« クックへ愛を込めて -誕生日に- | トップページ | 宇部でお散歩 »

2010/01/28

窓から

年の暮れに、小さな窓から私が見たものは、無限へと広がる光景でした。
 
年末年始を夫の両親の元、山口県宇部市で過ごすために12/30の朝、羽田空港から
飛び立ちました。 A.M.7:30時点の天気-東京羽田空港・sun 山口宇部空港・cloud
       (airplane写真クリックでもう少し大きめ写真もご覧いただけますmist
            今日はぜひとも大きめ写真もご覧くださいね。
 
私達の席は、進行方向に向かって右側3人掛けの通路寄りでしたが、窓側の席の方が
とうとう搭乗せず、窓寄りに席を移して外を見ることができました。
 
 
         091230hikouki2
 
               飛び立って間もなく見えたのは横浜の港
               横浜ベイブリッジにランドマークタワーも見えました
                              (12/30 8:15)
 
 
         091230hikouki9
 
               飛行機はあっという間に静岡上空へ
               雪を冠した富士山がはっきり見えました。
                 翼よ、あれが富士の峰だ!
               12/22に見たシルエット富士とは趣の違う力強い姿。
               富士山上空を通り過ぎると同時に、下界は雲海の下へと
               隠れたのでした。
                              (12/30 8:24)
 
 
              091230hikouki11
 
              やがて飛行機は瀬戸内海上空を山口宇部空港へと迫り 
              上空を覆ったにび色の雲を突き抜けたとき
              雲間から一条の光が海を照らし柔らかく染めました。
              「あわい(間)」という言葉がよぎるひととき…
                              (12/30 9:39)
               もうデジカメ作動させちゃいけない時間だったかもsweat01
 
 
こうして、またひとつ素晴らしい糧を胸に、山口宇部空港へと降り立ったのでした。
 

|

« クックへ愛を込めて -誕生日に- | トップページ | 宇部でお散歩 »

コメント

どんな場所から見ても富士山は、雄大で力強い姿ですね。
本当に姿が美しい山です。

見慣れている横浜港も空から見るとずい分変わって見えますね。
整然と並んでいる建物が、海のゴミみたいに見えてしまいました。

一条の光で染まる海は、希望の道しるべ見たいです。

素敵な写真をありがとうございます。

投稿: ロッキーママ | 2010/01/28 12:32

◆ロッキーママさん、ありがとうございます ♪

東名高速道路を車で走りながらや、新幹線の窓からの富士山、
そしてうちの近辺から時折り見られる富士山はそれなりに馴染みある
ものですが、飛行機からの富士山はかなり久し振りに見ました。
ロッキーママさんが仰ってるようにどの富士山も雄大で力強く、
そして優美ですね。

横浜港を囲むビル群がゴミに見えてしまった、というのには笑えました。
なるほど、澱みに浮かぶゴミに見えなくもないです(笑)

厚い雲がさーっと割れて光が差し込む光景を見ると、
神々しさを感じてしまいます。
希望を捨ててはいけないという暗示のようにも…
ずいぶんアップが遅くなりましたが、ぜひ皆さんにご紹介したかった光景。
見ていただけて良かったです。

投稿: ポージィ | 2010/01/28 16:33

飛行機良い席に座られたのですね。
ぶれないできれいに撮影されました。

冬の冠雪した富士山、真上から素晴らしいですね。
私も以前お正月に乗って、もう少し低い位置から見たのは今でも忘れられない感動ものでした。
クックちゃんだったら怖がったでしょうか?

投稿: tona | 2010/01/28 19:14

飛行機は最近乗るようになってから間だから見える景色が大好きです。
ポージィさんの写された下界のお写真皆よく写っていますね、私もこの様な光景を撮りたいと
いつも窓際に取りますが中々いいチャンスがありませんでした、
運も味方につけないと無理のようです。

クックちゃんの沢山のお写真になんて可愛らしいワンちゃんだったことか、
飼い主に似るとか云いますので、何となくお似合いのペットだったのではないかと、
いろいろな思い出がありますね、一つ一つが宝石の輝きを放ちますね。
今にも元気に現れそうです、
晩年は病気、看病、辛い日々もあったことでしょう、
心の中ではいつも生きていますよね。

