« 咲き始めの姿 | トップページ | アレンジメントに咲く桜 »

2009/02/23

惹かれて大接近

先だって、フラワーデザインの練習で使った花の色合いに心惹かれ、
にじにじと至近距離まで近寄って見てみました。何の花かお分かりですか?happy01
    (heart写真クリックでもう少し大きめ写真もご覧いただけますeye
 
 
090209gerbera8_2 090209gerbera4 090209gerbera5
 
   ぜひ大きめ写真で、普段あまり注目しない細部をご覧くださいね。
 
            090209gerbera2 090209gerbera1_2
 
 
20090209_3_2 

  答えは「ガーベラ」でした。
  簡単でしたね(^^)
  ちなみに
← こちらのアレンジメントに使いました。 
  オアシス等は使わず立たせてあります。
 
  花材:ケイオウザクラ、フリージア、バラ
      ガーベラ、スイートピー 
 
 
 
 
 
「ガーベラ」:キク科・ガーベラ属
 
切花として出回っているガーベラの品種は実に多彩ですね!何千種もあるようですよ。
 

|

« 咲き始めの姿 | トップページ | アレンジメントに咲く桜 »

コメント

お早うございます。
珍しく、花の名前すぐにわかりましたよ。
このマクロ距離からの撮影が、私のレンズでは出来ないのですよ。
レンズ願望、しかし先立つものが・・・・。
マクロがあれば、また写真の世界が広がるのですが。
今日は、ガーベラの、違った味を堪能させていただきました。

投稿: 鎌ちゃん | 2009/02/23 09:54

キク科のお花は 周囲の舌状花と中の筒状花が一つ一つ集まった集合住宅であることがよくわかりますね。大きな花の中に小さなお花がいっぱい!
ここでもフィボナッチ数列で整然と並んでいることがよくわかります。

にしても明るい色で きっとポージィ さんが大好きなお色であるとお察し申し上げます~~
アレンジメントも春のお花が満載ですね~~
きれい!
うきうきしてきますね。
今日のように冷たい雨が降り続くと気分も滅入ってくるので 嬉しいです。

投稿: fairy ring | 2009/02/23 14:28

キク科の花と分かってもさてと?ガーベラみたい。
そうでした。
身近にある花も、ぐっと近づいてみると、ほーっと思われるような発見もあるものです。
マクロの世界って、不思議発見の場です。

花の形も、色も、千差万別、それぞれの生き方に応じ、都合のいいものになっているのでしょうね。

投稿: 夢閑人(ricky) | 2009/02/23 14:29

クリックして大きめの写真で見ると筒状花の花弁が可愛くクルリンとしていたり面白いですね。
ケイオウザクラがうまく生きて素敵なアレンジメントですね。

投稿: 横浜のおーちゃん | 2009/02/23 16:17

ポージィさん、こんにちは。最初は花だとは判りましたが、拡大写真をよくよく眺めていると、それがだんだんと、宇宙の彼方にあるブラックホールに見えてきました。今まさに、光をも飲み込んでいる無限小の世界が見えてきました。続いて、それがまた、小惑星が地球に衝突すると、その一瞬はこのような姿になるだろうと考えるようになりました。
生け花は、プリマドンナが優雅に踊っているように見えます。

投稿: polo181 | 2009/02/23 16:33

◆鎌ちゃん、ありがとうございます ♪

こんにちは。
ガーベラはすぐにお分かりになりましたか。簡単すぎたかな(^^)
鎌ちゃんのお使いのカメラにはマクロ機能が付いていませんか?
あ、それともレンズを取り替えられるカメラでしょうか? 
うちのコンパクトデジカメは最接近3.5cmだったかしら?
これでも時にはもうちょっと近づきたいと思うこともあります。
最接近距離1cmというのもあるようで、確かに、マクロが撮れると
新たな世界が広がりますね。


◆fairy ringさん、ありがとうございます ♪

舌状花と筒状花の集合住宅とは、楽しい例えをしてくださいました。
でもほんと、そのとおりですね(^^)
そうそう。フィボナッチ数列。この言葉は先日のfairy ringさんの
記事で教わったのでした。(なかなか覚えられませんが…;)
このガーベラも見事に並んでいますね。

私はどちらかというと淡い色が好きなのですが、このガーベラには
いつになく心惹かれました。舌状花のグラデーションになった
色変化、花の中心部分の濃い色による引き締め効果などなど、
すべてが同系色の濃淡なのに見事に美しい調和を見せてくれて
いることと、色そのものの味わい、などが好みなのでしょうね~
今日は冷たい雨ですし、今週はずっと暗い日が続くとか。
そんなときに明るい色のお花は明るい気持ちにしてくれて
嬉しいですねhappy01


