« アレンジメントに咲く桜 | トップページ | 2度咲く幸福は3度咲く? »

2009/02/26

いたいた♪

昨年秋と初冬に見かけて、記事としてもご紹介した野良ニャンコのうちの1匹と、
捨てウコッケイ?を今年になってからまた見ることができました。
といっても、もうひと月も前のことですが~~(^^;) 
ニャンコはとっても可愛らしくなっていましたよ!
捨てウコッケイは他の2羽の仲間と合流していました。
 
    (cat写真クリックでもう少し大きめ写真もご覧いただけますchick
 
まずはニャンコから。
クックを見て目を点にしていたあの子猫(2段目左)です。
 
090116cat_2 前と同じ場所で。
 箱座り(香箱座り)してました。
 この日は落ち着いていましたよ。
 でも新聞屋さんのバイクが来て
 逃げてしまい写真は1枚きりしか
 撮れませんでした。
 
 ムフ 可愛いわぁ~(^^)
 
 
 
そして、捨てウコッケイたち。以前田んぼで見たウコッケイは→こちら
 
090125ukokkei1 090125ukokkei2
 
目の周りとか赤いじゃない、ウコッケイじゃないよ! って思われましたよね、きっと。
実は左の写真の、手前で頭隠して尻隠さず状態の鶏が、例の捨て?ウコッケイ
なのです。彼はちゃんとトサカや目の周りが黒かった… ところが仲間2羽は赤い。
よく見る鶏とは顔の辺りの雰囲気がちょっと違うような気も。気のせいか?
もしかすると混血ミックス? だから、捨てられちゃったとか?? 
いやいや、単にまとめて捨てちゃったのか? 真相はやっぱり謎のままです。
 
しばらく見かけない日が続いていた間に、白い羽毛が散らばっているのも目撃し、
『可哀想に何かに食べられちゃったのかもね』と思っていましたが、場所を変えて
仲間と合流していたと知って嬉しかった。思わず「いた~っ!」と叫んじゃいました。
勝手に死んだことにしちゃっててゴメン!!
お引越し先は畑。3羽ともしきりに地面をつついていましたよ。
畑のオーナーさん、どうぞご寛大に~~
 
どちらにも、 そのうちまた会えますように。
 

|

« アレンジメントに咲く桜 | トップページ | 2度咲く幸福は3度咲く? »

コメント

へ~~ニャンコさんのこういう座り方を箱座りというのですか~~
なるほどね。香箱ともいうのですね。
ズワイガニの雌のコウバコガ二ってここから来ているのかな~
反対かな??笑

このウコッケイ さんたち 本当に捨てられたのでしょうか?
オーナーさんが放牧していらっしゃるとか・・・
謎は深まるばかりですね。

近所にもニワトリの鳴き声をききました~
どんな種類を飼っているのかな~~


投稿: fairy ring | 2009/02/26 10:13

ポージィさんの優しい目線、嬉しくなります。
私なんか、可愛い小鳥ぐらいにしか目がむきませんからだめですね。

そういえば、最近、田舎でも鶏を飼う家を見なくなりました。
よく、新鮮な卵をいただいたものですが。
終戦間もない食糧事情の悪い時代は、自前で調達しなくてはいけなかったのに、
食糧事情が良くなったからなのでしょうかね。
祖母が、鶏を潰して食べさせてくれたことを思い出します。

投稿: 鎌ちゃん | 2009/02/26 13:11

野良ニャンコはわかりますが、野良ウコッケイは初めてです。鳥インフルエンザの影響で捨てられたのでしょうかね。
人間の都合で、安易に捨てるのには憤りを感じます。

うちの側の団地には、野良ニャンコが30匹以上います。
引っ越す人が捨てて行くのだそうです。
ゴミと同じですよね。
命を捨てるのだと云う事を忘れないで欲しいと思います。

ところで野良ウコッケイって寒さに強いのですか?

