« 秋を感じに -花編2- | トップページ | 秋を感じに -実編- »

2009/10/27

クイーンズカップ - ご報告 * こんな感じでした -

かながわ花フェスタ21 
 第1回フラワーデザインコンテスト Queen's Cup   
10月21日~25日の5日間の日程をすべて終え、閉会しました
色々な花の団体が垣根を越え、協力し合い合同で開催された第1回のコンテスト、
というのが大きな特徴で、実行委員の方々のご苦労は大変なものがあったことと
思います。それだけに、スタッフの方々みなさんの表情には、達成感と安堵が
見てとれました。本当にお疲れ様でした。
 
今日は、先だってお約束した私の出展作品のご紹介と、4回会場に足を運んだ間に
見た様子を点描でお届けしたいと思います。 写真がいっぱいですから、ご興味を
もたれたものを適当にクリックでしてご覧くださいね。
     (virgo写真クリックでもう少し大きめ写真もご覧いただけますcafe
 
 
Pa250161_2 091024kaizyou1
 
     21日と22日に、生花の花束・ギフトアレンジ・フリーアレンジの3部門
  23日と24日に、フラワーアート部門 と ブライダルブーケ部門 の展示が行われ、
  花束・ギフト・フリー・アート各部門の5位までの入賞者と、ブライダルブーケ部門
            ファイナルステージ出場者10名が決定しました。
 花束・ギフト・フリー・アートの入賞者20名の中からクイーンズカップ1位~3位が決定、
  ブライダルブーケのファイナルステージ出場者は、25日のステージ競技によって
        最終順位が決定(優勝は農林水産大臣賞!)しました。
 
 
   それでは、まずはお約束、私ポージィの出品作品を紹介させていただきます。
 
 091023daiamond_ring1 091023daiamond_ring2
 
タイトルは 「diamond ring」  コンセプトは 「皆既日食の際に見たダイヤモンドリングの
映像の感動や美しさを、できるだけ身近な材料を使って再現してみたい」というもの…
        写真がうまく撮れてなくて見えづらいです。ごめんなさい。
 
091023daiamond_ring_up1 091019daiamond_ring_up1
 
 部分アップの写真です。月から顔をのぞかせた光の部分はプリザーブドフラワーと
      ドライフラワー、エンジェルスヘアー といった素材で立体的に。
    月と宇宙空間の黒は、ベースの箱に墨で黒く染めた半紙を貼った後、
   ヒバやドングリの実、使い残りのハランを押して乾かし黒く染めたものを貼付。
ヒバの実はクックとの散歩途中に拾ったもの。ドングリは家の脇の大きなシラカシから
  大きくなれずにどんどん落ちてくるものを8月~9月頃にかけて拾い集めたもので、
      直径3mmくらいから1cm超まで色々な大きさが混ざっています。
  そうそ、ベースの箱は蕎麦の空き箱です。土台の石はかってクックと一緒に行った
            河原で拾ってきたものの一部を使いました。
 
 搬入後、『繊細さが足りなかった、泥臭い…』 といった思いがどんどん膨らんできて
    落ち込んでいたのですが、思いがけないことに、フラワーアート部門4位を
 いただきました。表現的には未熟ながら、テーマやコンセプトなど評価点につながり
やすかったのかな、と思っています。クイーンズカップ4部門での総合順位は9位でした。
 
 
091023flower_art_rank1best1 091023flower_art_rank3
    ↑
 左がフラワーアート部門1位・総合1位に輝かれた作品です。ピンボケですみません!
  タンポポの綿毛の種の部分に着色し、7~8cmのアクリルの箱の中に貼り付け
            グリーンの苔の上に乗せられていました。
  右がフラワーアート部門3位・総合順位6位の方の作品。葉っぱで wave を表現。
    部門2位・5位の方の作品は、どれだか分からなくなってしまいましたsweat01
 
……………………………………………………………………………… * * *  

ここでちょっと一休み。おまけの写真を(^^)
 
091023lamdmark_tower 091023landmark_plaza 091021sky1
 
   左:会場のあったクイーンズスクエア入り口から見上げたランドマークタワー
   中:ランドマークプラザの一部(ランドマークタワーの内側)
     まだお店が開いていない時間帯で平和。やがて人人人で埋まります。
   右:10月21日・夕方4時頃、動く歩道付近から見たコスモワールド方向
 
……………………………………………………………………………… * * *  
  
091021arrange_free_g 091021arrange_free_s 091021arrange_free_w
 
    こちらの3作品は、私の教わっているのと同じ先生の生徒さんの作品で、
  生花使用のフリーアレンジ部門に出品されたものです。3作品とも一次審査を
    通過したのですが、惜しくも入賞は逃しました。何しろフリーアレンジは
    出展数がフラワーアートの倍以上ですし… 3作品ともユニークでしょう?
 
