« 手を差し伸べ クレマチス空へ | トップページ | 呼び止められて »

2009/06/10

ポピーのお花畑で

今日は、ひと月前にポピー畑へ行ったときの様子のご紹介記事です。
あれからもうひと月だなんて… 日の経つのが早すぎます~~
すぐ近所で、ひと月よりもっと前から咲いていたカリフォルニアポピー(花菱草)は、
今もまだ咲き続けていますが、こちら↓のポピーはもうすっかり咲き終わりましたね。 
 
……………………………………………………………………………… * * *
 
地元長後で、ポピーのお花畑が見られるというので、5/9(土)にいつものごとく
2人と1匹で行ってみました。果樹農家さんが、空いた土地を利用して、春はポピー
夏はひまわり畑にして公開しているようです。
広い場所が一面ポピー畑になっていて、なかなか見応えありましたよ。
¥500で花摘み取り放題だったので、それも楽しんできました。
ちょっと暑い日で、前日の雨で地面がじめついていたせいでずっと抱っこだった
クックには、面白くないしんどいだけのひと時だったかもしれません。ゴメンね。
     (heart写真クリックでもう少し大きめ写真もご覧いただけますnote
 
090509poppy1   090509poppy12   090509poppy6
 
  「ヒナゲシ」こと「シャーレーポピー」こと「虞美人草」:ケシ科・ケシ属 かしら?
 
090509poppy15 090509poppy16 090509poppy41
 
090509poppy5kao 090509poppy21 090509poppy29kao
   おろして上げられなくて抱っこばかりのクック     真剣に花摘み中のポージィ
 
090509poppy32 090509poppy34 090509poppy39
 左と中写真は、駐車スペースにたくさん咲いていた
 「ストロベリーキャンドル」:マメ科・トリフォリウム属  ヨーロッパ原産
                 別名「ベニバナツメクサ」「クリムソンクローバー」
 
 右写真は、摘み取ってきたポピーを花瓶にいけたもの。
 でもね、ポピーは屋外で楽しむのがいちばんです! というのも、咲いた花は
 1~2日で散ってしまいますし、そのとき花びらのみならず大量のオシベと花粉も
 バラバラバラッ…と落下。おそーじがいちいち大変でした。
 
 (写真はすべて全て 5/9撮影 です。)
  

|

« 手を差し伸べ クレマチス空へ | トップページ | 呼び止められて »

コメント

おはようございます‥
目を見張る美しさ、~~ポピーの中でポピーに包まれている親指姫ような錯覚、頬もポッと色が射しましたか~
お花を摘んでお持ち帰りはポージィさんの腕の見せ所(生けたりするので)幸せ気分にもなりますね。
ストロベリーキャンドルも同系色のお花のようで
更にページが華やかでステキですね。
「虞美人草」という小説を読んだころ、ネーミングがステキで~大人になった感じがしましたね。
懐かしい響き…、ポピー?不思議な取り合わせです。

投稿: | 2009/06/10 09:51

赤いカーペット、まるで初夏のコスモス畑のようですね。近所の庭でもカリフォルニアポピーを見かけますが、こんなに広い花畑ができるほどの庭がある家は。。。あ〜無いことは無いかも。
はらはらと散る花びらも、また風情ありです。あ、掃除が大変でしたか。

投稿: LiLA管理人 | 2009/06/10 11:07

わぁ~きれいですね!本当にお花畑ですね。
その中でクックちゃんの不満そうな顔がかわいいです。
夏はひまわり畑に変身するのですか。
それも楽しみですね。
花びらが散る花って、春の花に多いですよね。
うちでは、散らない花を飾るようにしています。(笑)

goro'sさんへのコメントの中で、お見舞いのコメント
有難うございました。お見せしたい位に色とりどりなアザが出来ていますよ。さわると痛いです。
昨日は忙しいのと体調不良で最悪な日でした。
今日は自宅で、事務の仕事に替えてもらいましたので
今日はケガをしないと思います。(笑)

投稿: ロッキーママ | 2009/06/10 12:40

ちょっとだけお久しぶりです
ポピーというと 
車の芳香剤「く~るまにポピー♪」のCMを思い出してしまいましたhappy01

実は あの日 以来、、
少し間が空いてここへ来る時は願うような気持ちでクリックしてます
今日は 赤のお花畑が そんな思いも吹っ飛ばしてくれたようnote
色鮮やかですshine

投稿: miki | 2009/06/10 15:06

◆玲さん、ありがとうございます ♪

こんにちは(^^)
一面のポピー畑の中で、親指姫になったような錯覚ですか?
それいいです~。ロマンチックですてき♪
きっと頬にもお花の赤が反射してポッと染まっていたと思います。
ストロベリーキャンドルも同系の赤色で、今日は真っ赤な記事ですね。