投稿: ロッキーママ | 2009/02/26 14:12

◆fairy ringさん、ありがとうございます ♪

そうなんですよ~
私は子供のころから「箱座り」って言っていたんですけど、
数年前「香箱作ってる」という言い方を知りました。
香箱には見えないですけど、誰が言い始めたんでしょ(^^)
あはっ そうそう、コウバコガニってのがありましたね。
香箱→コウバコガニ→香箱座り かしら??

ウコッケイさんたちはある日突然現れたらしいですけど…
謎のままです。おや、ご近所でもニワトリの声が聞こえましたか。
どんなのがいるんでしょうね。ずっと可愛がってもらえるといいですけど。


◆鎌ちゃん、ありがとうございます ♪

いえいえ。見ても何か手助けをしてあげるわけじゃなし、
全然優しくはないのですよ。あるのは思いだけで。
鎌ちゃんは小鳥たちだけでなく、世の中の色々な人たちにも
常に優しい目を注いでいらっしゃいます。

昔は卵を貰うために、ときに肉を頂戴するために飼われて
いることが多かったですよね。いまではそういうお宅は滅多に
なくなりました。これからまた食糧事情が悪化すると自家製卵が
復活してくるかも?
肉を頂戴するのはよっぽど必要に迫られないと復活しないかな。
さしあたって、私自身できるとは思えません。


◆ロッキーママさん、ありがとうございます ♪

多分、野良ウコッケイだと思うんですよ… 先日TVで野良ニワトリが
紹介されていました。バス停付近に住み着いていて、夜はそこの
木の枝に飛び上がって寝て、昼間は地面で過ごしているとか。
餌場を作ってやって、時間をかけて慣らした人までいましたよ。

ロッキーママさんのご近所には、なんと30匹もの野良ニャンコが!?
すごいですねぇ。捨てられた猫たちが繁殖してさらに増えているのですね。
引越しでいらなくなったからゴミと同様に捨てるとはひどい話です。
それまでは家族として暮らしていたんではないんでしょうかねぇ…
法律でもペットは「物」ですから、そこも変わらないといけないと思います。

え、ウコッケイの耐寒性ですか? さぁ…どうなんでしょうか。
1月に畑をつついているのを見た様子では、平気そうに見えましたが。
こちら神奈川南部辺りなら大丈夫なのかもしれませんね。
 

投稿: ポージィ | 2009/02/26 17:30

飼い主がいなくてもたくましく生活するものですね。
生き物たちは本来そうしたものでしょうか。人間のほうがひ弱になってしまいました。
ポージィさんはじめ周囲の方たちも優しく見守ってあげているのでしょう。

投稿: 横浜のおーちゃん | 2009/02/26 20:55

◆横浜のおーちゃん、ありがとうございます ♪

猫ちゃんには、このうずくまっているお宅の援助が、
ウコッケイたちには周囲の暖かい見守りと畑の野菜の助けがあって、
生き延びていられるのかなと思います。
彼ら自身の生きるたくましさはもちろんあるでしょうけれど、
自然の少ない町中で彼らの力だけで生きていくのは難しいですけれど、
そこに人の温かさが加わることで可能性が広がるのでしょうね(^^)
私は恥ずかしながら、たまに見かけたときにホッとしているだけの
完全な傍観者にとどまっています。

投稿: ポージィ | 2009/02/26 21:08

ポージィさん、こんばんは。野良猫ちゃん、すっかり大きくなって、面立ちがとてもしっかりしてきています。どこかで、餌を貰っているのでしょうね。これほど可愛い顔をしていれば、拾って飼ってあげたいと思います。(ネコ嫌いだけれど)
ウコッケイ君、仲間を見付けて勇気百倍でしょう。これが、昔だとたちまちネコに捕まって餌食になるか、それとも怖いオッチャンが掴まえてヤキトリになってしまうところです。