 
091025bridal_bouquet3 091025bridal_bouquet6 091025bridal_bouquet8
 
    これらは、ブライダルブーケ部門に出品されていた作品の一部です。
 コンテストに出品される作品は、実際の結婚式に花嫁さんが持たれるブーケの
     デザインとはちょっと違うものなども多く見られ、個性豊かです。
  この3作品の中に、ファイナルステージ出場者の方の作品があるかないかは
     分かりません。たくさん撮ったので、もう何が何だかどれやら…??
        ちょっと面白い形のものをピックアップしてみました。
 
 
091025mami_demonstration21 091025hana_cupid_stageperformance 091025bridal_bouquet_final10_rank2_
 
 25日には、ステージ上でショーも行われ、私も一部見ることができました。
   左:私も所属しているマミフラワーデザインスクールのチーフデザイナー・
     岡田恵子先生によるデモンストレーションの一場面
   中:花キューピット青年部?の皆さんがステージパフォーマンスで作り上げた
     ステージいっぱいの作品
   右:ブライダルブーケ・ファイナル競技出場者の方の作品によるブライダルショーも
     行われました。 見事2位に輝かれた方のブーケです。左側の男性が制作者。
     1位・2位作品は残念ながら写真を撮れず… 私の目から見た上位3名の方の
     ブーケは、パッと見はシンプルながら、実は手が込んでいて繊細と感じました。
     細いライン状のグリーンが使われているのも共通していました。
     ステージ上で競技として行われるブーケ制作、初見でしたが面白かったです。
 
 
091025hyousyousiki3 091025yakei1
 
  クイーンズカップの表彰式の様子です。壇上の20人中の、ちびっこいどれかが私。
    夜景は、25日・午後7:40頃、動く歩道付近から見たコスモワールド方向。
 
……………………………………………………………………………… * * *  
  
今回の私の作品は、クックの調子がとても悪い最中に泣きながらデザイン画を描き、
クックが亡くなってしまってから泣きながら制作したものでした。 
クックとの思い出の中で拾った素材も使っていますし、思ってもみなかった入賞が
何だかクックからのプレゼントのような気がしています。
花にはまるで無関心なクックたんでしたけれどね confident
 
さぁ!以上で終わりです。すごく長い記事、たくさんの写真にお付き合いいただき
ありがとうございました。 
  

|

« 秋を感じに -花編2- | トップページ | 秋を感じに -実編- »

コメント

すべてクックちゃんの思い出につながる作品、4位入賞おめでとうございます。
たくさんの出品の中から総合でも9位とは素晴らしいですね。
作品を拝見してもそのアイディアにきらめきが見られます。
クックちゃん喜んでいることでしょうね。
哀しい時にこんな素敵な作品が創られたことに、ポージィさんの実力がわかります。
実際に見ることができたら感動も一入だったっと思いますが、ここに拝見出来て嬉しかったです。
これからもまた、頑張ってくださいね。

投稿: tona | 2009/10/27 09:22

お早うございます。
フラワーアート部門4位、総合順位は9位、すご~~い!!
おめでとうございます(拍手)
優勝は農林水産大臣賞だなんて、大きな大会だったのですね。
クックちゃんの思い出を込めた作品、その思いが伝わったのでしょう。
クックちゃんもきっと喜んでいますよ。

ちょっと後ろに隠れている方がポージィさんかな?

投稿: 鎌ちゃん | 2009/10/27 09:33

お疲れさまでしたあ!
昨日、あれ?ポージィさん、まだアップしていないなあ・・・
と思いつつ、お先に紹介させていただきました。

フラワーアート1〜4位までと、ブライダルの面白いと思った作品を撮ってきましたが、こちらで詳細報告があると思い、ポージィさんの作品だけ掲載させていただきました。
選考基準には「見映え」などはないんですかね?
フラワーアート1位の作品は「地味だなあ」と感じてしまいました。作業の細やかさには舌を巻きますが。。

ポージィさん作品は、黒に眩い白のコントラストが繊細かつ大胆で良かったと思いますよ!

