« 早春の薬師池公園 -その2- | トップページ | 冬と春の間 -揺れる季節- »

2010/03/15

リスと遊ぼう -町田リス園-

2月20日の土曜日、東京都町田市にある「薬師池公園」と「町田リス園」へ
出かけたときの、今日は「町田リス園」のご紹介です。
 
 ここには、リスの放し飼い場があって餌やりすることができるというので、
 もっぱらそれを楽しみに行ってきました。
       (写真クリックでもう少し大きめ写真もご覧いただけます
 
 
           100220risuen1
 
 
 こぢんまりした施設で、「放し飼い場」で遊ぶほかに、リス、ウサギ、モルモット、
 カメなどが囲いの中で飼われているのを見たり餌をあげたりできるようになって
 います。 また「ふれあい広場」で膝にモルモットやウサギを乗せてもらって
 ナデナデすることもできます (^^)
 
100220risuen3 100220risuen35
 
   柵の上からパチリ。 モルモットたち、なぜか餌箱の上にかたまってました。
        あ、よく見るとカメラ目線の子がたくさん。見てたのね~~
 
   ウサギさんも何種類もいましたよ。数えませんでしたが。これ↑はその一部。
             金網越しに仲良くしていたのでパチリ。
 
 
 さて、いよいよ放し飼い場へ入ります。放し飼い場のリスは全て「タイワンリス」で、
 逃げ出さないよう2重の出入り口が設けられ、上空には猛禽類などから守るための
 ネットが張られていました。
 
 小さな紙袋に入った餌(ヒマワリの種)を買うと、キルティング布で作ったミトンの
 ような手袋を貸してくれて、リスの歯や爪から手を守れるようになっています。
  「お腹を空かせている午前中か夕方のほうがみんな寄ってきて楽しめる、
   日中はお腹いっぱいになって寝ていることが多い」
 ということだったのですが、昼下がりでもまだまだたくさんの子達が寄ってきました。
 
 
 それではここからは、タイワンリスのオンパレード♪ 可愛い表情をたっぷりと
 お楽しみくださいませ。(大きめ写真で表情も見てやってね)
 
 
100220risuen5 100220risuen6
 
100220risuen17 100220risuen9
 
100220risuen21 100220risuen22
 
100220risuen25 100220risuen27
 
100220risuen31 100220risuen33
 
 
いかがでしたか? リスとの触れ合い、私も夫も初めての経験でした。
「タイワンリス」は毛の色が単調で地味ですが、くりりんとした目、小さな手(足)、
ふさふさの尻尾がとても可愛かったです。ヒマワリの種を両手でつかんで瞬間技で
殻を割って中身を食べます。いやはや目にもとまらぬ速さ!
足には細い爪が生えていて、それを引っ掛けて上手に体を登ってきたり、見事な
跳躍力でピョン!と飛び乗ってきたり。そのまま手の上で食べる子もいれば、
さっと種をつかんで逃げてから食べる子もいたり、と個性豊か。たっぷり楽しめました。
寝ている姿も可愛かったですよ。なかにはドターッと体を投げ出している子も
 
落とした種を拾って手渡ししたとき、ほんの少し歯が手に当たったのですが、
さすが、硬い歯が噛む力は強く、噛まれたら怪我をするので注意が必要でしょうね。
爪も細いので、よじ登ってきたり素手の上で足を踏ん張られるとちょっと痛いかも。
そうそう、ちっちゃな足の裏はひんやりと冷たかったです
 
タイワンリスは帰化動物で「特定外来生物」に指定されています。各地で逃げ出す
などした子達が増え、電線を齧ったり果実を食べたり、在来のニホンリスの居場所を
脅かすなど、困ったさんになっている例もたくさんあります(ここ、湘南でも)から、
野生のタイワンリスに餌付けするのはやめましょうね。
ですが、同じ生き物、何とか共存していける道があればいいのにとも思います
 

|

« 早春の薬師池公園 -その2- | トップページ | 冬と春の間 -揺れる季節- »

