« 冬と春の間 -揺れる季節- | トップページ | 押し寄せる春 »

2010/03/19

窓辺で親しむ case2

先だっても「窓辺で親しむ」と題しまして、窓のガラス越しに見た鳥さんを2種ご紹介
しましたが、今日は同じようにガラス越しに見たキジバトさんの特集?です。
 
時折りどこからともなく飛んできて、お隣の空き地で地面をつついたり日向ぼっこを
楽しんだりしている「キジバト」です。1羽で来ることもあれば、カップルで来ることも。
       (chick写真クリックでもう少し大きめ写真もご覧いただけますeye
 
 
          100129kizibato2up_2
 
               低い枝にとまってしばし様子うかがい
 
 
          100203kizibato1_2
 
             お腹すいたなぁ  なにか落ちてないかいなー
 
          100203kizibato2_2
 
 
          100203kizibato4_2
 
                !? 今何か動いたかしら !?
 
 
          100203kizibato6_3
 
             『おっと… 見つかっちゃったかな』 < ポージィ
 
 
          100203kizibato8_2
 
         大丈夫そうだけど、とりあえず動くの止めて様子見しましょ
 
 
「キジバト」のこのあったかそうな感じの茶系の色合いが、結構気に入っています。
ハトって、歩くときは首をフリフリユーモラスで、丸いハト胸も可愛い感じですが、
目は意外と鋭くて、顔をアップでみるとちょっとキツイ印象ですね。
 
お隣の空き地には、ごくまれにグレー系でメタリックなピンクやグリーンの入る
「ドバト」も来ることがありますが、彼らは3~4羽のグループ行動のようです。
 
そういえば、最寄駅前のロータリーにいつもたくさんいたドバトが、今冬少し減った
ような気がしています。餌をくれる人がいなくなったのかもしれません。
 
 
          100129ume_p
 
   1月末に咲いていた梅の花。登場させてあげられなかったのでここにオマケで。
 
 

|

« 冬と春の間 -揺れる季節- | トップページ | 押し寄せる春 »

コメント

お早うございます。
鳩に向ける、ポージィさんの優しい眼差しを感じます。
幸せな鳩ですね。

我が家では、今朝、ヒヨドリにびっくりさせられました。
木瓜を覆っていたビニールの隙間から入り込んで、
食べていたらしいのですが、
出れなくなって大慌てしているんです。
とらえて、懲らしめてやろうと思ったのですが、
さすがに可哀想で、逃がしてやりましたが・・・・。
本当に、あの食いしん坊には困ったものです。

投稿: 鎌ちゃん | 2010/03/19 09:22

ハトは可愛いですよね。
畑で何か啄ばんでいても、許してあげたくなります。
毎年庭の大木で子育てをするのですが、去年枝を切ったため来ませんでした。
今年も無理そうです。

先程、カルガモとサギを見て来ました。

投稿: ロッキーママ | 2010/03/19 12:28

こんにちは。
キジバトにドバト?
いままで鳩の種類に固執していなかったので、みんな一緒に見えていました。
ドバトも検索して見てきましたが、なるほど。
両方とも、よく見かけますね。
勉強になりました♪

投稿: noodles3 | 2010/03/19 13:10

キジバトさんって警戒してるくせに人が好きなのか、人間の住まいのそばで過ごしますよね。
我が家の庭を我が物顔の巣作りのヘタなツガイのキジバトも相変わらずラブラブしてますよ。
うん、確かに目元キツイですよね。
あのひょうきんな歩き方とギャップありますよね
ドバトって都会の方が良く見られるんでしょうか?
こちらでは見聞きした事ないですぅ

投稿: ちょびママ | 2010/03/19 13:30

◆鎌ちゃん、ありがとうございます ♪

こんにちは。
たいていどんな動物でも好きなので(虫は苦手なのがいます)、
身近に現れた動物にはニコニコと見入ってしまいます(^^)
このキジバトにはちょっとお米のプレゼントもしてみましたが、
この頃は姿を見せてくれなくて寂しい思いをしています。

えぇ~っ、鎌ちゃんのお庭のボケに、鳥よけをしてあったにもかかわらず
ヒヨちゃんが?それもビニールの中まで入って出られずもがいていたとはcoldsweats02
他にも食べるものはあるでしょうに、食いしん坊ですね~ ヤレヤレ
そのヒヨちゃん、きっと去年蕾を食べつくしたヒヨちゃんですよ。
よっぽど美味しくて味を占めたんですね。
さすがに懲りて、もうビニールの中へ入ってまで食べようとは
しなくなるかもしれませんが。


