« 咲けよ レンゲソウ | トップページ | 黄色に染まれ »

2010/04/26

ぽぽぽぽ たんぽぽ

2週間前の4/10、久々に公園歩きをしました。場所は神奈川県立茅ヶ崎里山公園。
青空も広がりポカポカ陽気。日向は少し暑いくらいでしたけれど、これぞ春!という
気持ちのいい日で、花たちも楽しそうに輝いて見えました。
たんぽぽたちもお日さまに向かって目いっぱい輝いていました。
      (clover写真クリックでもう少し大きめ写真もご覧いただけますsun
 
 
 100410tigasakisatoyama_tanpopo7ut_2
 
            たんぽぽを見ると、必ず頭に浮かぶ童謡です
                 覚えたのは短大生のとき(^^)
 
 
100410tigasakisatoyama_tanpopo1 100410tigasakisatoyama_tanpopo2
 
        ガク(外総苞片)が反り返っている西洋たんぽぽもあれば
 
 
100410tigasakisatoyama_tanpopo3 100410tigasakisatoyama_tanpopo4
 
        ガク(外総苞片と内総苞片)が密着している日本たんぽぽも
                 これは 関東たんぽぽ かしら
 
 
       西洋たんぽぽは受粉しなくても種ができる「単為生殖」なのに対し、
    日本たんぽぽは花粉を受粉しないと種ができない「有性生殖」なのだそうです。
 
 
         100410tigasakisatoyama_tanpopo6
 
           冠毛のついた種を飛ばし始めている子もいました
 
 
       100410tigasakisatoyama_tanpopo10
 
        色々な野草たちと仲良く混在  春の原っぱって気持ちいいね
 
 

|

« 咲けよ レンゲソウ | トップページ | 黄色に染まれ »

コメント

おはようございます!

ぶんにお祝いをありがとうございました~

タンポポの歌なんてあったのですね~
たくさんのタンポポの群生 存在感がありますよね。
うちの近所にはカントウタンポポの方が多く見受けられるような気がします。
昔は逆だったのですけどね~
って 去年も書いたような???

種子が飛ぶところはかわいいですよね~
風の強い日にはずっと見ていても飽きません。
息を吹きかけて飛ばしたり・・・笑

何故か和みますね。

投稿: fairy ring | 2010/04/26 10:03

これ童謡だったのですね。
国語の教科書か参考書に載っていました。
ワクワクするようなリズムが好きでした。

タンポポはどこでも咲いていますが、こんなに群生しているのは見た事がないです。
きれいですね。
野原で転げまわりたいです。

投稿: ロッキーママ | 2010/04/26 13:18

◆fairy ringさん、ありがとうございます ♪

こんにちは。
ぶんちゃんがこれからも健康で楽しく毎日を送っていけますよう、
心から祈っています★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

このたんぽぽの童謡、1度聞くと忘れられないんですよー。
耳に付くといいますか(笑)
さすがは公園、あちこちにたんぽぽがかたまったり散在したりして
たくさん咲いていました。
fairy ringさんのご近所では、以前は西洋たんぽぽが目立ったのに
この頃では関東たんぽぽ優勢となったのですか?
在来種も巻き返してきているなんて嬉しいですね!
ん 去年書いていらっしゃいました?忘れてました、大丈夫です~~

ほんと、種が飛んでいく様子には心惹かれ見飽きませんね。
息を吹きかけて飛ばすの、もうずい分したことがありませんでした。
今度見かけたらやってみようかな。童心に返って。
この童心に返れる、というのも心和む理由かもしれませんね。


◆ロッキーママさん、ありがとうございます ♪

わぉ ご存知でしたか!!
今まで同窓生は別として、誰も知っている人に巡り合わなかったので
びっくりするやら嬉しいやらです。
文字だけ読んでもとてもリズミカルで印象深いですが、
曲も詞をそのままリズミカルに声にしているという感じなんです。
ちょっと古めかしさはありますが、ほのぼのとした童謡です(^^)

