« ひと休み | トップページ | 香りの便り -キンモクセイ2009- »

2009/10/09

ハゴロモルコウソウ 紅(くれない)

足早に台風が去り、青空が出て日が射し空気が温まったら、キンモクセイの花が
香ってきました。 今年の香りの便りは10月8日pencilmemo (昨年は10/6でした)

プランターの土をちゃん整えてあげることもできないまま、今年も7月に入ってから
蒔いた「ハゴロモルコウソウ」の種でしたが、待ちかねたとばかりに蒔いてすぐに
芽を出し、みるみるすくすくと育ってくれました。良かった…ほっ
tonaさんに種をいただいてから今回が3回目の開花でした。
      (maple写真クリックでもう少し大きめ写真もご覧いただけますheart
 
 
         090911hagoromorukousou1
              玄関前のフェンスに絡ませてあります
 
 090911hagoromorukousou2 090911hagoromorukousou3
 
 
 090911hagoromorukousou6 090911hagoromorukousou7
   背景↑のピンクはオシロイバナ
                    < 9/11撮影 >
 
 
花の形は、パッと見た感じ、先日アップの「オシロイバナ」とよく似て見えます。
全然別の科の植物なのですけれど。
 
「ハゴロモルコウソウ」は糸のように細い葉の「ルコウソウ」と細長ハート形の葉の
「ルコウソウ」の交配種です。涼やかかつ軽やかな濃い緑の葉と、純で鮮明な紅の
花色の組み合わせの「ハゴロモルコウソウ」、お気に入りです。
(「ルコウソウ」は葉が糸(=縷)のように細く、鮮やかな紅色の花を咲かせます。)
 
最初に咲いたものから、順番に実が膨らんできつつあります。
やがて成熟し茶色に枯れたら、また来年のために採取してとっておくのですが、
その後イモムシがついて葉が穴だらけになりつつある上、昨日の台風の風で少し
傷んでしまいました。無事種を採取できるかしら。
 
 
こちら↓は、ある小道脇のちょっとした空き地で毎年花を咲かせる「マルバルコウソウ」。
「ハゴロモルコウソウ」の一方の親ということになります。「ハゴロモルコウソウ」と比べ
葉も花も黄色の色味が強く入っていますね(葉は黄緑色系、花は朱色系)。
 
090917marubarukousou1 090917marubarukousou2
                     < 9/17 撮影 > 
 

 「ハゴロモルコウソウ(羽衣縷紅草)」:ヒルガオ科・ルコウソウ属
                        別名「モミジバルコウソウ(紅葉葉縷紅草)」
 「マルバルコウソウ(丸葉縷紅草)」:ヒルガオ科・ルコウソウ属
                       葉が丸く(実際はハート型状)花がルコウソウ
                       に似ているところから名付けられました。
 
 

|

« ひと休み | トップページ | 香りの便り -キンモクセイ2009- »

コメント

わぁ~、葉もお花も生き生き!
よく茂って元気そうです。
台風での傷みにめげず、無事種を採取出来るといいですね。

私もルコウソウ、三種とも大好きです!
ハゴロモルコウソウ、我が家にもあって、延びたツルの持って行き場に困った事を思い出します。
種を取らなかったのでそのままになっちゃって残念な事をしました。
マルバルコウソウ、今年は野良生えしてるのによく出会ってウヒヒ状態です(笑)
我が家にもお越し願いたいんですけどねぇ、そううまくはいかないようで。。。

投稿: ちょびママ | 2009/10/09 10:54

たくさん茂ってたくさんのお花を咲かせていますね~~
緑と赤とがクリスマスカラーなんですよね~~笑

マルバルコウソウの曜部は随分と黄色いですが これはほとんど同じ色なんですね。
それにマルバルコウソウは 反り返っていないようにみえますが ハゴロモは結構反り返るのですね。

いろんな園芸種が作られるものです。
どちらかと言うと マルバルコウソウの方が逞しく 空き地に咲き野趣味があるように思います。
ハゴロモは大事に大事に育てて上げない戸と言う感じで・・・笑

投稿: fairy ring | 2009/10/09 12:05

こんにちは。
最近、街中でよく見かけるかわいい花、
調べてみたら、マルバルコウソウだと判明して、
喜んでいたところです。
ハゴロモルコウソウってのもあるんですね。
なるほど、花の黄色と、葉の形が違いますね。
子供の、おちょぼ口を思わせて可愛いです。

