« 日本フラワーデザイン大賞 2010 -お知らせ- | トップページ | ぬくもりのある場所 »

2010/03/29

展示会を終えて

3/26~28の3日間に渡って開催された「日本フラワーデザイナー大賞 2010」が
終了しました。ポージィの作品は、今回はご褒美はいただけませんでしたが、
お約束の出展作品をご披露させていただきますね。
      (clover写真クリックでもう少し大きめ写真もご覧いただけますclover
 
フローラル・コラージュ部門出展
title 「昇華」
 
         20100323_1 横:25cm×縦:65cm
 
 
 【使用材料】 スチールグラス、枯れ枝、アナベル(プリザーブドフラワー)、
          実もの(ヒバ、ダンドク、フウセンカズラ、ペッパーベリー、)、
          スケルトンリーフ、アルミワイヤー、木材、ボンド
 
20100323__4 20100323__5 20100323__6
 
             これら4枚は、搬入2日前に家で撮りました。 
 
 
当ブログを見に来てくださっている皆様には、作品に込めた思いもぜひ知って
いただきたく、長くなりますが【解説】なんぞさせていただきたいと思います。
そんなものはうるさいと思われましたら、すっ飛ばしてください。
 
 
「昇華」という言葉には、手元の電子辞書(広辞苑)によれば3つの意味があります。
 
 1. 固体が液状になることなく直接に気体になること。また、その逆の変化。
    例えば、樟脳やドライアイスに見られる。
 
 2. 精神分析の用語。社会的に認められない欲求や無意識的な性的エネルギーが、
    芸術的活動・宗教的活動など社会的に価値あるものに置換されること。
 
 3. 物事がさらに高次の状態へ一段と高められること。
 
見る方によってどの「昇華」と取っていただいても構いませんが、自分としては
3.の意味合いと願いを込めてデザインしました。
この「昇華」という言葉は、クックが亡くなったときにいただいたコメントの中にあり、
印象深かったもののひとつでした。そして、NFD大賞の一次審査に応募してみようかと
思い立ったときに頭に浮かんだのがこの言葉だったのです。
この言葉からふわりと浮かび上がってきたイメージをデザイン画に描き、翌日投函。
締め切り期限ぎりぎりでの応募でした。
 
出展が決まり、クックへの思いを込めつつ実際に作ったのがこの↑作品です。
ぐるぐる廻りながら少しずつ変化していく思い、クックの魂、自然界の輪廻などを
表現したつもりです。散りばめた白い花が魂で、世界の各地で蝶が死者の魂の
化身とされていることからこのように表してみました。
 
初めてのNFD大賞への出展、評価はどうあれ、自分の思いを形として表現することが
できたのはとても有意義な経験であったと満足しています。
自分の気持ちはまだまだ昇華にはほど遠いところにいますけれど(^^;)
 
 
会場の様子もご覧ください。公開時は場内撮影禁止なのでほんの少しですが。
 
20100326nfd2 20100326fd_
 
   入り口前での開会式テープカット             会場入り口
 
 
20100326fd__3  これはあくまで撮影OKの時間に
  撮ってもよい自分の作品を撮った
  ものですヨ。
  他の方の作品を撮ったわけでは
  ありませんbleah
 
  左隣の方の作品、とてもすてき
  だったのに寸法規定に…
  あまりに勿体ない勘違いです
   
 
応援してくださった皆さま、会場までお運びくださった皆さまありがとうございました。
 
 
……………………………………………………………………………… * * * * *
 
パソコンディスプレィを見始めたら、今日は何故かすごく目が痛くて涙がボロボロ。
よく眠れなかったのかなぁ。まさか目開けたまんま寝てたんじゃないよね…
頭も痛くなりそうな兆しが。 こんな状態ですので、ご訪問はもう少しお休みさせて
いただきますね。 ごめんなさい。
 

|

« 日本フラワーデザイン大賞 2010 -お知らせ- | トップページ | ぬくもりのある場所 »

コメント

お疲れ様でした~
とても素敵なお作品ですね。
クックちゃんへの思いがたくさん たくさんこめれていることは ここへお越しの皆様にはいたいほどおわかりいただけると思います。
私にもよくわかりました~
たくさん集めていらした木の実や 漂白した葉っぱ! みごとに使われましたね~
アナベルはほんとうにチョウチョのように見えます。
バックがまたとても面白いと思いました。
何でできているのでしょう?
草を1本1本並べられたのでしょうか?

