ウム、かなりの猫通だニャンcat
三毛猫にはめったにオスはおりませんからニャン。

クックたんを見つめている段ボールの子猫と石段上の白猫。
目の表情の違いが実に面白い。
大人の白猫の目は余裕シャクシャクなのに比べて
段ボール子猫の目は余裕クシャクシャ。目が点になってるとはこのこと。

軒下に置かれた段ボールに居る親子猫って。
それって親子ごと捨てられたってこと?
それって子供が出来たから親猫共々捨てたってこと?ひどい! (;`O´)o

猫背には思わずブブッ
目が覚めたばかりか、まだ眠たいなぁってとこでしょうか。
こちらは平和だにゃ~。

クックたんを見ていた猫の目は用心が一杯だったけど、
ポージィ母さんを見つめるクックたんの目には甘えが見えますよん。
何か要求している目でしょうか。

投稿: あまもり | 2009/01/14 12:17

ねこちゃんもかわいいですが
やっぱりクックちゃんが一番ですにゃ~。
どこからどう見ても
「かわいがられているんだろうな」という風情。

クックちゃん。
真剣勝負したら猫さんには負けるから
無視するのが一番ですよ~smile

投稿: koko | 2009/01/14 12:57

私も散歩の途中でよくニャンコを見ます~~
そしてカメラを向けます。
アップしたのはたったの1回きりですが・・・笑
よく観察しているととても面白いですよね。
ワンコとはまた違った動作がおもしろいです~~

クックたん 不思議そうに見ていますね。
きりっとしたお顔が凛々しいです。

投稿: pole pole | 2009/01/14 15:49

「猫と出合うことが少なくなりちょっと寂しく感じていた」・・・・
ペット嫌いの私には、とても理解できないお気持ちですね。
このあたりで、人間の優しさに差が出てくるのでしょうか。
それでも、<夏に?生まれた子猫>ちゃんは可愛いですね。
子猫のうちだったら、好きになれそうです。
年を取ってきた猫って、どうしてあんなに態度でかいのでしょうね。

<真っ白の美猫>・・・・これも綺麗ですね。

クックは、猫を見たらどんな反応するのでしょうね。
クックの目は、やはり可愛いです。

投稿: 鎌ちゃん | 2009/01/14 16:05

猫背に爆笑です!sun

投稿: noodles3 | 2009/01/14 17:20

◆あまもりさん、ありがとうございます ♪

以前は三毛猫は雌だけと思っていましたが、たま~に雄も
いるんですよね?不思議な遺伝の仕組みですね~
この三毛さんはなんとなーく雌だろうなと判断しましたwink

クックを見つめる2匹のニャンコの表情にお気づきになるとは
さすが長年ニャンコちゃんたちと付き合って入らしたあまもりさん。
子猫の方はクックが気づいていないにもかかわらず心臓バクバクて
感じでした。うんうん、文字通り目が点になっていますよね!

その後ダンボールはそのままですが親子猫の姿は見かけず。
親子で捨てられたのか、捨てられた猫が子どもを産んだのか、
はたまた元々野良ニャンか… 寒さ厳しいこの時期、どうしているかしら。 
一方猫背ニャンコは平和そうですよね。満ち足りてる感じです。

クックのまなざしには甘えが見えますか?happy01
トイレに行こうとしていたら慌ててベッドから起きてきたので、
私も中断してカメラを取りに戻り、なんとトイレのドアの隙間から
撮った写真なんですcoldsweats01
このときのクックの頭の中は半分以上「?」だったかもです~(笑)


◆kokoさん、ありがとうございます ♪

んまぁ~~ ありがとうございます。クックちん、よかったね!
この可愛いお顔が、一瞬にして悪魔のように変わることがあるとは
とても思えませんね。そんな顔になったときのクックは虐待されて
いるようにしか見えないかもですよ…coldsweats02

そうそう。ニャンコと真剣勝負してクックに勝ち目はゼロですよね。
なのに見つけるとワンワンワン! しばらく前も、ちょっと油断したら
猫のすぐ傍まで走っていったので慌てました。猫のほうは立って
背中を丸くしただけだったのでよかったですけれどsweat01


◆pole poleさん、ありがとうございます ♪

pole poleさんもニャンコをお見かけになると、ついついカメラを
向けられるんですね(^^) なぜか撮りたくなってしまふ…
アップなさった黒豹のように精悍な黒猫ちゃん、よく覚えていますよ。
ワンコとの動きの違いも面白いですね。

このクックの写真は、トイレに行こうとした私を追ってきたので、
わざわざカメラを取りに戻ってトイレのドアの隙間から撮りましたcoldsweats01
それでこの不思議そうな表情です。何やってんだか私~(笑)