コメント

タイワンリスさんでしたか~
ここから逃げ出したりされたらたいへんと思っていたら ちゃんと最後にそのことが記されていらっしゃいましたね。
ニホンリスの存在が脅かされてはたいへんですものね。交雑種もいるようですものね。

お料理用の大きなミトン見たいですね~~笑
げっ歯類は歯も爪も鋭いですから 防御しないとね。
本気でかまれたらたいへんです。
病原菌も持っているでしょうから。

そんなに皆さんが餌をあげられたらおデブちゃんになってしまいそうですよね。笑
でも大丈夫なのね。

ウサギやハムスターもいるのですね。
おふたりで楽しまれたようでよかったですね。

投稿: fairy ring | 2010/03/15 09:20

木で寝ている姿は可愛いですね。
暖かくなる4月、5月の休日の午後は、エサを貰いすぎて近寄っても来なくなります。
エサを揚げられて良かったですね。

リス園が開園した時はタイワンリスとニホンリスがいましたが、病気で全滅してしまいました。
今は強いタイワンリスだけになりました。

今はウサギやモルモットもいるのですね。

投稿: ロッキーママ | 2010/03/15 13:07

日本リスは鎌倉でよく見かけます。
いまや厄介者の仲間入りしていて、餌付けしないよう扱われています。

この台湾リスは日本のリスよりも、ぬいぐるみ感(愛嬌)が強いですね!
なんともほのぼのしてきます♪

投稿: noodles3 | 2010/03/15 13:18

この日が来るのを楽しみに待っておりました!
いやぁ〜ん、どれを取って見ても飽きませんねぇ〜、たまりませ〜ん、可愛いぃ〜  ほのぼのします。いたずらとかしないのでしょうか?うさちゃんたちもおり越え愛でしょうか。仲がよろしくって、幸せな気分にさせてくれますね。

中にはカメラポーズ撮ってくれる動物さんたちはいませんでしたか?
私が昨日行った公園のつのあり白鳥さんは、ずっと私の後を追ってついてきます。カメラを向けるとポーズをとったりなんかして。。。いやぁー、参りました。
町田にリス園があったとは、知りませんでした。一度訪れてみたいですね。

投稿: 福 | 2010/03/15 14:26

可愛い動物達と触れ合うことが出来るのは楽しいですね。
何しろ、彼らには下心がないから、安心して付き合うことができます。
モルモットも可愛いですが、リスの様々なポーズには、笑いが出てきます。
でも、こんな小さな動物でも、野生の逞しさ、厳しさを見せることもあるんですね。
そうしないと生きていけませんものね。
最後の、寝顔なんか最高です。
こんなの見たらメロメロになりますよね。
日本の在来種と共生できたらいいですがね。

投稿: 鎌ちゃん | 2010/03/15 14:54

◆fairy ringさん、ありがとうございます ♪

放し飼い場のリスは、冬場でも変わらず活動するタイワンリスだけでした。
外のケージにはシマリスや別のリスも飼われていましたが。
逃げ出さないように、天敵に襲われないように配慮された放し飼い場と
なっていましたよ。それでも事故がないとはいえないですけれどね。

そうですね、鍋つかみにもなる料理用の大きなミトン、そんな感じの
手袋を貸してくれました。つい、つけていない方の手でヒマワリをつまんで
あげちゃって、そのとき手に少し歯が触れ、あぁげっ歯類だ~と
実感しました(^^;)

おデブちゃんになってしまわないか気になるところですが、でっぷりした
子は見当たらなかったので、そのあたりは何か調整しているのかも。
釣堀での鯉への餌やり、宇部の常磐公園での水鳥への餌やり、
そしてリスと、昨年末から立て続けに餌やりして遊んでしまいました。


◆ロッキーママさん、ありがとうございます ♪

すぐ近くでこんなに無防備に寝ている姿が見られるとは思いませんでした。
写真には撮れませんでしたが、2~3回あくびも見ましたよ。可愛かったです。

あーやっぱり満腹で近寄らなくなることもあるのですね。
4~5月というと、訪れる人がいちばん多くなるときでしょうか。
昼過ぎでも餌やり体験できた私たちはラッキーでした。

