« 上品だね センダン | トップページ | ネジバナの咲く丘 »

2009/06/26

貴婦人 夏椿(ナツツバキ) '09

狭いわが家の庭で咲く数少ない花の中で、最も愛しているのが「ナツツバキ」。
「貴婦人」と呼んで毎年その白い花が咲くのを楽しみにしています。
今年も6月初旬に咲き始めました。昨年に続いて蕾がたくさん付き次々と咲き続け
重い空の続く梅雨の日々を慰めてくれました。
 
毎年同じような写真ですが、今年の花も見てやってください。
      (cute写真クリックでもう少し大きめ写真もご覧いただけますclover
   
         090604natutubaki_first1
            今年のいちばん花 6/4に開花しました。
 
090607natutubaki_sakihazime 090609natutubaki2
      ふっくら開き始めの様子    一日花で花びらが散らずにぽっとり落花します
 
         090609natutubaki3
       蕾の直径は1cm強 光沢があって大粒の真珠が隠れていそう
       花の直径は5~7cmほどで花びらには繊細なフリルがあります
 
090611natutubaki_ame2 090611natutubaki_ame_usiro
                   雨のしずくを抱いた花姿
 
 
5月下旬には蕾がもう大きく膨らみ、もしや5月中に開花か?とも思いましたが、
結果は昨年(6/5)より1日早いだけの6/4でした。
6/26今日現在、残っている蕾もあと三つ四つとなりました。
 
早春の新芽の時期から始まり、大きくなった葉のなかに現れた小さな蕾が次第に
大きくなり、やがて白い花を咲かせる。花後は青い丸い実が次第に熟して秋には
焦げ茶色に。硬い実はいつしか弾け、葉は紅葉して散り落ち冬の枯れ姿に…
年数を重ねた幹の皮が剥がれ落ち、すべすべした木肌が見せる模様も美しく、
花の時期だけでなく、こうして四季折々様々な姿が楽しめます。
 
 「ナツツバキ(夏椿)」:ツバキ科・ナツツバキ属  日本原産の落葉高木
 

|

« 上品だね センダン | トップページ | ネジバナの咲く丘 »

コメント

まさに貴婦人というにふさわしい姿ですね。
この暑い空気の中、
写真を拝見しただけでひんやりとした上品な印象を受けます。
ポージィさんにふさわしいわーconfident

投稿: koko | 2009/06/26 12:59

こんにちは。
ナツツバキ・・・・木花が少ないこの時期に、
色を添えてくれていますね。
残念ながら私は見たことがないのですが・・・・。
「貴婦人」という名前に、ポージィさんを想像しながら見ております。

さて、先日、我がブログでお聞きいただいた、
「よひらぞ・・・」の件です。
「よひら(四葩)」というのは、ご存知かと思いますが、
紫陽花の別名です。
「ぞ」は「けり」「かな」「や」などと同じ、俳句の切れ字です。
ここでの使い方が正しかったかどうか、それは自信ありませんが、
俳句では、「切れ」というのを強調されますので使いました。
「よひらは」では、切れがなくなりますので・・・。

投稿: 鎌ちゃん | 2009/06/26 13:23

あっ!やっとナツツバキの登場ですね。
たくさんの蕾がありますね~
たくさん咲いた証拠ですね。
うちのは2個しかさいてくれませんでした~
2本あったのですが 1本は駄目になってしまいました。
葉の感じも違っていたのですが・・・
ポージィ さんのところののはとても上品ですね。
うちのとも違った感じで。
うちは西日がよく当たるので花にはよくないのですが・・・
これは日陰の方が断然きれいですね。
TB できたら させていただきます~

投稿: fairy ring | 2009/06/26 14:42

このURLを私の記事の下に隠して(言及して)TBしたのですが 駄目のようです~~

投稿: fairy ring | 2009/06/26 14:52

◆kokoさん、ありがとうございます ♪

この花、いいでしょう。
梅雨どきの花というと真っ先に紫陽花が思い浮かびますが、
夏椿もちょうど梅雨の頃咲いて、爽やかさをもたらしてくれます。
貴婦人、認めてくださいますか? 嬉しいなぁ~

私にふさわしい… 夏椿がお手本になるということなら
わかりますが、釣り合っているという意味でしたら
夏椿がかわいそうですよん smile


◆鎌ちゃん、ありがとうございます ♪

梅雨どきに爽やかさをもたらしてくれる素適な花ですよね。
鎌ちゃんは実ぶつをご覧になったことがないのですか?
それは残念です。いつの日かぜひ実ぶつをご覧になっていただきたいです。
1本まっすぐ立ち上がったのもいいですけれど、株立ちのものの方が
エレガントな貴婦人という感じです。
またまたまた~鎌ちゃんまでそんなことを仰る。
私なんて、どう逆立ちしても貴婦人とは似ても似つかぬおばさんです。

