« コエビとコカマキリ | トップページ | ダンドク 目指せ all 花びら »

2009/09/10

ニガクサ 苦いの?苦くないの?

7月中に書いたままになっていたストック記事-その2-です。
花期は7~9月頃と書かれているものが多かったけれど、まだ咲いているかしら。
 
……………………………………………………………………………… * * *
 
7月中旬、道路わきの暗い藪の端に、ピンクの花が咲いているのが目に留まりました。
近寄ってみると、咲き始めたばかりの風情のシソ科の仲間のような花が2~3株。
暗くてピントが合わないのを頑張っていましたが、蚊に刺され始めて退散bearing
家に帰ってから調べてみたところ、どうやら「ニガクサ」という植物のようです。
やや湿り気のある山野に生え全国に分布、とのことですが、初めての出会いでした。
     (cute写真クリックでもう少し大きめ写真もご覧いただけますheart04
 
 
090711nigakusa2  090711nigakusa3
                 いずれも 7/11撮影
        090711nigakusa4
 
 
草丈30cmほど、花穂の長さ6~7cm、花の大きさ1cmに満たないほどでした。
花は、小さな上唇は深く2つに裂けその間からオシベ・メシベが外に突き出ています。
3つに裂けた下唇は中央のものがとても大きく、舌のように垂れ下がっています。
 (私のボケボケ写真では、拡大しても今ひとつよく見えなくてごめんなさい)
 
おそらく咲き始めで、これからもっと枝分かれしてたくさんの花穂を伸ばすのでは
ないかと思います。ネット検索してあれこれ見たニガクサの画像の中には、
もっとワイルドに咲き乱れているものもいくつもありました。
 
ところで、検索でヒットした「ニガクサ」を次々見ていくと、「(名前に反して)苦くない」と
書かれているものが圧倒的に多いのです。 そして「センブリやヤナギタデと比べると
それほど苦くなかった」という記述や、「ニガキ(苦木)はすごく苦かったがニガクサは
苦くなかった」「朝噛んだら晩まで苦かった人がいるらしい」という記述も。
私は今回出会った「ニガクサ」はもちろんのこと、「センブリ」も「ヤナギタデ」も味見の
経験がないものですから、『苦いの?苦くないの?』本当のところは分かりません。
感じ方の個人差や株の個体差もあるのかもしれませんね。
 
 
 「ニガクサ(苦草)」:シソ科・ニガクサ属  花期7~9月頃
 
      とてもよく似た「ツルニガクサ」というのもあるそうで、「ニガクサ」の
      ガクには短毛が生えているのに対し、「ツルニガクサ」のガクには
      腺毛(粘液などを分泌する毛の一種)が生えているそうです。
      そんなことは知らなくて触っても見ませんでしたが、今回は
      「ニガクサ」ということにしました。
      断定の根拠ですか?私の当てにならない直感です smile
 
             

|

« コエビとコカマキリ | トップページ | ダンドク 目指せ all 花びら »

コメント

お早うございます。
「ニガクサ」・・・・見たことがあるようなないような花ですね。
「センブリ」は昔お腹が痛くなった時などに飲んだような記憶があります。
いかにも苦そうなイメージが残っています。
子供の頃から、よく腹痛を起こしたので、お世話になったのでしょうね。

投稿: 鎌ちゃん | 2009/09/10 09:43

これニガクサと云うのですか。
散歩道に咲いていますよ。
食べた事はないですが。
でもこんなにおしとやかに花ではなかったような。
もっとボーボーとしていましたよ。
このくらいの株だと可愛いですね。

投稿: ロッキーママ | 2009/09/10 16:29

前にご覧になったとコメントしていただいたのが、この花だったのですね。
8月に戸川林道でツルニガクサを教えてもらいました。
ニガクサとツルニガクサの区別はよくわかりませんが、ツルニガクサのほうがやや小ぶりな感じがしました。

