« 菜の花畑に偲ぶ | トップページ | わが家にもせっかちさん »

2009/02/13

枝垂れ梅 曇りのち晴れ

毎年、散歩中の観梅を楽しみにしている枝垂れ梅が、今年は2月の訪れと前後して
咲き始めました。これで平年並み、ってとこかな。
開花が遅かった昨年と比べると、20日以上早まりました。
2月4日 cloud と、2月6日 sun に撮ってみましたので見てやってください。
    (ribbon写真クリックでもう少し大きめ写真もご覧いただけますcherryblossom
 

【2月4日 cloud
090204sidareume1 090204sidareume2 090204sidareume3
 
 
【2月6日 sun
090206sidareume1 090206sidareume2 090206sidareume4
 
晴れた日はやっぱり逆光で撮ってみないとね。金の光の衣をまとった姿は
一日のうちのひとときしか見られない特別な装い。
 
散歩コース沿いの畑に植えられているこの枝垂れ梅、シャワーのように、いえ、
和の伝統芸・水芸を思わせるように枝垂れ咲くたおやかな様がとても素適で、
よそ様のものなのに相当な愛着をもって楽しみにしている1本です。
今年もありがとう。
 

|

« 菜の花畑に偲ぶ | トップページ | わが家にもせっかちさん »

コメント

ずいぶんと立派なシダレウメですね~
うちの鉢植えのとは大違い!
おまけに今年のは あまり蕾がついていません。
夏と秋に水遣りを怠ったせいでしょうかね~~
根が張りすぎているのかも~
一回り大きい鉢に植え替えたほうがよさそうです。

湯島天神のウメも見に行きたいです~~

投稿: fairy ring | 2009/02/13 12:02

なんて素敵なしだれ梅なんでしょう。
やっぱり良い香りがするのでしょうか。
寒い寒いと言いながら今年の冬を振り返ってみると
やっぱり暖冬だったのかなーと思います。
今年の春はあっという間にやってきて
駆け足で過ぎて行ってしまいそうな気がします。

投稿: koko | 2009/02/13 12:59

ああ、こうやって写真をレイアウトすると、枝垂れの雰囲気が生きますね♪ さっすが!!
撮るのが、難しくていつも苦労しています。

投稿: noodles | 2009/02/13 14:00

ポージィさん、こんにちは。これはかなり大きな古木でしょう。幹がクネクネと折れ曲がっている。
逆光を利用した写真は大成功ですね。パチパチパチと弾けて飛び散っているように見えます。こういう撮影は試したことがありません。曇りの日の写真はしっとりと落ち着いた印象です。カメラの性能がかなり良い、いや、腕でしょうか。

投稿: polo181 | 2009/02/13 15:42

綺麗だなぁ・・・
こちらも暖かいと感じても ↓の菜の花や梅の写真を見ると 
やっぱり関東の方が春が近い気がしますcherryblossom
そういえば 近所に枝垂れ梅を植えてるお宅があったっけflair
今度 そちらの散歩コースにしてみよ~っとnote

投稿: miki | 2009/02/13 15:44

見事な枝垂れ梅ですね。
何と表現しようかと考えていたら、
さすがポージィさん、
「シャワーのように、いえ、
 和の伝統芸・水芸を思わせるように」
ときましたね。
まさにその表現にピッタリですよ。
「逆光で撮ってみないとね」・・・・
なるほど、これは参考になりました。
そのように狙ってみます。

投稿: 鎌ちゃん | 2009/02/13 16:33

◆fairy ringさん、ありがとうございます ♪

この枝垂れ梅も、畑の隅に植えられているものなんですよ。
しっかり太い幹でこちらもかなり年数が経っていそうです。
fairy ringさんのお宅には鉢植えの枝垂れ梅があるんですね♪
可愛いでしょうね~~(^^)
おっとっと、今年は蕾が少ないですか。植え替えされて、
来年はたくさんつけてくれますように。

湯島天神、一度も行ったことがありませんが、梅の花が有名なのですね。
ちらとHP見てきましたら、もう梅祭り開催中でした。
いらっしゃれるといいですね。


◆kokoさん、ありがとうございます ♪

畑に植えられているものなんですが、なかなか素適でしょ。
って、まるで自分のもののように~
香りはカメラを構えているところまでは香ってきませんでした。
あってもあまり強くないのかもしれませんね。

