« 江の島詣で -その3- | トップページ | 一羽のカラスがカァ~カァ ♪ »

2009/01/20

花を愛ずる

cute 写真クリックでもう少し大きめ写真もご覧いただけます cute
 
 
090114suisen1_2
 この冬、庭に植えっぱなしの日本水仙から、
 伸びてきた蕾2本。 年末に一輪目が開花。
 日当たりが悪いせいか何年振りだったけれど、
 咲いたら以前と変わらぬ美しさと香りに感動。
 
 風で茎が折れてしまったので
 切り取ってきてコップに挿しおけば
 暖かい部屋の中でみるみる進む開花。
 
 光に透かして撮って見つける新たな魅力。
 
 
 
090106flower_jam 昨秋、花の仲卸さんが数量限定で
 扱っていたフランス製の花のジャム。
 物珍しさから通販で手に入れた、
 左はデイリリー&リンゴ、右はバラ。
 
 味見はバラジャムの方を。
 材料は rose water とバラの花びら etc.
 口に入れるとバラの香りが広がって
 香りを食べる不思議な感じ。
 思いを馳せるのは「ポーの一族」。
 (「ポーの一族」萩尾望都・作の漫画)
 
 
 
090116viola 090113viola1
 
 冷え込んだ日の朝、凍ってしまうのかしおしおになってうなだれているビオラが
 昼間気温が上がってくるとしゃっきり元気に元通り。
 その強さ逞しさにただただ感嘆を覚え、愛おしさが増す冬の日々。
 

|

« 江の島詣で -その3- | トップページ | 一羽のカラスがカァ~カァ ♪ »

コメント

大寒だというのに、
ポージィさんのブログは春の気配がします。
そして「ポーの一族」に懐かしさを感じた私です。
でも真剣に読んだことがないので(ところどころしか)
バラジャムとどのようなつながりがあるのか
知りたいです~

投稿: koko | 2009/01/20 12:25

水仙を正面から見るのも素敵なものですね。
私はきのうソシンロウバイを正面から見ていてちょっとした発見をしました。
花のジャムというのがあるのですね。なるほど香りを食べるという表現に納得です。

投稿: 横浜のおーちゃん | 2009/01/20 12:27

光を透かしたスイセン。
室内ならではの写真ですね♪

花のジャム。
瓶がゴージャスです。
本来、紅茶に組み合わせるのでしょうか?

投稿: noodles3 | 2009/01/20 13:54

 ポージィさん、こんにちは。(^^)/
水仙、ステキですね☆
清楚で凛としたカンジに見えます。

 花って逞しいですよね。
ちゃんとお陽様を感じていますものね。
寒い日には、しおしおになって、寒さを凌いでいるのかもしれませんね。(^^ゞ

 お花のジャム、光を浴びて、一層美味しそうに見えます。
香りがいい…ってが、いいですね。

投稿: たんぽぽ | 2009/01/20 16:09

◆kokoさん、ありがとうございます ♪

おっ?ほんとだー大寒ですね、今日は!
ぽかぽか陽気だった昨日だったらヘンテコな日ということに
なったでしょうけれど、今日は雲が垂れ込め陽射しなく寒い日でした。
仙台はいかがでしたか?相当寒いでしょうね。
そんなところへお花や、ちょっぴり明るく加工した写真があると、
春めいて感じられるかもしれませんねshine

kokoさんもポーの一族を読まれたことがあるんですね。
私は友達に借りて読んで虜になりましたcoldsweats01
バラのジャムでポーの一族を思い出したのはですね…
吸血鬼である彼らは人の血からだけでなく、バラのエッセンス
からもエネルギーを得ることができ、ポー村ではバラをたくさん栽培し、
また村を出た彼らはバラを求めて旅をすることもあった…
とまぁ、そんなことからなんですconfident


◆横浜のおーちゃん、ありがとうございます ♪

真正面からのスイセンを光に透かして… なかなか綺麗でした。
おーちゃんはソシンロウバイを真正面からご覧になったのですね。
あの花も真正面から見る機会はあまりない花ですね。
どんな発見をされたのか教えていただくのが楽しみです。

花のジャムがあることはしていましたが、食べるのは初めて。
他のは分かりませんが、バラジャムはまさにバラの香りそのものと
いった感じでしたconfident


◆noodles3さん、ありがとうございます ♪

スイセンは、窓辺で逆光で撮ってさらに明るくしました。
noodlesさんの仰るように室内撮りならではですね。

花のジャムはやっぱり瓶もお洒落じゃなくちゃ様になりませんよね。
紅茶に入れるのもひとつの方法だと思います。
トーストにつけるよりそっちの方が雰囲気合ってるかもですねcafe


◆たんぽぽさん、ありがとうございます ♪

こんにちは。
スイセンの普段とちょっと違う魅力を見つけていただけたようですね。
ありがとうございまーすshine

霜や低温で枯れてしまう植物もあるけれど、逞しいものは
すごい回復力を見せますよね。パンジーやビオラもそう。
凍って透きとおりかけて見えた葉っぱもお日様の温もりと共に
何事もなかったかのように。すごいなぁと思いますhappy01

花ジャムも逆光で透かして撮ったのに気づいてくださったんですね。
綺麗な色で、バラの香りそのもの… 口の中でバラの香りが
広がるのはちょっと不思議な感覚でした~tulip
 