金木犀の香り、我が家でも漂い始めました。
でも今年は、花のつきが悪いみたいです。

投稿: 鎌ちゃん | 2009/10/09 12:55

ハゴロモルコウソウ、きれいに這わせておられますね。
近所のフェンスにも毎年咲くのですが、こぼれ種で生き続けているようです。
マルバルコウソウと並べて拝見すると花も葉も色合いがはっきりしていますね。

投稿: 横浜のおーちゃん | 2009/10/09 13:13

マルバルコウソウって云うのですね。
今年うちの庭やフェンスに、すごい勢いで絡み付いてオレンジの花を咲かせています。
なぜ今年咲いたのか分からないのですが、去年ルコウソウを植えたからですかね。
あまりに増えているので、除草剤をかけました。

ハゴロモルコウソウ、葉色と花の色が素敵ですね。

投稿: ロッキーママ | 2009/10/09 16:39

◆ちょびママさん、ありがとうございます ♪

いい加減な蒔き方した割には元気でしょう~(^^)
さすがにこのところは、気温が下がってきたことや虫食い、
台風の強風でくたびれてきていますが。種を採れるよう祈ってます。
うんうん、以前ちょびママさんが蔓をどう誘引するか困っていらしたの
覚えています。生長期はほんとよく伸びますから。

マルバルコウソウ、よくお見かけになるんですね。
そういうの見付けると嬉しくなりますね。種が採れたら試しに
植木鉢にでも蒔いてみられては…


◆fairy ringさん、ありがとうございます ♪

赤と緑でクリスマスカラー♪ 白と金も加えたら完璧ですね。
葉は両親の間をとったような形で、花はルコウソウ側に似た感じですね。
ほんとだ、ハゴロモルコウソウのほうが花が反り返ってます。
ルコウソウはどうなのかしら?ルコウソウにはお目にかかれないのです。

野趣はやっぱりマルバルコウソウのほうが上ですね。素朴な良さも
あると思います。野で咲いている姿がとてもすてき。
園芸植物としての見栄えはハゴロモさんのほうが勝るかなぁ…
けれど丈夫さはハゴロモさんも十分ありですよ。
かって、マルバルコウソウが野に出て行って自生し始めたように、
ハゴロモルコウソウも人の手を借りず、毎年こぼれ種から咲くのも
あるようです(横浜のおーちゃんからの受け売り)。


◆鎌ちゃん、ありがとうございます ♪

こんにちは。
ご近所でマルバルコウソウをよくお見かけになりますか?
可愛くて色も鮮やか、目を引きますね。
そのマルバルコウソウを片親に持つのが、ハゴロモルコウソウなんです。
葉の形や花の色は違いますが、同じ形の花でしょう?
マルバルコウソウは父さんでしょうか、母さんでしょうか。
首が長くて小さく咲く花、子供のおちょぼ口に思えますか。
なるほど、お祭りなどのお稚児さんを思い出しますね。

あ、鎌ちゃんのお庭のキンモクセイも咲き始めたのですね。
花付きが少なめですか?例年より控えめな香り、しっかり味わって
あげてください。


◆横浜のおーちゃん、ありがとうございます ♪

8月いっぱいくらいはものすごく旺盛に蔓を伸ばすので、毎日水遣りのとき
ぐるぐる巻きつけていたら、こんな感じになりました。
ご近所の野生化したマルバルコウソウも元気いっぱいですね。
種を蒔いたらすぐ発芽する、その生命力を見ると、野生化しても
十分やっていけるだろうと納得です。
マルバルコウソウはハゴロモルコウソウの片親なんだなぁと
思いながら見ると、違いもいっそう興味深く感じられます。


◆ロッキーママさん、ありがとうございます ♪

ロッキーママさんのお宅では、今年から急にマルバルコウソウの方が
たくさん咲いているのですか?ハゴロモルコウソウが先祖がえり
ならまだしも、ルコウソウがマルバルコウソウに変化することは
ないのではいでしょうか。どこからきたのかミステリーですね。
可愛い花でもあんまり殖えすぎるのは困ってしまいますよね。
蔓植物は生育旺盛ですし。来年はどうなるでしょうか。