こちらでも暖冬だと思っています。窓の結露が凍りつく回数が
ほんの2回しかありませんでしたもの。かって、多かったときは
何日も連続ででした。そちらでもそうお感じでしたか。
となると、そうですねー。早くから春がどどどと押し寄せてきて、
あたふたしているうちに駆け抜けていってしまうことになるやも
しれませんね。ゆっくり楽しみたいんだけどなぁ~(^^)


◆noodlesさん、ありがとうございます ♪

さっすが! な~んてお褒めいただいて、今回特別な思い入れも
なしに写真を並べた私、恥ずかしいです(^^;)
でも、結果としていい具合と思っていただけたのは嬉しいです。
枝垂れのものって、どう切り取ったらいいか悩ましいですね。
この梅は、ちょっと引くと画面に入れたくないものがアレコレ
ありますし、周りの木々とも重なり合っちゃって、という悩みもあり、
毎年悩んで結局適当に切り取ってます。


◆polo181さん、ありがとうございます ♪

こんにちは。この枝垂れ梅、いつ頃から植えられているものかは
知りませんが、畑の隅にあるものなんですよ。高さは3m超えかな…?
かなり古そうな幹の感じですよね。

逆光写真成功していますか?ありがとうございます。
光が当たっているものを逆光で見るの、大好きなんです。
「パチパチパチと弾けて飛び散っているように」とは、素適な
表現をしてくださいました(^^)

そうそう、曇りの日はしっとりしていますね。これがこの梅の本来の
花色です。私の写真が時折よく見えるとしたら、腕よりカメラの
おかげが大きいと思います~。コンパクトデジカメではありますが。


◆mikiさん、ありがとうございます ♪

枝垂れのものには独特のたおやかさ美しさがありますよね。綺麗です。
この冬の気温を振り返ると、冷え込みが来るときは西日本のほうが
グッと気温が下がる日があったような気がします。こちら神奈川は
たまに冷え込んでも、今年の冷え込みはたいしたこと無かったです。
とまぁそんなこんなで(?)春の訪れは広島より神奈川のほうが
早いのかもしれませんねぇ。

おっflair ご近所にも枝垂れ梅が?
咲いてるでしょか。ぜひチェックしていらしてくださいねnote


◆鎌ちゃん、ありがとうございます ♪

素適ですよね~。毎年とっても楽しみなんです(^^)
水芸を例えに出したの、鎌ちゃんにも共感していただけて嬉しいです。
逆光撮りは、私の好みなんです。太陽の光が順光でまともに当たって
いると白飛びしてしまいがちですが、それを逆手に取ると
透けて見えたり、シルエットとして浮かび上がったり、周りに光の
輪郭ができたり… そういうのが好きなんです。
鎌ちゃんもこんどお試しくださいね。
 

投稿: ポージィ | 2009/02/13 17:35

枝垂れ梅がきれいに咲きましたね。
曇りと晴れの日の対比で、花の感じとか暈けの具合も違って面白いです。
近所の枝垂れ梅が咲いたら私も逆光で撮ってみます。

投稿: 横浜のおーちゃん | 2009/02/13 18:41

◆横浜のおーちゃん、ありがとうございます ♪

昨年は遅い開花でしたが、今年は例年通りの咲きはじめで、
綺麗な姿を見せてくれています。今日・明日気温が高くて
一気に開花が進みそうです。強風で咲いたはしから散ってしまったり
しなければいいのですが。
同じ被写体でも、曇りと晴れとで、順光と逆光で、昼と夕方で、
…と、いろいろ写り具合が違ってきて面白いですね。

投稿: ポージィ | 2009/02/13 21:39

よそ様の庭先で、見事なのを見かけると塀の外から撮りたくなりますが、迷惑かな?と考え直します。
自慢は自慢でしょうが。。。

投稿: ふくやぎ | 2009/02/14 00:44

見事な枝垂れ梅ですよね。
そうですか、3mもあるんですか。
そんな大きなシダレウメ、見たことありません。
精々が2mほどです。
もともとマイフィールドには枝垂れ梅が少ないのですが、いい姿のものとなるとごく僅かです。
忘れないでチェックしてきます。

左の逆光写真に写っているからんだ蔓が、矯正のワイヤーに見えます~~(笑)