さすが公園だけあって、ところどころ群生していました。
原っぱって見ただけでも嬉しくなりませんか?
そうそう、ゴロゴロ転がりたくなりますよね。童心に返って、
汚れる?とかそんなこと何も思わず、ただ無心で。
 

投稿: ポージィ | 2010/04/26 15:36

タンポポほど一般的な花はありませんね。考えてみれば、春の短い期間しか花の出番はなくて、地下茎(?)あるいは根が地中で力を蓄えていて、この時期一気に出てきます。雑草の中の雑草と言えるかも知れません。アスファルトの割れ目に咲いているのを見たことがあります。踏んづけられても踏んづけられても、来年また必ず顔を出しますね。私の認識に間違いがあるかも知れませんが、確かなことはとても生命力のある植物だということです。タンポポのように生きてやろう。

投稿: polo181 | 2010/04/26 20:39

こんばんは。
茅ヶ崎里山公園に行ってらしたのですね。前に行ったことがあります。
暖かい日で良かったですね。
先日、地域のグループの会でタンポポの観察をしました。
綿毛をつけている台のような部分はやや扁平で、そこから出た綿毛が半球でなく見事な球状になっていることを確認し不思議な感じがしました。
花の数=綿毛の数は西洋タンポポが200前後なのに対しカントウタンポポは150以下ぐらいでした。

投稿: 横浜のおーちゃん | 2010/04/26 20:42

◆polo181さん、ありがとうございます ♪

こんばんは。
温暖化の関係もあるのかないのか、西洋たんぽぽのほうは
真冬でもちょこちょこ咲いているのを見ることがあります。
でも、多くは地面にぴたっと張り付くようにロゼットを作り、
じっと耐えています。そして春の始めは短い茎の先にこれまた
張り付くように花を咲かせて(^^)
たんぽぽの根はとても丈夫で、引っ張ってもちっとやそっとでは
抜けませんね!途中で切れてしまいます。そしてその切れたのからでも
ちゃんとまた芽が出てきて花を咲かせます。
poloさんの仰るとおり実に逞しくて生命力のある植物ですね。
全く同感です。ほんとですね、たんぽぽのように逞しく生命力強く、
そして好かれる人生を送れたらと思います。


◆横浜のおーちゃん、ありがとうございます ♪

こんばんは。
約1年ぶりの茅ヶ崎里山公園往きでした。おーちゃんもいらしたことが
おありなのですね。私はこれまで3回いつも春先ばかり行っているので、
次は別の季節に行ってみたいと思っています。

たんぽぽの観察をされましたか。そういえば綿毛が生えている台座は
坊主になったとき球体じゃないですね。そこから生えている綿毛たちは
一つ一つ微妙に長さが違って、それできれいに球体を作っている。
そんなことは考えたこともありませんでしたが。すごいことですね。
お隣同士お互いに意識し協力しあってでもいるかのよう。
綿毛の数が西洋と関東でそんなに違うというのも初めて知りました。
綿毛が何となくまばらに見えたら関東たんぽぽかもしれませんね。
色々とありがとうございました(^^)
 

投稿: ポージィ | 2010/04/26 21:10

今晩は。
どうも私は、あの繁殖力の強さから、「困ったちゃん」の花としか、
このタンポポを見ることが出来ないのですが、ポージィさんをはじめ、
皆さん、とても優しい眼で見つめられていますね。
ご紹介の童謡、私は、ちょっと思い出せないのですが、
こんな歌を思い出しました。
1) 雪の下の ふるさとの夜
  冷たい風と 土の中で
  青い空を 夢に見ながら
  野原に咲いた 花だから
    どんな花より たんぽぽの
    花を あなたに 贈りましょう
    どんな花より たんぽぽの
    花を あなたに 贈りましょう
この歌の気持ちで、タンポポを見ることにしますね。

