« 春告げ花をさがして -その2- | トップページ | やっとかんばい »

2009/02/03

日向ぼっこのカップル

隣の空き地では現在、クズの枯葉がふっかふかの絨毯になっています。
風もなく穏かな冬の陽射しが暖かだったある日のこと、キジバトのカップルが
そのふっかふかの上で寛いでいました。思わずガラス窓越しにズーム撮り♪
    (gemini写真クリックでもう少し大きめ写真もご覧いただけますchick
 
          081212kizibato1
 
          081212kizibato2
 
          081212kizibato3
 
 
色の薄めのと濃いめのカップル。私はハトの雌雄を見分けることはできませんが、
なんとな~く、薄めが雌で濃いめが雄のような気がしました。
 
推定・雌は一時もじっとすることなく、ずーーーっと羽繕いし通しで、
推定・雄はほとんど動かず、用心怠ることなく辺りに目を配っている様子でしたよ。
相手が安心して好きなことをできるように、自分が気を張っていたのかな。
オレの女房はオレが守ってみせる! って? きゃぁhappy02heart04
ガラス越しのカメラにも気づいていたみたい… 背中越しに振り返っては
こっちを見てました。 写真では雌もこっちを見てますが、高速羽繕いの合間に
顔を上げた一瞬をたまたま撮れたものだけピックアップしたせいです。
 

|

« 春告げ花をさがして -その2- | トップページ | やっとかんばい »

コメント

おはようございます!

キジバトさんのカップル 可愛いですね。
木漏れ日を浴びてとても美しいです。
ガラス窓越しに撮られたとは思えません。
とても鮮明です。
微笑ましい~~!

投稿: fairy ring | 2009/02/03 10:15

ポージィさん、こんちは。
実は私、昨日のこと、キジバトさんを激写してたんですよ。
ってのもね、どうもうちの庭に住み着いてるかのようなキジバトのツガイがいるのですよ。
一昨年くらいからやたら見かけるんです。
でね、庭のあっちこっちに巣を作るものの、どうも夫婦揃ってヘタクソで、そりゃたまごが落ちるやろってくらいのすかすか(笑)
ダメじゃんって感じがまた微笑ましくて。。。
ポージィさんが撮られたキジバトもいい雰囲気ですよね。
うちのキジバトもかなりラブラブです。
その様子もかねて近いうちUPしますので見てくださいね。

投稿: ちょびママ | 2009/02/03 11:23

ぽかぽか日溜まりの鳩のカップル。
なんだかんだいっても日本は平和なんだ、と実感するカットです♪
立春にふさわしい、心温まる写真でした!

投稿: noodles3 | 2009/02/03 12:36

キジバトのカップルは本当に仲がいいですね。
クズの葉の間を探してたっぷり食事をした後でしょうか。ゆっくりとくつろぎの時間ですね。
我が家の窓からはフェンスの上で休むカップルが見えます。

投稿: 横浜のおーちゃん | 2009/02/03 14:06

◆fairy ringさん、ありがとうございます ♪

こんにちは。
キジバト・カップルがこんなに仲のいいものとは
近くでたまに見られるようになるまで知りませんでした。
微笑ましいですね~(^^)
この日は明るかったので、窓越しでも鮮明に撮れたのかも
しれませんね。

先日はこの空き地にお米を少し撒いて様子を見ていたところ、
ツグミが真っ先に見つけて平らげていました。


◆ちょびママさん、ありがとうございます ♪

こんにちは。
おぉ~ちょびママさんもキジバト・カップルを激写!されましたか。
お庭に巣をかけて住んでいるんですね。
え~?そのカップル揃って巣作りが下手なんですか?
卵が落ちそうなほどすかすか?それは相当ですねぇ。ワハハ
無事孵ってもヒナたちの足がズボッとはまりそう~
ちょびママさんちのお庭で暮らすラブラブカップル、拝見するのを
楽しみにしてますよ。ワクワク


