« 香りの便り -キンモクセイ2009- | トップページ | カラスノゴマ 今年も会えたね »

2009/10/14

デジタルフォトフレーム

夫が、しばらく前から欲しいと言い続けていたデジタルフォトフレーム。
私はずっと煮え切らない返事を続けていたのですが、クックが亡くなったとたんに
ころりと態度を変え、わが家にもデジタルフォトフレームがお目見えと相成りました。
 
まずはデジカメで撮ったクックの写真をいろんなフォルダから集めてきてまとめ、
SDカードに入れました。朝から晩までクックの登場する写真がエンドレスで
映し出されています。
 
こんな感じです。 (dog写真クリックでもう少し大きめ写真もご覧いただけますcamera
 
 
090907photo_frame1 090907photo_frame2 090907photo_frame3
090907photo_frame4 090907photo_frame6 090907photo_frame5
090907photo_frame7 090907photo_frame8 090907photo_frame9
 
 
初代のデジカメは画素数が200万にも満たないもので、シャッターを押してからの
反応時間も遅く、ボケボケ写真ばかり。 やっぱり現在の3代目デジカメでの写真が
いちばん綺麗です。写す側の慣れも大きいですしね。
 
最近は、フィルムのカメラで撮ったスナップ写真をスキャナで取り込んでいく作業を
少しずつ進めています。でも、クックの赤ちゃん時代の写真は数えるほどしかなくて。
フィルムのカメラの時代、わが家では写真をパチパチ撮りまくるという習慣がまだ
なかったのでした。撮り方もすごくヘタッピでしたし。
ワンコの赤ちゃん時代はあっという間に過ぎ去ってしまうのに、惜しいことをしました。
その、数少ない赤ちゃん時代のクックの写真も、いつかそのうちにご披露させて
いただきますので、また見てやってくださいね。
 
 
今日10/14はクックの四十九日です。月日は飛ぶように過ぎていってしまいますが、
私のクックへの思いは、亡くなった当初とほとんど変化なし。人前では抑えられるように
なりましたけれど。以前は、四十九日が過ぎたら祭壇も小さくするのかなと、漠然と
思っていましたが、その日が来てみたら、まだそうする気になれていませんし。
実は10/10は母の命日で丸28年ですが、思い出す際には今でも何がしかの痛みを
伴います。ついこの間別れたばかりのクックへの思いが生々しいのも無理ないですね。 
 
ふっと拙い短歌が浮かびましたので、一首  (文法等、滅茶苦茶かもです)
 
  「モップかけ集めし塵に愛犬の抜け毛の消えゆき寂しさあらた」
                                    -ポージィ-
 
毎日ご飯作って食べて眠って、日々は流れていきます。
 
(今日はちょっとしんみり調になりましたが、元気にしてますからご安心ください)
 

|

« 香りの便り -キンモクセイ2009- | トップページ | カラスノゴマ 今年も会えたね »

コメント

こんにちは。
そうですか、クックの四十九日ですか。
私もまだ、クックが天国に行ってしまったことが信じられない気持ちですよ。
でもこうして、デジタルフォトフレームで、在りし日を偲べる気持ちになられてよかったです。
命あるものには、必ずいつかは別れがやってくるんですが、
こうして亡き後も、偲んでもらえるクックは、きっと天国で喜んでいることでしょう。

それにしても、デジタルフォトフレーム・・・・俄然興味がわいてきました。

投稿: 鎌ちゃん | 2009/10/14 10:02

クックちゃん、もう四十九日、早いですが、ポージィさんにとっては長い悲しみの日々でした。
お母様も28年も前に亡くなられたそうで、随分お若くして亡くなられたのですね。
私も作ってくれた品々があちこちにあるので、4年半前だったのに、まだ見るたびに思い出して悲しんでいます。

デジタルフォトフレームって素晴らしいですね!
欲しくなりました。子どもの小さい頃を入れてみたいですが、残念ながらデジカメではありません。でもスキャナーを使えばできるのですね。

在りし日のクックちゃんのさまざまな表情や姿が、より一層涙で霞んでしまいそうです、楽しかったこともまた思い出されることでしょう。
小さい頃の写真を楽しみにしています。