ハゴロモルコウソウは、深みのある濃い緑と深紅の取り合わせ、
葉と花の量のバランスがなかなか気に入ってます。
 

投稿: ポージィ | 2009/10/09 17:34

昨年撮った場所に、今年は存在が確認できないんです。
やはり紅色のルコウソウが、好きです。
ポージィさんちは毎日観れるんですね。羨ましいです。

投稿: noodles3 | 2009/10/09 18:27

ポージィさん、こんばんは。縷紅草の縷は糸のように細いというような意味だと思います。そこで、当然花の根本がとても細いからこのような名前を付けたのでしょうか。○紅草だから、ルコウソウもマルバルコウソウも共に花は紅色。
種から育ち蔓を出して絡まって延びてゆく、ちょっとアサガオに似ているように思います。
さすが、お花を習っているだけあって、フェンスに絡ませる育て方、なるほどと思いました。
私は、どれも見たことがありません。庭いじりは、もっぱら妻の仕事になっております。彼女は目下、フェンスを全部、モッコウバラで埋め尽くそうとしているようです。

投稿: polo181 | 2009/10/09 20:29

◆noodles3さん、ありがとうございます ♪

noodlesさんは今や野に咲く花となったルコウソウの方が
お好きなのですね。ところが、昨年ご覧になった場所にみられない…
うーん、雑草として抜かれてしまったかもしれませんね。
ひょっとしたら生き残っているのがこれからまだ頑張って
咲いてくるかもしれませんよ。11月くらいまでなら見ることありますから。

わが家は種から育てたハゴロモルコウソウ。マルバルコウソウは
抜かれたり除草剤シャワーを浴びなければ見ることができますが、
毎年ヒヤヒヤものです。


◆polo181さん、ありがとうございます ♪

こんばんは。
「縷は糸のように細いというような意味」仰るとおりですね。
縷紅草の名前は、poloさんご推察の花首の細長さからなのか、
葉が糸のように細い(羽毛のように裂けています)からなのか、
はたまた細い蔓が長く伸びるからなのか、これが正解というものは
見つけられませんでした。
成長していく姿も花の形も、朝顔に似ていますね。

せっかくお褒めいただきましたが、フェンスに絡ませたのは
ほかに蔓の這わせようがなくてこうしただけなんですよ。ポリポリ…
poloさんのお宅では奥様がモッコウバラをフェンスに這わせて
いらっしゃるのですね。張るには見事な素晴らしい花のフェンスが
ご覧になれそうですね。機会がありましたら見せてください
 

投稿: ポージィ | 2009/10/09 22:06

ハゴロモルコウソウ、きれいに咲いていますね。
マイフィールドでは、ほとんど見かけることが無くなりました。
以前はきれいに育てているのが近所で見られたのですが、昨年から姿を消していまい、残念に思っています。
9月半ばに出かけた緑道で蔓は見かけたんですけどね、花はすでに萎んでいました。
なんとかいい状態のものは無いかと無理やり撮ってはみましたが、やっぱり駄目でした。
同じ日にマルバルコウソウも見かけました。
こちらはいい感じでしたが、花倉庫で眠っています~~(笑)

投稿: goro’s | 2009/10/10 01:51

わー、もう3回目ですか。
玄関前のフェンスに絡ませた、葉の勢いが凄いです。
7月に蒔かれると暑くなってきているので、成長も早いようですね。
よそでこんなに立派に咲いているのを見ると凄く嬉しいです。
我が家は5月初めで2カ月早かったので、当然ながらかなり前にもう採種、花も終わっています。
マルバルコウソウは私も近所にあるので、その色合いを愛でているのですが、葉の細いルコウソウは、今だにお目にかかれません。
本当にオシロイバナに似ていますね。

投稿: tona | 2009/10/10 08:46

◆悟郎さん、ありがとうございます ♪

手をかけないのに綺麗に咲いてくれて、ありがたい花です。
えーっ、悟郎さんのご近所では育てるのをやめてしまったのですね。
以前見せていただいたことのあるあれですよね、多分…
そうですか、何らかの理由があるのでしょうけれど、残念ですね。
まあ、私も自分のところ以外では見かけたことがありませんけれど。
代りにマルバルコウソウのいい状態をご覧になれたのは幸いでしたけど、
お披露目はおあずけなのですね~(笑)
またいつひょんなことがきっかけでお目見えするか分かりませんから
そのときを楽しみにしておきます。