◆noodles3さん、ありがとうございます ♪

そうですね!人間以外の動物たちも寛げる場所があるというのは
平和な証拠かもしれません。とりあえず、砲弾が飛んでくる心配は
絶対無いですしね。
それでも推定・雄は用心怠りなく目を配っていましたが(笑)


◆横浜のおーちゃん、ありがとうございます ♪

キジバト・カップル、仲が良くて微笑ましいですね。
家の近くで時折見る機会があって初めて知った仲の良さです。
集団生活をよく見るドバトでは分からないことですね。
食事もし、陽だまりで暖かく、寛ぎのひと時だったと思います。
かなり長い間いましたよ。
おーちゃんのお宅からはフェンスの上のカップル。
微笑ましい光景が、いつまでも見られるといいですね。

投稿: ポージィ | 2009/02/03 16:37

まぁ何と仲の良いカップルだろshine
ポージィさん推測のように
雌が自由に遊んでる時に雄がでんと構えてるのは
私の理想の夫婦像ですwink
カップルだけで行動するのはキジバトだけなんですかね
そして よく公園などで見かける鳩のことを「ドバト」と言うんですかflair
当然 ハトにも種類があるのに知らなかったなぁ。。
花のことだけではなく鳩さんのお勉強もさせてもらいましたhappy01

投稿: miki | 2009/02/03 17:04

◆mikiさん、ありがとうございます ♪

仲いいんですよ~ キジバト・カップルさん。
たまに1羽きりでも見かけますが2羽で一緒にいること多いです。
ウフフ 雌が遊んで雄はでんと構える、これmikiさんの理想ですか?
mikiさんご夫妻は理想どおりのような気がしますよ~wink
ハトの生態、正直言うと何にも知りません(^^;ゞ
でも、ドバト(駅などによく集団でいるグレー系の)が2羽だけで
っていうのを見たことがないんですよね。だからもしかすると~
ハトの種類ってほかに何があるんでしょ。
そういえば!!小学生のとき通ってた絵の塾には真っ白の
クジャクバトがいましたよ。クジャクバトを見たのは
あのとききりです。

あ~ココでの鳩さんのお勉強、間違ってるかもしれませんよー。

投稿: ポージィ | 2009/02/03 17:21

「春告げ花をさがして その1~その2」
「春を待つ その1~その2」
そして、「日向ぼっこのカップル」まで、拝見しました。その都度、その都度拝見すればいいのに、このところ横着していて申し訳ないです。
鳩についても、こんな可愛い写真とお話を聞くと、なんとなくほほえましい気分になりますね。平素公園などで見かける鳩は、やたら太っていて、それでいてずうずうしくて、私、正直あまりいい感じがしてなかったです。ポージィさんのような優しい心がなかったと、反省しています。
ローバイにもロウバイとソシンロウバイがあるとか。実はロウバイに種類があるなんて知りませんでした。今日たまたま、所沢航空公園に行ってロウバイ見てきましたが、あたり一面いい香りがただよっていましたね。さきに、ポージィさんのブログ読んでから航空公園へ行けば、もうちょっとよく観察したかもしれないと、ちょっぴり後悔しています。

投稿: 茂彦 | 2009/02/03 20:46

◆茂彦さん、ありがとうございます ♪

たくさん、それもしっかり見て下さってありがとうございます。
まとめてでも、一つ一つでも、見ていただけるというのが
とても嬉しくありがたいことです(^^)

うふふ 公園などに集団でいるグレー系の鳩は私もほとんど
観察したことがないんですよ。こちら↑の茶系のキジバトは、
あまり見かけない上1羽か2羽でいることがほとんど。カップルは
仲が良くて微笑ましい姿を見せてくれます。
公園などのハトたちは、餌を貰っていることも多いので、
それで丸々として人馴れした様子がずうずうしく感じられる
こともあるでしょうね。

