« ときには別の表情を | トップページ | ぽぽぽぽ たんぽぽ »

2010/04/23

咲けよ レンゲソウ

2月に訪れた薬師池公園の町田フォトサロンで、たまたまお土産にいただいた
「鶴川のレンゲソウ」の苗。持って帰って鉢に植え花が咲くのを楽しみにしていました。
                              (関連記事は→コチラ
茎がにょろにょろとよく伸び(^^;)倒れながらもやがて金平糖みたいな蕾ができ…
ついに花が咲き始めました。 わぁぃ、何年ぶりのレンゲソウ、郷愁誘う花 confident
でも、こんなに間近で見たのは初めてのような気がします。
      (clover写真クリックでもう少し大きめ写真もご覧いただけますcute
 
 
          100318renge_tubomi 3/18 撮影
 
             100326rengesou_tubomi 3/26 撮影
 
 
咲き始めたはいいけれど、たびたび吹く強風に柔らかな茎はいとも簡単にポキリdown
摘み取って水に挿しておいたら優しい色のレンゲソウが花開きました。
 
          100401rengesou_hana1
 
          100401rengesou_hana5
 
          100401rengesou_hana3 4/1 撮影
 
 
田んぼを埋め尽くして一面に咲いているピンクの明るく元気なレンゲソウとは
ずいぶんイメージの違うレンゲソウの花が撮れました。 儚げでしっとりと美しい。
こんな一面もあるのですね。
 
レンゲソウを漢字で書くと「蓮華草」または「紫雲英」となります。
「蓮華草」の方は蓮の花(=蓮華)に似た花というところから、「紫雲英」は一面に
咲くレンゲソウを、紫雲に見立てたところからのものだそうです。また、蓮の花は
仏の花ということから「レン」を「ゲン」に変えて読む「ゲンゲ」という呼び方が生まれた
のだそうです。 私にとっては子供の頃から「レンゲ」「レンゲソウ」でした。
 
レンゲソウはマメ科の植物です。花の形はいかにもマメ科らしい蝶形ですね。
これが茎の先端に10個ぐるり車座についています。
旗弁の放射状の模様は、昆虫に蜜のある方向を知らせるためのもので、
ハニーガイドというのだそうです。 レンゲの蜂蜜、おいしいですよね。
 
 
             100405rengesou 4/7 撮影
                          
               こちらは外の鉢植えで咲いたレンゲソウ
                          
             100409regesou2 4/9 撮影
                日光を浴びた方が色が濃くなります 
 
 
          まだまだ咲き続けていて、花数は20を超えたと思います。
  小さな鉢の中で、自由に這い広がらせてあげられないのがちょっと可哀相ですが。
        一部には実もできてきましたよ。実の様子は日を改めてご紹介
                 できたらいいなと思っています。
 
 

|

« ときには別の表情を | トップページ | ぽぽぽぽ たんぽぽ »

コメント

お早うございます。
レンゲといえば、確かに、田んぼ一面に咲く様しかイメージできませんでしたが、
なるほど、このように、家庭観賞用に植えて楽しむという手もありますね。
そんな目で、改めてこの花を見ると、これまでとは全く違った魅力を感じます。
実が出来ると種が出来、これがまた、来年花を増やすのですね。
楽しみです。

投稿: 鎌ちゃん | 2010/04/23 09:23

お!レンゲの花が咲いた。
最後の花の形。そうそうこんな形してました。

幼い頃の田園風景には、必ずあった田植え前の一面のレンゲ畑。風に波打つ花の風情が今でも思い出されます。
寝転べば何か青臭い草いきれ。今でもちゃんと心に残っていますよ。
まさに郷愁を呼び起こす花です。

投稿: 夢閑人 | 2010/04/23 09:34

ポージィさん、こんにちは。そういえば、最近はレンゲ畑が見られなくなりました。昔は肥料代わりに植えられていたのだけれど、いまは化学肥料を使います。ツメクサに似ているけれど別物なのですね。ポージィさんにかかると何でもその良さが引き出されます。最後の日を浴びたレンゲは、見事です。蓮華と書くことから、やはり仏様に関係のあることがわかります。おそらく中国から伝わったものでしょう。種がとれて、その二世がまた来年開花するとなお良いですね。

