« 花にあいたくて -その1- | トップページ | 春を寿ぎ »

2010/02/24

花にあいたくて -その2-

花に飢えて、花に会いたくて、どうにもたまらなくなって、4年ぶりに出かけた
「神奈川県立フラワーセンター 大船植物園」で見てきたお花の紹介シリーズ
-その2- は、早春にいち早く咲くことで、そしてその花色でも元気を与えてくれる
お馴染みのこの方たちです。予想してくださった方々、当たり!!でしたか?(^^)
      (shine写真クリックでもう少し大きめ写真もご覧いただけますshine
 
 
【 ソシンロウバイ 】
 
100131flower_center5 100131flower_center6
 
 
 
【 ソシンロウバイ園芸種 「古都の輝き」 】
 
100131flower_center8 100131flower_center10
    当フラワーセンターで「ソシンロウバイ」の実生から育てたものだそうです。
 
 
 
         【 ロウバイ 】
 
         100131flower_center13
 
 
 
 透明感ある花びらの感じ、たおやかな花色花姿、ほのかな香り… 
 ロウバイたち、やはりいいですね。 木によって咲き始めにばらつきがあるようで、
 年末のうちから咲き始めているものを見ましたが、それから一月以上が経った
 このときもまた見ることができて嬉しかったです。
 
  「ロウバイ(蝋梅)」
  「ソシンロウバイ(素心蝋梅)」 : ロウバイ科・ロウバイ属
 
 
 
 
【 「シナマンサク」 園芸種 ‘クーム・ウッド’ 】
 
100131flower_center37 100131flower_center38
 
 
 
【 「マンサク」 園芸種 ‘エレナ’ 】
 
100131flower_center40 100131flower_center41
 
 名前の由来のひとつに、早春に咲くので「まず咲く」→「まんさく」の説がある
 「マンサク」たち。細いピロピロリボンのような花びらが解けるようにして咲く姿の
 ユニークさは、何度見ても見飽きることなく愉快な気分になります。
 
 色はレモンイエローのような明るい黄色から、山吹色、オレンジ色などありますが、
 私はオレンジ色がかった色味のものが、より好きです。
 
  「マンサク(万作)」
  「シナマンサク(支那万作)」 : マンサク科・マンサク属
 
 
 
         100131flower_center43
 
      水温む春 を実感できるようになるのも、もう間もなくのことでしょう。
 
 
以上で「花にあいたくて」シリーズ2回、お終いです。写真はいずれも1/31撮影です。
 

|

« 花にあいたくて -その1- | トップページ | 春を寿ぎ »

コメント

お早うございます。
>花に飢えて、花に会いたくて・・・・
うんうん、その気持ちが分かるような、今はまだ早春です。
蝋梅は、こちらではさすがにもう時期が過ぎたようですが、
それでも先日、仄かな香りがするので、見ると蝋梅が咲いていました。

マンサクは、まだ実物を見たことがないのです。
どうやら、近所にはないようですね。
色んな品種があるのですね。

水温む春・・・・今日のこちらは、それどころか、四月の気温になるとの予報です。

投稿: 鎌ちゃん | 2010/02/24 09:36

出ましたね!

エレナもこんなに咲いていましたか!
僕が撮った蕾のほころびのとき、ここのロウバイはまだまだでしたから、ポージィさんは絶妙なタイミングで行かれたことになりますね♪

ラストカット。
なんか自分の庭を眺めている気分です(笑)。

投稿: noodles3 | 2010/02/24 12:08

まず咲くマンサクも咲いていましたか。
今年はまだ見ていません。
今週は春の気温で、花が恋しい気持ちもピークに達しますよね。

今日、松田町のサクラ祭りに行って来ました。
サクラと菜の花と富士山、綺麗でしたよ。
ただ、ものすごい人と場所が狭いので1時間程で撤退しました。
菜の花の香りで春を満喫してきました。

投稿: ロッキーママ | 2010/02/24 14:41

◆鎌ちゃん、ありがとうございます ♪

こんにちは。
今週は暖かい日が多くなっていますね。週末までこの気温が続くのかな。
今日出かける用事があって歩いたら、道端のオオイヌノフグリが
先週より明らかに大きくなっていました!
今日はすっかり水温んで、水で手を洗ってもキンキンしません。

ロウバイはもう咲き終わったものがほとんどでしょうね。
でもまだ少し残っているものもあって、寒い時期の慰めになってくれて
ありがとうと感謝しながら見納めとなります。

マンサクとの出会いはまだおありになりませんか。
細いリボンが解けるようにして咲いていく様やその細い花弁の
色の変化など、鎌ちゃんにも是非実物をご覧いただきたいです。
そういう機会がそのうち訪れますように。


◆noodles3さん、ありがとうございます ♪

やっぱり先日お書きになった「アレ」はマンサクのことでしたか(^^)

1月末、まだまだまぁるい蕾もたくさんありましたが、咲いている姿を
見ることができて、この日いちばんの収穫でした。

noodlesさんにとって、あまりに馴染み深いフラワーセンター。
ラストのこの場面はもはやお庭ですか(笑)
雰囲気のいい場所ですね。束の間の里山歩き気分を味わいました。


