« その後のクックと 涼感アレンジメント | トップページ | お別れの式 »

2009/08/28

たくさんのありがとうを

皆さま 

クックは、8月27日(木)午前5時50分、心不全と肺水腫により永眠しました。
久し振りに訪れた穏やかな3日半の後、最後の苦しい苦しい4日半を耐え抜いて、
最期まで生き抜いて、そうして旅立っていきました。
 
今日、ペット霊園でお葬式をしてもらってお骨を連れて帰りました。
きれいに頭の形が残って、クックの生命力の強さを象徴するようなお骨になりました。
 
 
クックにたくさんのありがとうを。
 
そして、一生懸命クックを応援してパワーを送ってくださった
皆さまにもありがとうを。
 
 
【クック】 (ロングコート・チワワ ♂)
  1994年1月24日誕生   同年4月17日縁あってわが家の子になる
  2009年8月27日永眠   享年15歳7ヶ月
 
 

|

« その後のクックと 涼感アレンジメント | トップページ | お別れの式 »

コメント

そうですか。
クックちゃん、虹の橋へ旅立って行かれたのですか。
心よりご冥福をお祈りいたします。

投稿: ロッキーママ | 2009/08/28 21:00

悲しいお知らせで私もがっくりです。
可愛かったクックちゃんのお顔が浮かんできます。
15歳7か月大往生ですね。
心よりクックちゃんのご冥福をお祈りいたします。
ポージィさんもどんなにか悲しく心重いことでしょう。
ゆっくり休んでください。

投稿: tona | 2009/08/28 21:08

なんと言葉をおかけして良いのかわかりませんが・・・心よりご冥福をお祈りいたします。

投稿: もりかみ | 2009/08/28 21:49

ポージィさん、こんばんは。とうとうこの日が来てしまいましたね。とても残念です。しかし、純血種が15年7ヶ月も生きたのだから、長生きの方だと思います。(私の愛犬は9年しか生きることができませんでした)
これからが貴方たちにとって辛い日がやって来ます。当分の間は、クック君が苦しみから解放されたのだから、ある意味でほっとして、肩の荷がおりたような気がするでしょう。しかし、日が経つにつれて、彼の賢さ、人懐こさ、従順さ、可愛さなどが思い起こされて心が締め付けられそうな悲しみが襲ってきます。どうか、それを乗り越えて、クックの供養をしてやりましょう。淋しがり屋のクックは、何時までもあなたたちのすぐそばにいることでしょう。

投稿: polo181 | 2009/08/28 22:46

いつか来る時とは言え、、、、
ただ、クックたんは、不幸な旅立ちではなく幸せな生涯でしたでしょう。
ポージィさんも。
本当に出会えてよかったですね。

私も。
クックたんを知って、良かったです。

投稿: ふくやぎ | 2009/08/29 00:10

そうでしたか、クックくん、旅立っちゃいましたか。
最後の最後まで、精一杯生きましたよね。
褒めてあげてください。
男前のクックのこと、忘れません。
ご冥福をお祈りいたします。
合掌。

投稿: goro’s | 2009/08/29 00:58

ポージィさんへ

奇蹟を信じていたんです

命あるものは必ずなくなるとわかっていても・・・

クックちゃんは沢山の幸せをポージィさんご夫婦と一緒に感じていたと思います
ポージィさんも心ゆくまで看病してあげられましたね
しばらくはお辛いと思います
お体だけは気をつけてくださいね

投稿: glenn | 2009/08/29 01:01

ご冥福をお祈りします。
クックは最期まで幸せだったでしょう(病気の辛さは置くとして)。ポージィさんの家の子でよかったと思います。とても幸せな生涯で、クック自身も精一杯がんばったからこそ、これからは息切れも気にしないで思う存分お散歩ができるし、好きな時にポージィさんたちの下へ戻って来るんでしょう。
きっと見守ってますね。お体を大切にしてください。

