« 常盤公園の水鳥たち -その1- | トップページ | 常盤公園の水鳥たち -その3- »

2010/02/08

常盤公園の水鳥たち -その2-

1月2日に訪れた、山口県宇部市の総合公園「常盤公園」で見てきた
「常盤公園の水鳥たち -その2- 」はペリカンのご紹介です。
 
常盤公園のペリカンは園内に放し飼いにされ、飼育数日本一なのだそうです。
幼稚園へ通って全国的に有名になった「カッタくん」のモモイロペリカンをはじめ、
ハイイロペリカン、コシベニペリカン、フィリピンペリカンがいるそうです。
       (chick写真クリックでもう少し大きめ写真もご覧いただけますpenguin
 
 
           100102tokiwakouen38
 
       2008年7月に亡くなったカッタくんを偲んで建てられたカッタくん像
                 背景に見えるのはペリカン島
 
 
100102tokiwakouen42 100102tokiwakouen43
 
       ペリカン島で羽繕い             アオサギとのツーショット
 
 
100102tokiwakouen47 100102tokiwakouen44
 
    湖を泳ぎ渡る3羽 両親と子供?      園内へ降り立ったペリカンは大人気
 
 
           100102tokiwakouen52
 
         100102tokiwakouen63
 
           100102tokiwakouen55
 
       私たちもそばへ行ってみたところ、モモイロペリカンのカップルでした。
         動きを止めた瞬間をパチリ撮りましたが、羽繕いに余念なし。
        くちばしに触った散歩のおばさまは、「うるさいわね」というように
               カプッとくちばしで挟まれてました(笑)
 
        「つつかれないようにご注意ください」と注意書きはあるものの、
         ペリカンと人との交流は自由判断に任されていて大らか。
         私もペリカンをこんな間近で見たのは生まれて初めてでした。
                   大きい!! きれい!!
 
 
撮った写真はたまたまモモイロペリカンがほとんどでした。彼らの中にカッタくんの
子供たちもいるはず。カッタくんの血筋か、やはり人懐こいのだそうです。
 
 
以上で -その2- はお終いです。次回 -その3- (最終回)は、
大量にいたユリカモメさんたちの様子をご紹介します。
 

|

« 常盤公園の水鳥たち -その1- | トップページ | 常盤公園の水鳥たち -その3- »

コメント

お早うございます。
たくさんのペリカンたち、姿を見ているだけでも、
ひょうきんさがありますね。
宅配サービスもやっているようで、忙しいのでは?
ペリカン島で、ゆっくりお休みといったところでしょうか。
アオサギとのツーショット・・・・平和でいいですね。
人間社会もかくありたいです。
ペリカンとの自由なふれあい、楽しそうで、心和みました。

投稿: 鎌ちゃん | 2010/02/08 11:11

人のそばに来るのですか。
触っても大丈夫なのですか。
でも怖そうですね。
ペリカンもたくさんの種類がいるのですね。
モモイロペリカンしか知りませんでした。

投稿: ロッキーママ | 2010/02/08 12:23

こんなに身近にペリカンと接しられるのは珍しいですよね?
遠巻きにしか見たことがないので、大きさがよくわかります!
大きな魚も、くちばしの袋でざざっと捕獲するんですよね。
薄いピンク色が上品ですね♪

投稿: noodles3 | 2010/02/08 14:11

◆鎌ちゃん、ありがとうございます ♪

こんにちは。
ペンギンの姿って愛嬌いっぱいですね。
目も結構優しい表情をしていましたヨ。
幼稚園へ遊びに行ったりもするところを見ると、
平和主義で友好的、楽しいこと大好きなのかもしれませんね。
アハハ そうですね。宅配業でお忙しいことでしょう。
ペリカン島は束の間の羽休めの場。次の活躍に向けて
皆さん羽のお手入れに余念がありませんでした(^^)