◆ロッキーママさん、ありがとうございます ♪

動きに愛嬌があるというか、どこか憎めないというか。
ロッキーママさんも畑のものをつついていても許してあげたくなられる
んですね。お優しいからヒヨちゃんも許してあげていらっしゃる
んでしょうけれど(^^)
お庭の大きな木が巣作りの場になっていたんですね。
切られて背が低くなったら場所を変えてしまいましたか。
また何年かして伸びたら戻ってくれるといいですね。

カルガモとサギは川でご覧になったのですか?
今日はちょっと風が冷たかったですけれど、鳥さんたち元気そう
だったでしょうか。


◆noodles3さん、ありがとうございます ♪

こんにちは。
ハトはハトでいらっしゃいました?
先日、薬師池公園で木の枝に止まっているドバトもご紹介したんだけどな~
(… とちょっと拗ねてみる 笑)
私の場合は、見かける頻度はドバトの方が圧倒的多数になっていますが、
公園などではキジバトもたいてい2~3羽見かけて、キジバトを見かけると
なぜだかホッとした気分になります。


◆ちょびママさん、ありがとうございます ♪

うちの辺りだと、キジバトもそんなに見かけないんですが、木のたくさんある
公園へ行くとたいてい2~3羽見ることができます(^^)
人に密接はしていないけれど、林や森がある様な場所で、人の近くにも
出没するって感じかなぁ。

前に見せてくださったこともある、ちょびママさんのお庭で巣作りする
キジバトカップル、相変わらずラブラブheartしてるんですね~(^^)
そして相変わらず巣作りベタ、ですか(笑)

でしょ~ 目はきついですよね。全体を見た可愛さや動きのひょうきんさと
ギャップがありますよね。うちの隣の空き地に来たキジバトは、
あの鋭い目で人の姿を認めるや否や、即バサバサッと飛んで逃げちゃいます。

ありゃ、ドバトは見聞きされたことがないですか。
グレーが基調でメタリックなグリーンやピンク、白、黒などの色が
見られるハトですが。あ、カワラバトと呼んでいらっしゃるのかも??
こちらでは、駅や街中で見かけるのは、ドバトばかりです。
 

投稿: ポージィ | 2010/03/19 14:46

キジバトはドバトとは違ってその衣装はとてもシックで私もお気に入りです~
番でいることが多いですが 1羽でしたか~
どこかでお相手がみつかるといいですね。

ドバトはね~~って言ったら可哀想ですが・・・
あのメタリックカラーがね~~

そそ! ハトの目って鋭いです!
鳥類は爬虫類から進化したってうなづけますよ~
足のウロコ模様 そのウロコ模様が進化して羽毛に!
って考えると 鳥さんもあまり好きにはなれないのですが・・・笑

投稿: fairy ring | 2010/03/19 18:28

うちの窓から見えるキジバトもカップルだったり1羽だったりします。
カップルはとても仲良く見えますが、ひとりぼっちでジッと止まっているときは孤独感が漂っています。

投稿: 横浜のおーちゃん | 2010/03/19 19:27

◆fairy ringさん、ありがとうございます ♪

キジバトさんの衣装はいいですよね~ fairy ringさんも
お気に入りでいらっしゃいましたか(^^)
ドバトのメタリックカラーは綺麗なのもあるんですが、私もあんまり…
ごめんね~、ドバトさん。
うちの近くで見かけるキジバトは仲良くつがいでいたり独りだったり。
見分けられないので同じのが来ているかどうかも不明なのですが、
独り身の子もいるなら、気の合うお相手が見つかるといいですね。

ね、ハトの目は鋭いですよね。確かに爬虫類からの進化の名残が見えます。
アハ、fairy ringさんは爬虫類苦手でいらっしゃいますか?(^^)
特に足が顕著ですね。私の手も鳥の足みたいなんですよぉ~~
子供のときからそう思ってて好きになれません(-_-;)


◆横浜のおーちゃん、ありがとうございます ♪

おーちゃんお宅の窓から、キジバトと親しんでいらっしゃるのですね。
やっぱりカップルだったり独りだったりですか。
同じのかどうか見分けがつかないので、たまたまその日は独りでいるのか、
本当に独り身なのか、どちらなんでしょうね。
でもどちらにしても、独りでじっとしているのはどうしても
寂しげに見えますね。鳥は仲間といるところを見ることが多いからでしょうか。
 

投稿: ポージィ | 2010/03/19 19:45

キジバトとドバトのこと、初めて認識し、調べてしまいました。
ドバトの方が大きく、色彩がバラエティに富んでいるとか。
神社公園にいるのもドバト。
家のまわりにいるのですがキジバトなのでしょうね。
雀はそうでもないですが、鳩とカラスは結構無視しておりました。生命力逞しいのに。