投稿: naomi | 2009/08/29 04:36

悲しいご報告をありがとうございました。

私も気になっていました。

クックちゃんが苦しがっている時
クックちゃんが逝ってしまった時、
どんなにかポージィーちゃんが、涙を流したかと思うと
私も苦しいです。

でも、クックちゃんは、本当に幸せだったと思います。
ご夫婦の子どもになって
どんなに愛され、楽しく暮らせたか。。。

きっとクックちゃんも、たくさんのありがとうを
言っていると思います。

私からも、大事な友人ポージィちゃんを
幸せにしてくれたクックちゃんに
たくさんのありがとうを 伝えたいです。

ご冥福をお祈りします。


投稿: myao | 2009/08/29 08:17

初めがあれば終わりがある、それが世の常とはいえ、
奇跡を信じたい気持でした。ポージィさんご夫婦に
みとられ、幸せな一生だったと思います。本当によく
頑張ったのですね。癒され、元気をもらったポージィさんの
ブログでした。気を落とされておることと思います。
今は何も申し上げることができません。ご冥福をお祈り致します。

投稿: 茂彦 | 2009/08/29 08:51

先日の朝散歩の時、御主人と散歩をしていました。落ち着いた目であたりを見回し今生の別れをしていたのかもしれない。ある時期から私を見ても吠えず愛らしかった。「生あるものは死す」世の常だとは言うものだが別れは辛い。いつまでも忘れずにいてほしい。

投稿: 近所のおばさん | 2009/08/29 08:58

そうでしたか~
お辛いお気持ちを抑えられてのご報告 胸が痛いです。

最後の最後までポージィ さんご一家に看取られてクックちゃんは感謝していると思います。
お二人で決められたことがベストだったと思います。

今頃は虹の橋で元気に走っていることと思います。
ペットロスは いつまでも癒えることはないと思いますが いつもお二人を見守っていてくれることでしょう。
心より クックちゃんの冥福を祈ります。

ポージィ さんたちもお体お大切にされてくださいね。

投稿: fairy ring | 2009/08/29 09:17

そっかぁ。。。寂しくなったね、ポージィさん。
クック、頑張ったんだよね。
頑張ったけど、どうしようもないことってあるもんね。。。寂しいね。。。
けど、クックはきっと、ポージィさんチで一緒に過ごせたこと、きっと喜んでいる筈よ。(^^)

どうぞ、お身体に気をつけてお過ごしくださいね。

投稿: たんぽぽ | 2009/08/29 16:37

クックたんありがとう。
最後はよくがんばったね。
しんどい思いいっぱいしたかもしれないけど、今はもう大丈夫だよね。痛みも取れてポージィさん宅で元気に走り回ってるよね。
私とポージィさんとクックたんと出逢わせてくれてありがとうね。
いつもかわいいお顔の写真みるのが大好きだったよ。
いまでもずっと会社のPCの壁紙はクックたんだよ。
会ったことはないけど、本当に勝手にだいすきだったy

投稿: えりえり | 2009/08/29 16:45

クックたんありがとう。
最後はよくがんばったね。
しんどい思いいっぱいしたかもしれないけど、今はもう大丈夫だよね。
痛みも取れてポージィさん宅で元気に走り回ってるよね。
私とポージィさんとクックたんと出逢わせてくれてありがとうね。
いつもかわいいお顔の写真みるのが大好きだったよ。
いまでもずっと会社のPCの壁紙はクックたんだよ。
会ったことはないけど、本当に勝手に大好きだったよ。
クックたんが虹の橋に行ってしまたことを知って、悲しくてしかたないよ。
ウチにもひょいと遊びに来てね。
キヨに逢ったらよろしくね。


ポージィさん・・・なんとお声をおかけしていいのか、うまく言葉がみつかりません。
まだきっとよく眠れない日が続いてますよね。
クックたんのことを考えて涙があふれる日が続いてますよね。
ポージィさんご夫妻がゆっくりと、ゆっくりと、元気になることを祈ってます。
本当にゆっくりと、無理なさらずに。

投稿: えりえり | 2009/08/29 17:01

うまく言えませんが・・・
心よりご冥福をお祈りいたします
クック、クック、クック・・・
おやすみなさい

投稿: ロココ | 2009/08/29 20:11

クックたん、旅立ったんだね。
ポージィママとクックたんとの散歩の数々のエピソード。
ポージィママの撮った野草の陰には必ずクックたんの姿がありました。
たくさんの楽しい思い出をありがとう。
クックたん。決して消えることのないこの思い出をこれからも抱いていきます。
そしてクックたんを見守り続けたポージィママとパパ。
お疲れさまでした。お身体を労りくださいませ。お疲れが出ませんように。
∞あまもり&セピア∞

