« 今年のお花見 2009 | トップページ | 常緑のマンサクたち »

2009/04/09

ハラペコ一心不乱 

お花の話題が続いていますので、ここらでちょっと一息入れることとしましょう。
 
もう随分前のことになりますが、隣市の公園へ行った時のこと。 
草地でたくさんのドバトたちと数羽のムクドリたちが、一心不乱に何かをついばんで
忙しくしていました。
少し離れた所(鳥たちが逃げない距離)から見る限り、こんなにたくさんの鳥たちが
夢中で地面をつつくようなものは何も見当たらなかったのですけれど、鳥さんたちには
ご馳走が落ちていたのでしょうか。
 
くちばしでピャッ!ピャッ!と勢いよく表面を払ってはツンツンとつつく、
少し歩いては ピャッ!ピャッ!ツンツン … テケテケ ピャッ ツン ピャッ ツン …
動画でお見せできないのがもどかしいですが、こんな感じでした。
     (chick写真クリックでもう少し大きめ写真もご覧いただけますeye
 
             090228fureai6hato1_2
090228fureai7hato2 090228fureai8hato3
 
 
一方、川の岸辺近くではコサギが一心不乱に餌探し。
じっと立って水中を見つめているかと思いきや、片足に体重を乗せ、もう一方の足を
小刻みにすばやく動かしているのです。その動きの細かさと速さは、私の不器用な
足では全く真似できませんでした。手ならなんとか…?(^^;)
頭の2本の冠毛が風でたなびくのも、尾羽の先が濡れそぼるのも、まるで意に介して
いない様子。とにかく獲物をお腹に入れなくちゃ!という感じでした。
 
090228fureai10kosagi1 090228fureai11kosagi2
             090228fureai12kosagi3
 

|

« 今年のお花見 2009 | トップページ | 常緑のマンサクたち »

コメント

>くちばしでピャッ!ピャッ!と勢いよく表面を払ってはツンツンとつつく、
>少し歩いては ピャッ!ピャッ!ツンツン …
>テケテケ ピャッ ツン ピャッ ツン …

読みながら頭の中で動画にできました。(^O^)
こちらの河原では草を刈った後によく見る風景です。
ハト、ムクドリ、スズメ、時にはカラスも(カラスは群じゃない)。
ハトも野生(否定する人もいるけど)。人から貰うエサだけで生きているわけじゃないし、決まった時間にお食事ができる保証もなし。食べられる時に食べておかなきゃね。
それにこの時期、栄養をつけないと健康な卵も産めない。

わぁ、下の3枚のコサギの写真、最高ですね。ナイスショット!
そうそう、足で水を掻き回して魚をおびき寄せるこのコサギの漁。
この漁を最初に見せていただいたのはpoloさんでした。
去年、こちらの鶴見緑地で直接目撃できた時は感激しました。
ポージィさんも見ててワクワクしたでしょ。
で、このコサギさん獲物を獲得できたのでしょうか。

下の境川の花見、綺麗ですね。
こんなに綺麗な桜並木が近くにあるのならわざわざ遠出をする必要なし。
今年は桜の咲き始めた頃からしばらく冷え込んだので満開になるまで日にちがかかりました。で、去年の大阪の満開はいつだったかとMyBlogを振り返ったら4月5日でした。な~んだ満開は去年と同じ日だったのかと。
ソメイヨシノの開花や満開は毎年関東方面より大阪の方が遅いのに、今年は関東と同じ頃に満開。こんな年もあるんですね。

投稿: あまもり | 2009/04/09 13:50

さあ、何をついばんでいるのでしょう!
ミミズだとキモい。。(失礼)

花だけじゃなく、動物たちとも対話しながらのポージィさんの、散歩。クックの脚に会わせてのんびり、ゆったり歩かれるのでしょうね。ちょっと想像したら、こちらもうららかになります♪

投稿: noodles3 | 2009/04/09 14:45

◆あまもりさん、ありがとうございます ♪

ウハハ しっかり想像してくださったんですね。
動画になりましたか、嬉しい~ happy01
やっぱりこんなふうな様子を目にした事のある方の方が、頭の中で
動画にもしやすいですよね。河原に散髪隊が入った後、よく見られるんですね。
落っこちた実や虫が見つけやすくなるのしら。
野生で生きる生き物たちは、食べられるときにしっかり食べて
おかないと!一日の仕事の大半が食べることなのもうなずけますね。
それにそうそう、卵を産み育てる大仕事も待ってますしね。