投稿: 鎌ちゃん | 2010/04/26 21:37

この「たんぽぽ」の歌、どんな曲なのでしょうね。
と思って、なつかしい童謡のサイトで聞いてみました。
かわいい曲ですね。詩もいいですね。
里山公園のたんぽぽの色が都会のより濃いのは空気が良いからかしら。
花の下をついめくってみてしまいますが、日本タンポポ少ないですね。
つくづく思うのですが、外人さんは強いですが、外国の植物も強いですね。同じ島国のイギリス人と日本人とでは雲泥の差です。日本種は遠い将来殆どなくなってしまうのではないかと心配してしまいます。

投稿: tona | 2010/04/26 22:17

初めて知りました歌です。。

黄色いタンポポは目立つので撮りがいがありますね。
綿毛のたまも、ついレンズを向けたくなります。

投稿: ふくやぎ | 2010/04/26 23:21

ポージィさん こんばんは

タンポポの童謡、はじめてです
どんなメロディなのかしらと想像しつつconfident

タンポポって可愛いから、何となく抜くに抜けずにおくと
どんどん増えてきて困っています
でも、タンポポの庭をつくるのもいいかも・・
タンポポ以外の雑草を抜いているとあっというまにタンポポの庭になるそうですよhappy01

投稿: glenn | 2010/04/27 01:16

◆鎌ちゃん、ありがとうございます ♪

おはようございます。
タンポポは抜こうになかなか抜けない強靭な根を持っていますし、
よく増えますし、確かに場所によっては困ったさんになりますね。
私も庭に紛れ込んできて生えたのを抜こうとすることもあります。
でも!野に咲くタンポポはやっぱり可愛いくて大好きです♪

鎌ちゃんご紹介の歌を私は知らないのですが、でも良い歌詞ですね。
タンポポの逞しさ生命力の強さを花に託して贈ろうという思いですね。


◆tonaさん、ありがとうございます ♪

童謡のサイトで聴いてみてくださったのですね(^^)
実は私も、ところどころ忘れていたので童謡のサイトで聴きなおしました。
たんぽぽ たんぽぽ たんぼのたんぽぽ や 
たんぽぽ たんぽぽ ぽぽぽぽ たんぽぽ の部分の
8分音符のリズムが心地よいです。

この日は良いお天気でしたし、公園の日当たりの良い場所に咲いていた
たんぽぽでしたし、それで色が濃く感じられるのかもしれないですね。
空気のよさも関係あるかも(^^)

うちの近所も西洋たんぽぽのほうが多いように感じますが、公園では
半々くらいに感じました。西洋たんぽぽ、日本たんぽぽ、それぞれに
生育しやすい好みの場所(環境)というのもあるそうですよ。

各国の在来種たちも、バランスのとれた中ではおとなしいのに、よその国へ
渡ったとたんに猛烈な勢いを見せることがあるようですね。
日本のものも、国内ではたいした勢いでもないのに海外へ渡ってから、
はびこってはびこって嫌われ者になっている例がいくつかあるようです。
面白いものですね。なんて、在来種が消えてしまうのは悲しいですから、
面白がってちゃいけないのですが。うまくバランスが取れて共存して
いけるようになるといいのですが…


◆ふくやぎさん、ありがとうございます ♪

この童謡は、ご存じない方のほうが多いと思います~

以前、近所の小道にいっぱい咲いて、たんぽぽの小道って感じに
なっていたことがあったんですよ。あれはほんとにすてきでした。
その後、徹底的に根絶を図った方がいたようで今ではほとんど
なくなってしまいましたが。
たんぽぽ、花もまぁるい綿毛も、見かけると撮りたくなる花ですね。


◆glennさん、ありがとうございます ♪

こんにちは。

4分の4拍子で、8分音符が並んでいて、メロディーも単調な感じ。
でもそれがリズミカルで優しいのです。ちょっと古いメロディーでは
ありますが可愛い曲ですよconfidentnote