拝見しに行かれなくって残念でしたがお写真で会場の雰囲気がよく伝わりました。

投稿: fairy ring | 2010/03/29 10:01

お疲れ様~~。
私は金曜日の午後に、伺いました。
平日なのに、若い方や男性の姿もたくさんあって
お花の世界は古い「華道」の世界からは、二歩も三歩も
先へ進んでいるのだと、あらためて驚かされました(^o^;)

ポージィさんの作品、優しくて、春らしい穏やかな躍動が
感じられて、私は大好きです。
フローラル・コラージュは、そのまま一般家庭の壁に
飾れそうな作品が多くて、欲しくなっちゃいました。

昨日は搬出やご挨拶で、疲れちゃったかな?
きょうはゆっくり休んでください(^ ^)/

投稿: ちはりん | 2010/03/29 10:49

見ましたよ。
土曜日に伺いましたが、「昇華」と云う事でポージィさんの作品と分かりました。

魂が天空へ飛翔するような、また自分のそばで渦巻いて
まとわりついているような気分になりました。

電車酔いと人の多さで体調を崩し、すぐ帰宅しましたが
素敵な作品でした。
クックちゃんも喜んでいるでしょうね。
また、他の方の作品も素敵でした。

天候不順とお疲れで体調崩されたのでしょう。
どうぞ、お大事に!

投稿: ロッキーママ | 2010/03/29 11:25

お疲れさまでした。
昨年、自分もブログで扱ったフウセンカズラの実が、印象的でした。
作品の地に使われている葉の素材は何ていうんですか?
この手法を使われている方が多かったですね。
なんとなく「流行り素材」的な流れがあるのでしょうか?
そうですか、一次審査はデザイン画で審査されるんですか。
花は生ものだから、当然か・・・

個人的にはプティ・デザインの一画が面白かったです。
今時期の小さな野草や苔が使われていて、すごく身近に感じられました。

投稿: noodles3 | 2010/03/29 12:06

遠くて見に行けなかったけど、パソコンで見る事が出来嬉しいですsign03
素敵な作品ですね。

思いを形で表現するのって難しいですよね。
でも、良く伝わってきますheart04
頑張ってるんだな~って感心します。
私も頑張らないとね~good

投稿: はるみ | 2010/03/29 12:10

やっぱりポージィさんの作品は素敵ですねー。
そして、ポージィさんの込めた思いを読ませていただきて、
ますますジーンとしました。
私には、クックちゃんのことなどを通して
ポージィさん自身が昇華していっているような気がしています。
私も見習いたいです。

ところでお体大丈夫ですか?
疲れたのかもしれませんね。
ゆっくり休養をおとり下さい。

投稿: koko | 2010/03/29 12:46

◆fairy ringさん、ありがとうございます ♪

思いをたっぷり詰め込んで自分としては満足のいく作品になりましたが、
こうした、ある意味物語的・絵画的な表現方法が、フラワー・コラージュ
作品として良いのか悪いのかはよく分からないです(^^;)

木の実など、fairy ringさんもよく集められるんですよね。
私も見つけるとついつい欲しくなって、差し障りなければ拾ってきます。
将来これをどうするかは白紙のまま。今回もそんな実たちを生かせました。
バックは、スチールグラスという細長い葉ものを作品幅に切って
1本1本貼り付けました~ この部分が一番根気が要りました。
時間と共に色褪せていくのも楽しめます(^^)
ありがとうございました。


◆ちはりんさん、ありがとうございます ♪

金曜日に行ってくださったんですねー。ありがとうございました。
金曜日は私も1時半過ぎくらいまで会場にいたんですけど、
入れ違いくらいになったかな。
けっこう大勢の人が訪れてましたね。
たまたま見かけたのですが、一人でいらしていたらしい中年の男性が、
私の作品の前に立ち止まって、渦巻きを下から上へ向かって手でなぞり
ながらフンフンとうなずいてみえたのが嬉しかったです。
フラワーデザインの世界、アレンジメントに限らず大きなものから
小さなもの、ジュエリーボックスからアクセサリー、コラージュ等々
多彩で広がりがあって面白いですね。
ちはりんさんにはコラージュ部門を、楽しんでいただけて良かった。
私の作品へのご感想もありがとう♪♪
優しい、と言ってくださる方が複数いらっしゃいます~
仰るように持って帰って家の壁に飾りたくなる作品がいくつもありましたね(^^)