投稿: polo181 | 2009/02/26 21:50

猫ちゃん、ずいぶん穏やかな表情になっています。
どうやら食べる心配はしなくていいんでしょうかね。
美人さん(雌と決めています)ですよね~~

へー、ウコッケイも元気だったんですね。
よかったですね、お仲間といっしょになれて。
いやいや、ふたりの奥さんを持ったってことになるんでしょうか(笑)。
これで2世でも誕生したら、どこかのTV局が取材にくるかもですよ。
とにかく食べられたんじゃなかったことがわかり、ほっとしました(笑)。

投稿: goro’s | 2009/02/27 04:44

猫ちゃん、大きく成長していたのですね。
猫の箱座りってとてもお行儀がいいといつも感心します。
人間も時には真似しなくては。

本当にこのウコッケイは黒くないですね。
混血らしいというのも頷けます。
野生化しているたくましさが伝わってきます。
畑のオーナーさんに祈りたい気持ですね。

投稿: tona | 2009/02/27 08:30

◆polo181さん、ありがとうございます ♪

こんにちは。
野良ニャンコ、健康そうな美猫に育ってきていますよね。
多分、座っているこのお宅で援助してもらっているのではないかと
思っています。poloさんも手を差し伸べてやりたいとお思いですか。
なんと猫嫌いでいらっしゃるのに!(^^)アハハ
でも ほんと、それくらい可愛い顔していますよね。

ウコッケイ君、仲間に会えてよかったです。道路の向こうとこちらに
分かれていたのですが、無事渡れてホッ。
そうですね~ 昔は今よりもっと猫や野犬、焼き鳥おっちゃんの
脅威が大きかったことでしょうね。
さてその後の彼らの運命やいかに… 無事であれと祈っています。


◆悟郎さん、ありがとうございます ♪

猫ちゃん、いい表情してますよね。すんごく可愛くて私好みheart04
はい、私も今のところきっと雌だと思ってます~

白い羽が散らばっているのを見ていましたからね…
ウコッケイが仲間と合流して元気にしている姿を見たときは
ほっと胸をなでおろしました。
2人の奥さん? う~ん、ウコッケイは雄で、頬の赤い2羽は
雄と雌なんじゃなかろうかと思うのですが… だとすると
やがて仲間割れが起きるのかしら?それとも逆ハレム成立??
ウハハ TV局取材ねぇ。そんなことになったらこの田舎がえらい騒ぎに
なっちゃいますね。


◆tonaさん、ありがとうございます ♪

猫ちゃん、成長してました~ それもこんな美猫に!
猫の箱座りって面白いですね。前足をあんなふうに内側に
折り込むなんて。はい、人間も見習わなくては(^^)

そうなんです。黒い顔のウコッケイが合流したお仲間は、黒い顔を
していませんでした。混血なのか白色レグホン辺りなのか、
真相は謎ですが、どちらもたくましく生きていてくれてほっとしました。
でもこのところのような冷たい雨続きはどうやって凌いでいる
のかと気になります。
 

投稿: ポージィ | 2009/02/27 10:25

畑のオーナーさんが、放し飼いしているわけじゃないのですね?
子供の頃、ウコッケイではありませんでしたが、養鶏もやっていた菊婆さんを思い出します。

この猫ちゃん、連れて帰りたいcat

投稿: noodles3 | 2009/02/27 17:00

◆noodles3さん、ありがとうございます ♪

たまに放し飼いをしている方もいる(た)ようですが、
この鳥たちは畑のオーナーさんの放し飼いではなさそうですよ。
あら、noodlesさんのお菊お祖母ちゃんは養鶏もなさっていたんですね。
私の母の実家でも、昔は少しばかり飼っていたみたいで、
うんと小さい頃の記憶におぼろに残っています。
いつのまにか鶏小屋のない記憶に変わっていますが。

ウフフ noodlesさん、この猫ちゃんに心をつかまれましたね。
すっごく可愛いですものね~heart04
  

投稿: ポージィ | 2009/02/27 17:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50994/43944818

この記事へのトラックバック一覧です: いたいた♪:

« アレンジメントに咲く桜 | トップページ | 2度咲く幸福は3度咲く? »