投稿: noodles3 | 2009/10/27 10:43

横浜のおーちゃんの同級生です。
おーちゃんのブログで拝見しました。
発想を形に表現された素晴らしいアイディアとセンスに
「おめでとう♪」を申し上げたいと、コメントさせて頂きました。
黒い台紙に 愛犬さんへの愛情が溢れているのですね!
誰しも 自分の作品には辛い点数をつけるものですが
審査員や他の皆様にも認めて頂かれたのは、素晴らしい証拠ですね!
本当に、おめでとうございます♪

投稿: sagano | 2009/10/27 11:21

総合でも9位でしたか。おめでとうございます。
ドングリ拾いなどからコツコツと準備され、だけど気負いなく制作されたのも良かったのでしょう。
クックちゃんも喜んでいますね。
ブライダルブーケ部門の真ん中の作品は、私の写真の中にもチラっと覗いていました。

投稿: 横浜のおーちゃん | 2009/10/27 11:34

入賞おめでとうございます!!!
とーっても素敵な作品ですheart04
最後のところで、クックちゃんのことを書かれていましたが、
もうもう・・・泣けてしまいましたweep
クックちゃんとの思い出が作品として出来上がり
たくさんの人たちを感動させたのですね。
感無量ですconfident

投稿: koko | 2009/10/27 13:02

総合9位、おめでとうございます。
ブライダルブーケ部門に友人が出ていたため、24日に行く予定でしたが、今だに情緒不安定でドタキャンしました。
ポージィさんの作品は幻想的で素敵ですね。
生で見たかったです。
クックちゃんも喜んでいるでしょうね。

ブライダルブーケの左側の作品、素敵ですね。

いろいろお騒がせ致しました。
また、よろしくお願いします。

投稿: ロッキーママ | 2009/10/27 13:26

ご入賞おめでとうございます。
最後の表彰式のおチビさん探してしまいました~~笑
総合で9位とはすごいですね~~
心からおめでとうございます。
ちっとも泥臭いことなんてありませんよ~
アクリルの足のデザインもとても洗練されています。
クックちゃんとの思い出がいっぱい詰まった作品が入賞だなんて なんて素敵なことなんでしょう!
細部に渡ってご説明を受けなるほど! と納得です。
おそばの箱だなんて見えない! 笑
肝心のお花も白でまとめられてとても清楚で立体感があって素敵です。
凄い発想だと思いました~~
フラワーアートって いろんな可能性を秘めているのですね。
日本古来の活け花しか知らなかった私に新しい風を感じさせていただきました。
そういえば 私の知り合いもマミーフラワーアートをやっていらしたことを思い出しました。
家中にブーケとか飾っていらっしゃいました。

投稿: fairy ring | 2009/10/27 14:04

入賞おめでとうございますhappy01
本当に緻密で繊細な作品になりましたね
気の遠くなる様な時間が掛かっているのでしょうね
クックもきっと大喜びしていることでしょう

投稿: ロココ | 2009/10/27 16:54

◆tonaさん、ありがとうございます ♪

お祝いのお言葉ありがとうございます。
よくよく考えたら、クックとの思い出に繋がる素材がいっぱいの作品と
なっていました。入賞はビギナーズラックですよ、きっと。
でも、何だかクックが応援してくれたような、そんな気になりました。

展示会とかコンテストとか、そういうのに作品を出すのはいつも気が進まない
のですけれど、いざ出してみると他の方々からも刺激をいただきますし、
創作意欲が芽生えるから面白いものですね。
また機会があれば、頭の中でデザインを考えるだけでも試してみたいと思います。


◆鎌ちゃん、ありがとうございます ♪

こんにちは。
お祝いのお言葉をありがとうございます。
たまたま、私の作品テーマが得点に結びつきやすかったのだと思います。
ウェディングブーケ部門の農林水産大臣賞は、今回が第1回のコンテスト
ですから、実行委員さんたち頑張られたのですね。
改めて作品を眺めたら、クックとの思い出がぎっしりでした。
あの子も喜んでくれていると嬉しいです。

ステージ上の私は~ ウフフ 作品と同じく黒の上に白の上着です。


◆noodles3さん、ありがとうございます ♪

昨日はご紹介くださってありがとうございました。
日曜の晩には何もできなかったので、昨日の朝から写真を選んだりなんだり
することから始めたら、記事を起こすのがすっかり遅くなってしまいました。

こういうコンテストって、一般の方に人気のあるものと賞をいただくものと
違う場合が結構ありますよね。観点が違うのでしょうね。
今回の場合、まず「完成度・印象度・オリジナリティー」で5名を選び、
そのあと、「デザイン完成度40点・技術完成度20点・色彩完成度20点・
テーマ表現力と独創性20点」で本審査が行われ、順位が着いたようですよ。
「見映え」はどの得点に関係してくるでしょうね(^^)