昨夜はちゃんと眠っていたつもりなんですが、どこか神経が高ぶって
熟睡できていなかったのかもしれません。
それに、連日お出かけということ自体不慣れですし(笑)


◆ロッキーママさん、ありがとうございます ♪

土曜日にいらしてくださったんですね。ありがとうございます。
土曜日は私は行かずじまいで家のことなどしていました。
ロッキーママさんのコメントからヒントをいただいた昇華、
入り口近くでしたし、すぐ見つけていただけたのですね(^^)
ロッキーママさんが感じてくださったこと、嬉しいです。
魂はここにいるよと寄り添いつつ軽やかに飛翔し、人の思いは
渦を巻いて堂々巡りをしたり少しずつ変化しながら上昇したり…
まさにそんな感じです。

電車も混みますし会場内の人も大勢でしたからね。作品数も多いですし。
お疲れになったでしょう。体調は戻られましたか?

どうも昨夜は熟睡できていなかったようですが、目の痛みも
だいぶ良くなってきました。また普段ののんびり生活に戻って
すぐ復調すると思います。


◆noodles3さん、ありがとうございます ♪

いらしてくださってありがとうございました。

プチ・デザインの作品は楽しいですね。私も毎回楽しみにしています。
なんといっても、noodlesさんはマクロ撮影に燃えていらした方
ですもの、より身近に感じられたことと思います。

私の作品では使用素材にご注目くださいましたか。ハートカズラの種、
お気づきになりましたね~(^^)
アルミワイヤで作った渦巻きに沿って並べた粒々たちの
素材と形、色にも、思いの変化を乗せたつもりです。

地に使った素材は、スチールグラスという細長い葉ものです。
流行り素材的な流れ、かどうかは分かりませんが、自然とそのような
流れが生まれることもあるのかもしれません。
確かに、コラージュでも他の部門でも葉をたくさん集めて、という
手法は多く見られましたね。スチールグラスのほかに、ベアグラス、
ハラン、ソケイ、などもありました。

デザイン画の審査はある場合もない場合も両方ですが、NFD大賞は毎回あります。


◆はるみさん、ありがとうございます ♪

早速見てくださってありがとう(^^)
結局会場で撮った写真は手ブレしてしまって、家で撮っておいた写真を
アップしました。

フローラル・コラージュにこうして思いを反映させるのが
良いのか悪いのかはよくわからないんだけど(賞をもらった作品は
もう少し違う傾向を感じたので)、私は思いを乗せたかったのだから
これでいいんだよね。その思いを感じてもらえて嬉しいです。
ありがとう♪


◆kokoさん、ありがとうございます ♪

早速見てくださってありがとうございます(^^)
なんだこりゃ、と思われなくてよかった。
クックのことに限らず、私が昇華していっていると…?
いや、それはまだまだなさそうですよ。クックへの思いひとつとっても、
まだ昇華には程遠いですもの。
でも、人としてそうなっていけたらイイナとは思います。

普段家に引きこもっていることが多いので、不慣れな連日お出かけに
(それも都会への!)ちょっと疲れました。神経が高ぶって、
熟睡できなかったようです。大丈夫です、ありがとうございます。
 

投稿: ポージィ | 2010/03/29 16:54

3日間にわたっての展示、おめでとうございました。
この記事でポージィさんが作品に込められた思いもよく分かりました。
私が会場で感じたことがそう的外れでもなかったことうれしく思います。
これまでブログや展示会でいくつもアレンジやコラージュを見せていただいたお陰と思いました。
ありがとうございました。

投稿: 横浜のおーちゃん | 2010/03/29 20:41

ポージィさん、こんばんは。日常生活の中で、よくぞこんなに手の込んだ作品が作れましたね。一見して、和服の柄を思い浮かべました。でも、それぞれの写真を拡大してみて、初めて立体的な様子が分かってきました。構想から制作まで時間的にどれくらいかかっていますか?
昇華の意味は1と3しか知りませんでした。だから、当然3の意味で使っていらっしゃることは分かりました。枠で囲まれてはおりますが、それを乗り越えて上へ上へと果てしなく昇華してゆくのだなと考えました。クックの死がまだまだ心の中では大きな痛手となっていて、切ない気持ちでおられるのだなあと思いました。お体を大切にして下さい。この作品に、poloブログ大賞を差し上げます。