◆tonaさん、ありがとうございます ♪

面倒くさがり屋の私は、滅多に種から育てることをしないのですが、
ハゴロモルコウソウは手をかけなくても健気によく育ってくれて、
しかも綺麗なのでお気に入りです。改めてありがとうございます(^^)
最初から辿ることができたとしたら、いったい何代目なんでしょうね。
芋虫と台風のせいで今秋の採種がちょっと心配ですが、多分大丈夫でしょう。

マルバルコウソウはtonaさんのご近所にもあるのですね。
あれも野に咲く明るく素朴な花姿がステキですよね。
ルコウソウにいまだお目にかかれないのは同じですね。
 

投稿: ポージィ | 2009/10/10 18:21

マルバの葉っぱは可愛いですね。
あ、三枚目のくるくるしたのが面白いですね!
楽しいです~

投稿: ふくやぎ | 2009/10/10 21:47

昨日、隣の空き地でマルバルコウソウのかわいい花が咲いているのに気が付きました。
去年はなかったはずなのに・・・後で写真を撮ろうと思っていましたが、ポージィさんのところへ伺うまですっかり忘れていましたcoldsweats01
フェンスのハゴロモルコウソウ、とってもステキですね。我が家にはフェンスがないので、こんな感じで花を咲かせる事が出来なくて残念!

投稿: ロココ | 2009/10/10 23:07

「マルバルコウソウ」
昨年、散歩道の駐車場のフェンスに沢山咲いていた。
やがてすべて抜かれてなくなっていた中に、根っこの部分だけかろうじて残ってたものを持ち帰り、鉢植えしてたものが根付いて、今年花を咲かせました。
写真のような黄色味を帯びた花を咲かせています。
花の後には、小さな実もできています。
ゴーヤの蔓と一緒に巻きついています。
来年はまた伸びて、小さな可愛い花を次々につけてくれることでしょう。優しい気持ちに報いるように!

投稿: 夢閑人 | 2009/10/12 16:07

◆ふくやぎさん、ありがとうございます ♪

お返事遅くなってすみません。
 
マルバルコウソウの葉っぱはハート型ですね。
滑らかなカーブが可愛いです(^^)
3枚目のくるくるにも目を留めてくださいましたか。
蔓の柔らかな先端が意思を持っているごとく
くるくる巻き付く様子面白いですよ。
伸び盛りは毎日自分の花や葉にくるくるしているのを
外してはフェンスに巻き付かせ直していました。


◆ロココさん、ありがとうございます ♪

お返事遅くなってごめんなさい。
 
おや、ロココさんのご近所でも、昨年までなかったマルバちゃんが?
昨年までなかったのに今年気付いたという方が、結構いらっしゃって
ちょっとびっくりです。今年はマルバちゃんたちにとっていい年
だったんでしょうか。来年はもっと増えるかしら?

フェンスのハゴロモルコウソウ、虫食いと台風で傷む前は
ほんと綺麗でした。蔓を誘導してやる以外手は掛かっていないのに
ありがたいことです。が、いやいや…ロココさんのお宅では蔓バラが
すてきな花の壁を作っていらっしゃいますもの。あの方がステキですよ。
 

◆夢閑人さん、ありがとうございます ♪

抜かれたり除草剤を浴びたりの過酷な運命を辿らされる野草たちが
数ある中、夢閑人さんに救いの手を差し伸べてもらった幸運な
マルバルコウソウ。今年も花を咲かせ実ることもできてどんなにか
嬉しかったでしょう。夢閑人さんは命の恩人。感謝していますよ。
根っこだけになってしまったのに、健気に蔓を伸ばし可愛い花を
咲かせてくれる、その様子を見る夢閑人さんもまた嬉しいですね。
胸があったかくなるお話です。
 

投稿: ポージィ | 2009/10/13 10:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50994/46344906

この記事へのトラックバック一覧です: ハゴロモルコウソウ 紅(くれない):

« ひと休み | トップページ | 香りの便り -キンモクセイ2009- »