投稿: polo181 | 2010/04/23 11:22

懐かしい花です。
レンゲの花を見るとすぐに子供の頃を思い出します。

水に挿したレンゲの花が素敵です。
儚げで手に触れたら消えてしまいそう。

ポージィさんのお花の写真は、いつもその花の別の顔を見せてくれますね。
とても素敵です。

投稿: ロッキーママ | 2010/04/23 12:05

◆鎌ちゃん、ありがとうございます ♪

こんにちは。
レンゲソウといえば思い描くのはやはりレンゲ畑ですよね。
田んぼになぜか一輪きり、というのは見た事があるのですが、
鉢植えは初めてで、ビンに挿してみたのも初めてでした。
たまたま苗をいただいたことから新しい体験ができました。
でも、こう茎がにょろにょろ伸びると小さな鉢ではだめですね。
もっと広々としたプランターや地面に植えたいですが、事情が許しません~
でも、種がとれたら蒔いてみたいです。


◆夢閑人さん、ありがとうございます ♪

はい!鉢植えでレンゲの花が咲きました(^^)
最後の写真の花の形が、お日さまに向かっていちばん開ききった
というかすっかり反り返った姿ですね。
レンゲソウが緑肥として使われていたころは、一面のレンゲ畑が
春の田んぼの風物詩でしたよね。
子供時代にご覧になり親しまれた光景が蘇られましたね。
私はそういう光景を1度くらいしか見ていないのですが、
それでも
はっきりと目に焼きついています。
夢閑人さんのお話で、その光景に風が吹きわたり、草いきれまで
漂ってくるようでした。


◆polo181さん、ありがとうございます ♪

こんにちは。
この頃ではレンゲソウを緑肥として使うことはほとんどなくなりましたね。
便利な化学肥料にすっかり変わりました。まだ少しは残っているようですが。
他には、町おこしなどのイベント用でレンゲ畑にして人を集めてレンゲ祭を
する、といったことが行われるくらいでしょうか。
でも、レンゲソウの種は売られているのを見た事がありますよ。

クローバーことシロツメクサとレンゲソウは、同じマメ科ですけれど
全然別のものですね。原産国も、シロツメクサはヨーロッパ、レンゲソウは
ご推察どおり中国です。

種がとれたらぜひ蒔いてみたいと思います。来年も咲いたら嬉しいですね。


◆ロッキーママさん、ありがとうございます ♪

懐かしい花ですよね。春の田んぼが一面のレンゲ畑担った光景は、
一度見たら忘れられません。
ロッキーママさんとレンゲソウは子供時代の思い出と
しっかり結びついていらっしゃるんですね。

茎が折れてしおれ、ダメかしらと思いつつ水に挿したらしゃきっとして、
ちゃんと花まで咲いたのは嬉しかったです。おまけにどこか儚げな
こんな表情まで見ることができて(^^)
前記事に続いて、見慣れたのと違う表情、となりましたね。
すてきと思ってくださってありがとうございます。
 

投稿: ポージィ | 2010/04/23 15:37

レンゲソウがきれいに咲きましたね。
今じゃなかなか見られなくなりました。
子供の頃は畑一面にあったんですよ。
学校帰りにそこでごろごろ寝転んだの。(誰かの畑^^)
まさしくポージィさんのお好きな紫雲たなびくの世界ね。
今思うと贅沢なことでした。
育てるのお上手なのでこれからどんどん増やしていってくださいませ~
そして数年後、お近くの野原にはレンゲがいっぱい☆
レンゲいっぱい運動、お願いしま~すsmile

投稿: 池田姫 | 2010/04/23 17:40

(・_・)/はい
高1の頃 生まれて始めて男の子の為にお弁当作って
レンゲ畑にピクニック行ったmikiでっす
残念ながら彼氏ではなく男友達2人とですがhappy01
でも あの時に見たレンゲとは全く違う雰囲気
そりゃ見る方も思いっきり歳取ってるから感性も違ってますよねぇ
やっぱり淡いピンクの花は可愛いですheart02

投稿: miki | 2010/04/23 18:46

折れても挿しておいたら咲いてくれたのはうれしいですね。
レンゲ畑とちがって一輪だけだといっそう優しい感じがしますね。
鉢のほうは20個以上咲きましたか。
最後の写真を見ると花の姿が旺盛ですね。

投稿: 横浜のおーちゃん | 2010/04/23 18:49

◆池田姫さん、ありがとうございます ♪

はい、おかげさまでこんなに綺麗に咲きましたcute
茎はにょろにょろ伸びて絡まりあってもしゃもしゃですが。
田んぼとか畑だったら、このにょろにょろももしゃもしゃも
気にならないし自然にいい具合になるんだろうなーと、
鉢植えのレンゲソウちゃんがちょっと気の毒です。

姫さまはレンゲソウ畑で寝っ子ろがったご経験があるんですか?
いいなー。私も小学生の頃、一度くらいは見たことあるんですが、
寝っころがった経験はないままこの歳になってしまいました。