◆鎌ちゃんさん、ありがとうございます ♪

あれぇ~ 鎌ちゃんは実はペットを飼ったことがないだけじゃなく
お嫌いなんですか。私は猫も犬も大好きなので、猫を飼えない現状では、
外で猫を見かけるのが嬉しくてたまらないんです。
それでこのブログにもちょこちょこ猫が登場するというわけです。
でもね、嫌いといいつつ飼うはめになったらその人がいちばんメロメロに
なっちゃった、という話も時々聞きますから、鎌ちゃんも案外その口では
ないかという気がしますよ(^^)

クックは猫を見たらワンワンワンワンsign03です。
ちょっと腰が引けながら(笑)

クックの目を可愛いと思ってくださって嬉しいでーすhappy01
 

投稿: ポージィ | 2009/01/14 17:26

◆noodles3さん、ありがとうございます ♪

アハッ 猫背にウケてくださいましたか~
ほかに何にも思いつかなくて(^^;ゞ
noodlesさんがアップなさっていたニャンコもそうですが、
気持ち良さそうに寛いでいる猫をみると、
こちらも気持ちが ゆるゆる~とろ~ん としてきますね。
 

投稿: ポージィ | 2009/01/14 17:30

クックは気付かないのに子猫はしっかりクックを注目。
猫は子供の時から神経を張り詰めているのでしょうか。
真白な猫の優しそうな姿を見ているとそうも思えないのですが、木の上の音にちゃんと反応しているのですね。

投稿: 横浜のおーちゃん | 2009/01/14 20:52

◆横浜のおーちゃん、こちらにもありがとうございます ♪

子猫は全身に緊張をみなぎらせていました。まだまだ経験も
浅く体も小さいので、用心や恐怖が勝っているのでしょうね。
お母さんの教育の成果も大いにあるかもしれません。
また、生き延びていくにはそれくらいでないといけないのでしょうね。
白い猫の敏感さにも野生を垣間見ました。
動物達の五感は鋭敏ですね。

投稿: ポージィ | 2009/01/14 21:14

ポージィさん、こんばんは。犬も猫もそうだけれど、大切に育てられたかどうか、ちょっと見れば判ります。どれほど生まれつき美猫であっても、乱暴にあるいはほったらかしにして育てられるとだんだんと美猫でなくなってきます。犬もそうですね。云いたくないけれど、人間だってそのようです。氏より育ちとは良く言ったものだ、そんなことを考えさせる記事でした。

投稿: polo181 | 2009/01/14 22:08

今回登場の猫たちは、レベルが高いんじゃありませんか?
一部を除いて(笑)、美男美女ですよね。
子猫の目はの鋭さは、生育環境のなせることでしょうね。
顔も小さくて美人なのに、シアワセに暮らせているんでしょうか。

私も今日、面白いネコを見ました。
ベンチに座っていたら、猛ダッシュで前を駆け抜ける小動物がいたんですよ。
てっきり小型犬かと思って見たら、猫でした。
地域猫なんでしょうね、餌を持ってきてくれたおばさんに向かって、一直線です。
犬のよに跳ねながら走っていたので、ビックリしましたよ。

投稿: goro’s | 2009/01/15 01:02

◆polo181さん、ありがとうございます ♪

この記事からそんなことを感じてくださいましたか。嬉しいです。

確かに、よく愛情を掛けて世話をされ、満ち足りているか否かで
随分と表情が変わってきますね。そこに野良で生きるという
厳しさが加わると全身に険しさや鋭さも加味されます。

つい先日、土佐犬が逃げ出してよそのお宅の飼い犬をかみ殺したり
通りがかりの人に怪我をさせたあげく射殺されるという事件が
ありましたが、そんな凶暴な気持ちになってしまった背景には
一体何があったのだろうと考えずにはいられませんでした。
 
人も、小さい頃無条件に向けられるたっぷりの真の愛情というのは
とても大切だといわれますね。


◆悟郎さん、ありがとうございます ♪

そうですね。今回の猫ちゃんたちの中で、野良ニャンは多分目が点の
子猫だけと思います。ですから皆おっとりと構えている子が多く、
身なりも顔つきもすっきりした子が多かったようです(^^)
野良ニャンと思われる子猫も美人ですよね。可愛い顔しています。
その後どうなったのやら、幸せに暮らしていてくれますように。

あらあら、悟郎さんは猛ダッシュの猫ちゃんをご覧になったのですね。
猫が全力疾走して行く姿ってあんまり見かけないもの。
珍しい姿を目撃されましたね。走っていく先にはご飯をくれる
おばさんですか。何だかその猫ちゃんの心の底からの喜びが感じられる
光景ですね。
 

投稿: ポージィ | 2009/01/15 13:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50994/43385736

この記事へのトラックバック一覧です: 猫ちゃんとの出会い 2008秋:

« 山口・宇部 帰省紀行 -その3- | トップページ | 江の島詣で -その1- »