◆ロッキーママさん、ありがとうございます ♪

1月末、まだまだ蕾を残しながらももうだいぶ咲き始めていました。
すっかり暖かくなった今週は、足踏みしていたかもしれないものも
一気に咲き進んだでしょうね。

先週断念された松田町の桜、今日見に行っていらしたんですね!
山の斜面に植えられた桜と菜の花がとても綺麗と、昨年行った人に
話を聞いていたのですが、そうですか…ウィークデーでも
そんなにすごい人でしたか。
富士山も見えたんですね(^^)すてきなコラボレーション
だったでしょうね。暖かくなって菜の花も香り立ちますね。
お話を伺って、頭の中で見て嗅いでます~

投稿: ポージィ | 2010/02/24 16:20

ロウバイ マンサクもいろんな品種があるので本当によくわかりませんよね~
マンサクのピロピロ笛のようなリボン 可愛いですよね。
私ももう少し落ち着いたら 花を見に鳥を見にどこかへ出かけたいくらいです~

ご心配をありがとうございました。

投稿: fairy ring | 2010/02/24 16:39

また、例によってまとめて拝見しました。
境川遊水地公園の「その1」「その2」
花に会いたくて -その1-
いずれも読みごたえのある楽しい内容でした。
ですが、今日はそれより前の「柚子でお手製品」を
じっくり拝見し、いまプリントさせていただきました。
というのも、実は今日、どっさり柚子を頂いたのです。
前にも、近所から柚子をいただいたので、妻がそれなり
いろいろ加工して味わったのですが、今回は私が
やってみようと思ったのです。今日、パソコンサークルの
勉強会で、サークルのメンバーの方がどっさり持って来たのですね。
ま、そういうわけで、どんな代物が出来るか分かりませんが、
トライしてみます。いいものが出来たらブログで
ご披露したいと思っていますが・・・。
さてどうなりますやら???

投稿: 茂彦 | 2010/02/24 19:15

近所のロウバイたちもほぼ盛りを過ぎて、今はマンサクやシナマンサクが見ごろです。
たしかに色合いの違うのがありますね。
私は黄色いのが好きかなあと思っています。

投稿: 横浜のおーちゃん | 2010/02/24 19:58

ロウバイとマンサクの花の色の黄色、オレンジ色がそれぞれ似ていますね。
黄色はシナノマンサク、オレンジ色がマンサクというわけではないのでしょう?それぞれがこの3種類があるのでしょうか?
葉がいつまでも付いている、いないで区別してるとも聞いたような気がします。毎年わからなくなっています。
園芸種に可愛い名前が付いているのですね。

投稿: tona | 2010/02/24 20:30

◆fairy ringさん、こちらにもありがとうございます ♪

はい、ほんと。人々に人気のあるものほど品種改良も盛んで
次々に新しい品種が…。
かくして、私が品種名放棄する植物は増えていくのであった。
品種名は置いておいても、ロウバイの透明感やマンサクのピロピロの
特徴は共通なのが嬉しいです。
マンサクは3月に入っても咲いているものもありますね。
まだしばらく楽しませてもらえそうです。

でもまずは、しっかり大事になさってくださいね。
 

◆茂彦さん、ありがとうございます ♪

最近なんだか公園紹介記事ばかりになってきてしまっていますが、
いつもご覧いただいてありがとうございます。

わぁ、柚子をどっさりですか。確かに、まだまだたわわに
実をつけている柚子の木を時折り見かけます。
以前柚子茶を飲んでいらっしゃると書いていらっしゃいましたね。
私が作ったのは柚子味噌に柚子ジャムだけでしたが、ジャムの方は
数回の茹でこぼしがちょっと面倒でした。
茂彦さんがお作りになるのですね。楽しみですねー
皮をむくとき薄くむいて、白い部分が入るのをできるだけ減らすと
苦味が少なくなるようです。茹でこぼしもそのためですね。
楽しくトライなさってくださいね(^^)


◆横浜のおーちゃん、ありがとうございます ♪

ロウバイはもう最後の最後の数輪が残るのみかみな咲き終わって、
という感じになりましたね。長いこと楽しませてもらいました。

かわってマンサクたちが花盛りとなってきましたね。
色合いは、レモンイエロー風からヤマブキ色風の黄色、そしてオレンジ色、
暗赤色、といろいろありますよね。
おーちゃんは黄色がお好みですか。私は山吹色系で少ぉしオレンジ色の
グラデーションが入るようなものがいちばんの好みです。

投稿: ポージィ | 2010/02/24 20:31

◆tonaさん、ありがとうございます ♪

ロウバイとマンサクの色味が似てお見えになりましたか。
たまたま似た色味のものもあるのでしょうね。花びらの透明感は
ロウバイの方だけと思いますが。

マンサクの色はシナマンサクが黄色でオレンジ色がマンサク、という
わけではないと思いますよ。といってもよくは知りませんが(^^;)
(シナノマンサクではなくシナマンサクです ^^)
マンサクとシナマンサクの違いは、私も枯葉が残っているのがシナマンサクと
覚えています。でも、色々な品種が生み出されてだんだん境界も
曖昧になりつつあるかもしれません。
この↑園芸種名は名札に書かれていたものそのままですが、
洋風で可愛い名前が付いていますね。