あ、所沢航空公園へ行っていらっしゃいましたか。
ロウバイもご覧になったのですね。姿とともに良い香りも
お楽しみになれてよかったです。茂彦さんがご覧になってきたのは、
ロウバイ、ソシンロウバイ、どちらでしょう?
茂彦さんのブログで拝見できるのを楽しみにしています。
 

投稿: ポージィ | 2009/02/03 22:26

やっぱりこちらではキジバトは見かけません。
もしいたとしても、ドバトとの区別がつくかどうか…

あの… ですが…
もしかして雌雄逆ってことはありませんでしょうか?
いえいえ、ほら、鳥の世界では雄のほうが美しいというのが定説?ですよね。
おしゃれに気を使うのは、雄のほうなんじゃないかと。
だってこちら、休むことなく身繕いしてたんでしょう?
いえいえ、単なる妄言ですので、聞き流してください~~

投稿: goro’s | 2009/02/04 00:49

キジバトはこちらでもつがいで居ることが多いですね。
最近公園にもカップルで出現しだしました。
集団でワイワイガヤガヤやっているドバトさん達とはちょっと距離を置いてます。
ポージィさんちのお隣のクズの海で寛いでいる推定・雌は頼もしい推定・雄に見守られて幸せそう。
何も植えていない植木鉢の上に半分に切ったミカンを串で刺しておいたらメジロさんがやってきました。
食べ方がとにかくせわしない。
ミカンの実を突きながら頭も目もキョロキョロ。
用心しいしい食べてるんですね。
(場所的に写真を撮るのはムリなのがジャンネンムネン)
メジロが用心しているのは人間よりもヒヨドリのようです。

投稿: あまもり | 2009/02/04 12:17

キジバト夫婦に、我が家は学ばねばなりませんね。
「オレの女房はオレが守ってみせる」・・・・
そんなこと言ってみたいけど、現実は、
妻に世話ばかりかけています。
今日は、我が家に、メジロを招待しました。
今年初めてのメジロ撮影です。
可愛いですよ。
そのうち紹介します。

投稿: 鎌ちゃん | 2009/02/04 12:51

◆悟郎さん、ありがとうございます ♪

キジバトも人のいる場所で見かけることが多くなってきているそうですが、
悟郎さんの近辺ではまだお見かけにならないのですね。
ご覧になったらドバトとははっきり区別おできになると思いますよ。
公園などに群れていて、多くがグレー系(時に白や黒も)で
メタリックな緑やピンクの色が見える鳩たちと、茶系で羽に鱗模様が
はっきり分かるキジバトは、私でも見分けられますから(^^)

うはは お洒落に余念なしの方が雄で、用心怠りなしの方が雌ですか?
あたいの男に手ぇ出してみな、ただではおかんでぇ~って
ガン飛ばしてたんでしょか(^^;ゞ
どっちが真実に近いでしょうね。実はキジバトは雌雄同色
なんだそうですよん。


◆あまもりさん、ありがとうございます ♪

ドバトも一夫一婦制なんだそうですが、あちらは集団でいることが
多くてどの2羽がカップルかよく分かりませんよね。
その点、キジバトはカップル水入らずのことが多くてlovelyラブラブ
この↑キジバトカップルもラブラブで幸せそうですね。
ところが、同じカップルと思われる2羽、さっき私が外出から
帰ってきたときは、ちょっとはなれた木に1羽ずつとまってました。
いつもは仲良しなのに喧嘩でもしたかしらsmile

あまもりさん、野鳥にみかんを進呈されたんですね。
真っ先に気づいたのはメジロさんでしたか。うんうん、彼らは
ほんっと!せわしないですね。小さな鳥ゆえにいつも周りに
目を配っていなきゃいけない。あれで食べた気がするかしら?と
思っちゃいます。なるほど、人間以上にヒヨちゃんが怖いんですね。
人間は動きがのろいですけど、鳥仲間はすごいスピードで飛んで
きてしまいますものね。
あ~でも撮影に向かない場所とは残念ですねぇ。次は窓からこっそり
狙えそうな場所にして試してみてください。


◆鎌ちゃん、ありがとうございます ♪

今調べたら、キジバトだけじゃなくてドバトも一夫一婦制、
巣作りや子育ても協力し合って行い、固~い夫婦愛で結ばれて
いるのだそうですよ。
あわわわ…見習わなくちゃいけませんね!!!