投稿: 横浜のおーちゃん | 2009/09/10 17:33

なんだか可愛い花ですね。
さあ、見たことないような・・・
そういうのはいっぱいありますがcatface
そこらにある花じゃない感じにも見えます。(最後の写真)
ニガクサは苦いか、苦くないか?
無理に確かめたくありませんbearing
余談ですが一葉茶というのすごく苦いんですよ。なんのこっちゃ~

投稿: 池田姫 | 2009/09/10 18:37

◆鎌ちゃん、ありがとうございます ♪

こんばんは。
シソ科の植物の花ってみな似たようなところがありますから、
何となく見たことがあるようなないような… となりますね。
健胃剤としてセンブリを飲まれたことがあるのですね。
千度振り出してもなお苦い、が名前のいわれというセンブリ、
かなり苦かったのではないでしょうか。
さて、このニガクサはどうなのやら。


◆ロッキーママさん、ありがとうございます ♪

お散歩中にご覧になってましたか。
「もっとボーボーとしていましたよ。」に笑えました。
検索してあれこれ写真を見たのはボーボーしてるほうが多かったです。
私が見たのは咲き始めの初々しい株だったのでしょうね。
これもいまごろはきっと、ボーボーになっていることでしょう。


◆横浜のおーちゃん、ありがとうございます ♪

覚えていてくださいましたか。そう、これのことだったのです。
おーちゃんがアップしていらしたツルニガクサも拝見しましたが、
違いはよく分かりませんね。
これ↑は立ち上がってしっかりもしていましたから、ニガクサ
ということにしてしまいました。


◆池田姫さん、ありがとうございます ♪

はい、この時点ではとても可愛かったです。
見たことのない植物というのはいっぱいありますね。
姫さまがアップされるお花たちの大多数は、私は見た(会った)ことが
ない花たちになっています~。
全国に分布となっていても見たことのないものも多いですよね。
ニガクサもそうでした。花が咲いていないと見分けられなさそうですし。
一葉茶って、初めて知りました。お茶の苦味って嫌いじゃないですけど、
どれくらい苦いのかしら。味見してみたいです。
 

投稿: ポージィ | 2009/09/10 19:36

ポージィさん、こんばんは。ニガクサのご紹介ですね。時々見かけるけれど、望遠しか持っていないので撮影できないで居ます。苦くないニガクサなんてインチキです。笑
写真を拡大してみると、下から上へとじょじょに咲いていくように見えます。房状というか、ハナトラノオのような咲き方をするのでしょうか。

投稿: polo181 | 2009/09/10 20:54

とてもきれいなニガクサですね~
ピンクが可愛いです。
ワイルドに咲いている姿もみたいですね。

どう見ても美味しそうではないので 苦いか苦くないかは問題外のようです~~^^;

投稿: fairy ring | 2009/09/10 21:27

マイフィールドでは見たことありません。
シソ科の小花は時々見かけますが、こちらはピンクのはっきりした花色ですから、出会ったら必ずカメラを向けるはずです。

ストレートな名前を付けられていますが、苦くないとの意見のほうが多いんですね。
ちょっと齧ってみたいですね(笑)。
ヤナギタデは、苦味より先に、ピリピリするような強烈な辛味がやってきますよ~~

投稿: goro’s | 2009/09/11 00:59

◆polo181さん、ありがとうございます ♪

おはようございます。
ニガクサ、poloさんは時折りお見かけになるのですね。
はい、下から上へと咲き進むみたいですね。次々新しい花穂を出しつつ
草丈もさらに伸びるんだと思います。きっと仰るように、
同じシソ科のハナトラノオとも似ているでしょうね。

苦くないのにニガクサと名づけられたのだとしたら、たしかにインチキです(笑)