◆ロッキーママさん、ありがとうございます ♪

人間のそばにも平気できていました。
触られて嫌なときには、カプッとやったりつっついたりも
するでしょうね。
カッタくんの子供は今でも幼稚園に遊びに行くそうですよ。
私は近くへは行ったものの触ってはみませんでした~
やっぱりちょっと怖かったので(^^;)

ペリカンの種類ってひとつも知りませんでした。
モモイロペリカンだけでもご存知だったロッキーママさんはエライです♪


◆noodles3さん、ありがとうございます ♪

これだけ大きな鳥とこんな間近で向き合えるのは珍しいですよね。
自ら近くの幼稚園まで飛んでいって園児と遊んじゃうくらい
好奇心旺盛で人懐こいモモイロペリカンさんたち。
私も、触りこそしませんでしたが50cmくらいのすぐ近くでも撮ってました。
大きい方は私の身長と同じくらいありましたよ~
くちばしの袋も大きくて。小魚だったら大量に入るでしょうね。
モモイロペリカンの淡い淡いピンクは素晴らしく綺麗で、
感動ものでした(^^)
 

投稿: ポージィ | 2010/02/08 15:43

ペリカンの嘴の形ですが、カッタくん像のように下側が大きく垂れ下がっているのかとイメージしていたのですが、そうでもないのですね。
ドイツ語で書かれた「ペリカーネ」を読まされた学生時代の強烈な思い出のペリカンですが、ガンとともに動物園で見たのか、そうでないのか覚えていません。
初めてと言っていいでしょうね。
エジプトガンは野鳥図鑑にも載っていませんでしたが、エジプト原産なのでしょうか?
本当に珍しいですね!

投稿: tona | 2010/02/08 17:43

カッタ君のことがニュースで取り上げられた時にカッタ君と遊んだ幼稚園児たちはもう随分と大人になってしまったのでしょうね。
鳥は長生きですね。

カッタ君の子孫 やはり人懐こいのですね。
モモイロペリカン 大きいですよね~
以前 アフリカで見たことがあります。
日本には渡ってはこないけど・・・
旦那様より大きいですね~~

投稿: fairy ring | 2010/02/08 18:16

◆tonaさん、ありがとうございます ♪

もう復帰されて大丈夫なのですか?よかった~(^^)

ペリカンのくちばしの下側はとっても弾力性があるようですね。
どんなときに大きく膨らませるのか知りませんが、最後の写真では小さく、
真ん中辺り、3羽並んで湖を泳いでいる写真では、先頭のペリカンが
けっこう膨らませていますね。

「ペリカーネ」ですか?全然知らないものですが、ペリカンについて
書かれた本でしょうか?それをドイツ語でお読みになったのですか~~
ヒェ~ 短大で第2外国語が無かった私は幸せでした(笑)

エジプトガン、お手持ちの図鑑に載っていませんでしたか。
私も初めて見たのでネット上をウロウロして似た写真を探しました。
ネット上のある鳥図鑑には「サハラ砂漠より南のアフリカに分布する。
日本では動物園から逃げ出したものが各地で見られる。」
と書かれていました。
そんな遠くの鳥が、遠い異国の日本に連れてこられて逃げ出し、
そして適応しているのですね。驚きです。

投稿: ポージィ | 2010/02/08 18:24

◆fairy ringさん、ありがとうございます ♪

ほんとですねぇ。最初にカッタくんと遊んだ幼稚園児たちは、
もうすっかりすっかり大人になっているでしょうね。
そして今は、その人たちの子供が、カッタくんの子供と遊んでいるのかも。
カッタくんが亡くなったのは40歳くらい相当のときだったようですが、
若くしての死だったようです。ペリカンの寿命は25年〜30年だそうですが、
飼育されているものでは50年以上生きた記録も残っているとか。
長生きですねー。

カッタくんの子孫も人懐こいというのが面白いですね。お父さんの資質を
受け継いでいるのか、カッタくん存命中に学習したのか(^^)

fairy ringさんはアフリカでペリカンをご覧になりましたか!
アフリカでは素晴らしい体験をたくさんされたんですね。
これほど大きな鳥の間近に行ったのは初めてでした。
はい、しゃがんだ夫よりずっと大きく見えました(笑)