投稿: tona | 2009/10/14 13:34

やっとかめだなも(*^.^*)
名古屋(愛知全般?)の古い方言で「お久しぶり」という意味の「やっとかめ」は漢字にすると「八十日目」だとか。
人のウワサも七十五日から五日も経っているから、あなたの顔も忘れてしまったよ、なんて意味なんだよと、名古屋の知人に教えてもらったのはつい最近のこと。
赤の他人のウワサを忘れるのにも75日もかかります。
まして我が子同然のクックたのこと。49日では思い出はまだまだ濃すぎます。

デジタルフォトフレームですか。
そんなのあるのさえ知りませんでした。
今度電化製品売り場に行った時覗いてみましょう。

短歌の思い、ジンときました。

投稿: あまもり | 2009/10/14 14:12

何年、何ヶ月経っても、愛する家族を失った喪失感は消えません。
時が経てば、経つだけ、寂しさや恋しさがつのります。
この気持ちは一生続くと思います。

ロッキーの事を気にかけて下さり有難うございました。
朝方、全身を痙攣させてしまって驚きました。
医師と相談しましたが、このまま見守る事にしました。
今は落ち着いて眠っています。
ご心配おかけしました。

投稿: ロッキーママ | 2009/10/14 16:42

◆鎌ちゃん、ありがとうございます ♪

こんにちは。
四十九日なんてあっという間に来てしまいますね。
若いころ以上に、おどろくほどあっという間に過ぎ去ってしまいます。
クックの写真は当初からいっぱい眺めているんですけど、
時系列に並んでいるので、やっぱりこの昨年~今年のものになると
だんだん見ながら辛さが増します。
それでも、これからもいっぱい偲んでやりたいと思ってます。

デジタルフォトフレームにご関心が湧きましたか?
この頃では家電量販店でもホームセンターでも、色々な機種が
並べられているのを見かけます。鎌ちゃんもお写真はたくさん
おありですものね。


◆tonaさん、ありがとうございます ♪

もう四十九日ですが、あっという間で、ついこの間のことのようです。
28年経った母のことですら最期のことは鮮明ですし。
tonaさんもお母様のこと、まだまだ鮮明でいらっしゃるのですね。
悲しみは紛れることはあっても、それ自体が変わることはない
ものなのかもしれません。

手で繰るアルバムにはその良さがありますが、デジタルフォトフレームにも
いつ目を向けてもどれかの姿を見られる良さがあると実感してます。
うちはスライドショーにしてますが、それ以外の機能もついていますし。
はい、昔の紙の写真もスキャナで取り込めばOkですよ(^^)

次々に映し出されるクックの写真を見ながら、微笑んだり話しかけたり、
ちょっぴり涙ぐんだり、いろいろしています。


◆あまもりさん、ありがとうございます ♪

やっとかめ 三河(私の故郷は東三河)の方言にもあるようですね。
自分たちは使ってなかったけど、お年寄りが使ってるのを聞いたことが
あるかなぁ?ないかなぁ?やっとかめ自体は意味も知ってました。
でも漢字と語源については初めて知りましたよ~
人の噂が消えるのが七十五日、それより少し長くて八十日。
クックたんがいなくなってからはたったの四十九日。
濃いのは当たり前ですね(^^)

デジタルフォトフレームは、このごろ家電店でもホームセンターでも
見かけるようになりました。たくさんのメーカーからたくさんの機種が
出ているみたいです。

稚拙な短歌から思いを汲んでいただいて… 恥ずかしいけど嬉しいです。


◆ロッキーママさん、ありがとうございます ♪

仰るとおりですね。日々、次々と新しく生まれる出来事、新しい記憶に
紛れることはあっても、喪失感や悲しさ寂しさそのものが変化したり
消滅したりすることはないのでしょう。また、だからこそ、
他の人の思いに心を寄せることもできるというものですね。

ロッキー君の容態について教えてくださってありがとうございます。
さぞ驚き心配なさったことでしょう。涼しくなってはきましたが、
まだ陽気が安定しているとはいえませんから、ロッキー君には
わずかな変化も影響するのかもしれません。
このまま落ち着いていってくれるといいのですが。
苦しむことなく、穏やかな日を過ごしていけますようにと
切に祈っています。
 

投稿: ポージィ | 2009/10/14 17:43

デジタルフォトフレーム、こんな使い方がぴったりなのかも知れません。

もう四十九日を迎えましたか・・・
ポージィさんのところで、つい最近までクックの余生を拝見していたとき、まさか自分が名付けた富士丸が逝くことなんて想像もしていませんでした。
非公開ですが、飼い主の友人の葬儀屋のバイト君が、富士丸にも素敵な祭壇を作ってくれたんですよ。

そのうちお骨をお墓に入れても、祭壇はそのままでいいのではないですか?