投稿: | 2010/01/28 20:01

◆tonaさん、ありがとうございます ♪

お隣の、窓際の席の方が搭乗されなかったので、こんな様子を
見ることが出来てラッキーでした。
お天気も富士山上空ぎりぎりまで快晴で、その後は全面雲が
かかってたんですよ。ダブルラッキーですね♪(^^)

tonaさんも上空から冠雪富士山をご覧になったことがおありなんですね。
ほんと、感動ものの美しさでした。
クックは今回は私たちと同じ席に一緒でしたから怖がっては
いませんでしたよ。飛行機からの外の景色も初めて見られて
嬉しかったんじゃないでしょうか。
以前は独り引き離され、真っ暗な貨物室で恐ろしい思いを
するばかりしたから(^^;)

投稿: ポージィ | 2010/01/28 20:09

◆玲さん、ありがとうございます ♪

そうそう。玲さんは近年飛行機に乗られる機会が多かったですね。
窓際の席に座れても、お天気も味方してくれないと何にも見えなかった~
なんてこともありますね。玲さんの仰るように運も味方してくれないと。

クックのたくさんの写真も見てやってくださってありがとうございます。
飼い主馬鹿ですが、あちこちで見かけるチワワちゃんたちの中でも
かなりのハンサムボーイの方だったと思っています(笑)
性格的には、眠いと機嫌が悪くなるとか、すぐにウ~というといった面が
私とそっくりなんだそうです。夫曰く。
ええ。本当に一つ一つの思い出が宝石のように輝きを放っていますね。
玲さんもチーコちゃんとの最後の日々はお辛い思いもたくさんされた
ことでしょう。私も最後の日々を思い出すと涙なしではいられません。
でも、いまはもうチーコちゃんもクックも何の苦痛もないですね。
そうして私たちの心の中ではずっと生き続けていますね(^^)
 

投稿: ポージィ | 2010/01/28 20:23

ポージィさん こんばんは

富士山は本当にどこからみても美しい山ですね
霊山として崇められているのも納得です

飛行機の中からの写真なのにとてもきれいですね~
私が撮るときは結構窓とかが汚くて(腕も悪いのですが・・^^;)
きれいに撮れません;;

そうそう、私の勤めている会社の事務所からも
富士山が見えるのですよ~~~
冬の間だけかもしれませんが、朝は白く、夕方は
シルエットになって見えます
富士山が見えた日は一日いい気分です^^

投稿: glenn | 2010/01/28 20:23

ポージィさん、こんばんは。全部、大きめの写真で見ましたよ。そのカメラ、なかなか解像度た高いですね。最初の横浜港といい、富士山の景色といい、とても鮮明で迫力があります。窓側の席が空席だったのが勿怪の幸いでしたね。そんなこともあるんだあ。2時間ほどのフライトですか。
私は、いつまでたっても飛行機は嫌いでして、北海道や九州の場合は嫌々使います。なるべくなら、車か新幹線がいい(笑)地べたに付いていないと何とも不安なのです。
淡いではなくて、間。これはたしか古語ですね。お花の世界では日常的に使う言葉でしょうか。

投稿: polo181 | 2010/01/28 20:41

◆glennさん、ありがとうございます ♪

こんばんは(^^)
私は特別山が好きというわけでもないのですが、富士山は、
いつ見てもどんな角度で見ても素適だなぁと思います。
昔から多くの日本人が魅力を感じてきたんでしょうね。
力も感じられ、仰るとおり霊山とされているのにも納得です。

このときは色んなラッキーが重なったみたいです。
写真はやっぱりブレたのが多かったですよ(^^;)
そうそう。窓もきれいに透き通ってはいませんしね。

わぁ!glennさんのお仕事されているところからも見えるんですか。
なんだか感激です。冬はいちばん見えやすい時期ですよね。
明日も見えるかも♪

投稿: ポージィ | 2010/01/28 20:48

◆polo181さん、ありがとうございます ♪

こんばんは。
全部大きめ写真で見てくださってありがとうございます(^^)
迫力も感じていただけて嬉しいです。
カメラはちょっとレンズの大き目のコンパクトデジカメ、
画素数は600万画素ですから、今では性能の低い部類に入っると思います。
関東上空は快晴だったおかげで、こんな写真が撮れました。
席のことも私たちにとってはラッキーでした。

羽田から山口宇部空港までは、そうですね、往きは2時間弱とされています。
実際に飛んでいる時間は1時間半くらいだと思います。
あんな重たい鉄の固まりが重力に逆らって空を飛ぶのですから、
飛行機はあまり気持ちのいいものではありませんよね。耳もつーんとしますし。
私も何回乗っても「好き」にはなれません。