◆fairy ringさん、ありがとうございます ♪

検索画像を見るともっとワイルドなのが多かったですから、
特別に可愛い~時代のニガクサに出会えたのでしょうね。
ワイルドな姿を見たら印象がガラリと変わりそうです。
たしかに美味しそうには見えませんね。私も齧ってみようという気は
今後も起きそうにないです。


◆悟郎さん、ありがとうございます ♪

悟郎さんの周りでもお見かけになりませんか。私も初めてでした。
咲いていれば、このピンクの小花の可愛さは必ずや目を引きますよね。

ニガクサと分かってからも私は齧ってみたいと思えませんでしたが、
さすがは悟郎さん、確かめてご覧になりたいと(^^)
そうそう、ヤナギタデは味見されたんでしたね。
ピリピリとした辛味…大根おろしの辛味と共通点ありなのかなと
想像しています。
 

投稿: ポージィ | 2009/09/11 09:23

家の前の雑木林の道端で、散歩の途中見かけました。
シソの花かなあと、別に気にもしませんでした。
いま、この記事を見てそうだったのだと、あらためて見ました。
可愛らしい花ですね。
今は除草剤にやられて何にもありません。

投稿: 夢閑人 | 2009/09/11 14:40

小さな花だったでしょう。
僕も苦労した記憶がありますが、今年はまだ撮れてません。

ポージィさんの、綺麗に撮れていますよ〜。
花の状態もいいですね。
小さな小さな桃色のニガクサ、バッチリです♪

投稿: noodles3 | 2009/09/11 15:19

◆夢閑人さん、ありがとうございます ♪

夢閑人さんもお散歩途中にご覧になったのですね。
可愛い姿でしたか?それとももっと育ってワイルドに繁っていたでしょうか。
その後は除草剤であえなく…ですか。
私が出会ったときはとても初々しく、可愛らしさが目立ちました。
これも今はどうなったことやら、です。


◆noodles3さん、ありがとうございます ♪

はい、とっても小さな花でした。しかも薄暗がりで咲いていて。
ピントは合わない、蚊にはいくつも刺されるで、もうやめた!と
この場所を離れた後は、ひたすらぼりぼり掻くのに忙しくて
他のものが目に入らなくなりました(苦笑)
何とか見られるものになってますでしょうか。
咲き初めで初々しかったのが幸いしたかもしれません。
 

投稿: ポージィ | 2009/09/11 15:40

トウバナとかシソ科の花は葉もそうですが、似ていますので、さっぱりわかりません。
ニガクサは名に反して、茎や葉は苦くないと書いてありますね。まだ出会えません。
花冠にカメムシの仲間の幼虫が寄生して。虫えいになることが多い、という記述に震えました。カメムシの臭さが蘇って。

投稿: tona | 2009/09/11 21:13

こういう暗がりの湿地って、そこで撮ったのを今日にアップしたので、なかなか魅力的なのがあります。
が、、、蚊は苦手です。。。
退散するしかないです。

投稿: ふくやぎ | 2009/09/11 22:46

◆tonaさん、ありがとうございます ♪

ほんと似てますね。私も次にあったら分かるかどうか自信ありません。
えっ…カメムシの仲間の幼虫が寄生して虫えいになることが多い?
そんなことも書かれていましたか。そんな状態のを見なくて良かったです。
この初々しく可愛いニガクサだけで、もう会わなくてもいいや、
などと言っていてはいけませんね。


◆ふくやぎさん、ありがとうございます ♪

ふくやぎさんの、今拝見してきました。
ミズヒキソウをアップなさっていましたね。ステキでした。
あれも暗がりの湿地で撮られたのですか?
そういう場所はすぐ蚊が寄ってきますね。
私もとても刺されやすく腫れて思い切り痒くなるる方なので
蚊は大の苦手です。
 

投稿: ポージィ | 2009/09/12 22:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50994/45695299

この記事へのトラックバック一覧です: ニガクサ 苦いの?苦くないの?:

« コエビとコカマキリ | トップページ | ダンドク 目指せ all 花びら »