摘んで持ち帰り~は思わず夢中になってしまいました。
花瓶にワサワサッと生けましたよ。楽しかったです。
どんどん散る、その掃除には閉口しましたが(笑)

ポピーと呼ぶと何だかとても可愛らしい響き。
虞美人草と呼ぶと、急に大人っぽい響きに変わりますね。
小説の虞美人草は夏目漱石の作品でしたね。私は今日まで
読まずに来てしまいました。


◆LiLA管理人さん、ありがとうございます ♪

一面絨毯のようなポピー畑、コスモス畑に匹敵するくらい
綺麗でした。広~いお庭をお持ちのお宅も多いでしょうから、
庭が一面のポピー花畑も夢じゃなさそう。でも花後が大変そうです…
花びらやシベ、花粉は地面の上に落ちる分にはどうってこと
ないですけど、家の中に落ちるのはかなり掃除が大変でした。
思った以上の花粉量で。ポピーは外で楽しむべし!と学びました。


◆ロッキーママさん、ありがとうございます ♪

さして期待せずに行ったところ、予想以上の面積で楽しめました。
ウフフ クックは暑かっただけでいいことなし。不満そうですよね(^^;)
この感じなら、ひまわり畑に変身した様子も是非見てみたいと思いました。

家の中に飾る花は、細かいのがばらばらと散るのは厄介ですね。
ポピーが、花びらはともかく、こんなにどっさりのシベと花粉を
落とすとは、ちょっと誤算でした。一つ学びましたよ~(笑)

う~アザの花が咲いちゃいましたね。痛そうです(>_<)
よほどひどく転ばれたのだと… アザで済んだのがせめてもです。
ご自宅でも、痛いのをかばいながらの動きが… 駄目押しの
怪我をなさらないよう気をつけてくださいね。
ときにロッキー君の調子はいかがでしょう?
お二人とも早く回復されますように。


◆mikiさん、ありがとうございます ♪

はい、ちょっぴりお久し振りです(^^)
「く~るまにポピー♪」ありましたねぇ。今でもあるのかな?

mikiさんが緊張しながらクリックして下さるという、そのお気持ち
よーくわかります。この前はあまりに突然でしたしね。
早いものであの発作から25日目です。
今日は、これまでの当ブログとしてはなかった 赤・赤・赤!
赤は元気をくれる色というのは本当みたいです(^^)
 

投稿: ポージィ | 2009/06/10 16:10

一面のポピー畑 すごいですね~
こういうのは あまり見に行ったこともないし 撮ったこともないです。
あっ! 思い出した~
冬に房総半島のお花畑に行ったことがありました~~ 摘んでもよかったのですが ポピーはすぐに萎れてしまいますよね。

夏はヒマワリですか~
秋はコスモスとか・・・

園芸種にはほとんど興味がないので そういうのを見に行くという発想がないのかも~~
クックちゃん 1度も降ろしてもらえなかったのですね~~
暑かったら 抱っこされている旦那様もさぞかし暑かったことでしょうね。
ポージイ さんだけが張り切っていらしたりして・・・笑


投稿: fairy ring | 2009/06/10 16:57

ポピーって、ゆらゆら揺れる姿は一番優雅に見えます!
お天気も良さそうで、どれも綺麗に撮れていますね。

ストロベリーキャンドルは未だ観ぬ花です。。

投稿: noodles3 | 2009/06/10 18:15

◆fairy ringさん、ありがとうございます ♪

一面のお花畑 というのには子供の頃からの乙女チックな憧れが
ありまして… 一面の菜の花 一面のコスモス 一面のひまわり etc.
地元で見られるとの情報がありましたから、いそいそと出かけました。
予想以上に見事でした。
そうそう、ポピーはすぐしおれますね。
持ち帰ってまずは水上げをしました。それから花瓶にワサッ!といけて。
でも、新たに咲く一方ではどんどん散るわけで、掃除が大変でした。
夏はヒマワリになるようですが、秋のコスモスはないようです。
ちょっと入れ替えが間に合いませんね。

私だけが張り切っていたかどうかはわかりませんが、
いちばん張り切っていたのは私でしょうね(笑)


◆noodles3さん、ありがとうございます ♪

風に吹かれてゆ~らゆ~ら ほんとその姿がいちばん優雅ですね。
お天気は前日の雨が上がって青空が広がっていました。暑かったです。
今でもポップアップウィンドウはとんでもない場所で開くのでしょうか?
にもかかわらず開いて見てくださってありがとうございました。

