« がんばれ次郎坊 | トップページ | 花桃づくし -その2- »

2009/04/16

花桃づくし -その1-

今年の春はハナモモの写真をいつになくたくさん撮りましたので、2回に分けて
アップさせていただくことにしました。いい写真でもないんですけれどね(^^;)
  -その1-は、車で出かけた公園やクックとの散歩中に撮ってきたもの。
  -その2-は、すぐご近所の畑のものと、わが家のハナモモ嬢。
とにかくハナモモ写真オンパレードですので、適当にピックアップして見てやって
いただければ幸いです。
     (note写真クリックでもう少し大きめ写真もご覧いただけますnote
 
 090307sikinomori7hanamomo2  090307sikinomori8hanamomo3
 <私が今年初めて出会ったハナモモの花 県立四季の森公園にて 3/7撮影>
 
       090327sidaremomo1  090327sidaremomo2
     <白とピンクが同じ株から咲いていた「源平枝垂」? 3/27撮影>
 
       090327sidaremomo4  090402genpeimomo
   <「源平枝垂」?の絞りの花>  <「源平桃」背景はテルテモモ 4/2撮影>
 
 090405sidaremomo1  090328tigasakisatoyama2hanamomo2
    <八重の枝垂桃 4/5撮影>  <「テルテモモ」咲き始め 3/28撮影>
 
       090328tigasakisatoyama58hanamomo4  090328tigasakisatoyama60hanamomo6
        <「照手桃」 3/28撮影>   <「照手紅」 3/28撮影>
 
「テルテモモ」とは、箒(ほうき)状に上へと伸びていくのが特徴の「ホウキモモ」と
呼ばれる「ハナモモ」の一種です。(園芸種で大輪八重咲きの花がたくさん咲く)
神奈川県相模原に伝わる照手姫伝説にちなんで名付けられたそうで、
白花の「照手白」、赤花の「照手紅」、桃色花の「照手桃」、少し薄め桃色の「照手姫」
の4種類があるそうです。 人呼んで「照手四姉妹」?
<「テルテモモ」咲き始め>の写真の、いちばん手前に写っているのが「照手姫」では
ないかと思います。(そこまで意識して見てこなかったため、曖昧ですみません)
 
「ハナモモ(花桃)」:バラ科・サクラ属
            観賞用に品種改良されたハナモモは八重咲きが多く、
            白、桃、緋紅色などのほか紅白に咲き分ける品種などがある。
 

|

« がんばれ次郎坊 | トップページ | 花桃づくし -その2- »

コメント

おはようございます。

ハナモモの品種もたくさんあるのですね~
ホウキモモと呼ばれるモモの枝振りが面白いのが好きです。白いホウキモモを見ましたよ。
ネーミングの由来は 相模原にありでしたか~~

ウメの品種に 想いのままというのがありますが この咲き分けのハナモモは まさにその色合いに似ています。これもカタクリを撮りに行った時に見ました。まだ蕾でしたが・・・
私が知っているゲンペイシダレは 赤 白 ピンク 咲き分けととてもにぎやかしいですが・・
まさにキメラ! といった風情です。

投稿: fairy ring | 2009/04/16 09:46

昨日はコメントをありがとうございました。
ポージィさんところでちょくちょく和ませていただいては
仕事に励んでおりました。
これからもなかなかコメント差し上げることはできないかもしれませんが
どうかよろしくお願いいたします。
そして、今日の花もまた、なんてかわいらしいheart01
ピンクは癒しの色でしたよね。
いい感じです。

投稿: koko | 2009/04/16 12:50

ハナモモちゃんたちは、個人宅に立派なのがあり塀越しに溜息ついています。。
ゴローさんに伺ったゲンペイモモ。
白と、薄いピンク、濃いピンクと様々な見事な株を、鎌倉の至るところで眼にしますが、はやり個人宅(泣)。
今年は、眺めるだけで終りそうです。。。

投稿: noodles3 | 2009/04/16 15:34

かわいいですよね!お店の前のお宅には源平枝垂の大きな木が、毎年見事に咲きます。
わが家の花モモは、白花でちょっと地味です。
散歩道の途中のお宅は、照手3姉妹が咲いています。
どの子を見ても、かわいいと思ってしまうのがハナモモですね!

投稿: ロッキーママ | 2009/04/16 17:20

◆fairy ringさん、ありがとうございます ♪

こんにちは(^^)早くにお越しくださってありがとうございます。

ハナモモも色々あるみたいですね。私が知っているのはここに書いたこと
くらいしかありませんが。上へ上へ伸びていくホウキモモに
関心を寄せていらっしゃいますか。花を枝いっぱいに咲かせるのも
見事です。白いホウキモモをご覧になりましたか。
真っ白の花が福々しい感じですね。

ウメの「想いのまま」名前を聞いたことがあります。
↑こんな感じで、あまり色分けがはっきりとはしていないのですね。
そこに迷いつつ、源平枝垂ということにしておきました(^^;)
fairy ringさんがご覧になった源平桃はもっとはっきりくっきり
だったのですね。それぞれの遺伝子がはっきり主張するタイプなのかな~