投稿: polo181 | 2010/03/29 21:26

◆横浜のおーちゃん、ありがとうございます ♪

パシフィコまでお運びくださって、ありがとうございました(^^)
おーちゃんがくださったご感想がとても嬉しかった理由、
こういうことだったのです。自分が込めた思いが伝わるというのは
大きな喜びに繋がるのだと実感できました。
ブログを通して私のことをよく理解してくださっているというのも。
こちらこそ感謝しております。


◆polo181さん、ありがとうございます ♪

こんにちは。
デザイン画の時点で頭に思い描いていたより、出来上がりは
はるかに和の雰囲気になりました。着物の柄を思い描かれたのも
わかります。構想は、ハッと気づいたとき応募期限がすぐそこに
迫っていましたので1日です(笑)制作時間はどのくらいになるでしょう。
材料を揃えて、木工作から始め毎日少しずつ進めたので延べ日数は
20日ほどですが、トータル時間にすると50時間くらいかもしれません。
何に使うとも知れないまま実を集めた時間も入れるともう何日か、何時間か
増えますけれど(^^)
枠を超えてさらに上昇していくイメージを持っていただけたことは
とても嬉しいです。
実際はまだこの作品の下の方の渦の辺りでぐるぐるしてますが、
クックへの思いが昇華していくこと…これは私の願いであり祈りでも
あります。クックの魂は、もうとっくに枠を超えて昇っていっていますね。

「poloブログ大賞」ありがとうございます。とっても嬉しいです♪
 

投稿: ポージィ | 2010/03/30 10:21

今晩は。
そちらにはお伺いできませんでしたが、この記事で、
素晴らしい作品を見せていただきました。
「昇華」というタイトルは、とても奥が深いですね。
クックたんへの思いが、ここまで深いものであったかと、
改めて、涙させられる作品です。
生きとし生けるもの、やがては天に召されていくんですね。
そうした思いを、改めて感じさせていただきました。

投稿: 鎌ちゃん | 2010/03/30 22:17

すてきな作品を堪能していたら目が痛いのですか?
お大事に。。。

わたしも目が、、、です。
もう寝ますか。
私は対策としてアレルギー用の目薬を差すのですが~

投稿: ふくやぎ | 2010/03/31 00:02

クックちゃんへの思いを込めた「昇華」というタイトルも素晴らしいし、色合いがなんとも言えず、背景の色も落ち着いていて、そして材料がこんなに多種類にわたっているとは驚きました。
やはり会場に足を運ばなかったので、材料の使い方がわからないのが残念な思いです。
眺めれば眺めるほど味わい深く、素晴らしい芸術作品ですね。ポージィさんが遙か高いところにいらっしゃる方となりました。

目の痛みと涙ボロボロは結構辛いです。
そんなとき、パソコンと離れて、緑を眺めるのが1番いいですね。お大事にされてください。

投稿: tona | 2010/03/31 08:46

◆鎌ちゃん、ありがとうございます ♪

おはようございます、お帰りになられたのですね。
早速のご訪問とご感想をありがとうございます。

フローラル・コラージュ作品としての良し悪しは自分でも
よく分からないのですが(フローラル・コラージュの定義を
掴みかねている部分があるものですから…)、たくさんの思いを
こめた作品となりました。
そんな思い、お感じいただけたことが嬉しいです。

来年、関西での開催は京都の「みやこめっせ」で、2月末だそうです。


◆ふくやぎさん、ありがとうございます ♪

ご覧いただきありがとうございます。
ドライアイのせいか、ちょっとしたことで
痛くて涙ぽろぽろです。
泣き虫でもあるんですけれど、それとこれとは
涙の出どころがちがいますね??(^^;)

ふくやぎさんは花粉症でいらっしゃいますか?
花粉症の目の症状も辛いですよね。
夫のを見てるのでよく分かります。


◆tonaさん、ありがとうございます ♪

じっくり見てくださって、そしてご感想をありがとうございます。
デザイン画の時点ではもう少し違う色調を考えていたのですが、
出来上がってみたら和風の雰囲気漂うこんな感じになりました。
使用材料、パッと見た感じより多いですよね(^^)
渦巻き部分の粒々にいろいろ使っていますので。
コラージュ部門の中でも実に多彩な作品がありましたが、
それぞれの部門すべてがそうですから、会場内はエネルギーとパワーの
坩堝のよう。様々なものをご鑑賞なさるtonaさんにはできれば見て
いただきたかったですけれど、ちょっと遠いですね。