投稿: あまもり | 2009/08/29 21:24

そうですか。
クックちゃん、旅立たれましたか。
あの愛らしい姿で癒してくれた姿を、もう見ることは出来ないのですね。
命には限りがあるものとは解りつつ、こんなに辛いことはありません。
ましてや、共に暮らされた、ポージィさんご夫婦には、ご心痛、
如何ばかりかとお察しいたします。
でも、クックちゃんにとって、お二人の愛に包まれた一生は、
とても幸せなものだったと思います。
この上は、クックちゃんのためにも、気をしっかり持たれ、
以前にも増して、お元気に生きられますようお願い致します。
どうも、ご愁傷さまでした。

投稿: 鎌ちゃん | 2009/08/29 22:35

クックちゃん、旅立ったんですね。
15歳と7ヶ月。
私が亡くした愛犬とまったく同じ年で旅立ったんだ。。。
病気も同じだったし、クックちゃんの事、勝手に身内みたいに思ってたから、また大切な愛犬を亡くした気分ですごく悲しいです。
ポージィさん、よく看てあげましたね。
本当にお疲れ様でした。
クックちゃんも頑張ってよく生きましたね。
ポージィさんたちと別れるのは淋しいだろうけど、苦しみから解放されたのは良かったね。
深い悲しみの中にいるだろうに律儀にも辛い報告をして下さるのが何ともポージィさんらしいというか。。。
クックちゃんの事、ずっとずっと忘れません。
安らかに。。。合掌

投稿: ちょびママ | 2009/08/29 23:29

苦しいのに、最後の最後までよくぞ生き抜きましたね。
15歳7ヶ月でこの世から姿はなくなっても、何時までも忘れません。沢山の思い出を有難う。
安らかに眠ってください。
    
              夢閑人とリキより


何時もここにいたクック。まん丸お目目のクック。
そう、この窓から外を眺めていたっけ。
冬の寒い日は、窓辺で日向ぼっこもしてたよね。
夏の暑い日は、この板張りに寝転んでいたよね。
夜は自分のお布団で丸くなっておねんね。
何時もそばにいたクック。
今はもういない。

花を見ながら散歩したね。ママ。
抱っこ袋から顔だけ出して、出かけたね。パパ。
車に乗って、遠いところにも行ったよね。
電車にも乗って、遠いところにも行ったよね。
楽しい思い出をいっぱいありがとう。
クックは幸せだった。
うーうん、パパとママこそありがとね。

泣かないで、ママ。
クックはお星様になり、天使になったんだよ。
悲しまないで、パパ。
クックは沢山のお友達と楽しく遊んでるよ。
パパとママと遊んだ日のことを思い出しながら。
花の沢山咲いてた公園。お友達とも沢山会えたよね。
思い出をいっぱい持って、クックはお星様になったよ。

いつも一緒だったクック。何時までも忘れないよ。
パパとママの中には何時もクックがいるよ。
静かに、ゆっくりおやすみ。クック。
お目目が覚めたらいつでも帰っておいで。
クックのおうちはそのままよ。
クックは何時もここにいる。
クックは何時もそばにいる。


投稿: 夢閑人 | 2009/08/30 11:57

クックちゃん、よく頑張りましたね。
別れは辛いけれども、もう苦しむこともなく安らかに。
ポージィさんもよくやったと思います。しばらくは喪失感や悲しみやいろいろの思いで涙がこぼれる日も多いと思いますが、十五年と7ヶ月は立派に長寿です、ポージィさんたちの愛情をいっぱい受けて、クックちゃんはとても幸せだったのではないでしょうか。
心より冥福を祈ります。

投稿: メグロウ | 2009/08/30 23:23

クックちゃん

苦しかったでしょう。
つらかったでしょう。
そんななかでも、
パパとママに見守られて幸せだったね。
クックちゃんのこと、忘れません。
ありがとう。

投稿: koko&こゆき | 2009/08/31 12:52

生のあるものにとって必ず訪れる「その時」ですが
クックちゃんはきっと「その時」を
幸せに迎えることができたと思います。ポージィさんの傍で。
こちらのブログで、ポージィさん家族のクックちゃんへの愛情がいっぱい伝わってきましたので。