投稿: ポージィ | 2010/02/08 18:35

さすがたくさんのペリカンがいるのですね。
いつもは大きく見えるアオサギが小さくなっていて面白いです。
カッタくん像の向こうに見えているのがユリカモメでしょうか。
こちらもたくさんいますね。

投稿: 横浜のおーちゃん | 2010/02/08 21:17

ポージィさん、こんばんは。<園内へ降り立ったペリカンは大人気>の写真でペリカンの大きさが想像できます。随分と大きいですね。カッタ君の話は読ませていただきました。とても感動的なお話です。トリは一般に考えられる以上に賢い動物です。
野性の強いシジュウカラが、毎朝、私の裏庭で2羽が地鳴きをして、餌の催促をします。夕方になって残りが少なくなったら、必ずおかわりの催促です。私の姿は認識しているらしく、逃げようとはしません。
1985年生まれで2008年まで生きていますから、23年間も生きたことになりますね。当時、幼稚園でカッタ君と遊んだ子供達も立派な青年です。精神的や情緒的に大きな影響を与えたに違いありません。
神様は本当に種々様々な生き物を造られたものだと関心せざるを得ません。

投稿: polo181 | 2010/02/08 21:58

◆横浜のおーちゃん、ありがとうございます ♪

私も、ここでペリカンをちゃんと見たのは初めてで、種類も数も
たくさんなのに驚きました。そして何より自由なんですよね。
近所へ遊びに跳んでいくのも湖を泳ぐのも公園内で人と触れ合うのも。
そのことに感動しました。

アオサギが小さく見えるのも面白いですね。
はい、カッタくん像の後ろに浮いてる小さいのはユリカモメたちです。
こちらはほんとたくさんいました。


◆polo181さん、ありがとうございます ♪

こんばんは。
人と並んだ様子からモモイロペリカンの大きさがわかりますよね。
私もこれだけ大きな鳥にこれだけ近寄ったのは初めてでした。
羽繕いの邪魔をしたくなくて手は出しませんでしたが、間近から
微妙な羽色の美しさなど感動しながら見ることができました。

そうですね。鳥たちはあまり知恵が内容に思われがちですが、どうしてどうして、
なかなか賢い動物ですね。poloさんのお庭にくるシジュウカラたちも
餌を催促したりそんな可愛らしい姿を見せるのですね。

カッタくんは、誰に教えられたでもなく自らの意思で幼稚園へ遊びに行って
園児たちと遊んだのですから、素晴らしいことです。カッタくんの子供たちも
やはり遊びに行くそうですし。一緒に遊んだ子供たちは、生涯忘れ得ない
素晴らしい経験をすることができたに違いありませんね(^^)

投稿: ポージィ | 2010/02/08 22:13

幼稚園児と遊ぶカッタくんを知っていたので
実際見た時は怖いという印象は全くなく
後ろを着いて歩きました(^o^)
もちろん一緒に並んで写真も撮りましたよ~note
そっかぁ、、今じゃ銅像になってるんですねsweat02
いつかまた行くことがあったら
カッタくんの子供達と一緒に写真撮ろ~っと(^_^)v

投稿: miki | 2010/02/08 22:21

◆mikiさん、ありがとうございます ♪

幼稚園児とカッタくんが一緒に遊ぶ様子は、微笑ましかったですね。
mikiさんも行かれたとき、カッタくんと遊べたんですね!
後ろをついて歩いて並んで写真も撮ってheart04 よかったですねー 
私が間近で会ったモモイロペリカンのカップルは、
無心に羽繕い中。あんまり邪魔されたくなさそうだったので
手は出しませんでしたが(おばさんがカプリってやられたし)、
傍にいるだけなら何かされそうな気は全然しませんでした。
カッタくんの子供たちだったのかな?confident
カッタくんは銅像になってしまったけれど、人懐こい性格は
子供たちに受け継がれているそうで。これからもこんな楽しい関係が
ずっと受け継がれていくといいですね。