私の作品は、繊細かつ大胆と見てくださいましたか。ありがとうございます。


◆saganoさん、ありがとうございます ♪

横浜のおーちゃん経由で来て下さったのですね!
はい、おーちゃんのところでお名前は拝見していました。
お気持ちがとても嬉しいです、ありがとうございます。

入賞は、ダイヤモンドリングというテーマが分かりやすかったことも
大きいのではないかと思っていますし、相変わらずあそこはもうちょっと…
と辛口で眺めていますが、やっぱり嬉しく励みになるものですね。
お祝いのお言葉をありがとうございました。


◆横浜のおーちゃん、ありがとうございます ♪

お祝いのお言葉をありがとうございます。
おーちゃんの同級生のsaganoさんも来てくださって、嬉しかったです。

「気負いなく制作されたのも良かったのでしょう」そうですね。
手に入りやすいもので自分の心に素直に表現できたことは、
気持ちも楽でした。クックも喜んでくれているでしょうか。
コロコロしたものが好きだったクック。ドングリやヒバの実を
齧ろうとしているかもしれません。

バッグの形のブーケ、おーちゃんもアップしていらっしゃいましたね。
会場で見つけてすぐに、あ、これだなーと分かりました。
テッポウユリをこんな風にぶら下げたデザインが面白かったので
私も撮ってきました(^^)


◆kokoさん、ありがとうございます ♪

お祝いをありがとうございます。
良いと思ってくださいますか?自分ではいまだに、あそこがもうちょっと
というところに目がいっています(笑)

作品作りとクックとのことは、本当にこんな感じで、
すべて作り終えて改めて眺めたら、思い出がぎっしりつまった
ものになっていました。そしたらまた泣けちゃって。
入賞を知ったときもクックありがとうと言ってまた泣けて(^^;)

感謝です。


◆ロッキーママさん、ありがとうございます ♪

お帰りなさい。少し落ち着かれたでしょうか。
でもまだたったの10日ですから、ぼちぼちとまいりましょう。
でもまたお話させていただけて嬉しいです。こちらこそよろしくお願いします。

お祝いのお言葉をありがとうございます。
お友達も出品なさっていたのですね。どの作品だったのかな…
会場でそうとは知らずにお会いしてもいたのでしょうね。
お花の輪が3つ連なったブーケ、ポップで楽しいですよね。
お色直しやガーデンスタイルにピッタリという気がします。

私の作品は、幻想的と見てくださったのですね。嬉しいです。
最終的にクックとの思い出ぎっしりの作品となって、やっぱり
クックが応援してくれたのかなという気持ちでいます。


◆fairy ringさん、ありがとうございます ♪

お祝いのお言葉をありがとうございます。
おちび、どれかお分かりになりました?(笑)

泥臭くないといっていただけて慰められますが、自分では
花の入れ方とか、繊細さが足りなかったなぁと。そう思うことが
勉強になるんですよね。でも、さんざん悩んで決めたアクリル箱の足は
褒めていただいて、ただもぅ、素直に嬉しいです(笑)

どうしても買わざるをえなかったものもありますが、できるだけ
身近なものを使ったよーということで、具体的に説明させていただきました。
蕎麦の空き箱とは、言われなきゃ分かんないですよね。ウフ

あまりご紹介できませんでしたが、花束やフリーアレンジメントも含め、
皆さんの豊かな発想、おやっ?と思わせる工夫などなど、
ほんとすごいです。仰るようにいろんな可能性を秘めていますね。
お知り合いの方にも、マミフラワーデザインに通っているかたが
いらっしゃるんですね。


◆ロココさん、ありがとうございます ♪

お祝いをありがとうございます。
仰るように、とても細かい作業でしたが、
まだもうちょっとあそこがここが繊細さが足りなかった、
というところがあって(^^;)
でも、評価していただけたということは
方向性は間違っていなかったのかと嬉しく思っています。
はい、きっとクックも応援してくれて、
一緒に喜んでくれていると思います confident
 


投稿: ポージィ | 2009/10/27 18:09

ポージィさん、こんばんは。フラワーアート部門で4位、総合で9位。これは凄いことですね。クックが具合が悪くて、しかも息を引き取るという辛い中での制作だったわけだから、大きなハンデがあります。にもかかわらずそれを乗り越えてまとめ上げた作品ですから、大した精神力だと思います。木の実を下地にして、その上にプリザーブドフラワーとドライフラワなどでダイヤモンドリングを見事に作り上げています。何百何千とある木の実を張り付ける作業は大変だったでしょう。それを黒く染めて宇宙空間を表しているのだから、そのアイデアには、みな肝を抜かしたでしょう。