一昨年くらいからドライアイになったようで、寝不足や空気の乾燥が
すぐ影響するようになってしまいました。老眼も~~
乾き感は消えませんが、おかげさまで目の痛みはおさまりました。
パソコンも本も目を疲れさせますね。以前のように何時間も本を
読み続けるということができなくなったのが残念です。
tonaさんはその後目の調子いかがでしょうか。
 

投稿: ポージィ | 2010/03/31 09:35

大作ですね~ポージィさんのイメージからもっと優しいふわっとしたもの、(偏見かしら、すみません)など想像していましたが
しっかりと渋い芸術性の高い、何を云っているのやら(笑)
構想から制作、いろいろとご苦労も有りましたか、いや
あっさりと自分を出せた、満足、
どちらにしてもこころの息吹きが吹き上げてくるわけで
凄いことですね。
おめでとうございます。ますますのご健闘を、楽しみですね。
拝見できて嬉しいです、有難うございました。

投稿: | 2010/03/31 11:05

うわぁ~、すごく素敵な作品!
タイトルも含め、クックちゃんへの思いとポージィさんの心の揺れと、そういうのが絡み合って少しずつ、それでもしっかり前にって感じがすごく伝わってきます。
色彩もすごく素敵♪
魂となったクックちゃんは今もなおポージィさんに深く影響を与えてくれてるのですね。
あぁ感動するっ!

目の具合いかがですか?
私も冬から春ってのが一番目の具合が悪くなります。
乾燥だけじゃなく黄砂も影響してるのかなって思ったり
鼻炎ならぬ目の炎症でこれもアレルギー?なぁんて思ったり。
こういう時は目を休ませるに限りますね。
お大事になさってください。

投稿: ちょびママ | 2010/03/31 11:12

素敵!本当に素晴らしい作品だと思います。
タイトルと作品の写真を見ただけですぐに「クックちゃんへの想い」を込めて作った作品であることがわかりました。作品は静寂の中にまるで生き物のように動いていますね。もう作家の気持ちが見事に乗り移った逸品です。
何だかこの静かな作品からパワーを頂いた様な気がします。
有難うございます、ポージィーさん。

投稿: 福 | 2010/03/31 12:38

◆玲さん、ありがとうございます ♪

ご覧いただき、ありがとうございます。
 
いえ、会場で見ると大人しい感じだったんですよ~
お隣の方の作品が大きく黒いせいもありますが。
もっとふわっと優しい感じですか?ウフッ、私にそんなイメージを
持ってくださっているというのは、それはそれで嬉しいです(*^^*)
金属(アルミワイヤー)を使って、色も渋いので玲さんのご予想より
重さや硬さを感じられたかもしれませんね。

構想から制作まで、木工作の部分や、アルミワイヤを何で叩き潰そうか、
といった面ではあれこれ悩みましたが、その他の部分は「あっさりと
自分を出せた」方に入ると思います。「昇華」という言葉を思うとほぼ同時に
ふわ~っと渦を巻きながら昇っていくイメージが湧いてきましたので(^^)

今後はどんなイメージが湧き作品につながっていくのでしょうか。
また機会がありましたらアップしていきますので見てやってください。


◆ちょびママさん、ありがとうございます ♪

歓声をあげて感動していただいてこそばゆいような。ありがとうございます。
私が作品に乗せたかったこと、しっかり受け取っていただけて嬉しいです。
フローラル・コラージュの作品としての善し悪しは分からないですけど、
自分なりに思いを表現できた、ということには自己満足しています(笑)
そうなんです、ほんと、クックは今なお私にとって大きな存在。
クックの魂としての花を散らす作業は最後にしたのですけど、
クックと相談しながら配置しましたよ♪

目のご心配もすみません。おかげさまで、痛みはほとんどなくなりました。
私の目はちょっと寝不足になるとすぐ痛むんですが、一昨年くらいからは
ドライアイも加わって、このところは急速に老眼も~(;_;)
それで何かというと疲れた~痛いよぉ~ってなります。
それってつまり加齢のせい、って思うとがっくりですヨ。
あぁー そちらは大陸に近い分黄砂の影響も大でしょうね。
ちょびママさんもお大事になさってくださいね。


◆福さん、ありがとうございます ♪

ご覧くださってありがとうございます(^^)
クックへの想いを込めたとすぐお分かりいただけましたかー
フローラル・コラージュとしては良いのか悪いのか分かりませんが、
込めたかった思いを表現できて、これはこれで満足と思っています。
そんなふうに感動していただくとなおさら嬉しいですconfident
「静寂の中にまるで生き物のように動いて…」福さんのこのご感想も
なんて嬉しいお言葉でしょう。
こちらこそパワーをいただいて感謝でいっぱいです。

投稿: ポージィ | 2010/03/31 14:49

ポージィさんの私的な心がこもったレクイエムだったんですね.ポージィさんのことを躊躇いつつ振り返りながらも,高く昇っていって欲しいという願いが込められているように感じます.