投稿: goro’s | 2009/02/14 02:20

◆ふくやぎさん、ありがとうございます ♪

よそのお宅のお庭のものとなると、さすがに遠慮しますね。
塀の外側まで張り出しているものならまだしも。それでも、
カメラの向きがそのお宅のほうに向いてしまうときは止めておきます。
ご自慢の花木を愛でられるのはいいとしても、塀の中や家に
カメラを向けられるのは、やっぱりいい気持ちがしないですものね。
この枝垂れ梅は開放的な畑の隅に植えられているものなので、
遠慮なく撮らせていただいています~


◆悟郎さん、ありがとうございます ♪

毎年のように登場してもらって、すっかりおなじみの枝垂れ梅です(^^)
私が立っている道路より畑の地面が50cmほど高く、そこから
上に伸びている木をチビの私が見上げていますから、実際より
背高に感じているかもしれません。でも、やっぱり立派な木です。
良い姿の枝垂れは少ない… そうかもしれませんね。
下手に切ってしまうとすっかり形が崩れたり。別の散歩コース沿いの
枝垂れ桃がまさにそんな感じで惜しいなぁと思っています。
上に伸びた幹と、垂れ下がる枝とのバランスを上手に仕上げるのが難しそうです。
くるくると巻きついた蔓に気づかれましたか。
うふふ 矯正ワイヤじゃありませんよ(^^)
そういえばこの枝垂れ梅、枝の支えも矯正も何も無く、自然な姿です。
 

投稿: ポージィ | 2009/02/14 11:24

ご無沙汰しました。
今年は早いのですね。
こちらでももう何処のお宅も満開です。

随分幹も太い立派な枝垂れ梅ですね。
なかなか、こんなのは見かけません。
これではポージィさんも毎年首を長くして待ってしまいますよね。
曇りの日と晴れの日では色が随分違うのですね。
晴れの日はオレンジ色がかって見えます。
これもまたいいものですね。

投稿: tona | 2009/02/14 20:30

◆tonaさん、ありがとうございます ♪

お帰りなさい。早速お越しくださってありがとうございます(^^)

今日の異様な暖かさで、梅の花たちも一斉に咲き急いだでしょうね。
ナンダナンダ!?とびっくりして目を回したかも。

そうなんです、毎年見事な装いを見せてくれるこの枝垂れ梅、
早春の楽しみの一つとして、すっかり待ちわびるようになっています。
塀の中でなく、解放的な畑の隅なので、道行く人誰もが楽しめる
というのも嬉しいです。

曇りと晴れではただでさえ色合いが違って見えますが、
今回晴れの日には、わざわざ逆光で日を透かすように見てみましたので、
ますます色合いが違って見えました。それぞれの良さがありますね(^^)
 

投稿: ポージィ | 2009/02/14 23:03

曇りの日のしっとり感と晴れた日の艶やかさの両方を見せていただいておおきにぃ。
そうそう、シャワーと言うより水芸ですよね。
水芸はテレビや映画の中だけしか見たことがないけど一度は生で見たかった。
こんな伝統芸をする方はもう居ないのかなぁ。惜しいですね。
やはり光の魔術師は発想が違います。
逆光から撮って梅の花に金色の光の衣を着せてみようなんて誰が思うでしょう。
見事な光の衣を着せてもらって梅が「見て見て」とはしゃいでいます。

投稿: あまもり | 2009/02/15 14:10

◆あまもりさん、ありがとうございます ♪

ようこそお久しぶりです(^^)
枝垂れの様子からの水芸イメージ、ご賛同くださいますか。
梅となると、やっぱり日本の古くからの伝統芸能って感じで。
私も、水芸はもうずいぶん前にTVで見たきりです。
今でもやってる人(できる人)はわずかなんでしょうね。
(検索したら藤山新太郎さんという方一人きりとか…)

むふっ またあまもりさんにヨシヨシとなでなで(すりすり?)
していただいてゴロニャンと喉を鳴らしているポージィです。
光の衣をまとった梅の花、はしゃいでますか?嬉しいです。
時には豪奢な舞台衣装の梅もいいものですね。
本当はもっと花の縁のキラリン~shineを際立たせたかったのですけれど、
撮れていませんでした。

投稿: ポージィ | 2009/02/16 09:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50994/44016904

この記事へのトラックバック一覧です: 枝垂れ梅 曇りのち晴れ:

« 菜の花畑に偲ぶ | トップページ | わが家にもせっかちさん »