ストロベリーキャンドルは未見でいらっしゃいましたっけ。
ちょっと意外な感です。
 

投稿: ポージィ | 2009/06/10 19:20

今日はポージィさんのブログのお部屋、真っ赤に染まりましたね。
同じ赤なのに写真2段目の左と右のお花の中心のシベのあたりが随分違います。
私も千葉県で摘んできたことがありますが、こんなことも気がつきませんでした。
さすがポージィさんは花瓶にきれいに活けていらっしゃいます。長さをみて切ったりなさるのでしょうね。そんなことはしないでボンと活ける私はちょっといい加減すぎます。
クックちゃん、お花の中を歩きたかったのでしょうね。

無事お留守番できて良かったですね。

投稿: tona | 2009/06/10 20:17

こんばんは。
ポピーからヒマワリと一面の花を公開していただけるなんて嬉しいですね。
近所の造園のお宅が花菖蒲を毎年公開されるのですが、今年は花の具合が良くなくて公開されませんでした(行けば見せていただけます)
農家の方のご苦労も大変でしょうね。

投稿: 横浜のおーちゃん | 2009/06/10 21:20

ポージィさん、こんばんは。ヒナゲシが虞美人草なのですか。迂闊なことよ!
クック君、とても元気そうな顔をしています。あのような、生死を分ける大病をしたとは考えられません。大切に扱っているのですね。幸せな犬です。
ヒナゲシは生け花には向かないですか。見たところ沢山蕾が着いているから、何日も何日も楽しむことができたように見えますけれど、、
四枚目の写真はまるで銀河のように渦巻いています。このような撮影法も面白いと思いました。

投稿: polo181 | 2009/06/10 21:49

華やかな記事ですね~
思わず「オッオオ~sign03
これだけ一面だと圧巻でしょうね
そうそう、ポピーは切り花には向きませんね
ロココは風にゆれている様が好きです
こぼれ種で咲いてくれるので、そう言う意味でも好きな花です(笑)

投稿: ロココ | 2009/06/10 23:09

赤、赤、赤…
一面赤色系のポピー畑、見事ですね~~
私はポピーと聞くと、ついオレンジや黄色のもを思い浮かべてしまいますが、こちらは草丈もあって、素敵ですよね。

確かにポピーを花瓶に活けると、水上げしないものが首のところで萎れ、花びらはすぐ散るしで、あっという間に花が無くなったとの憶えがあります。
繊細な質感の花びらは、素敵なんですけどね。

投稿: goros | 2009/06/11 02:32

お早うございます。
う~~ん、何と美しいポピー園。

そこに立つ美男は項羽?美女は虞姫?
そして白い犬は錐?
ちゃんと、役者が揃いましたね。
さてさて、垓下の舞台の幕開けです。
   力は山を抜き 気は天を蔽う
   時は利あらず 錐行かず
   錐行かざるを如何にせん
   虞や虞や 汝を如何にせん

投稿: 鎌ちゃん | 2009/06/11 09:01

ポージィさん おはようございます

まぁ なんと目の覚めるような鮮やかなポピー畑!
梅雨の憂鬱さを吹き飛ばすようです

摘み放題・・燃えますね~
花瓶にいけたポピーも素敵ですが、
後が大変なんですね~
先日、庭のバラを娘が持っていったら
エレベーターの中、廊下と花びらが散ってしまい
拾うのが大変だったといわれました。

花びらがはらはらと散るものは外で見るのが一番ですね

投稿: glenn | 2009/06/11 10:32

◆tonaさん、ありがとうございます ♪

このブログがこれだけ赤に染まることって珍しいですよね(^^)
全体に赤系でまとまったお花畑でしたが、黒ずんだ赤から
淡いピンクまで色々ありましたよ。そして、お気づきのように
オシベ・メシベの部分の色も、黄緑&黄色系の明るいものと
どちらも黒ずんだものがありました。

摘んで帰ったポピーは花瓶に投げ活けしましたが、実際には
1本ずつ調整しながら入れました。
tonaさんも千葉で摘まれたんですね(^^)

クックは匂いを嗅ぎまわってマーキングしたかったろうと思います。
クックが地面に立つと花ははるか頭上で見えるのは茎ばかり
だったでしょうけれど(笑)


◆横浜のおーちゃん、ありがとうございます ♪

こんにちは。
何年か前、ヒマワリの時期にチラと見に行ったときはここまで
大規模ではなかったと思うのです。ですからそんなに期待せずに
行ったところ、予想を超える一面の花畑!これならヒマワリの時期にも
また行ってみたいと思いました。
花摘み取り料¥500、入場料¥100が、多少農家さんのおこづかいに
なるかもしれませんが、種代や公開するまでの草取りの労力など
考えたら、ボランティアでやってくださっているのですよね。
ありがたいことです。
おーちゃんのご近所の花菖蒲の公開は、今年はなしですか。
自然の気象等に左右されるものだけに、そういうこともありますね。
やはり農家の方の皆さんを喜ばせたいという気持ちやボランティア精神の
賜物ですね。