投稿: ポージィ | 2010/02/09 08:15

へぇ~ カッタ君とアベ君の故郷がおんなじ?lovely
これは繋がっていて覚え易いです。
それにしてもアベ君は動物が大好きなのね~
モモイロペリカンのこの色はいいですね。
ほんのりときれい。
先日テレビで見たのですが、漁師さん達と仲良しペリカンがいましたよ。
飼われていたペリカンを誰か放したらしいのです。
今では見物人も来てね、千葉です。
漁に出る音がするとちゃんと知っていて一緒に小舟に乗り込んでいました。
飛んではいかないようですhappy02

投稿: 池田姫 | 2010/02/09 17:49

◆池田姫さん、ありがとうございます ♪

>カッタ君とアベ君の故郷がおんなじ?

ブッ! 思いつかなかったぁ~ でも確かにそうですねhappy02

うちは2人共動物好きですね。実際に動物を飼ったり接してきたのは
私の方がかなり多いですが。アベ君はおたまじゃくしとメダカくらい?
ちっこいのばかりで、最大セキセイインコだったようですよ。

モモイロペリカンの色、すてきですよね。
間近で見るともっと細かな微妙な変化が見られるんですheart01

千葉の漁師さんと仲良しになったペリカンさんの話は知りませんでした。
飼ってたのを放しちゃっ人はいただけませんが、ペリカンさんは
ちゃんと生きる道を見つけたんですね。一緒に船に乗り込んで漁にでるなんて
なんて微笑ましいんでしょ。漁師さんも可愛くてたまらないでしょうね。
ペリカンって人懐こい性質を持ってる子が多いのかもしれませんねconfident

投稿: ポージィ | 2010/02/09 19:49

鳥のことは全くと言っていいほど知りませんが、ペリカンは飛ぶことは出来るのでしょうね?
(愚問ですみません)飛ぶことが出来るとすれば、飛んで行ってしまうことはないのでしょうか?
放し飼いになっていて、どこかへ行ってしまうということはないのですか?
こんな大きな鳥をそばで見た経験がないので、もしそばでみたら、
わたしなぞ、ほんとびっくり仰天しそうです。

投稿: 茂彦 | 2010/02/09 19:52

◆茂彦さん、ありがとうございます ♪

ペリカンは飛ぶことができますよ(^^)
ここのも、泳いだり飛んだり歩いたりしてます。
カッタくんやその子供たちが近くの幼稚園へ遊びに行ったのも
自由に羽ばたいて飛んでいってのことです。
そしてちゃんとまたここへ帰ってきます。
どうしてそのままもっと遠くへ行ってしまわないのかは知りませんが。
ペリカンと人が自由に交流する、とってもすてきですね♪

私もペリカンを間近で見るのは初めてでした。
いやぁ~こんなに大きかったんだと驚きでしたが、ほとんど怖さは
感じませんでしたヨ。茂彦さんにも体験していただきたいです。

投稿: ポージィ | 2010/02/09 21:27

あ、カッタくん、TVで見たことがあります。
ユーモラスな感じでした。
子供に大人気でしたね~

投稿: ふくやぎ | 2010/02/09 22:30

◆ふくやぎさん、ありがとうございます ♪

カッタくんのことTVでご覧になってましたか。
愛嬌たっぷり 子供たちに溶け込んでましたね(^^)
人懐っこくて優しい性格だったんですねー
私も1度TVで見たことがありますが、
もっと見ておけばよかったなぁ、と今になって思います。

投稿: ポージィ | 2010/02/10 09:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50994/47334072

この記事へのトラックバック一覧です: 常盤公園の水鳥たち -その2-:

« 常盤公園の水鳥たち -その1- | トップページ | 常盤公園の水鳥たち -その3- »