放し飼い場の外のケージには、ウサギ、モルモット、プレーリードッグの
他に、シマリス等数種類のリスも飼われていましたが、放し飼い場では
タイワンリスのみでした。
以前はニホンリスもたくさんいたのですね。病気で全滅とは残念です。
山や森でもであったことがあるのはタイワンリスだけです。
ニホンリスはもうかなり減ってしまっているのでしょうか…


◆noodles3さん、ありがとうございます ♪

あの~noodlesさん、勘違いなさっています。
鎌倉など湘南でよく見かけるのがこれ↑と同じタイワンリスですね。
藤沢市内でも南部の方ではちょこちょこ見かけますよ。
繁殖してしまって厄介者になってしまっていますね。
↓こちらの方がニホンリスの写真をたくさんアップしていらっしゃるので
よかったら見せていただいてください。
http://www.hondorisu.jp/
でも、タイワンリスも十分可愛い姿でおおいに和ませてもらいました。


◆福さん、ありがとうございます ♪

リス園編を楽しみに待っていてくださったんですね。ありがとうございます。
すばしこいので寝ているところをたくさん撮りましたが、
その無防備な寝顔がまたなんとも可愛くて
この放し飼い場の中にいる間中、私の顔デレ~と緩みきっていたに
違いありません。
餌ほしさに体をよじ登ってはきたり、素手で餌をあげると手を齧られる
なんてこともあると思いますが、いたずらというのは何もして
きませんでしたよ(^^)
動物たちはほんと、心を和ませてくれますね。幸せになれます。

福さんは白鳥さんにすっかりなつかれてしまわれたのですね。
ずーっと後を追ってきてポーズまでとはたまりませんね。
町田のリス園は小さなところではありましたが、お近くでしたら
いらしてみてください。楽しめますよ


◆鎌ちゃん、ありがとうございます ♪

ある意味、食べ物ちょうだい、の下心があってこんなに寄ってきて
くれるのですけれど、人間みたいないやらしい下心をもつことは
ないですもんね。動物たちは可愛いです。
リスの足はちっちゃくてひんやりしていて、愛らしかったですよ~
目はまん丸つぶらで。夢中で食べている隙に背中や尻尾も撫でて
みたところ柔らかい毛でした。
可愛いですけれど、しつけをされた犬や猫と違って「ヒマワリの種だけ
齧って人間の手は齧らないように気をつける」なんてことはしませんから、
そういうところは、接する人間の方が気をつけるのが当然ですね。
さすがげっ歯類、鋭くて丈夫そうな前歯が見えてましたよ。

寝顔、可愛いでしょう~~? はいもう、メロメロになりながら
撮ってました。
 

投稿: ポージィ | 2010/03/15 16:45

町田のリス園 は横浜の友達から聞いたことがあります
でもこうやって写真を見るのは初めて!
小動物というのは写真だけでも充分癒されますねぇ
でも実際飼ってみるとお世話が大変だったり
か弱さがある反面 意思表示がハッキリしていたり
あっ、これはうちの「こはる」のことか(^o^)
そもそも抱っこなんてできませんから

小学生の頃 クラスの友達がリスを飼っていて
家にお邪魔したら必ず触らせてもらってました
ひまわりの種を与えるのも楽しかったです(遠い目)


投稿: miki | 2010/03/15 17:14

◆mikiさん、ありがとうございます ♪

おぉ、ご存知でしたか。私なんて20年以上も神奈川に住んでいながら
今年になって初めて存在を知りました
癒されてくださいました?わ~い
野生で見たらすばしこくて絶対に写真なんて撮らせてもらえそうにない
リスさんを撮れるというのだけでも嬉しかったです。
ましてや手に上ってきて餌を食べたり、無防備な寝顔を見られるなんて、
幸せなひと時でした。
mikiさんはお友達のところのリスを触らせてもらったご経験が(^^)
その子も慣れていたんですね。
でも小動物といえども個性は豊かですね。色んな子がいて面白かったです。
もちろんウサギさんもですね。触られるのが好きな子もいれば
絶対嫌という子もいたり。おっとりした子も負けん気の強い子も。
こはるちゃんで、ウサギも色々なんだと知った私です。
ときに、そのこはるちゃんはその後は元気にしてるでしょうか。
 