そうすれば、遊びにいらした方達がいつも逢えますから。

投稿: noodles3 | 2009/10/14 19:18

◆noodles3さん、ありがとうございます ♪

日が経つのは早いですね。自分の感覚と実際の時の流れとの差が大きいです。

デジタルフォトフレームの中に映し出されるクックを見て、
その都度つどの場面を思い出しています。
今年のある時期以降の写真はちょっと見るのが辛いですけれど。

noodlesさんは富士丸君の、なんと名付け親でいらしたのですね。
本当に、こんなに早くこんなにも急に逝ってしまうなんて、
誰が想像したでしょう。今度のことを知ったとき、苦しみぬいて
逝くのを見守るのも、こんな風に突然奪われるのも、どちらも
なんて辛いんだろうと… 
そうですか、素適な祭壇を作ってくださったのですね。
きっと穴澤さんも、まわりの皆さんの思いやりに慰められ力をもらって
いらっしゃると思います。
クックのお骨はどうしようかと思っているんですよ。
この先一生今の家にいるという気がしないので、そうなったら
こちらに一人残していくのも忍びないですし。私たちの将来が
決まるまではずっとこのまま置いておこうかなとも思ってます。
 

投稿: ポージィ | 2009/10/14 19:35

ポージィさん、こんばんは。デジタルフォトフレームって、何だろうと思いました。まったく知識がありません。おそらく、メモリーカードを差し込んでおくと自動的に映像が変化する装置なのでしょうね。良いですねぇ。
写真で見ると、クックは本当に愛らしい、しかも賢こそうな犬ですね。ちょっとこのような可愛い犬は見つからないでしょう。そうですか、もう49日にもなるんですね。月日の経つのは速い。とことこ歩いて、極楽に至り、何かに生まれ変わったことでしょう。そして、ひょっこりそちらを訪れてくれるかもしれません。私の娘も、愛犬バークレーのお骨を自宅に置いて納骨しようとはしません。私は、それも良いかなと思ってとやかく言わないことにしております。

投稿: polo181 | 2009/10/14 21:21

そうでしたか~ 早49日ですか~
その記念ともいうべきデジタルフォトフレーム なかなかですね~

クックちゃんが何時も見守ってくれていますね。
パピー時代の写真って2度と撮ることができませんよね~
うちもぶんのためにデジカメを買ったようなものですが 我が家に来たばかりの写真はほとんどないです。
来てすぐに病気になったので 写真を撮っておくと後で辛くなるとわざと撮りませんでした。
後から考えると 残念だったけど その時はもう生きてくれることしか頭になかったですから・・・

投稿: fairy ring | 2009/10/14 22:25

ポージィさんとの出会いは先代の愛犬の死の記事がご縁でしたね。
離れるのが嫌で、いつまでも骨壷をそばに置いて、そのうちにもうどうしてやるのが一番いい方法なのか分からなくなって。。。
その気持ちをブログに載せた記事にコメント下さいましたね。
あれから4年以上のお付き合いをさせてもらってます。
皆さんにいい言葉を頂いたのにその後もグズグズと骨壷を手放せず、さすがにダメだとその年の暮れ、庭のハナミズキの木の下に埋めてやりました。
今月の28日で愛犬が旅立って丸6年。
未だ悲しみは深く、涙がこぼれます。
だからポージィさんの辛さ、淋しさ、悲しみの深さ、とてもよく分かります。

デジタルフォトフレームってのがあるんですね。
一枚一枚に思い出が刻まれてて、あぁこの頃は○○だったな~なんてご夫婦でお話が弾みそうですね。
前の愛犬の写真は数えるほどしかなくて淋しかったので、今はちょびを膨大な数、撮りまくってます。
赤ちゃん時代のクックちゃんも楽しみにしてますね。