経験ありますよ~ 抜かずにおいたら増えてきちゃったこと。
一度根を張ってしまうと手で引っ張るだけではなかなか抜けませんしね。
たんぽぽの庭っていうのも明るくていいですね。
うちのような狭くてジメッとした庭では合わないですけど、
広く芝を植えられるような空間があったら、芝の中にたんぽぽやら
何やら色んな野草も混ざった野原ふうになってるのもいいなぁ、
なんて夢見ます。伸びたら芝刈り機でガーッと刈っちゃっても、
強い野草たちはみんな再生してくるからお手入れも楽かもhappy01
 

投稿: ポージィ | 2010/04/27 09:53

タンポポも和みますね〜。
今年はバタバタしており、まだまともに撮っておりません。
そういえば、シロバナタンポポは我がマンション裏で大繁殖しており、個人的に希少価値がなくなってしまいました。
ポージィさんの環境ではどうですか?

投稿: noodles3 | 2010/04/27 14:19

「たんぽぽ」(蒲公英)の歌を知らないです。sad
YouTubeとかでも調べたんですけど、妙な「蒲公英」ばかり登場して困ってしまいました。karaokeweep
無性に聴いてみたくなります。music

投稿: 福 | 2010/04/27 16:05

◆noodles3さん、ありがとうございます ♪

和みますよね~ 
自然と笑みを誘われるような花ですね。童心にも返れますし。
私も、たんぽぽを撮ろうと意識して撮ったのは久し振りだった
ような気がします。

シロバナタンポポそんなに増えたんですか?
大繁殖とは、なかなかすごい生命力ですね(^^;)
うちの近辺では、昨年やっと(初めて)1株のシロバナを見つけ、
今年同じ場所を通ってみたら、やっぱり1株ありました。
大繁殖はとげてないようでしたよ。
来年はどうなるでしょうね~

投稿: ポージィ | 2010/04/27 16:08

◆福さん、ありがとうございます ♪

やっぱりこの童謡はご存知ありませんでしたか。
知らない方のほうが多いみたいです。
私も短大時代に知るまでは聞いたことなかったですし~
色々調べてみてくださったんですね。
私はうろ覚えのところを確認するためにコチラをみました。
簡単な演奏も聞けますよ。music
http://www.mahoroba.ne.jp/~gonbe007/hog/shouka/00_songs.html
うまくリンクできるかな?note

あら?直接「蒲公英」のページにはリンクできずに検索ページに
なってしまうようです。こちらの「た」→「蒲公英」とたどってみて下さいね。

投稿: ポージィ | 2010/04/27 16:14

黄色の色は、元気になりますよね~
なんででしょう?? 

青や白い花は心が清らかになるような気もするし。
色って不思議ですね。

そういえば、
アメリカではたんぽぽの葉が食用としてスーパーで売ってました。
日本では食べるってことしないですよね??笑

投稿: SAKURA-MOCHI | 2010/04/27 17:45

◆SAKURA-MOCHIさん、ありがとうございます ♪

色には不思議な効果がありますよね。黄色は元気が出るし、
オレンジ色の灯り(白熱灯の色)の元では食欲が出て料理も
美味しく感じられるとか。
そうそう、青の心を鎮める効果に期待して、犯罪抑制のため
街灯をブルー色に変えた地域もあるんですって。
ちゃんと効果があったそうです。

タンポポが食べられることはけっこう知られていると思いますが、
日本ではあまり食べませんよね。私も食べた経験無しです。
でも一部食べられる方たちもいらっしゃいますし、根で作る
タンポポコーヒーなど販売されているものもあるようです。
タンポポは若芽・若葉・花・根を食られて、春先の若葉は
苦味も少なく柔らかで美味しいとか…

アメリカではスーパーで売られているほど食すタンポポが
ポピュラーなんですね。日本でもジワジワと広まってくるかしら?

投稿: ポージィ | 2010/04/27 19:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50994/48065528

この記事へのトラックバック一覧です: ぽぽぽぽ たんぽぽ:

« 咲けよ レンゲソウ | トップページ | 黄色に染まれ »