「あはい(間)」は古語ですか。そのあたりよく知りませんが、
自分の語彙の中に眠っていた言葉です。習っているフラワーデザインの
世界でこの言葉が登場したことは今のところありません~

投稿: ポージィ | 2010/01/28 21:00

オオッ~本当にすばらしい富士山ですね
このアングルから見たのは初めてです
(ロココが飛行機に乗るとしたら、いつも新潟空港なので)
それにしても、あんなに早く飛んでいる飛行機からでもこんなに綺麗に撮れるんですね。

投稿: ロココ | 2010/01/28 21:52

◆ロココさん、ありがとうございます ♪

色んなラッキーが重なって、綺麗な富士山を見ることが出来ました(^^)v
そっか、そうですよねー。航路にもよりますね。
東京羽田-山口宇部・間は下界が晴れていると結構色々な都市も
よく見えて面白いです。それしか乗ったことがないので他の航路の
面白さは知らずにいます~。
高度が高いこと、富士山が大きいことでシャッターチャンスも
ちょっとゆとりがあるのですね。それでもみるみる通り過ぎてしまいますが。

投稿: ポージィ | 2010/01/29 08:50

空港に降り立った?
年末のことですねsmile
ポージィさん、1ヶ月は遅れています^^
熟成されましたでしょうね。
誰かさんのコメントの返事のようcatface(はい、あたし^^)
3人掛けはとてもイヤです。
そこにひとり来ないだけでこの狭い空間も天国!
富士山がきれいですね。
あたしもどこかからの帰りに見ましたよ。
「ああ、日本だ」と嬉しかったです。
では来週、宇部のすばらし御節とか出るの?lovely

投稿: 池田姫 | 2010/01/29 10:16

◆池田姫さん、ありがとうございます ♪

私の1ヶ月遅れ記事はもはや恒例でございます。(開き直りか)
姫さまなんてほんの数日遅れただけでずいぶん前のだって
書かれちゃってましたね。1ヶ月遅れはどうなるのやら。
熟成しますと美味しさ100倍ですよね~smile

どんな理由があったのかは知りませんが、隣がひとつ空席になってくれた
おかげで、素適な富士山を心行くまで楽しむことが出来ました。
富士山は日本・日本人を意識させられますね。

ん、おせち料理ですか?いやぁ~それはいくらなんでも遅すぎですから。
でも1ヶ月遅れでも大丈夫な宇部をアップいたしまーす。

投稿: ポージィ | 2010/01/29 10:29

昨日はpc 開く時間がありませんでしたので遅ればせの登場です~~!

飛行機からの眺め 絶好ですね~
最近は全く飛行機にも乗りませんが 鈍色と言う言葉に反応してしまいました~
ぴったりの言葉ですね。

そして一瞬射した太陽からのプレゼント?
とても素敵です。
あ~~離着陸時は機器を使ってはいけなかったのですね。

富士山もこうしてみると面白いです~~

随分昔のことですが 夕時 飛行機で空を登って行った時の夕陽のあまりの美しさに感動してしまって涙したことがあります。


投稿: fairy ring | 2010/01/29 11:47

滑走し飛び立つまでは、何度体験しても落着きませんが、
ふわっと地を離れた点旬のあの開放感たらありませんよね。
特に海外に行くときは「日本脱出!」と、外地への不安や期待が高まりつつも何故か晴れ晴れとしてしまいます。

それにしても、この富士山!
こんなアングルの富士は初めて見ました!!
空も窓ガラスも澄んでいたんですね〜(笑)。

貴重な「俯瞰の富士」。ありがとうございました♪

投稿: noodles3 | 2010/01/29 17:32

◆fairy ringさん、ありがとうございます ♪

お忙しかったのですね。ありがとうございます。

飛び立った東京から富士山上空までだけが快晴で、この日の全国の
天気予報がドンピシャリ。でもおかげでかっこいい富士山を
見ることができてラッキーでした(^^)

「鈍色」に反応してくださいましたか。冬に濃い灰色の空を見ると
つい、こう表現したくなるのです。
そして、そうです、まさに一瞬の太陽からのプレゼントという感じでしたよ。
この明るい部分、すぐにぼやけて消えていってしまいましたから。