お散歩道をさびしく感じることになるかもしれませんが、
またたくさんのお花を見せてください。

クックちゃん安らかに眠ってね・・・

投稿: SAKURA-MOCHI | 2009/08/31 13:29

クックちゃんが旅立ちましたか、いずれこの時を迎えると思ってもペットとして家族の一員でしたから、
悲しい、淋しい、思いは尽きません。
あれだけ献身的に病魔に共に立ち向かい頑張られたのですから、
安らかに天国に行って星になり空から見守ってくれると
信じます。
わが家でも少し前に経験して、未だに面影を探している一瞬があるのですが、
時間も解決してくれると思うので、
今その様なことを云っても感情が伴いませんね。
お元気で抱えられていた可愛いお顔が思い出せれますね。安らかにお眠りください。

投稿: | 2009/08/31 13:47

人だろうと動物だろうと、別れは辛いものですね。
心よりクックの御冥福をお祈りいたします。

「別れは、新しい出会いへの入口」
ポージィさん、ご主人。お健やかなに。

投稿: noodles3 | 2009/08/31 16:25

生き物を飼うと、いつかは来る別れ・・・

とうとう、その日が来てしまったのですね。

耐え難い事実ですが・・・乗り越え頑張って

私は、貴女が心配です。

貴女が、落ち込んでると、天国のクックが心配するので、

頑張ってねsign03

でも、このブログの貴女へのメッセージの多さに、驚きます。

ステキなお友達がいっぱいいますねheart04凄い事だね

ご冥福をお祈りします

投稿: はるちゃん | 2009/08/31 20:34

皆さま、温かい思いやりあふれるコメントをありがとうございました。
皆さまの優しさが心に沁み、夫も私もどれほど慰められたかしれません。
繰り返し読ませていただいていながら、なかなかお返事を書けず、
すっかり遅くなり申し訳ありませんでした。
 
 
◆ロッキーママさんへ

>クックちゃん、虹の橋へ旅立って行かれたのですか。
>心よりご冥福をお祈りいたします。

ありがとうございます。
きっと、虹の橋でもう何の苦痛も憂いもなく過ごしているだろうと
思う反面、まだ私の方はどうしようもない喪失感に苛まれています。
ロッキー君は、まだまだママさんたちと穏やかな時間を共有して
いけますよう、心から祈っています。


◆tonaさんへ

>悲しいお知らせで私もがっくりです。
>可愛かったクックちゃんのお顔が浮かんできます。
>心よりクックちゃんのご冥福をお祈りいたします。

クックのこと可愛がってくださってありがとうございました。
クックが苦しみから開放されたことにほっとしつつも、
愛おしさと喪失感と寂しさと、いろんな思いが交錯しています。
少しずつ整理していける日がくるまで、いましばらく泣かせて
もらおうと思います。


◆もりかみさんへ

>なんと言葉をおかけして良いのかわかりませんが・・・
>心よりご冥福をお祈りいたします。

ありがとうございます。
お気持ちは十分届いています。


◆polo181さんへ

>当分の間は、クック君が苦しみから解放されたのだから、
>ある意味でほっとして、肩の荷がおりたような気がするでしょう。
>しかし、日が経つにつれて、彼の賢さ、人懐こさ、従順さ、
>可愛さなどが思い起こされて心が締め付けられそうな悲しみが
>襲ってきます。
>どうか、それを乗り越えて、クックの供養をしてやりましょう。
>淋しがり屋のクックは、何時までもあなたたちのすぐそばにいる
>ことでしょう。

ありがとうございます。
まさに仰るとおりの思いが交錯しています。
色々なエピソードを思い出して微笑むことができたかと思えば、
次には喪失感に胸が締め付けられ悲しみの大波に翻弄されます。
poloさんもそうして少しずつ乗り越えていらしたのですね。
ペット霊園の方にも「泣きたいときには思い切り泣くことです。
そして慌てずゆっくりと少しずつ乗り越えていけばいいんですよ。」と
言っていただきました。


◆ふくやぎさんへ

>本当に出会えてよかったですね。
>私も。
>クックたんを知って、良かったです。

クックを見ていただいた期間短かったですね。
でも、すぐにクックのファンになってくださって、そして良かったと
言っていただけたこと、心から感謝します。ありがとうございます。
私たちも、クックと会えてほんとうによかったです。