「よひらぞ」のご説明、ありがとうございます。
また私の無知をさらしてしまいましたが、「よひら」が紫陽花の
ことを言う、というそのことを知りませんでした。
旧仮名遣いで「ひ」を「い」と読むかとも思いましたので
ますますわけが分からなくなって(^^;ゞ
紫陽花のことと分かれば「よひら」は「四片」とわかり、
装飾花をさすのだとすとんと納得です。「四葩」という難しい
漢字はまたまた分からず、漢和辞典を引きました。
『はな。ぱっとさいたはな。白いはな。はなやかなさま。
あざやかなさま。』と出ていてまたまた納得。
勉強になりました。ありがとうございます(^^)


◆fairy ringさん、ありがとうございます ♪

はい、咲き終わる直前になってやっとアップできました(^^)
うちのも見てくださってありがとうございます。
やっぱり花の感じが違いますね。カタログで、さらに違う感じのも
見たことがあります。
2年続きでとてもたくさん咲いて、続けてこんなに咲いていいのか?
と思うほどでした。
fairy ringさんのナツツバキ、1本は残念なことでしたね。
西日には弱いのでしょうか。うちの日当たりの悪い庭は、
ナツツバキにとっては乾き過ぎなくて快適なのかもしれませんね。
TB、できそうでしたら是非。お願いします~
 

投稿: ポージィ | 2009/06/26 15:19

◆fairy ringさん、ご再訪ありがとうございます。
 
TBできませんか。できるときとできないときがあるのは
何故でしょうね。お手数おかけしました。
こちらからも試してみますね。

試してみたのですが、こちらからもダメでした。
なんでかなー

投稿: ポージィ | 2009/06/26 15:21

まさに貴婦人そのものですね。
良いですね、お庭に植えてあるなんて。
清楚で、品があって、こんな人間になりたいですよね。

今日も暑かったですね。
クックちゃんは大丈夫ですか?
ロッキーは、朝から冷房をいれたため、ご機嫌でした。
電気代が怖いですが、仕方ないですね。

投稿: ロッキーママ | 2009/06/26 17:46

ポージィさんが、「貴婦人」と呼ぶだけあり、美しいナツツバキですね! 丹精込めて育てていらっしゃるのでしょうね。

僕が見ることができるのは、植栽などで虫食いの酷いものばかり。
一度も撮った覚えがありません。。。

投稿: noodles3 | 2009/06/26 18:41

まさしく貴婦人で私も大好きです。
日本原産だそうで、こんな感じが日本的で合っていると思います。
わぁー、花びらにフリルがありますね。知らなかったです。
真っ白なドレスを着た貴婦人ですね。

雨の雫を抱いた姿も美しいですね。
椿科ですが、茶毒蛾などはつきませんか?

投稿: tona | 2009/06/26 18:41

ツバキは花弁が少し痛んだりしやすくて残念ですが、ナツツバキは美しいまま一日で落ちるので、清らかで美しい花との印象が強いです。
まん丸い蕾も魅力がありますね。

投稿: 横浜のおーちゃん | 2009/06/26 18:56

ポージィさん、こんばんは。なるほどこれは貴婦人です。純白のドレスを着た滅法スタイルの良いひとですね。
昨今この貴婦人にはとんとお目にかかりません。テレビはもちろんのこと、銀座を歩いても本当の貴婦人はいません。
数年前に、私のブログで書いた戦争体験話の中に登場する、片腕を失った女先生が、私が出会った最後の貴婦人です。なぜ、こんなに安っぽくなってしまったのだろう。あの頃からみれば数千倍も豊かになったのにねぇ。

投稿: polo181 | 2009/06/26 21:22

◆ロッキーママさん、ありがとうございます ♪

貴婦人の呼び名にご賛同いただけて嬉しいです。
狭い庭に何を植えようかと、あれこれ悩んだ末に選んだのが
ナツツバキでした。株立ちのナツツバキを、と近くの植木屋さんに
電話でお願いしてその日のうちに!植えてくれたのがこれだったんです(笑)
清楚で品がある人、これからこそそういう人になりたいものです。

暑かったですねぇ… 東京は真夏日でしたね。
明日はもっと暑くなるとかbearing
ロッキー君は冷房の入ったお部屋で快適ご機嫌、良かったです。
電気代にもエコにも目をつぶるしかないですねsweat01
うちも、私は1枚羽織って午前中からエアコンつけたんですが、
クックはお風呂場のタイルの上で涼をとってました。あれれ?
午後からは涼しい部屋に来ていましたが。
このところフゥフゥ呼吸が速くしんどそうにしています。


◆noodles3さん、ありがとうございます ♪

noodlesさんにも貴婦人にご賛同いただけて嬉しいです。
美しいナツツバキでしょう~~ と親馬鹿状態です(^^;)
実はたま~に根元に肥料を蒔く程度で、特に手入れはしていないのですよ。
うちの庭の、日当たりの悪い環境がいいのかもしれません。