「夕時 飛行機で空を登って行った」
まぁ… すてきな経験をされたのですね。あまりに美しい景色に
感動で胸が一杯になったとき、涙が出てきてしまいますね。


◆noodles3さん、ありがとうございます ♪

離着陸時の数分は、魔の7分とか8分とかいいますよね。
飛行機の最も危険なときだそうで…
私もこのときだけは毎回ちょっと緊張します。
(その割には今回はデジカメ作動させてしまってましたが~ 汗;)
ふわりと浮き上がった瞬間の感覚、海外へ向けて飛び立ったときの
国内線とはまた違う開放感、仰っていることよく分かります。

上空からの富士山は私もずいぶん久し振りで見ました。
朝の空は快晴で澄み切っていましたよ。富士山のすぐ西側には
すでに雲がかかってきていましたから、本当にラッキーでした。
このアングルからの富士山、初めてでいらっしゃいましたか。
見ていただけてよかったです(^^)

投稿: ポージィ | 2010/01/29 18:09

ベイブリッジにみなとみらいのビル群が手にとるように分かって素晴らしいです。
大桟橋に大きい船は入っていなかったみたいですね。
富士山も見えて良かったですね。
わたしも見たことがありますが、横から見るのとは少し違って見えて、
でもやっぱり富士山と分かるところが富士山たるゆえんですね。
晴れていると瀬戸内海の島々のようすも素敵です。
こんどの機会に見えるといいですね。

投稿: 横浜のおーちゃん | 2010/01/29 21:12

いやーステキですねぇ。
やはり富士山は素晴らしい。
感動を有り難う御座いました。
わたしもどこか旅に出たくなりましたよ~

投稿: ふくやぎ | 2010/01/29 23:10

◆横浜のおーちゃん、ありがとうございます ♪

1枚目と最後は、もしかしたら、まだ(もう)カメラを作動してはいけない
時間帯に撮ってしまったかもしれませんsweat01
でも、珍しい光景を撮れていい記念になりました。
おーちゃんも暮れに行かれたばかりの辺りを見ていただけました。
そうですね、大桟橋には大きい船はいませんでしたね(^^)

仰るとおりですね。富士山は見る位置やそのときの状況によって
形もイメージが違うのに、でもはっきりと富士山だとわかります。
やっぱり「富士は日本一の山」ですね!

帰りの飛行機からは瀬戸内の島々も見えたはずなのですが、窓際に他の方が
座っていらしたので、その方の肩越しに愛媛の佐田岬をチラと見られた
だけでした。またの機会に窓際と晴れに恵まれたらじっくり眺めたいです。


◆ふくやぎさん、ありがとうございます ♪

富士山はやっぱりいいですねー
どこから見ても美しかったり雄大だったり、とにかく絵になります。
感動していただけたなんて嬉しい♪
旅の楽しみは日常とは違う光景や体験ですね。
次は帰省でもなく純粋に楽しみのためだけの旅もしてみたいです。
 

投稿: ポージィ | 2010/01/30 09:28

飛行機の窓からの眺めって,地上の光景だけでなく,空や雲の変化する様子が楽しいですよね.私は絶対に窓際族です.
離陸直後と着陸直前が,風景写真のベストタイムなのに,「すべての電気製品は...」とかアナウンスされてしまい,いつも残念に思ってます.電気を使わないデジカメがあったらいいのに.

投稿: LiLA管理人 | 2010/01/30 13:40

◆LiLA管理人さん、ありがとうございます ♪

LiLA管理人さんは飛行機旅のエキスパート。
いつもは隣に座ったユニーク?方のお話を拝見してますが、
窓の外の景色も大いに楽しんでいらっしゃるのですね(^^)
私は、ひたすら雲海の上を飛び続けるようなときは、小さいときに読んだお話の
天上の神様が雲に丸い穴を開けてどうのこうのという場面を思い出します。
でも窓際の席はなかなか取れません~
今回の往きは、搭乗しなかった方に何があったのかのかは知りませんが、
私たちは思いがけない幸運をいただきました。

離着陸時は「全ての電気製品は…」なんですよね~
今回私は「デジカメは関係ないんじゃないの?」なんて訳わかんないこと
言ってずいぶんきわどい時間に写してしまいました。
運航に差し支え出なくて良かった~
電気を使わないデジカメって、そんなんはありませんねぇ。じゃんねん

投稿: ポージィ | 2010/01/30 16:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50994/47281642

この記事へのトラックバック一覧です: 窓から:

« クックへ愛を込めて -誕生日に- | トップページ | 宇部でお散歩 »