投稿: polo181 | 2009/10/27 21:50

これ優勝ではなかったの?
私がメダルを贈呈しましょうか?
斬新だけど奇をてらったわけではない、素晴らしい作品だと思いますよ!
すてきなひととき、有り難う御座いました。

投稿: ふくやぎ | 2009/10/27 23:30

ポージィさん、おめでとう!
私の中ではぶっちぎりの1位だけどね~(笑)
全体像を拝見した時、黒いぶつぶつは何だろう?って思ったら。。。
まぁなんとドングリたちだったんですね。
すごいアイディア!
そして参加された皆さんも素晴らしいですね。
ダイヤモンドリングの色合いが何だかクックちゃんと重なって切なくなりました。
クックちゃんがすごく力になってくれたように思え、ポージィさんとクックちゃんの合作って感じでしょうか。
クックちゃんも喜んでると思います。

投稿: ちょびママ | 2009/10/28 00:45

作品を見た瞬間、この石は、ポージィさんが河原で嬉々として拾っていたあれだって、そう思いましたよ。
昨年の秋でしたかね?
黒の台のデコボコは何だろうと思っていましたが、そうですか、ハランにヒバやドングリの実を貼り付けているんだ。
根気のいる、繊細な作業ですね。
それもクックくんがあんな状況のなかで、コツコツ作られていたんですね。
頭が下がります。
否が応でも、作品にはクックちゃんが反映されていることでしょうね。
「ダイヤモンドリング」の煌きとともに、クックくんも旅立っていってしまった、そんなイメージです。
結果は部門4位、総合9位という素晴らしいものでしたね。
クックくんへの報告としては、最高なんじゃありませんか。
自慢してもいいと思いますよ~~
おめでとうございました。

投稿: goro’s | 2009/10/28 01:51

ポージィさん おはようございます

なんと、なんと

入賞おめでとうございま~~~す!!!

シンプルな色合いながらとても気品のある作品ですね
審査員のかた達もお目が高いこと^^

受賞はポージィさんの実力はもちろんですが
クックちゃんの「お母さん、ありがとう」という感謝の
気持ちでもあるような・・・

本当は会場に行きたくて、色々調整してみたのですが
ちょっと無理でした。
ポージィさんにもお会いしたかったし、素敵な作品をみたかったのですけれど
また、なにか機会がありましたら次は是非伺いますね

嬉しい報告で私も嬉しいです^^

投稿: glenn | 2009/10/28 06:57

◆polo181さん、ありがとうございます ♪

おはようございます。過分なお言葉をいただいて恐縮です~
さすがに、クックが亡くなった後しばらくは何もする気が起きず、
家の前でドングリの未熟落果を拾っていた程度。制作は9月後半ころから
少しずつ進めました。ウフ 木の実は、何千何万もの数はありませんよ。
数えてはみませんでしたけれど(^^)
球形でピンセットでもつまめず、指先でつまんでボンドをつけ貼り付け、
という作業は確かに根気が要りました。
同じ黒の背景でも、月側は星なのでぼこぼこに、宇宙空間側は滑らかに、
と表現を分けたいと思っての作業でした。


◆ふくやぎさん、ありがとうございます ♪

まぁ、ふくやぎさんがメダルをくださいますか?
斬新だけど奇をてらったわけではない、というそのお言葉が
メダルですよ。ありがとうございます(^^)
でも、実際のところ優勝なんてとてもとても。
未熟さがいっぱいありますもの。


◆ちょびママさん、ありがとうございます ♪

うふふ ちょびママさんも1位を下さるの?ありがとう~

うちのすぐ脇に生えてるシラカシがね、この数年すごい数のドングリを
落とすようになったのです。しかも育つことができずに未熟なうちに
落ちるチビドングリの多いことといったら。いつもは掃き集めて
捨てるだけだったのですが、今年は段階を追って大きくなっていく
落果たちを使おうと思いつきました。大きくなれずに落ちてしまった
チビドングリたちを生かしてあげられてよかったなと思ってます。
作っている途中はあんまり分からなかったんですけど、作り終わって
改めて作品を見て、入賞なんてのもいただいてみると、クックの応援が
あったに違いないと、そう思えてなりません。
あんまりストレートに愛情を表さない子だったけれど、
ほんとはきっといっぱい思ってくれていたんですよね。


◆悟郎さん、ありがとうございます ♪

覚えていてくださいましたか!そう、河原で嬉々として拾っていた、
あの石の一部ですよ~ 2007年の秋、もう2年前のことになります。
あの時は拾ってどうするという思いもなく、ただ拾いたくなっただけだった
のですけど、こんな形で使うことになるとは面白いものです。