◆polo181さん、ありがとうございます ♪

こんにちは。
はい、かの「虞美人草」とは「ひなげし(シャーレーポピー)」の
ことだそうです。どんな花か分かると、伝説や小説の世界が
ぱぁっと開ける気がしますね。

クックの様子に気を留めてくださってありがとうございます。
実はこの写真は、クックのあの発作の1週間前のものなんです。
でも、今ももう、カンガルー抱っこしたクックはこのときと
同じくらいの様子です(^^)

ヒナゲシは、今回初めて切り取ったものを花瓶に挿してみたところ…
大量に落ちるオシベと花粉にも閉口しましたし、見る間に葉が黄色く
変色するのも今ひとつでした(活ける前にかなり整理したのですが)。
蕾は次々と咲いてくれましたから、くたびれた感じになりながらも
1週間ほどは飾れましたよ。でもやっぱり外で咲いているものの方が
綺麗です。

4枚目の写真、アップのものですね。銀河のよう…あぁ~ほんとだ。
ご指摘いただくまで気付いていませんでしたが(^^;ゞ、
そういう感じに見えますね!


◆ロココさん、ありがとうございます ♪

このブログでは珍しい「赤」がいっぱい!やっぱり華やかですね(^^)
はい、畑を目の前にしたときは「オォ~~ッsign03」でしたよ~
予想以上の規模で大満足。
今回、摘み取りOkということで、初めてポピーを活けてみましたが、
やってみて実感しました。この花は屋外で咲いているのを楽しむのだと。
そうそう、風に揺れているのがいいですよね。


◆悟郎さん、ありがとうございます ♪

赤・赤・赤 ここのブログ記事が、こんなに赤で染まることが
あるとは自分でも思ってませんでした(^^)
予想以上の規模で、一面のお花畑をたっぷり堪能させていただきました。
ここは一面赤系でそろえられていましたが、オレンジ黄色系で
そろえられているところもありますね。

悟郎さんもポピーを花瓶に生けられたことがおありですか?
私も今回初めて試したのですが、咲き終わった花のオシベと花粉の
掃除もさることながら、葉がすぐに黄色く変色したのも見栄えが
悪かったです。水上げはうまくいったようで蕾はほとんど咲いて
くれたので、繊細な花は1週間くらい楽しめましたが…
ポピーは外で咲いて風に揺れる様を見るのがいちばんと思いました。
お花屋さんで売られているのはどうなのかしら??
 

◆鎌ちゃん、ありがとうございます ♪

こんにちは。
想像していた以上に広い場所で、素適なポピーのお花畑を
堪能することができました。広い空き地にわーっと一面ポピーが
咲いているだけ、という何の飾り気もない場所ですけれど。

え、項羽に虞姫に錐ですか?
どこどこ?いったいどこにそんな役者が~?
まさか私たち一家のこと?こんなくたびれた役者3人じゃ
とてもその舞台はつとまりませんですヮ(笑)
ワンコも登場するとは知りませんでした。
 

投稿: ポージィ | 2009/06/11 11:17

◆glennさn、ありがとうございます ♪

こんにちは。
昨日で関東も入梅となりましたね~
もっと前からとうに入梅しているような感じでしたが(^^;
このブログでは滅多に見られない赤のオンパレード!(笑)
薄暗い日にこんな赤を見ると、ほんと目が覚めるようですね。

摘み放題、仰るとおりです。いやぁ~燃えちゃいました。
欲張って随分たくさん摘んでしまいましたよ。
おかげで毎日大量バラバラを掃除するはめに…
お嬢さんは、お持ち帰り途中でバラの花が散ってしまいましたか。
バラも花びらとオシベが結構の量ですから、散らばってしまったら
拾うのが大変ですよね。
バラはともかく、ポピーは絶対屋外鑑賞がいいと実感しました~
 

投稿: ポージィ | 2009/06/11 11:27

真剣に花摘みするお顔が見えません。
想像しましょう。
私の地元では、ポピーに混じりケシが咲くので、イベントは二年連続で中止です。。

投稿: ふくやぎ | 2009/06/11 22:49

◆ふくやぎさん、ありがとうございます ♪

花摘みオバサンのお顔は見えないほうが無難です(^^)
欲の皮が突っ張っていたかもしれませんから~happy02

あらら ケシが混じって2年連続イベント中止ですか?
楽しみにしていた方も多いでしょうに、残念ですね。
あの微細な種、一度ばら撒かれてしまったら根絶はかなり
難しいでしょうねぇ。
実際のところ混じって咲いていても大抵の人には区別なんか
付かないと思いますが、やっぱりダメなものはダメなのね。

投稿: ポージィ | 2009/06/12 10:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50994/45051763

この記事へのトラックバック一覧です: ポピーのお花畑で:

« 手を差し伸べ クレマチス空へ | トップページ | 呼び止められて »