投稿: ポージィ | 2010/03/15 19:02

薬師池公園や牡丹園は行きましたが、リス園はまだです。
タイワンリスが主役でしたか。
放し飼いをしていてふれあえるとは知りませんでした。
ほかの種類も見られるのですね。

投稿: 横浜のおーちゃん | 2010/03/15 20:37

かわいいですね~
でも、外来種の問題は深刻です。
自然の淘汰である、とかたづけられませんね。

あ、神奈川の骨折事件は、今では楽しい?笑い話です。
(自分でもネタにしてます)

投稿: ふくやぎ | 2010/03/15 23:33

◆横浜のおーちゃん、ありがとうございます ♪

リス園はいらっしゃってませんでしたか。
放し飼い場ではタイワンリスオンリーですが、外の小さなケージには
何種類か他のリスもいましたよ。それらを見るには暖かい季節の方が
活動的かもしれませんね。放し飼い場のタイワンリスとは予想以上に
触れあいができてとても楽しかったです。
でも、これからの季節訪問者も増えると、午前中早くか夕方でないと
満腹で寄ってきてくれなくなるようです(笑)
また薬師池公園などへいらっしゃったときには立ち寄られても
楽しいかもしれませんね。


◆ふくやぎさん、ありがとうございます ♪

リスとの触れ合いは初めてでしたが、とても楽しかったです。
可愛かったですよ~(^^)
外来種も、在来種を淘汰してしまうようなことがなければ、
問題も小さいのですけれどね。長い長い時間の間に本当に
自然に変わってきたことなら仕方ないでしょうけれど、
多くは人間が原因で、急激な変化をもたらしているのがいけません。

骨折事件、今では笑い話にできる思い出なのですね。
楽しい思い出かどうかは別として~~
 

投稿: ポージィ | 2010/03/16 08:24

リス可愛いですね。
木の上にちょこんとする姿が印象的なリスですが、寝そべる姿は初めて。
なんだかイタチのように長いのですね。意外でした。
可愛いけれども困ったチャン、矛盾だらけの動物の世界でもあります。
人間でも共存できなくて戦争ばかり、この人間と動物の共存、そして動物同士の。本当に考えると難しいことばかりです。

投稿: tona | 2010/03/16 08:35

◆tonaさん、ありがとうございます ♪

予想以上に可愛くて大満足でした(^^)
なついているわけではありませんが、人馴れしているので
こんな間近で無防備に寝姿も見せてくれて。
とっても気持ち良さそうでしたよ。時々あくびまでして。
昼下がりとあってこちらまで眠たくなりました。

自然のままの大きな時の流れの中ではゆるりと変化していくもので
しょうに、動物でも植物でも、特定外来種の問題はたいてい人間が自ら
生み出した問題。持ち込んでおいて、逃がしておいて、あとで大変だ!
と大騒ぎする例が後を絶ちませんね。人間同士の争いごとも絶えなくて、
何も過去から学べない人間ってなんと愚かだろうと時々がっかりします。
やっぱり元凶は「欲」でしょうか。
 

投稿: ポージィ | 2010/03/16 08:48

帰化したリスだったんですか.なんだか,こちらでもおなじみさんのリスに似てるんですが.
リスってかわいいんですけど,尻尾のふさふさを剃ってしまえば,ねずみですもんね.
でも,どてーっと寝ている姿を見ると,気持ちも和みます.そろそろ春,こちらのリス君たちも目覚める季節かもしれません.また,アプリコットの争奪戦が...