投稿: ちょびママ | 2009/10/14 22:40

やっぱり、いつまでも、しんみりしていたら。。。
楽しくエピソードを語り合えば、きっとクックたんも喜ぶでしょう。

投稿: ふくやぎ | 2009/10/14 23:52

デジタルフォトフレーム、CMでは見たことありましたが、そうですか、こんな使い方をするんですね。
いろんな表情をしたクックくんが、次々登場するんですね。
笑ったり泣いたりでしょうが、それもまた良しです。

無理して色々なこと決めなくてもいいと思います。
心の趣くままに決めていけばいいんじゃありませんかね。
散歩はしたほうがいいと思いますよ~~(笑)

投稿: goro’s | 2009/10/15 00:36

◆polo181さん、ありがとうございます ♪

こんにちは。
デジタルフォトフレーム、ご存知ありませんでしたか。
この頃は家電量販店でもホームセンターでも、展示されていることが
多くなりましたから、また目にされることもあることでしょう。
映し出す方法はご推察の通りです(^^)

クックのこと、可愛くて賢そうと褒めていただいてとても嬉しいです。
超のつくほどの怖がりが性格を難しくしてはいましたが、
賢さという点では親バカを抜きにしても本当に賢かったです。
あのちっちゃな頭の中で、いろんなこと考えていたようです。
顔つきは7歳頃からとてもいい感じになったと思ってます。
やっぱり親バカでしょうか(笑)

バークレー君のお骨もまだお手元にあるのですね。
クックも慌てることはないとそう思っています。


◆fairy ringさん、ありがとうございます ♪

日が経つのはなんとも早いものですね。年々、一年が早く感じられる
ようになってきていますから、なおさらです。
フォトフレームに映し出される写真、これはどこそこのとき、と
パッと思い出がよみがえります。

ぶんちゃんも小さいときのお写真はほとんどないのですね。
そうですか、そんな大変な時期があったとは…。
わざとお撮りにならなかったというお気持ち、よくわかります。
写真はなくとも、記憶の中にくっきりと刻まれていますね。
ぶんちゃん、病気を乗り越え今こうして元気にしていてくれて
本当にほんとうに良かったです。


◆ちょびママさん、ありがとうございます ♪

そうでしたね。大ちゃんについて書かれた記事にコメントさせて
いただいたのが最初でした。あれから4年あまりですね。
今ではお庭のハナミズキの下で眠っている大ちゃん。良い選択をされましたね。
いつでも身近にいられて、大ちゃんも満足していると思います。
大ちゃんが亡くなって間もなく丸6年。悲しい思いというのは、何年経とうと
消えてなくなるものではないですね。楽しい思い出がたくさんあっても。
…私も当分クックのお骨を手放せそうにないですよ。
今住んでいるうちの庭には埋めたくないですし。日当たりは悪いし
私たちもずっとここにはいないと思われますし。慌てなくていいですよね。

デジタルフォトフレームは、こういう新しい機器に敏感に反応する夫が、
昨年のうちから興味津々でいたんですよ。ツレナイ返事をしていた私も
クックが亡くなったらころりと気持ちが変わりました。
改めて時系列で見てみると、クックがだんだん元気がなくなって
きているのがよく見てとれてちょっと辛くもあるのですが、でもやっぱり
いろんな楽しい思い出もたくさんよみがえります。いつ目を向けても
そこにクックがいるというのは、アルバムを繰るのとはちょっと違う
良さもありますね。
 
ちょびちゃんの写真は、もっともっと増えていきますね(^^)
これからも楽しみにしてます。


◆ふくやぎさん、ありがとうございます ♪

いつもしんみりして泣いているわけではないですけれど、
笑いと共に思い出すこともあれば反射的に涙があふれてくることも。
最期に至る20日あまりの苦しむ姿は、まだあまりに生々しくて。
でも、普通に食べて眠って元気に暮らせてますから、
クックも許してくれるんじゃないかな。
私の涙を舐めるの、大好きでしたし~~


◆悟郎さん、ありがとうございます ♪

CMでご覧になったことありましたか。
うちではスライドショーの機能しか使ってませんが、他にも
機能がついていたような。いつ目を向けてもそこにクックがいる
というのは、今のわが家にはいちばんの使い方かもしれません。
はい、笑ったり泣いたり、埋もれていた記憶がふっと
よみがえったりしながら見ています。

無理しないで心の趣くままに決めていく。そうですね。
私もそう思います。

>散歩はしたほうがいいと思いますよ~~(笑)