◆悟郎さんへ

>最後の最後まで、精一杯生きましたよね。
>褒めてあげてください。
>男前のクックのこと、忘れません。
>ご冥福をお祈りいたします。

ありがとうございます。
ええ、私には真似できないと思えるほどに立派な生き様でした。
何度も、クックはえらいね、すごいね、素晴らしい子だねと
言ってやりました。
 
クックを男前と言ってくださったとき、とっても嬉しかったです。
どうぞずっと覚えていてやってください。


◆glennさんへ

>奇蹟を信じていたんです
>命あるものは必ずなくなるとわかっていても・・・
 
>クックちゃんは沢山の幸せをポージィさんご夫婦と一緒に
>感じていたと思います

ありがとうございます。
最後の戦いの前の3日半、私も奇蹟が起こるかもしれないと期待しました。
でも、最後となった苦しい苦しい戦いが3日を超えた後、よく頑張ったね
偉いね、もう楽になってもいいよ、と言ってしまいました。
 
クックも幸せだったと言っていただいて、少し心が軽くなる
気がします。


◆naomiさんへ

>クックは最期まで幸せだったでしょう(病気の辛さは置くとして)。
>ポージィさんの家の子でよかったと思います。とても幸せな生涯で、
>これからは息切れも気にしないで思う存分お散歩ができるし…

ありがとうございます。
どうしてもあれこれ悔いも湧いてきますが、うちの子になって
幸せだったと言っていただいて、救われる思いです。
そう、もう何の苦痛もなくなって、思う存分お散歩して走り回れるように
なったこと、そのことが慰めです。


◆myaoさんへ

>私からも、大事な友人ポージィちゃんを
>幸せにしてくれたクックちゃんに
>たくさんのありがとうを 伝えたいです。

思いを共有してくれてありがとう。myaoは昔からそうでしたね。
今はまだ、喪失感と悲しみの方が大きすぎるけれど、
だんだんに楽しかったこと、幸せだったことを思い出すことの方が
増えて、もっともっとたくさんのありがとうを言ってあげられる日が
来ると思います。


◆茂彦さんへ

>初めがあれば終わりがある、それが世の常とはいえ、
>奇跡を信じたい気持でした。
>本当によく頑張ったのですね。
>今は何も申し上げることができません。ご冥福をお祈り致します。

ありがとうございます。
クックは、本当に本当に良く頑張りました。
生あるものに別れは必定。最初から分かっていることですが、
この悲しみと喪失感の波はどうしようもありませんね。
今はたくさん涙を流して悼んで、それから少しずつ立ち上がって
いこうと思います。


◆近所のおばさまへ

>先日の朝散歩の時、御主人と散歩をしていました。落ち着いた目で
>あたりを見回し今生の別れをしていたのかもしれない。
>ある時期から私を見ても吠えず愛らしかった。
>「生あるものは死す」世の常だとは言うものだが別れは辛い。
>いつまでも忘れずにいてほしい。

ありがとうございます。
朝お会いしたこと、聞いていました。
怖がりのクックでしたが、何度かお会いするうちにすっかり
おばさまのことも認識していましたね。可愛がっていただいて
ありがとうございました。クックは忘れないと思います。
おばさまも、どうぞずっと覚えていてやってください。


◆fairy ringさんへ

>お二人で決められたことがベストだったと思います。

>今頃は虹の橋で元気に走っていることと思います。
>ペットロスは いつまでも癒えることはないと思いますが 
>いつもお二人を見守っていてくれることでしょう。

ありがとうございます。
ずい分と悩み迷いもしましたが、お世話になった病院の先生にも、
苦しかったけれど、クックにはストレスをかけるよりも、
家で看取ってあげて良かったと思うと言っていただきました。
今は、あの苦しみから開放されたことだけはほっとしています。


◆たんぽぽさんへ

>そっかぁ。。。寂しくなったね、ポージィさん。
>クック、頑張ったんだよね。
>クックはきっと、ポージィさんチで一緒に過ごせたこと、
>きっと喜んでいる筈よ。

ありがとうございます。
ものすごい苦しみだったのに、ひたすら頑張ったクックです。
別れは必定と分かっていても、今は大きな悲しみと喪失感が
波のように押し寄せてきます。
今しばらくはたくさん涙を流して悼みたいと思ってます。


◆えりえりさんへ

>クックたんありがとう。
>最後はよくがんばったね。
>会ったことはないけど、本当に勝手に大好きだったよ。
>クックたんが虹の橋に行ってしまたことを知って、悲しくてしかたないよ。
>ウチにもひょいと遊びに来てね。
>キヨに逢ったらよろしくね。