投稿: ポージィ | 2009/01/20 17:15

光に透ける水仙、綺麗ですね。
これは推薦できますよ。

我が家にも越前海岸で掘ってきた水仙が植えてあるのですが、
条件が合わないのか、なかなか花をつけてくれません。
やはり、あの厳しい日本海の寒風にさらされないと
だめなのでしょうかね。

バラジャムですか。
美味しそうですね。
これを食べると、加齢臭がバラ香に変わるとか?
これから、気にしなければならないお年頃です。

投稿: 鎌ちゃん | 2009/01/20 19:02

◆鎌ちゃん、ありがとうございます ♪

すけスイセンすいせんしていただけますか?
うふふ ありがとうございます~happy01

おぉ、お庭には由緒正しい越前の水仙が植えられているのですね。
水仙はどんな条件でも勝手に咲きそうに思えますが、
日当たりとか埋める深さ、過多栄養にしないなど、
やっぱり何かしら条件があるようです。
うちのもほんと全然咲かずに何年ぶりの花でした(^^;)

バラジャムは味の美味しさより香りの美味しさでした。
うぷぷぷ(*≧m≦*) 加齢臭に効果ですか?
華麗にバラの香りに変わってくれたら万々歳ですが、
その効果はなさそうでした~ 残念!

投稿: ポージィ | 2009/01/20 21:06

スイセンってすぐに茎が折れてしまいますよね~うちのもほとんど下をむいてしまっています~~
光に透かすと本当に美しいです。

香りを楽しむジャムですか~~
初めて見聞きします。

今日は大寒でとても寒くなりましたが そんななかでも健気に咲いているお花には頭が下がりますよね~

投稿: pole pole | 2009/01/20 21:50

本格的な早咲きスイセンの季節がやってきていますね。
もう何度もアップしていますので、この先の予定は無くても、つい見つけると側に寄ってカメラを構えてしまいます。さすがにシャッターを押すのは、随分と控えめになってはいます(笑)。
2本目は元気にしていますか~~

花のジャム、香りが命ですよね。
口中からひろがる爽やかな香りが、いつまでも残ります。
○○○○○○でした~~(笑)

そうか、エドガーとアランも、きっとバラのジャムを食べたのでしょうね~~

ビオラの世界も進歩していますね。
次々と新しい品種が導入されています。
今や冬の花の定番ですものね。

投稿: goro’s | 2009/01/21 04:18

◆pole poleさん、ありがとうございます ♪

昨日は暦どおり寒かったですね。今夜も冷たい雨が降るそうで…
陽射しがないと一気に寒さが身に沁みます~
でも咲いている花たち、みんな頑張ってますね。

スイセン、やっぱり折れやすいですか?
せっかく咲いたのにぽくんと折れてしまってがっかりです。
光に透かして遊ぶことができましたけれど。

花のジャムは私も初めての体験でした。バラしか味見していませんが、
これは味というより香りがメインだなと。食品なんだけど、
生活に密着した「食」からは離れた少し違う世界を浮遊するというか…
うまく言い表せませんが(^^;)


◆悟郎さん、ありがとうございます ♪

早咲きのスイセンたち、あちこちで目に付くようになりましたね。
咲いているのを見つけると嬉しくなります。
悟郎さんもついつい引き寄せられ、気がつけばカメラを構えて
いらっしゃるのですね。やっぱりそれだけ魅力ある花なんですね~
切り取って部屋に入れたのはあっという間に咲き終わって
しまいましたが、2本目はまだ外でゆっくりとした時間の流れを
刻んでいます(^^)
 
花のジャムは香りが命だと、悟郎さんもお思いになりますか。
お腹を満たす、栄養を摂る、といった日々の糧という生活密着の
食とはちょっと違うジャンルの食品ですね。その感覚が不思議でもあり
面白くもあると感じました。うまくいえませんが…
バラの香りを食べる感覚となると、思いが向かうのは彼らですよね。

ビオラたち、このごろ大躍進の感がありますね。
うちの玄関前のプランター3つに植えたのも、今シーズンは
みんなビオラです。ですがその内1種はパンジーかと思うほど
大きいです。
これ↑はチューリップのプランターに一緒に植えたもので、
小振りですけれど。そうそう、せっかく寒さに耐えて頑張っているのに、
昨日花がいくつか引きちぎられていました。犯人は小鳥でしょうね。
 

投稿: ポージィ | 2009/01/21 09:47

花のジャムlovely
阿部寛君も大丈夫ですか?
前にバラのリキュールを買いまして・・・
失敗しました。何に使っていいかわからん。
飾り物?bearing
ワインでも買って飲んでしまえば良かったです。

投稿: 池田姫 | 2009/01/21 11:17

◆池田姫さん、ありがとうございます ♪

阿部寛君も大丈夫で、フツーに食べてますよdelicious
もっとも慢性的に鼻炎の彼には香りがどれくらい届いて
いるのか怪しい部分もありますが。
姫様はバラのリキュールbarを買われたんですか!
飲めないシロモノだったんですか? ありゃま。
利用法:飾り物、紅茶やお菓子の香り付け、それからエート…
でも、口中にバラの香りが広がるのがお嫌でしたら、
やっぱり目で楽しむしかないかなぁ~eye

投稿: ポージィ | 2009/01/21 17:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50994/43756294

この記事へのトラックバック一覧です: 花を愛ずる:

« 江の島詣で -その3- | トップページ | 一羽のカラスがカァ~カァ ♪ »