わっ!お見通しだ。毎日の習慣が崩れちゃってから、ときたましか
してません。また新たな習慣づけをしなくちゃいけませんね。
自分の健康のために。
 

投稿: ポージィ | 2009/10/15 10:26

最初に家で携帯から見ていて、一枚ずつクックたんの写真をアップにしながら、
やっぱりウルッときて、ホロッとしてしまいました(家でよかった。。)
デジタルフォトフレームを一枚づつ撮ってるポージィさんを思い浮かべると、
愛にあふれてるなぁって胸がいっぱいになりました。
四十九日、私も本当はその時点でキヨのお骨を合同の納骨所に納めるつもりでしたが、
一年たった今でもうちに一緒にいてもらってます。
まだまだ、イノがいる間は一緒にいたいと思うのです。
クックたん、デジタルフォトフレーム買ってもらえてよかったね^^、
私もキヨがいなくなってすぐに買う予定でしたが、私がケチってまだ買ってません(笑)

投稿: えりえり | 2009/10/15 11:27

◆えりえりさん、ありがとうございます ♪

携帯からも見てくださったんですね。それも一枚一枚丁寧に見てくださって。
クック~ 嬉しいねぇ、ありがたいよねぇ。クックは幸せ者です。
フォトフレームにカメラを向けてる姿、想像されちゃいましたか。
次々映し出されるのを全部撮りたいような気持ちになってしまいましたよ。
全部この中に入っているのにね。

えりえりさんもキヨちゃんのお骨をまだ手元に置いていらっしゃるんですね。
うんうん、イノちゃんもいますし。慌てることないですよね。
デジタルフォトフレームも次々に新しいものや色々な大きさのが
売り出されているようですね。いつかそのうちに、ですね。

ときにイノちゃんの具合はいかがでしょう。
お薬はその後もちゃんと飲んでくれていますか?
病院の先生が言ってくださったように、穏やかに過ごせるときが
1年にも2年にももっとにも伸びてくれるよう祈ってます。

投稿: ポージィ | 2009/10/15 12:10

weep
最後の句に、涙があふれました。

投稿: koko | 2009/10/15 12:42

◆kokoさん、ありがとうございます ♪

う… 状況分かっていただけたのですね。
ワンコやニャンコを室内飼いしている方ならきっと
分かってくださると。
フロアーモップ(クイックルワイパーです)をかけると、
以前はいっぱい落ちていたクックの毛が全然なくなって
綿ぼこりと人の毛だけなんです。
寂しいですよ~~ 泣笑

投稿: ポージィ | 2009/10/15 17:31

もうクックちゃんの四十九日。季節は夏から秋に変わりました。
はらはらと散るもみじ葉を見れば、また、クックちゃんを思い出すことでしょう。
でも、デジタルフォトフレームで、沢山生き返ったクックちゃんに会えますね。

部屋のあちこちに落ちてた抜け毛、今はない。
あったらあったで掃除も大変だったけど、なくなればまたむなしく悲しい。
ポージィさんの気持ち、詩によく現れています。
沢山の愛を受けて旅立ったクックちゃん。
亡き今も映像で生き返ったクックちゃん。幸せでした。
きっと喜んでいることでしょう。

投稿: 夢閑人 | 2009/10/15 21:05

◆夢閑人さん、ありがとうございます ♪

はい…季節はいつしか夏から秋へとすっかり入れ替わりました。
クックちゃん、ずいぶん涼しくなったね。クックも過ごしやすくなった?
なんて、時おり話しかけてます。
デジタルフォトフレームの中の、まだまだ若かった頃のクック、
生き生きとしています。去年の秋くらいからはずいぶん元気がなく
なってきたのがよく分かり、今年の春はさらに…その頃のは
ちょっと見るのが切ないですけれど、それでも一緒に出かけたくて
一緒に行く?という言葉をいつも待っていました。

ちっとも掃除熱心ではないにもかかわらず、床に落ちているクックの毛は
すっかり姿を消してしまいました。15年以上、クックの毛が落ちているのは
当たり前だったのに、なくなっちゃうと寂しいです。
ごめんね、今でも大好きだよーって話しかけてます。
クックが、今はもう苦しさから開放されていることだけが慰めです。