>ポージィさんご夫妻がゆっくりと、ゆっくりと、
>元気になることを祈ってます。本当にゆっくりと、無理なさらずに。

ありがとうございます。
キヨちゃんもだったけど、クックもよくがんばりました。
クックが出会わせてくれたえりえりさんとのご縁。
こんなに可愛がってもらって、私たちにもたくさんの優しさを
いただきましたね。ほんとうにありがとう。

虹の橋で、キヨちゃんと出会えているでしょうか。
怖がりも直って、ちゃんと一緒に遊べているといいのですけれど。
イノちゃんのことを一緒に見守ってくれるといいなと思います。
えりえりさんとイノちゃんの穏やかな日が、まだまだずっと
続きますようにと心から祈っています。


◆ロココさんへ

>うまく言えませんが・・・
>心よりご冥福をお祈りいたします
>クック、クック、クック・・・
>おやすみなさい

ありがとうございます。
いっぱい呼んでもらえて、クック、喜んでいます。
黒いまぁるい瞳を輝かせてロココさんのほうを見つめる様子が
見えるようです。


◆あまもりさん&セピアちゃんへ

>クックたん、旅立ったんだね。
>たくさんの楽しい思い出をありがとう。
>クックたん。決して消えることのないこの思い出をこれからも
>抱いていきます。

ありがとうございます。
とうとう旅立っていってしまいました。苦しみから解放されたこと、
ほっとしました。でも、喪失感と悲しみの波は特大で押し寄せて
きますね。まだしばらくは涙があふれる日が続きそうです。

楽しい消えることのない思い出… 嬉しいお言葉です。
クックも喜んでます。どうかずっと覚えていてやってください。

セピアちゃんは20歳過ぎまでうんと長生きして、あまもりママとの
素適な思い出をこれからも重ねていってくださいね。


◆鎌ちゃんへ

>命には限りがあるものとは解りつつ、こんなに辛いことはありません。
>でも、クックちゃんにとって、お二人の愛に包まれた一生は、
>とても幸せなものだったと思います。
>この上は、クックちゃんのためにも、気をしっかり持たれ、
>以前にも増して、お元気に生きられますようお願い致します。

ありがとうございます。
苦しむクックを見守りながら、早く楽にしてやりたいと願いもしましたが、
いざ失ってみれば、苦しみから解放されたことへの安堵よりはるかに
喪失感と悲しみは特大です。
今はまだ涙があふれるのをとめられませんが、とことん泣いたならば、
だんだんに少しずつ、いつも笑顔でクックを思い出せる日も来ると思います。


◆ちょびママさんへ

>病気も同じだったし、クックちゃんの事、勝手に身内みたいに思ってたから、
>また大切な愛犬を亡くした気分ですごく悲しいです。
>クックちゃんも頑張ってよく生きましたね。
>クックちゃんの事、ずっとずっと忘れません。

ありがとうございます。
亡くなった歳までも同じだったとは、辛い追体験をさせてしまいましたね。
大ちゃんもクックも、ほんとうに良くがんばりましたね。
とても真似できないと思うほどの頑張りでした。
ずっと忘れないと言ってくださってありがとう。時おり思い出してやって
いただけたら、クックもどんなに嬉しいことか。
私も、今はまだまだ駄目だけど、そのうちに涙なしで思い出してあげられる
ようになるつもりです。


◆夢閑人さん、リキちゃんへ

>苦しいのに、最後の最後までよくぞ生き抜きましたね。
>15歳7ヶ月でこの世から姿はなくなっても、何時までも忘れません。
>沢山の思い出を有難う。安らかに眠ってください。

クック、すばらしい頑張りで生き抜きました。
いつまでも忘れないと言っていただいて、クックもどんなにか
喜んでいることでしょう。
 
そして、たくさんの思い出を散りばめて、こんなにも思いやりと
優しさに満ちた詩を作ってくださったこと、なんとお礼を言ったらいいか…
今の私たちの胸にすーっと沁み渡って慰めをもたらしてくれます。
ありがとうございます。


◆メグロウさんへ

>クックちゃん、よく頑張りましたね。
>別れは辛いけれども、もう苦しむこともなく安らかに。
>しばらくは喪失感や悲しみやいろいろの思いで涙がこぼれる日も
>多いと思いますが … クックちゃんはとても幸せだったのでは
>ないでしょうか。心より冥福を祈ります。
 