投稿: LiLA管理人 | 2010/03/31 14:55

先生は手術をしても完全にすっきりすることはないと言われました。全くそのとおりです。白内障にもなっています。
また術後の炎症が完全に収まっていなくて目薬を続けています。
右目は手術したので逆さまつげが完全に治りました。
左目はしてないので、1ヶ月に1回また町医者に戻って抜いてもらっています。またひどくなったら手術です。
両眼の結膜を縫い縮めたことで、ひどい涙目はおさまりました。
反対のドライアイというのも辛いそうですね。
ポージィさんが最近なられたようで、お気の毒です。
もう無理をされるのが1番良くないですから大切にされてください。自分のことばかり長々と説明したりして失礼しました。

投稿: tona | 2010/03/31 15:14

◆LiLA管理人さん、ありがとうございます ♪

ご覧くださってありがとうございます~
かって、LiLA管理人さんがこちらへご訪問くださるきっかけとなった
私のフラワーアレンジメントの雰囲気とはかなり違ってとまどわれて
いるのではないでしょうか~(^^)
今回はたくさんの私的な思いを乗せた作品にしてしまいました。
そうですね、レクイエムの意味合いも入ってますね。
クックへの祈り、自分への願い、そして魂と想いの昇華、
そんなもの感じていただければ幸いです。


◆tonaさん、ご再訪ありがとうございます ♪

目のその後のお加減、メールででもお尋ねすればいいのに、しないまま
気になってましたので教えていただけて嬉しいです。

やはりなかなか完璧にとはいかないものなのですね。
術後の炎症がまだ完全に治まっていらっしゃらないというのが気になりますが、
定期的に通って診ていただいているのなら大丈夫ですね。
片方だけでも逆まつげの痛さや鬱陶しさから開放され、ひどい涙目も
治まってかなりすっきりしたわ、とtonaさんだったら前向きに
捉えていらしゃると思いますが、それでもまだ付き合わなくてはいけない
不快感や不便さは、やはり時には心を重くしますね。お察しします。
お大事になさってください。
とはいえ、読書も映画もパソコンも、目を使っての楽しみが多いだけに、
自重しなくてはいけないのがお互いに辛いところですネ。
 

投稿: ポージィ | 2010/03/31 16:42

遅くなりました、ごめんなさいね
今年の作品、とてもポージィさんらしい?優しいデザインですね。
テーマの「昇華」をうかがって、なぜかクックを思い出してしまったのはロココだけ?

投稿: ロココ | 2010/04/02 20:18

再び、ロココ参上sign01(苦笑)
皆さんのコメントを読まずにコメントしてしまいました。やはりクックへの思いの作品だったんですね、失礼しました。

投稿: ロココ | 2010/04/02 22:20

◆ロココさん、ありがとうございます ♪

わぁ、ふたつも!happy01
見てやってくださってありがとうございます。
クックへの思いを感じ取ってくださったのですねーflair
ちゃんと伝わってる~と嬉しくなりました。
ロココさんも私のことをよく分かってくださっているから…
ちょっと思いを詰め込みすぎたかもしれませんし、
作品としてはあれこれ反省どころもありますが、
でもこれはこれで、私らしい表現ができたかなとも思ってます。

投稿: ポージィ | 2010/04/02 23:39

ポージィさん、こんにちは。(^^)/
遅ればせながら、ステキな作品を見せて頂いています。
「昇華」。。。なるほどです。
魂が優しく昇っていく様子が感じられ、胸にキュンとくるようです。
バックの緑も植物なんですよね?
時間と手間と溢れる想いとが、優しく静かに感じられます。
ありがとうございます。
ステキな作品を見せて頂きました。

投稿: たんぽぽ | 2010/04/04 14:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50994/47897723

この記事へのトラックバック一覧です: 展示会を終えて:

« 日本フラワーデザイン大賞 2010 -お知らせ- | トップページ | ぬくもりのある場所 »