◆kokoさん、ありがとうございます ♪

コメント残してくださって嬉しいです。これからもよろしくお願いします。

まだまだお忙しそうですもの、無理はなさらないで。
たまーに、見に来てるよん、と一言だけ残してくださったら
それでもう十分。(しっかり要求してる? coldsweats01
 
そうそう、淡いピンクは緊張感を和らげ気持ちを癒してくれると
いいますね。優しく甘いピンクの花を見ていると、人の心も
穏やか~に、優し~くなれるかもしれませんね。
(私はもっとピンクを見るべきだな…)


◆noodles3さん、ありがとうございます ♪

あぁ~ noodlesさんの会われるハナモモちゃんたちは、
深層の令嬢ばかりなんですね。塀の中で大切に守られていて。
カメラを向けづらい環境。そういうときは目で愛でるだけで
我慢しなくちゃなりませんね。塀から張り出してくれていたら
空に向かって枝先だけでも撮れるかもしれないけれど…
来年はきっと、公開されているお庭で咲く源平嬢にも、お会いになれますよ。
 

投稿: ポージィ | 2009/04/16 17:35

◆ロッキーママさん、ありがとうございます ♪

さすがは花を楽しむために作られたハナモモ。みんな可愛いですね。
おぉ、お店の前で、毎年見事な源平枝垂をご覧になれるのですか。
大切にされているのでしょうねぇ。
お散歩中には照手3姉妹も(^^)
ロッキーママさんのお庭のは白なんですね。輝くように咲く白も
純白のドレスをまとったお嬢さんみたいで素適ですよ!
仰るように、どの子を見ても、思うのは「可愛い」ですね。

投稿: ポージィ | 2009/04/16 17:40

いろんなところでハナモモをご覧になったのですね。
白から赤まで中間のピンクも薄いのから濃いのまであって遠目で見ても楽しめますね。
源平咲きはハナモモならではですが、枝垂れているといっそう素敵ですね。

投稿: 横浜のおーちゃん | 2009/04/16 20:51

美しいハナモモたちですね。
どれも素敵!
源平枝垂れはまだ咲いていますが、私はこれが大好きです。
テルテモモ、照手4姉妹なるものがあるのですか!
八重って豪華ですね。
相模原の伝説から付けられたということはそちらにしかないのでしょうね。

投稿: tona | 2009/04/16 22:09

ハナモモたち、艶やかに咲いていましたよね。
毎年思うのですが、ハナモモの花色って濃いですよね。
淡いピンクや白いものでも、色が濃いなと思って眺めています。

テルテモモには4番目の「照手姫」という子がいたんですね。
それで納得しました。
ピンクにも濃淡があるなって見ていたんです。
来年は四姉妹に登場していただこうかな~~♪

投稿: goros | 2009/04/17 01:03

◆横浜のおーちゃん、ありがとうございます ♪

今年はなぜかあちこちでハナモモがよく目に付きました。
植えられているハナモモの数が増えたのか、見事な花付きのものが
多かったのか?両方かもしれません。
この花木も遠くからでも目を引いて、楽しませてもらえますね。
遠くからでも、可愛い花をいっぱいに咲かせたハナモモを見つけると、
自然と顔がほころび嬉しい気持ちになりました。
源平枝垂は華やかで豪華、雅の世界という気がします。


◆tonaさん、ありがとうございます ♪

ハナモモさんたち、みんな豪華で可愛らしい顔をしていますね。
tonaさんのいちばんのお気に入りは源平枝垂れですか。
豪華、可愛らしい、に加えて雅も備えているハナモモですね。

本当に照手4姉妹と呼ぶかどうかは知りませんが、なんとなく
そういう感じですよね(^^)
大振りの花で花付きがいいのでとても豪華です。
照手姫伝説についてはちゃんと調べていないのですが、全国各地に
伝説があるとか。相模原にも伝説があり、このテルテモモが
生み出されたのが相模原だったので品種名に採用したようですよ。
もう全国各地に広まっているのではないでしょうか。


◆悟郎さん、ありがとうございます ♪

はい、あちこちで素適なハナモモたちを見せていただきました。
いやはや、よそのはみんなすごく豪華♪ 「艶やか」えぇ、まさしくですね。
淡いピンクでも白でも花色が濃いとお感じになるという、その感じ
分かる気がします。花びらにあまり透明感がないというか、
だからといって決して厚くはないのですけれど。なんでしょうね、
色素の密度が濃いのかしら??それとも八重の幾重にも重なる花びらが
そう感じさせるのでしょうか。

悟郎さんがご紹介くださったテルテモモのなかに、照手姫は
入っていませんでしたっけ。ピンクの濃淡には気付いていらしたんですね。
一番最後に生み出された子だそうですよ。
はい、来年はぜひ照手四姉妹特集をお願いいたします~(^^)
 

投稿: ポージィ | 2009/04/17 09:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50994/44625378

この記事へのトラックバック一覧です: 花桃づくし -その1-:

« がんばれ次郎坊 | トップページ | 花桃づくし -その2- »