黒い下地の上に貼ったものは、月側は実でぼこぼこに、宇宙空間側は
ハランで滑らかな感じに、変化をつけてみました。ドングリの未熟落果の
小さいものは、指先でつまんでボンドをつけるのがしんどかったですね。
実拾いはクックの生前から始めていましたが、制作はクックが亡くなって
しばらく経った後でやっととりかかりました。まずは蕎麦の箱と半紙に
墨汁を塗ることから。

初めてのフラワーアート作品でビギナーズラックですよ。
でも記念すべき第1号作品となりました。
お祝いのお言葉をありがとうございます(^^)


◆glennさん、ありがとうございます ♪

おはようございます。
私もびっくりでしたよ。思ってもみなかった入賞で。
お祝いのお言葉をありがとうございます~
気品を感じてくださったとは過分なお言葉… でもとても嬉しいです。
クックからのありがとうかもしれませんね。
私としては、後からふりかえってみて、作っている最中にクックの応援が
あったのかな、という風に感じました。

まぁ!会場へ行くことを考えてくださったのですね。
お忙しい上に時間もかかるのに… お気持ちだけで十分。
とても嬉しいです。ありがとうございました(^^)
 

投稿: ポージィ | 2009/10/28 10:02

写真,出ましたね!大胆なデザインですね,それでいて作業にはとても手間がかかっていて.これなら入賞しても驚きませんよ!おめでとうございます!
あの皆既日食の映像,テレビで見ましたけど,一瞬の間のダイアモンドリンクのすばらしさ,本当に感動でした.ポージィさんの作品で,あの時の気持ちが戻ってきましたよ.

投稿: LiLA管理人 | 2009/10/28 13:02

◆LiLA管理人さん、ありがとうございます ♪

写真出しました~笑
自分の中では、フラワーアート部門選択→ダイヤモンドリング→コレ!
とピュピュピュッと繋がっていったので、このデザイン以外に
思いつかなかったのですが、大胆ですか?自分じゃ分からない(^^;)
本物のダイヤモンドリングのどれほどを表現できたかアヤシイですが、
それでもあのときの感動を思い出されるよすがとなって嬉しいです。
お祝いのお言葉ありがとうございました♪

投稿: ポージィ | 2009/10/28 14:44

うわぁ~ この黒いのはどんぐりなんだ!とビックリ!
一個一個ポージィさんの手から離れて作品が作られていったんですねぇ
しかもクックちゃんから背中を押してもらいながら。。
きっとクックちゃんからも「がんばったで賞」が贈られていますね

素敵な思い出に変わって良かった。。
辛い中 ご苦労様でした
本当におめでとうございます(^_^)

投稿: miki | 2009/10/28 19:50

◆mikiさん、ありがとうございます ♪

そうなんです~ 黒い粒々は、大きいところはヒバの実も入ってますが、
小さめのところは100%ドングリです。それも育つことができなくて
途中で落っこちてしまったドングリの赤ちゃんたち。
指につままれたがらなくて、貼り付けるには苦労しましたsmileが、
こんな風に生かして上げられてよかったなと思ってます。
貼り付けるといった、単純作業をしているときは必ずクックのことを
考えていましたから、クックとの共同作業だったようなもんですね。
応援してくれていたんだと思います。それが思ってもみなかった賞に
繋がってよかったです。

お祝いのお言葉、ありがとうございますconfident


投稿: ポージィ | 2009/10/28 21:33

遅ればせながらおめでとうございますwine
きっとクックたんが見守ってくれていたような気がしてなりません。
乗り移っていますよ。
この花の色合いもクックみたいだし、花の優しくも強い感じも。
煌めきはクックそのものという感じがします。
素敵な光になっていろいろな想い出を残してくれました。

アイデアは元より材料集め、作品を仕上げる準備も大変なのですね。
もう何ヶ月も前から・・・・
よくぞ大変な時を乗り越えて頑張られました。

投稿: 池田姫 | 2009/10/29 13:05

入賞おめでとうございます。
クックちゃんの大変な時に、よくぞこんな素敵な作品が出来ましたね。感心します。

暗黒の宇宙に輝く皆既日食のダイヤモンドリング。
フラワーアートで、そのテーマをどう表現するかは、かなりの集中力がないと出来ないと思います。

暗黒の宇宙を単に黒で表現するのでなく、どんぐりの実などを使って、アクセントをつけたなんて、すごい発想だと思いました。根気の要る作品でしたね。
きっとクックちゃんの気持ちが乗り移ってる作品でしょう。きっと喜んでいると思います。
いい報告が出来ましたね。