投稿: tona | 2010/03/20 08:56

◆tonaさん、ありがとうございます ♪

キジバトとドバト、お調べになりましたか。
確かにドバトのほうが、彩りがバラエティに富んでますね。
体の大きさはどうかしら?ドバトの雄は大きいかな~
ドバトとキジバトは明らかに体の色味が違うので一目で
見分けが付きますよ。茶系かグレー系か、です。
tonaさんのお宅の周りでお見かけになるのはどちらの系統でしょう。
鳥撮りさんたちもハトやカラスには目もくれないことがほとんどだそうで…
珍しいもの好き、身近なものほど空気のような存在となって
注目しなくなるのは人の性かもしれませんね(^.^)
 

投稿: ポージィ | 2010/03/20 10:25

キジバトはよく見かけるようになったけど、一般のハトよりに比べるととても少数派です。こちらではたいてい二羽(夫婦かも)でいます。一般のハト(ドバト?)に混じらず別行動。
それにまだまだ人慣れしてなくて近づくとさーっと飛んでってしまふ。
これだけのアップの写真がよく撮れたものです。私はいまだ成功していません。
こちらでも公園のハトの数は減っていますね。その分河原のハトの数が増えたかも。
河原では食べる草の実が一杯あるから食べる分には困らないでしょうが、足をケガしたハトも目につきます。釣りのテグスが巻き付いて足に食い込んでいるのも見ます。テグスや釣り針は捨てないで持ち帰ってよ~。ね。

投稿: あまもり | 2010/03/20 17:36

◆あまもりさん、ありがとうございます ♪

お久し振りです~ 元気にされてましたか?
キジバトはうちの辺りでも少数派です。一番多いのはやっぱりグレー系に
メタリックのピンクや緑のドバトですね。ドバトは大きなグループで
行動していることが多くて、キジバトはカップルか単独が多いというのも
一緒です。ドバトは駅や公園などで他人から餌をもらうことも多いからなのか
すぐそばに寄ってきますよね。キジバトはそうはいかない。
このキジバトは、ちょっと暗めの家の中から窓越しに狙ったので
運良く撮れたんですよ。でも警戒心を持ってしまって、このあとすぐに
飛び去ってしまいました。最近は姿すら見せてくれないし~

公園のハトが減って河原で見かけることが多くなりましたか。
やっぱり餌やりする人が減ったのかもしれませんね。人に餌を貰えなけえば
自力で食べていかなきゃいけない、ということなんでしょうね。
指がなかったり、足を怪我しているハトは駅などにいるハトの中にも
けっこうたくさんいました。あれも川などでテグスが絡み付いて…
あげくのはての姿なのでしょうか。あんまりです、可哀想。
自分の手や足に紐がかたく絡み付いてどうしても取れなくて、やがて
壊死してもげてしまうことを考えたら、絶対に放置できないはずなのに。
モラルが向上して欲しいですね。
 

投稿: ポージィ | 2010/03/20 21:28

子どもの頃から聞いていたせいでしょうか、
キジバトの鳴き声、なぜか好きです。
「ドテッポッポ、ドテッポッポ・・・」
ロココにはこう聞こえるのですが・・・
ポージィさんにはどう聞こえているのでしょうか?

投稿: ロココ | 2010/03/20 22:09

そうそう、季節はあまり焦らずに、撮ったものは載せましょう。
私もそんな作戦です。

投稿: ふくやぎ | 2010/03/20 23:57

◆ロココさん、ありがとうございます ♪

キジバトの鳴き声… あれれ 私にはどう聞こえるかしら。
多分ロココさんと似ていると思うのですが。
「ドテッポッポ、ドテッポッポ…」
うん、当たらずとも遠からずです。
なんとなく温和な響きがあって眠りを誘われるような単調な鳴き声。
ドバトのほうはどんな鳴き声でしょう。
「グルルルッ グルルルッ グルッグルッ」という声は
思い出せるんですが…coldsweats01


◆ふくやぎさん、ありがとうございます ♪

おぉ~ 唯一「ウメ」に反応してくださった(笑)
どうせいつも季節を後追い。マイペースで参ります。
ふくやぎさんも同じような作戦でいらっしゃいますか。
特に押し寄せる春は、ふと立ち止まって振り返るのも
イイナと思うんですけど、言い訳に聞こえちゃうかしら。

投稿: ポージィ | 2010/03/21 10:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50994/47546026

この記事へのトラックバック一覧です: 窓辺で親しむ case2:

« 冬と春の間 -揺れる季節- | トップページ | 押し寄せる春 »