コサギの写真は、あまりに一心不乱だったのでかえって撮りやすかったです。
立っている足元に水紋が広がっているのが、足を小刻みに動かしている証拠。
あまもりさんも目撃されたのですね。
しばらく見てましたけど、努力の甲斐なく魚は1度も捕れませんでした。
多分私たちが立ち去った後には…

お花見の記事も見てくださってありがとうございます。
この場所、規模は小さいですけど、あまり人が多すぎなくて、私は
お気に入りの場所です。ハイ、ここで十分満足できちゃいます(^^)
今年の桜は開花は早かったものの、寒の戻りが響きましたね。
いつになく長く楽しめてそれもまたいいなぁと思いました。
大阪では満開になったのは去年と結局同じになったのですね。
色々な年があって、桜まつりなどの企画が思い通りにいかないのも、
案外面白いんじゃないかと思います。(人事だと思って、と言われそう)
桜の木の中の司令部で、開花促進係がじっと気温などの様子を伺っている
姿を想像すると何だか愉快です。


◆noodles3さん、ありがとうございます ♪

目に見えるものはつついていなかったんですよ。
ミミズだったら細長いのがピロリン~ってくちばしから
ぶらさがるのが見えそうですもんね(^^;)

クックをせかして歩かせることはもうしませんが、
3人で公園など歩いていると、いつも待たせるのはむしろ私のほう
なんですよ。普段の散歩と違って、クックのリードを
持たなくていいとなると、いつも以上にあっちをキョロキョロ
こっちをキョロキョロ、やたら撮りたいものが登場するのです。

投稿: ポージィ | 2009/04/09 15:59

春になって生き物も活動的になりましたね。
バケツに水を溜めておくと、ハトもスズメもそこから水を飲んで行きます。
ハトはもうすぐ産卵の時期なので、今一生懸命食べているのでしょうか。
ところで、ハトってミミズ食べるのでしょうか?

投稿: ロッキーママ | 2009/04/09 17:20

◆ロッキーママさん、ありがとうございます ♪

すっかり暖かくなって、植物も動物も活発になりましたね。
当然虫たちの活動も活発になってきて、まもなく蚊対策を
しないと玄関前にすら出られなくなるかと思うと、その点だけ
ちょっと憂鬱です(^^;)
鳥たちは、餌を撒かなくても水を溜めておくだけでも近くへ
来るんですね。バード・バスですね♪

実はこの写真を撮ったのは2月末。このときは産卵準備のため
というよりも、たまたま何かご馳走が落ちていたんでしょうね。
はとの食性は草食性と書かれていました。じゃ、ミミズは食べませんね(笑)

投稿: ポージィ | 2009/04/09 17:28

うわ~ すごいペースで更新!
土日はされないのですよね~

私もたくさん画像が貯まっているので 毎日更新と行きたいところですが 現像したり選んだり 説明をつけたりすると毎日はとても~~
簡単な写真だけにしたい!笑

コサギ すごいですね~
ポージィ さんが写真を撮られてもご飯をゲットすることに夢中だったのですね。

投稿: fairy ring | 2009/04/09 18:26

こんばんは。
ムクドリはともかくドバトやキジバトは多少近づいても平気で・・というより夢中で食べていますね。
落ち葉の下に木の実・草の実が隠れているのでしょうか。
片足をゆすって魚や虫を追い出すなんて誰に教えてもらったのか、コサギたちはみんなやりますね。
きょうはダイサギがいましたよ。

投稿: 横浜のおーちゃん | 2009/04/09 19:45

◆fairy ringさん、ありがとうございます ♪

アハハ ブログを始めたばかりの頃は、コメントもいただけないのに
皆勤賞で毎日更新。それからいつしか日曜休みが土日休みになり、
昨年は指が痛くなったこともあって、週休3日に。
でもこのところはまた週休2日になっていましたね(^^;)
3日目のお休みについては流動的に考えていこうと思っています。
GW、夏休み、冬休み、とまとめてドカンとお休みもしますし。

fairy ringさんの記事はとてもお詳しいですもの、かかれるのに
時間が掛かりますよね。私のこの内容ですら、これで結構かかって
いるのですもの。さらにお写真も現像…ということはフィルム写真で
いらっしゃる。デジカメ写真を取り込んで選ぶのとは大違いです。

このコサギ、見下ろしてみていましたが、それでも数メートルの
距離でしたよ。頭の中は食べることでいっぱいって感じでした(笑)