◆夢閑人さん、ありがとうございます ♪

夢閑人さんも大正解でいらっしゃいましたね。
ガーベラは種類がとても豊富ですが花としては珍しいものではなく、
あまりじーっと見ることはしませんよね。
今回は久々にじーっと見てみて楽しかったです。(^^)

仰るとおりですね。自然に進化してきた植物の花たちは、
色も形も自らの追い求める生き方に合わせて決まってきたものですね。
キク科のように舌状花と筒状花の構造を持つ花たちは、どんなことを
追い求めた結果こうなったのでしょうねconfident


◆横浜のおーちゃん、ありがとうございます ♪

筒状花のクルリンにご注目くださいましたか(^^)
私もあのクルリンが可愛いなぁと思っていました。
そして、各部なんて微妙なグラデーションによる色変化なんだろうとも。

アレンジメントは、目を留めて下ったケイオウザクラの部分が
実は隠れた主役というデザインなんですヨ。さすがおーちゃんですwink
ありがとうございます。


◆polo181さん、ありがとうございます ♪

こんにちは。
ガーベラの拡大写真から宇宙へとすばらしい想像の翼を
広げてくださいましたね! はい、すべてのものを引き寄せ
果てしない深淵へと飲み込んでしまうブラックホールに、見えます!
惑星誕生の瞬間のようにも… poloさんは小惑星の地球への
衝突時の様子にまで想像を膨らませてくださいましたか。
たしかに、こんな様子が見られるかもしれませんねぇ…
壮大なスケールでガーベラを見ていただき、いえ、見せていただき
ありがとうございました(^^)
アレンジメントにはプリマドンナの舞踏とはまた綺麗な例えを
いただき嬉しいです。
 

投稿: ポージィ | 2009/02/23 17:50

わかりました。良かった。分かって。
ガーベラをこんなに近くで見る事は無いので、勉強になりました。

アレンジ、春らしいですね。
サクラがもう少し開くと素敵ですね!
スイートピーが可愛いです。

投稿: ロッキーママ | 2009/02/23 18:25

◆ロッキーママさん、ありがとうございます ♪

ガーベラ、正解されましたねhappy01
あんまり部分的に注目してアップで見ることってないですから、
たまにこんな風にマジマジと見ると面白いですよね。

このアレンジ、桜と春の花たち使いで春の雰囲気に。
ロッキーママさんの予想通り、桜が咲き進んだらさらに
可愛い雰囲気になりました。
季節によって枝物や使う花を変えると、また違う雰囲気を
楽しめそうです(^^)

投稿: ポージィ | 2009/02/23 21:34

えっ?   でしょう?
違うのかな?
驚きのグリーンネックレスの花もあったからな。
それに匹敵するような、珍しい花なのかな?

よかった、ガーベラで。
ほっとしました(笑)。

花検定でも受けているような、ドキドキ感がありました(笑)。

春の花のアレンジメントですね。
ケイオウザクラに沿わせてあるんですね。

投稿: goro’s | 2009/02/24 01:35

みなさん,ガーベラで正解されてますね.ガーベラか,もしかしてジニアかなと思ってしまいました.

アレンジメントは,プリマドンナ,ほうほう...
シンクロナイズドスイミングに見えたことは秘密にしておこう.

投稿: LiLA管理人 | 2009/02/24 06:52

中心が宇宙の円盤のように見えます。
昭和記念公園のイルミネーションのようです。

ケイオウザクラがこのあと咲くのが待ち遠しいですね。
初めて知った桜ですが、ややっこしい交配種なのですね。
スイートピーやフリージアの淡い色に個性あるガーベラやバラの調和が見事ですね。
家の中から春っていいです。

投稿: tona | 2009/02/24 08:49

◆悟郎さん、ありがとうございます ♪

うっふっふ 花検定ね。そのドキドキ感、分かりますヨ。
悟郎さんはあまりに色々ご存知過ぎて、かえって迷いが生じましたね(^^)
そうそう、たまーに珍しい花をご紹介したこともありましたし。
単純にガーベラでよかったんです~smile 正解ですね♪

今回は春の花でのアレンジになりましたが、枝物で逆三角形を作り、
そこに花を沿わせる、という練習でした。
三角形の形や枝の渡り方、使う季節ごとの花材によって、
雰囲気がいろいろ変わってきそうです。