え…虫食いのひどい状態のナツツバキばかりですか?
かわいそうですね、ナツツバキたち。ありがたいことにうちのには
虫もほとんど付きませんが、お仲間のヒメシャラが何本も虫食いで
ひどい状態になっているのは見たことがあります。


◆tonaさん、ありがとうございます ♪

tonaさんも大好きでいらっしゃるんですね。貴婦人ですよね!(^^)
エレガントさもあるけれど控えめで静かで品よく清楚。
大和撫子の貴婦人ですね。あははベタ褒めしちゃいます。

梅雨時に咲くので今年は雨に濡れた姿も撮ってみました。
そんな姿もしっとりとしていいものですね。

うちのナツツバキには幸いほとんど虫は付かないんですよ。
過去に1回だけ茶毒蛾ではない毛虫がついたことがありましたが、
そのときだけでした。でも、ネットで検索してみると、茶毒蛾も
つくことがあるようですね。これからもずっときませんように~~


◆横浜のおーちゃん、ありがとうございます ♪

そうですね。ツバキは傷みのない花を探すのが大変なくらいですが、
ナツツバキは一日花が幸いして美しいままですね。
貴婦人にも思える清楚さや美しさのわけはそこにもありそうです。
真ん丸の蕾は、マットな感じの光沢がまろやかさを醸しだしていて
これまた素適です。
 

投稿: ポージィ | 2009/06/26 21:57

◆polo181さん、ありがとうございます ♪

こんばんは。
貴婦人は言い過ぎではないですよね。そうですね、スタイルも良い人(^^)
昨今、スタイルの良い人はたくさんいますが、清楚で品があって、
内実伴った貴婦人といったら… なかなかお目にかかれないでしょうね。
私の身の回りでは、自分も含めてとうてい及びません。
poloさんがお書きになった、その女先生のお話、拝見していないので
分かりませんが、きっと凛としものを持った方だったのではないでしょうか。
物の豊かさは、一方では別の部分の貧しさを招くものなのかもしれませんね。
 

投稿: ポージィ | 2009/06/26 22:07

ポージィ家の箱入り娘、いえいえ、貴婦人さま~~、ご登場ですね(笑)。
今年もきれいに咲きましたね。
あっちやこっちで(笑)何回も書きましたが、私の中ではナツツバキの花=ポージィさんですのでね、梅雨時には街のあちこちでポージィさんを見かけます(笑)。
通勤途中のナツツバキは、すでに花は終わってしまいました。
ポージィさんと出会うのは、来年まで待たなくてはいけません(笑)。

投稿: goro’s | 2009/06/27 01:58

◆悟郎さん、ありがとうございます ♪

わが家の貴婦人、まずは自分がたっぷり愛で尽くしてから
やっとの登場です。箱入り娘、ではないんですよ。
愛されてはいても、他の植物たち同様「放任愛?」なので(笑)

毎年ナツツバキのことは思い入れたっぷりに褒めちぎってますから
悟郎さんの中ではナツツバキ=ポージィの式が確立してしまいましたね。
街のあちこちで私のことを思い出してくださってありがとうございます。

もう、花期も終わりですね。うちのも今月いっぱいです。
かわって今度はグリーンの実がぷっくりしてきています。

投稿: ポージィ | 2009/06/27 10:39

季節を感じますよね。
これがまた、木が良く伸びるので勢いを感じます。
これのつぼみもまた好きなのです。。

投稿: ふくやぎ | 2009/06/27 21:34

この白い花が咲き始めると、夏が来たんだな~・・・と。
緑の葉の中に真っ白な花が咲いている様は、正に貴婦人そのものの清楚さですね。
実は「ロココの庭」ではシンボルツリーになり損ねた花木でもありまして・・・coldsweats01
でもバラが終わったこの時期は間違いなく主役になっています。

投稿: ロココ | 2009/06/27 22:04

◆ふくやぎさん、ありがとうございます ♪

お返事遅くなってすみません~

仰るとおりですね。季節を感じます。
私の中ではナツツバキの咲く季節は梅雨の季節と重なっています。

蕾の魅力をご存知のふくやぎさんも、
かなりのナツツバキ・ファンですね、きっと!(^^)


◆ロココさん、ありがとうございます ♪

お返事遅くなってすみませんでした~

ロココさんもナツツバキの花に夏の始まりを感じられるのですね。
うちのは毎年決まって6月始めころに咲き始めますから、
やっぱり夏の始まり梅雨の季節の始まりを感じます。
貴婦人と呼んでいいですよね、この木の花♪
ロココさんにもご賛同いただけて嬉しいです~
おや、お庭でシンボルツリーになりそこねたのですか?
ロココさんのお庭の主役は、なんてったってバラですものね(^^)
でも、それぞれの季節によってスポットライトの当たる対象が
変わっていくのもいいですよね♪

投稿: ポージィ | 2009/06/29 09:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50994/45316078

この記事へのトラックバック一覧です: 貴婦人 夏椿(ナツツバキ) '09:

« 上品だね センダン | トップページ | ネジバナの咲く丘 »