ありがとうございます。
はい、ものすごくよく頑張りました。今は苦しんでいないというのが
せめてもの慰めです。仰っていただいたように、今はまだ悲しみや
喪失感やもろもろの大波が寄せては引いている状態で…
とことん泣いて悼んだら、だんだんに楽しく思い出を語り
幸せに過ごさせてやれたと思えるようになるかもしれませんね。


◆kokoさん&こゆきちゃんへ

>苦しかったでしょう。
>つらかったでしょう。
>クックちゃんのこと、忘れません。
>ありがとう。

ありがとうございます。
クックのこと、忘れないと言ってくださって嬉しいです。
クックもどんなにか喜んでいることでしょう。

寂しいのか鳴き声をあげることが多くなったというこゆちんですが、
kokoさんとこゆちんの穏やかな時間が、まだまだずっと続いていきますよう、
心から祈って止みません。


◆SAKURA-MOCHIさんへ

>クックちゃんはきっと「その時」を
>幸せに迎えることができたと思います。ポージィさんの傍で。
>ポージィさん家族のクックちゃんへの愛情がいっぱい伝わってきましたので。

ありがとうございます。
病院という大きなストレスからは切り離す決心をしましたが、
でもやっぱりたくさんの苦しい辛い思いをさせてしまいました。
私たちの思いがクックにも伝わっていてくれたならいいのですが。

今はまだ、寄せては返す悲しみの波にもみくちゃになっていますが、
とことん泣いたら、だんだんに少しずつ立ち上がって歩いていきたいと
思います。


◆玲さんへ

>いずれこの時を迎えると思ってもペットとして家族の一員でしたから、
>悲しい、淋しい、思いは尽きません。
>わが家でも少し前に経験して、未だに面影を探している一瞬があるのですが、
>時間も解決してくれると思うので、

ありがとうございます。
体は小さくとも、その存在感ははるかに大きなものがあります。
まさに家族の一員。長年一緒に暮らした人は皆同じ思いですね。
玲さんは、まだ辛い思いをされたその胸の痛みも生々しい…
面影を探していらっしゃることがあるというの、とてもよく分かります。
今はまだ時折り涙があふれてどうしようもなくなりますが、
だんだんに少しずつ時間が解決してくれるというのもあるでしょうね


◆noodles3さんへ

>人だろうと動物だろうと、別れは辛いものですね。
>心よりクックの御冥福をお祈りいたします。
>ポージィさん、ご主人。お健やかなに。

ありがとうございます。
本当に辛いものですね。クックの存在の大きさを改めて
噛み締めつつ、まだ悲しみと喪失感で揉みくちゃ状態です。
クックのために祈ってくださって、私たち二人へのお気遣いも
ありがとうございます。


◆はるちゃんへ

>耐え難い事実ですが・・・乗り越え頑張って
>私は、貴女が心配です。
>貴女が、落ち込んでると、天国のクックが心配するので、

>ステキなお友達がいっぱいいますね凄い事だね

ありがとうございます。
まだまだ悲しみも喪失感も大きくて、ときには激情に揉みくちゃに
なってしまうけれど、でも大丈夫。いっぱい泣いたら、だんだんに、
いつも笑顔でクックのことを思い出せるようになる日が来ると
思います。心配してくれてありがとね。
皆さんが寄せてくださったコメントにもどれほど慰められているか。
こんなにも思いを分かってくださり、共にクックの死を悼んで下さる
優しい方たちに恵まれて、私たちもクックも幸せものですね。

投稿: ポージィ | 2009/09/01 09:09

お悔やみ申し上げます。
クックちゃん、今は苦しみから別れ天国で安らかに過ごしていることでしょう。

26日から歩いて昨日永平寺にお参りしましたので、遅くなりましたことお詫びします。

投稿: 横浜のおーちゃん | 2009/09/02 08:38

◆横浜のおーちゃんへ

お帰りなさい。
早速様子を見にいらしてくださったお心遣いに感謝します。
クックがあの苦しみから開放されて楽になれたこと、ほっとしています。
私たちも、いずれこの喪失感と悲しみが、少しずつクックとの
楽しかったことを中心に思い出せる時間と入れ替わっていくと思います。
ありがとうございました。

投稿: ポージィ | 2009/09/02 08:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50994/46045293

この記事へのトラックバック一覧です: たくさんのありがとうを:

« その後のクックと 涼感アレンジメント | トップページ | お別れの式 »