◆LiLA管理人さん、ありがとうございます ♪

LiLA管理人さんも正解ですね!ジニアかなと迷われましたか?
同じキク科で花の構造はよく似ていますものね(^^)
ジニアはさずがに今の季節は出回っていないかな~

アレンジメント、シンクロナイズドスイミングですか!?
ブフッhappy02 水面からにょきっと伸びた2本の足なんですね。
なるほど~ 足の間に渡った桜は何に見立てましょう?
スッと横に引いた足から派生した水しぶきかな?
おぉ~そう思うと躍動感が! 笑


◆tonaさん、ありがとうございます ♪

tonaさんも宇宙へと思いを馳せてくださいましたか。
天体望遠鏡で見た宇宙の円盤の写真、思い出しますね。
そういえば、昭和記念公園のイルミネーションも宇宙を
テーマにしていたのでした(^^)

ケイオウザクラ、このあと小さめの可愛い花をたくさん咲かせて
アレンジメントに華やぎを添えてくれました。
あ、ケイオウザクラのこと、調べてみてくださったのですね。
私も今日の記事でちょっと触れていますが、ほんとややっこしい桜coldsweats01
このアレンジメント、フリージアやスイートピーの香りも
ほんわか漂って春気分をたっぷり味わわせてくれました。
昨日に続いて今日も冷たく暗い日。こんなとき家の中に春が
あるのはいいものですね。
 

投稿: ポージィ | 2009/02/24 10:05

バブルを通過した者としては、ガーベラは女性への「贈り物」ってイメージがあります(笑)。

このピンクのガーベラ、思わず接写したくなったポージィさんの気持ちがよくわかります。

艶やかさと繊細さを兼ね備えていますね♪

投稿: noodles3 | 2009/02/24 16:58

◆noodles3さん、ありがとうございます ♪

まぁ、そうだったんですか! 女の子への贈り物ねぇ、なるほど。 
バラと比べたらカジュアルで安価なガーベラは、気軽に贈れる
花かもしれませんね。色もとりどりでイメージ作りやすいですし(^^)

このガーベラに惹かれたわけ、分かってくださいましたか。
>艶やかさと繊細さを兼ね備えていますね♪
そう!まさに仰るとおりです。さすがですね。
 

投稿: ポージィ | 2009/02/24 18:00

(。・_・。)ノ はい
花に無頓着な私でもガーベラは好きな花なのでわかりましたnote
このガーベラは花びらが丸っこいですね
私が育てたことがあるのは もっと菊の花に近い細いもの。。
何千種もあると聞いて納得しました

アップで見ることもなかったので再発見eye
また育てたくなりましたよhappy01

投稿: miki | 2009/02/24 20:39

◆mikiさん、ありがとうございます ♪

mikiさんも大正解ですねscissors
好きなお花で、しかもご自分で育てられたこともあるとは
縁の深い花ですね。
育てられたのは、もっと菊に近い形のでしたか。
周りの花びらがすごく細いスパイダー咲き、なんて品種も
あるんですけど、そういうのかなぁ。
何千種もあるってことは、それぞれが違う顔を持っているという訳で、
その一つ一つをじっくり見たら面白そうです eyehappy01
植えっぱなしにしておいて毎年咲くものなら、私も1株くらい
植えてみたいです~
(でも、植えっぱなしを試したフリージアがどうも調子よくない
うちの庭ではガーベラも無理かもしれませんねぇ… think

投稿: ポージィ | 2009/02/24 21:49

ブログ上でいろいろな花を拝見しますが、こんなに
大接近で見たことないですね。こんな大写しで細部
まで見ると、よくぞこんなお花ができたものだと
あきれかえるばかりです。別にお花に限らず、地球上の
森羅万象すべてにいえることですが、よくぞこんな
精緻なものが・・・。その上、人間が品種改良に取り組んで、
いろいろ新しい品種、新しい形ができつつあるようですが、
私には、なにか人間が自然を冒とくしているように
思えてならないのです。変なコメントを書く私も、今日は一寸へん。

投稿: 茂彦 | 2009/02/28 22:03

◆茂彦さん、ありがとうございます ♪

花の細部への大接近、肉眼では気付かないものが見えてきて
面白いですね。茂彦さんの仰るとおりで、良くぞこんな精緻な
ものが生まれたものよと、改めて驚くやら呆れるやら(^^)
人も含め、森羅万象すべてについていえることですね。
自然というものの、人間の考えなど到底及びも付かないような
深く大きな懐というようなものを感じます。
人間は、そんな自然を冒涜するかのようなことをこれでもかと
し続けていますね。茂彦さんの言わんとされたこと、よくわかります。
少しもへんとは思いません、仰るとおりだと思いましたよ。
 

投稿: ポージィ | 2009/03/01 15:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50994/44025537

この記事へのトラックバック一覧です: 惹かれて大接近:

« 咲き始めの姿 | トップページ | アレンジメントに咲く桜 »