◆横浜のおーちゃん、ありがとうございます ♪

こんばんは。
お食事にこれだけ夢中だと、少々近づいても意に介さず、
って感じですね。このときはずーっと地面をつつき続けていましたよ。
たまたま、草の実などたくさん落ちていたのかもしれませんね。

コサギたちの漁、面白いですね。最初はただじっと立っているのかと
思ったのですが、よく見たら片足が小刻みに動いていて。
ほんとうに、こういうことはどうやって覚えるのでしょう。
不思議ですね。
今日も行かれたのですか?ダイサギがいましたか。珍しいですね。

私もまた久し振りに行きたくなりました。
 

投稿: ポージィ | 2009/04/09 21:09

ポージィさん、こんばんは。ドバトが一心不乱に何かを啄ばむ、さーて何が落ちているのでしょう。場所はどうやら散髪の終わった原っぱのようですから、草の種が沢山落ちているのでしょう。私は、このような情景を見ると、涙が出るほど感激します。「なんと私は幸せなのだ、欲しい時に欲しいものが手に入る お腹はいつも満腹だ」それにひきかえ、野鳥たちは羽を足を休める暇なくその日の餌を捜し求める、何たる違いなのか、とね。動物園で、サルがバナナをほおばるのを見て、おもわず「お前はなんと幸せなのだろう」とつぶやいたことがありました。

投稿: polo181 | 2009/04/09 21:23

今晩は。
鳩とムクドリ、仲良く餌を啄ばんでいますね。
ここにどんなご馳走があるのか、本当に思います。
ご馳走が豊富で、生き物達が安心して暮らせる
自然環境であって欲しいものです。

コサギ、美しいですね。
この美しさの裏にある、野生の逞しさ、
外面ばかり飾って、内面の乏しい人間が
学ばなければならないところでしょうね。


投稿: 鎌ちゃん | 2009/04/09 21:26

鳩が地面を突っついているの、冬場にはよく見かけます。
忙しなく動き続けて、まさに一心不乱ですよね。
ベンチに座っていると、1mくらいまでやってきますよ。
草の種子を探して食べているんでしょうかね。
見てる限りでは、成果らしきものがあったとは思えないんですけどね(笑)。

投稿: goros | 2009/04/10 01:56

◆polo181さん、ありがとうございます ♪

こんにちは(^^)
たまたま、草の実がたくさん落ちていたのかもしれませんね。
つついてつついて、実だと思ったらただのゴミだった、という確立も
相当でしょうから、これだけの時間と労力にして、得られる成果は
僅かのものですよね、きっと。ものすごく大変な思いをして日々の
食料を得ているのですから、人間が餌を撒いたら嬉々として
押し寄せるのも当然です。
poloさんの書いてくださったようなこと、私も思うことがあります。
労せずして食料を手に入れられ、飢えることなく日々生活している
自分はなんと恵まれているのだろう、って。
飢えというのを経験したことがないのは、本当に幸せなことですよね。
こうした自然界の生き物に限らず、世界には日々飢えと向き合って
生活している人々だっているのですから。
今の生活の中から不満を探すようなことはせず、幸せを探すべきですね。


◆鎌ちゃん、ありがとうございます ♪

こんにちは(^^)
お互いに喧嘩することもなく、何となく等分の間をおいて
ついばみ続けていました。何度も何度もついばみ続けるうちの
どれほど、食べられるものが見つかっているのでしょう。
一部の人間だけがこの地球のもたらす恵みを独占するのではなく、
人も他の生き物も、皆が幸せに食べていけるような世界であると
いいですね。そんなエデンの園のようなことはなかなか無理かしら。

真っ白なコサギ、美しい鳥ですね。
こんな美しい鳥でも生きていくためには一生懸命の努力を
しているということ、ぜひとも知っているべきですね。


◆悟郎さん、ありがとうございます ♪

食べものが少ない冬場は、毎日の糧探しに費やされる労力も
時間も増えるため、こんな姿を目にする機会も多いのでしょうね。
ほんと、みんな一心不乱でした。夢中になるあまり1mなんて距離まで
近づくこともありますか。もしつつくたび毎回何かしら
食べ物が口に入っているなら、あれだけの時間つつき通していたら
とっくに満腹でしょうに。実際は得られるものは僅かなんでしょうね。
こちらの目にも収穫があるようには見えませんものね。
 

投稿: ポージィ | 2009/04/10 09:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50994/44301188

この記事へのトラックバック一覧です: ハラペコ一心不乱 :

« 今年のお花見 2009 | トップページ | 常緑のマンサクたち »