投稿: ポージィ | 2010/02/24 20:38

ロウバイやマンサクは、数年前に昭和記念公園で、夢中になって撮影したので良く知っております。早春、真っ先に咲いてくれる花ですね。これらの木の下には、ユキワリソウやクリスマスローズ、それに時としてフクジュソウが咲きます。
春がやってくるという、わくわくした気持ちになりますね。

ここのところ続いた、晴天も明日でしばらくお休みのようです。ですから、八王子の小宮公園へ出かけて、植物達の様子を見てこようと思っています。八ヶ岳での疲れがあったのでしょうか、今日は昼間3時間も昼寝をしました。笑

投稿: polo181 | 2010/02/24 21:39

それでマンサクなのですね。
なるほどッ勉強になります。
さらに画像付きでためになりますよ~
有り難う御座います

投稿: ふくやぎ | 2010/02/25 00:17

◆polo181さん、ありがとうございます ♪

ロウバイ、マンサクは早春に他に先駆けて咲く喜びのほかにも、
それぞれの個性でも多いに楽しませてくれる花ですね。
poloさんも夢中になって撮られたことがおありなのですね。
私は花びらに透け感のあるマンサクの、光とのコラボ姿が大好きです。
足元の春を告げる花たちも咲き始めていますね。
さぁ、いよいよ喜びと明るさに満ちた春がやってくる…!!
といきたいところですが、またしばらく雨や曇りの日が続くのですね。

まぁ!お昼寝が3時間になられましたか。お体が休息を求めていたんですね。
運転しかり、厳寒の中での鳥探ししかり。そろそろこの冬全体の疲れも
出てくる頃ですし。すっきりされたでしょうか?
でも、長いお昼寝は、夜目が冴えてしまいそうですね(^^;)

poloさんが公園で見つけていらした春の訪れを見せていただくのも、
楽しみにしています。


◆ふくやぎさん、ありがとうございます ♪

マンサクの名前の由来は「まず咲く」のほかに、
たくさん花をつけることから豊年満作の「満作」という
説もあるようです。
どちらにしても春を待ちわび今年の収穫を願う人々の
祈りが込められているような名前ですね。
 

投稿: ポージィ | 2010/02/25 09:58

今日はあったかかったけどお昼から風がありました。
花たちが輝いていますね。
特に蝋梅がキラキラdiamond
満月蝋梅というのは聞いたことがあったけど、
なんだか買う人が欲しくなるようなネーミングね。
『古都の輝き』catface
満作にはまた外国風ですね。
このピロピロが頭の中でこんがらがるようですbearing

投稿: 池田姫 | 2010/02/25 17:47

◆池田姫さん、ありがとうございます ♪

風がどんどん強くなりましたね。
明日は夕方から雨だとか。春の嵐typhoonになるのかしら??
その後はまたしばらく雨や曇りつづきなんですねgawk

ロウバイは花びらに透明感があるので、逆光でキラキラを
楽しみたくなるお花ですね。
「満月蝋梅」聞いたことあります。「古都の輝き」ともども
日本庭園が浮かんでくるネーミングですねぇ。
マンサクのエレナやクームウッドは、外国生まれのお方かもvirgo

投稿: ポージィ | 2010/02/25 20:26

花に飢えて、花に会いたくて・・・
ポージィさんも先日のロココの記事と同じような心境?
ただ違ったのは、ロココは写真でガマンしましたが
ポージィさんは植物園へ行って、ナマ花に会われたんですね。
マンサク、妙高では3月下旬になら無いと咲きません。
こちらで自生しているのはマルバマンサクという種類で、花はマンサクと同じようです。
↓桜、オオミスミソウ、オオイヌノフグリ、菜の花・・・
本当にたくさんの花たちに会われたんですね~
妙高ではオオイヌノフグリさえ雪の下で・・・
でもこの3、4日も暖かさでかなり雪が消えてきたので
もうすぐ見られるようになるかもhappy01

投稿: ロココ | 2010/02/25 20:50

◆ロココさん、ありがとうございます ♪

環境はロココさんのほうがはるかに厳しい環境で冬も長いのですけれど、
寒さにからきし弱い私は、毎年2月ともなると『もうたくさん!』って
気分になってしまうんですよ~ 特に今年は2月が寒くて暗い日が
続いていたので。でもそれで生花を見に行けるんですから恵まれてますね。
マンサクの開花は約2ヶ月違い… そこまで咲き初めに差がない花も
あるのに、マンサクは差が大きいですね。

そちらでは、まず雪が消えないと!今週は暖かくなったので、
天気予報を見ながらロココさん地方にも思いを馳せてましたよ~
やっぱりだいぶ融けたんですねhappy01

投稿: ポージィ | 2010/02/25 21:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50994/47529360

この記事へのトラックバック一覧です: 花にあいたくて -その2-:

« 花にあいたくて -その1- | トップページ | 春を寿ぎ »