私など、フラワーアートなんてとても出来そうにありません。
何はともあれお疲れさまでした。

投稿: 夢閑人 | 2009/10/29 16:20

こんにちは‥
いやー驚きました、のんびりしているうちにポージィさんは素晴らしいことになっていたんですね。
当然といえば当然かも。
本当におめでとう御座いました。
着眼点発想(最近のこと)がすばらしいことと(その辺で半分以上のお点が入りますよね)
表現の点、あまり色を使わず静かに奥深く、宇宙のスケールの大きさを現し
見る人の感動を呼び寄せる、センスが高尚とその点もありますよね。簡単に申し上げてしまいましたけれど。
アートの世界はどこまで行っても未知の世界、新鮮な表現を待ち望んでいるのですね。
クックちゃんが居てそしてお別れ、いろいろな思いが沢山あったことでしょう。
表彰で壇上に立たれたなど、拍手!
私も本当に嬉しい気持ち、おめでとうございます。

風さんと初めて出会った横浜、あの建物もクリスマスの頃なので全部覚えております、又行ってみたいですね。

投稿: | 2009/10/29 17:38

◆池田姫さん、ありがとうございます ♪

お祝いのお言葉と乾杯、ありがとうございます。

はい、クックが応援してくれていたに違いないと、
私もそう思っています。それどころか乗り移っていた?
どおりで、作っている最中はやたらと鼻がきいて…
って、嘘ですよ。そんなことはありませんでした。
作品に乗り移っていると仰ってるんですね(^^;)
作品のあちこちにクックの面影を見出してくださって嬉しいです。

フラワーアートは初めての試みでしたが、今回は材料集めに
いちばん時間がかかりました。制作の根気も要りますね!


◆夢閑人さん、ありがとうございます ♪

お祝いのお言葉をありがとうございます。

デザイン画とドングリ拾いはクックが大変な時期にしてましたが、
制作は9月後半頃になってからやっと始めました。
クックのそばを離れて搬入出になんてとてもいけない、と
代理の方にお願いすることを考えて選んだフラワーアート部門でしたが、
そうと決めたらすぐにダイヤモンドリングのテーマが浮かびました。
どんな表現方法にするかも、不思議とあまり悩まずアイデアが浮かんで…
あとにして思えば、やっぱりクックが応援していてくれたのかなと。
はい、クックにいい報告をすることができました。
ありがとう、って声に出して言いましたよ。

フラワーアートと一口に言っても、その世界は無限大。
それぞれの方がそれぞれの千差万別の作品を出品していらっしゃって
とても面白かったです。


◆玲さん、ありがとうございます ♪

こんばんは。お祝いのお言葉ありがとうございます。

玲さんも賞をいただいて私もいただいて。同時期に喜びが重なりました。
初めての試みだったフラワーアート作品。それゆえに自由な発想が
できたのかもしれませんね。ビギナーズラックです。
他の方のも、本当にいろんな発想の作品がいろいろあって面白かったです。
アートの世界は無限ですね。

色のことは、途中どんな色を使うのか聞かれて白と黒と答えましたら、
他の色も加えた方が良いようなこともアドバイスをいただきましたが、
自分としては白と黒にしたくてわずかに入れて変化をつけるだけに
とどめました。その点を玲さんにはご評価いただけてとても嬉しいです。

玲さんが風さんと初めてお会いになったの、横浜でしたね。
覚えています。あいにく雨模様のお天気になってしまったのでは
なかったでしょうか。でも夜景を綺麗に撮られていたのを思い出します。
10月中はハロウィンでしたが、11月に入れば一気にクリスマスに
模様替えになることでしょうね。
 

投稿: ポージィ | 2009/10/29 18:09

ポージィさん、おめでとう!!
クックとの思い出がたくさん詰まった作品での受賞で、感極まるものがあるでしょうね。
それにしても作品ができるまでのポージィさんの心中を思うと、私まで泣けてきます。
ホントにホントによかったですね☆
何だか、私も嬉しいです。(^^)

アートとは無縁の私ですが、白と黒、宇宙の中にポージィさんのその頃の心が現れているように見えます。
ダイアモンドリングを象った白い花たちは、清楚さの中にも意志の強さと神々しさを感じます。
いやぁ~すごいですねぇ。。。

で、ポージィさんは、右の白い服の方かな?