鎌ちゃんのお宅では、昨年に続きメジロをご招待されたのですね。
用意されたご馳走はやはりみかんですか?
拝見するのを楽しみにしています(^^)
 

投稿: ポージィ | 2009/02/04 13:51

「おかあさん、今日は暖かくて気持ちいいね」
「そうね、こんな日はのんびりと散歩したいわね」
「kissしようか」
「あらいやだ、おとうさんたら、はずかしい」
「ほら、あそこから窓越しに見てるわよ」

「少し離れましょうよ」
「そうか、そんなに離れなくてもいいのに、もうちょっとこっちへおいでよ」
「はいはい!わかりました。このくらいでいいっでしょ」
「今日は暖かいからおべべをきれいにしよーと、あー気持ちいい」
「お父さんもやらない?」
「おれはいいよ」

そんな会話の聞こえる仲のいいお二人でした。

投稿: 夢閑人(ricky) | 2009/02/04 15:27

本当にほほえましい姿ですね。
私、鳥って賢いなあっていつも思ってるんです。
全ての種類が、というわけではありませんが、
鳥は比較的一夫一婦制で夫婦が協力して子育てしますよね。
夫婦のどちらかが欠けると
餌やりの関係で雛は育たないこともあるようですし。
その点、哺乳類はメスだけが子育てする種類が多いかも。
繁殖期にはオスが子どもを殺すことがある動物もいますし。
人間も哺乳類だということを考えると、まあ、アレですね・・・
高望みはしないほうが賢明だというこでsmile
ああ、私も守られてみたいわ・・・

投稿: koko | 2009/02/04 17:53

◆夢閑人さん、ありがとうございます ♪

きゃっ 夢閑人さんのお話の世界が広がりましたね(^^)
「キジバト夫婦愛物語heartある朝の情景」
う~ん、もっと気の利いたタイトルを思いつけるといいんですけど。
お互いに愛し合っているけれど、おとうさんキジバトのほうが
愛情を表したくって仕方ないみたいですね。
微笑ましくあったかーいお話をありがとうございました。
でもちょっと照れました~ happy01


◆kokoさん、ありがとうございます ♪

お互いに協力し合って巣作りをして卵を温め、雛に餌を運ぶ、
という鳥たちも多いですね。一夫一婦制で固い絆で結ばれる鳥も。

哺乳類は母子家庭が多いですか?ふむ…いろいろ思い浮かべると
その方が多いかも知れませんねぇ、確かに。
人間も哺乳類… あ あはははは…coldsweats01
深くは追求しますまい。
でも人間は知性や理性や文化文明を誇っている考えるアシでも
あるわけで。そのはずなのに裏切られている例をよく耳にするのは
なぜでせう。
 

投稿: ポージィ | 2009/02/04 21:20

カモとか白鳥とかもそうですが、カップルとなると仲がとても良さそうですね。
相手を間違えたり、浮気したりしないのかしらん?

投稿: ふくやぎ | 2009/02/04 23:19

◆ふくやぎさん、ありがとうございます ♪

一夫一婦制の鳥たちのカップルって、ほんと仲睦まじいですね。
相手を間違えることはないでしょうね~
私たち人間がちらりと見ただけでは同じ顔に見えますが(笑)
浮気もしないのかも。番の片方がしんでしまったとき、
残されたほうがすごくショックを受けて…という話を
聞いたことがありますよ。
それとも中にはするのもいるのかしらん?
人間もするのしないの色々ですもんねぇ(^^;)

投稿: ポージィ | 2009/02/05 09:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50994/43444879

この記事へのトラックバック一覧です: 日向ぼっこのカップル:

« 春告げ花をさがして -その2- | トップページ | やっとかんばい »