投稿: LiLA管理人 | 2010/03/16 16:52

町田に来られたのですね。
遠かったですか?
うちからはちょっと遠いかな。
古代蓮の時も是非どうぞ!
リス園は横目で見ながら入ったことありませんでした。
台湾リスとは知りませんでしたねー
べた~、のへ~としているところがおもしろくて
かわいいです

投稿: 池田姫 | 2010/03/16 17:36

今日はリスさんのお話ですかステキですね。
私もポージィさんと同じように自由に餌を上げてみたいな~
大体リスは可愛い動物、悪戯などあるらしいけれど
森などで見たら癒されるでしょうね。
間近で接するなどいい所ですね。お子さんも喜ぶ顔を見えるようです。
動いている所も可愛らしく撮れていますね。

投稿: | 2010/03/16 18:51

◆LiLA管理人さん、ありがとうございます ♪

そうですね、以前見せていただいたリスさんともよく似ているように見えますが、
一見似てるだけの赤の他人かもしれませんしね。
尻尾の毛を剃っちゃえばただのネズミ、って私もちょっと感じました(笑)
リスのこの跳躍力はネズミにはなさそうですけれど。
近くの杭から50~60cmは軽々とジャンプして体に飛び移ってきてましたよ。
そうなんです、この無防備な寝姿を見てると可愛いくて、
おおいに和ませてもらってきました。

そちらのリスさんたちの活動開始ももう間もなくですね。
LiLA管理人さんのお宅ではアプリコット争奪戦があるんでした~。
可愛い可愛いとばかりも言っていられませんね。


◆池田姫さん、ありがとうございます ♪

はい、町田へお邪魔しました~
町田はうちからだと、距離的にはそんなに遠くないんですよ。
ただ、今回は車で行ったんですが、渋滞の有無でずいぶん変わりますね。

大賀蓮の池がありました。花の季節にまたぜひ来たいと思いましたが、
きっとすごい人が集まるんでしょうね。行くときは、うんと早起きして
行かなきゃいけませんね。実行できるかな~

リス園へは寄られたことないのですね。
餌を食べに来る子達も可愛かったですけど、気を許しきって
思い切り脱力して眠っている子たちがなんとも微笑ましかったです
あくびもしていましたよ。


◆玲さん、ありがとうございます ♪

リストの触れ合い、初めての経験でしたが可愛かったです~
見た目からして愛くるしいリスが、小さな手でひまわりの種を掴んで
食べたり、体によじ登ってきたり、あくびをしたり眠ったり…
玲さんもきっとお楽しみになれるでしょうに、ちょっと遠すぎますね。

藤沢市内の公園でも野生のタイワンリスを見かけたことがありますが、
困ったさんたちだと知っていても、やっぱり可愛いものは可愛かったです。

人なれしているリスたちだから少しは撮れましたが、素早く動くときは
やはりすごいスピードで、とても付いていけませんでした。
それで餌を食べる瞬間と寝ているところ中心に(^^)
 

投稿: ポージィ | 2010/03/16 20:02

また来ました♪

こはる 調子が悪かったのは3日ほどで
あれからすっかり元気!だそうです
とは言っても もう6歳、、
年齢からいくと しっかりおばあちゃんですよ(^_^)

投稿: miki | 2010/03/17 16:51

◆mikiさん、ご再訪ありがとうございます♪

こはるちゃんについてのお答えに来てくださったのですね。
ありがとうございます。
そうでしたか、あれからはすっかり元気に
ヨカッタ ヨカッタ 安心しました。

いつの間にかもう6歳なんですか。
そういえばウサギさんの平均寿命はどのくらいなのか知らなくて、
ちょっと検索してみました。犬や猫より短いんですね…
ウサギの6歳は人間の歳にして60歳前後くらいとも。
犬も猫も昔より食べ物も環境も良くなり、健康管理もしてもらえて
長生きする子が増えたように、ウサギも昔より長生きになって
いるかもしれませんね。
こはるちゃんにも、これからもまだまだ元気で気の強いとこ
いっぱい見せてもらいたいです。
 

投稿: ポージィ | 2010/03/17 18:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: リスと遊ぼう -町田リス園-:

« 早春の薬師池公園 -その2- | トップページ | 冬と春の間 -揺れる季節- »