投稿: たんぽぽ | 2009/11/02 13:00

◆たんぽぽさん、ありがとうございます ♪

そんなふうに涙してくださったり喜んでくださって、とっても嬉しいです。
受賞はビギナーズラックだと思うのですが、でも、クックとの思い出
ぎっしりの作品が賞をいただけたのは本当にいい記念になりました。

もっとこういう風にしたほうがよかった、あぁいう風にしたらよかったのでは、
というアドバイスも後で先生からいただきましたが、色に関しては
私の中ではやはり白と黒にかなり強いこだわりがあって、今でも
これでよかったのだと頑固に思っています(^^;)
素適なご感想をありがとうございます。

んふふ 右の方の白い服のちびっこいの、当たりです!

投稿: ポージィ | 2009/11/02 18:12

ブログを拝見するのが遅くなり申し訳ありません。
フラワーアート部門4位、総合順位9位とか、素晴らしい
成績だったのですね。おめでとうございます。
沢山のエントリーの中で、すごい成績を残され、さすが
と感心するばかりです。この方面のアートについては
素人ですので、なんともコメントは出来ませんが、日頃の
精進の賜ですね。表彰台のポージィさんの姿が判別
出来ないのが残念です。

投稿: 茂彦 | 2009/11/02 19:52

◆茂彦さん、ありがとうございます ♪

お祝いのお言葉をありがとうございます。
思いも寄らない入賞で驚きでしたが、ビギナーズラックだと思います。
私も、フラワーアートの作品に取り組んでみたのは何しろ
初めてのことで。クックの応援や今まで目にしてきた色々なものが
たまたま上手い具合に重なったのでしょう。
でも、やっぱり嬉しかったです。

ステージ上の私ですか?右の方にいる白い服のちびっこいのです。
でも、顔は見えませんね(ニッ)

投稿: ポージィ | 2009/11/02 23:05

最近、家のPCが古過ぎて調子が悪かったので
ご無沙汰していたら

まあ〜!!とっても素敵です。
ポージィさんのお花は、‘こころ’を感じます。
なんだか、あったかい空気がポワっと伝わってきますね。
実物を目の前でみたら、きっともっと素敵でしょう!いつか見る機会があったらいいなあ、って思います。

悲しい出来事の中での作品作りだったかと思いますが、きっと、そういう中でこそ、
その人の気持ちが伝わるものができるのかな、って感じました。

ホント、ポージィさんにブーケつくってもらいたかったです!!!

投稿: SAKURA-MOCHI | 2009/11/03 21:58

◆SAKURA-MOCHIさん、ありがとうございます ♪

私こそ、拝見するばかりでコメント残さずのこの頃。ご無沙汰していました。
見てくださってありがとうございます。
こころが感じられるとは、何て嬉しいお言葉でしょう!
初めての試みだったフラワーアート作品で、何かに捉われず
自由な発想で作れたのも良かったのかもしれません。
一方で、テーマや作り方がぽんぽんと頭に浮かんできたところをみると、
滅多に訪れない「ノリ」のようなものが訪れていたのかなとも。
その「ノリ」がクックの応援のようにも思えるのですよ。感傷かもしれませんが。

ブーケ作りは経験が少ないので、もし作らせていただいていたら、
脂汗タラタラだったと思います~ とっても素適なブーケを
お持ちになっての式でいらっしゃいましたもの、手馴れたプロの方に
お任せして正解でした(^^) 

投稿: ポージィ | 2009/11/04 09:08

おめでとうsign03
すごいscissors

4位なんてheart04

ほんと、おめでとうbirthday

投稿: はるみ | 2009/11/10 15:46

◆はるみさん、ありがとうございます ♪

はるちゃん、お久し振りです。
見てくれたのね~ ビギナーズラックの作品happy01
scissorsheart04birthday ←いっぱい喜んでくれてありがとう!
思いもかけなかった入賞をいただいてしまって、
自分でもびっくりでした。
今でもまだ、私のがいただいちゃって良かったのかしら?
って半信半疑の気持ちですsweat01

投稿: ポージィ | 2009/11/10 16:49

人の作品勝手に載せて いいんですか?結局 自分の作品の自慢?
N大賞の奨励賞取消の作品も 掲載するのはどうかと思いますが…

投稿: なお | 2010/07/05 23:28

◆なおさん、ありがとうございます ♪

うーん、厳しいご指摘がぐっさりきますね。
そういう風に感じる方もいらっしゃるということ、
しっかり受け止めさせていただきます。

ご指摘のような思いは一切ありませんでしたが。

投稿: ポージィ | 2010/07/06 08:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50994/46587882

この記事へのトラックバック一覧です: クイーンズカップ - ご報告 * こんな感じでした -:

« 秋を感じに -花編2- | トップページ | 秋を感じに -実編- »