投稿: ポージィ | 2009/10/15 22:16

ポージィさん こんにちは

切ない一句 私も先代の猫のシュガーが亡くなったときに
いつも感じていました
(シュガーはみゆのお兄ちゃん猫です)
落ちていた毛を集めて大事に取って置いたりしました・・
でも、時間薬とはよく言ったもので18年以上も経つと悲しみもなくシュガーを思い出せます

ポージィさん、まだまだクックちゃんの思い出は深く悲しいでしょうが
クックちゃんの大切なママが元気になられることが供養だと思いますよ
お体はもちろん、お気持ちも方もね・・

我が家のみゆは先週から具合が悪く、もしかしたらもうだめかも・・とあきらめかけていましたが
昨日、ほんの少しですが自分からご飯を食べたのでがんばって欲しいです

投稿: glenn | 2009/10/16 13:41

◆glennさん、ありがとうございます ♪

こんにちは。
ヘタクソな短歌ですが、伝えたかったことを分かって
くださって嬉しいです。
みゆちゃんにはお兄ちゃんがいたのですね。そのシュガー君を亡くされて…
同じ思いを味わってこられたことにほろりとしました。
そうですね。年月というのは、悲しみはオブラートで包んで
優しい思い出としてよみがえらせてくれるものなのでしょう。
今はまだ、クックのために涙を流したりないような気持ちもありますが、
だんだんに涙と笑顔の比率が変わっていくと思います。

みゆちゃん、あまり具合がよくないのですね。心配です。
自分からご飯を食べるというのは生きようという証でもあり
元気の復活でもありますね。食べることでさらにまた元気が出て、と
どうかよい方向へ向かってくれますようにと祈っています。

投稿: ポージィ | 2009/10/16 16:41

先週の金曜日 休憩に入るナースとロッカーで会った時に
病気になってたゴールデンのことを
「その後どう?」と訪ねたら
「言ってなかったっけ?」と、、今月4日に亡くなったことを知らされました
クックちゃん同様 病状が悪化してからはずっと自宅で看病してて
ナースの特権?を生かして点滴もしてたんですよ
私、、亡くなったことを聞いた途端 涙が溢れてきて
それまで気丈にしてた彼女も大粒の涙。。
毎日 思い出しては泣いてると言ってました
「最後まで看てあげられて良かったね」と言うと
それがなかったらきっと後悔してたと。。
2人してボロボロでした(^_^;
でも今日出勤して夜勤明けの彼女に会った時は
元気良く働いてました

ポージィさんも人に話すことで
少し気が紛れたりしていくんだと思います
一緒に泣いてくれる人がいたら甘えてくださいね


投稿: miki | 2009/10/19 17:58

◆mikiさん、ありがとうございます ♪

お仕事のお仲間のワンちゃんもこの10月に亡くなったのですか。
その方とご家族、しっかり向き合って看取ってあげられたのですね。
自分とこの子がかけがえのない大切な子であるのはもちろんですが、
ご近所でもブログ友達でも一方通行だけでも、とにかく知ってる
ワンちゃん・ネコちゃん・ペット達全てがいとしいですね。
mikiさんがそのゴールデンのために涙を流してくれたことに、
ナースさんもうんと慰められたと思います。
私もそんな悲報に接したら、ボロボロになってしまいます。
10月にもすでに2度パソコンの前でボロボロ状態になってしまいました。
クックを思っても、やっぱり相変わらず毎日涙がボロボロ。
でもすることもちゃんとしてるし、普通に生活してもいます。
傍からはもう吹っ切れているように見えるかな。どうかな。

何だか気持ちが文章にまとまらなくて…。
mikiさんのお言葉に感謝です。ありがとうございます。

投稿: ポージィ | 2009/10/20 09:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50994/46307322

この記事へのトラックバック一覧です: デジタルフォトフレーム:

» 「デジタルフォトフレーム」を含むニュースと関連グッズの紹介 [イマナビ!News&Shopping]
イマナビでは「デジタルフォトフレーム」を含むニュースと関連グッズの紹介をしています。「デジタルフォトフレーム」に興味があれば是非ご覧ください! [続きを読む]

受信: 2009/10/14 17:30

» 四十九日 [四十九日]
四十九日についての情報です。 [続きを読む]

受信: 2009/10/15 11:34

« 香りの便り -キンモクセイ2009- | トップページ | カラスノゴマ 今年も会えたね »