育て方なんて全然知らなかったので、いただいた苗を鉢に植えて、
萎れないように水をやってただけなんですよ coldsweats01
虫さんが来てくれないと実もできなくて、ひとつの花にひとつの実が
あるかないかの状態です。ちゃんと種ができるかな~?
あちこちにこっそりばら蒔けるくらいできたら楽しいですねwink


◆mikiさん、ありがとうございます ♪

キャッ mikiさん、なんてほのぼのロマンチックな思い出を
お持ちなんでしょう。彼氏じゃなくても、男の子2人はmikiさんに
恋心lovelyだったに違いありませんwink
そのときご覧になった畑一面のレンゲソウは明るく笑っている
ようだったでしょうね~shineshine

鉢植えで咲いたレンゲソウと水に挿しておいて咲いた日影のレンゲソウ、
ちょっと儚げですよね。でもそこがしっとりとした美しさにも
感じられて。明るいばかりじゃないレンゲソウも可愛いです。
ん、確かに感性も変わってきてますねhappy01


◆横浜のおーちゃん、ありがとうございます ♪

あの、いただいてきた「鶴川」のレンゲソウの苗がちゃんと
可愛い花を咲かせて見せてくれました。
折れたものは、気づいたときすでにクッタリしおれていたので
ダメかと思ったのですが、水に挿しておいたら次第にシャッキリしてきて
咲ききってくれました。嬉しかったです(^^)
一面のレンゲ畑で咲くレンゲたちとはちょっと違う表情ですね。
明るく元気いっぱいのイメージでしたが、優しく儚げなイメージも
加わりました。
狭い鉢の中で予想以上に次々と咲いてくれて、やはり陽射しが出ると
花色も濃くなり元気さも増すようです。
 

投稿: ポージィ | 2010/04/23 21:06

よかったですね~
無事に咲いて!
日に当たったのとそうでないのとはやはり色が違うのですね。
うんと増やして種子を取って分けてください。

私もとんと実物にはお目にかかっていないのでうらやましいです~~

レンゲの花をブーケにしたいな~
明日はぶんの誕生日なのですが 結局 また庭のスミレになってしまいました~
来年はもっと考えようっと!

投稿: fairy ring | 2010/04/23 21:56

混じる紫が気品を感じますね。
可愛い、と言うより気品を感じました。

投稿: ふくやぎ | 2010/04/23 23:31

あらま、ほんとだ!(笑)

ポージィさんのは正に「マイ・レンゲソウ」ですね。
室内育ちが色白だなんて人間みたいです。。

お隣の空き地がレンゲソウの群生になるといいですね♪

投稿: noodles3 | 2010/04/24 00:56

◆fairy ringさん、ありがとうございます ♪

お返事遅くなりすみません。

レンゲソウ、よく知っているようでいて実は知らない植物だと
実感しました。苗をいただいて鉢に植えたものの、で、どうしたらいいの?
という状態で水遣りだけしていたのですが、無事咲いてくれました(^^)

日陰(家の中)で咲いたのは色白ですね。お日さまの力は偉大♪
花はけっこう咲きましたが、このお天気のせいか実を結ぶものは
少ないですね。種がいっぱいできて空地に蒔いたりお分けできるくらいに
なったら楽しいですね~ そのためにはレンゲソウ用の大きな
プランターが要るなぁ…(笑)

今日はぶんちゃんのお誕生日なんですね!! おめでとうございます。
レンゲソウのブーケ、ぶんちゃんの毛色に似合うでしょうねぇ。
お庭のスミレでももちろんとってもすてきに違いありません。
見せていただけるの楽しみでーす(^^)


◆ふくやぎさん、ありがとうございます ♪

元気に明るく賑やかに咲いたレンゲソウ畑の子たちと
ちょっとちがう鉢植えのレンゲソウ♪
しっとりしてますね。
混じる紫に気品。まさしくそういう感じですね。
大人なレンゲソウです(笑)


◆noodles3さん、ありがとうございます ♪

偶然バチッと気が合ってしまいましたねー(笑)

たまたまいただいたレンゲソウの苗。
おかげで「マイ・レンゲソウ」を毎日眺めることができて
幸せもいただきました。巡り合わせですね。

ウフ 室内育ちはやっぱりもやしっ子になるんですね。
お日さまの力は偉大です。

お隣の空き地をレンゲ畑にできるくらい種ができたら
楽しいでしょうね。どうも結実が少なくて実現は先のことに
なりそうですけれど。
 

投稿: ポージィ | 2010/04/24 10:06

こんばんは‥
なんと可愛らしいお花、れんげそうですか、野にあるお花と少しイメージが違うようです、
儚げな少女のような、素朴さもあるからでしょうか、
沢山お花が咲くといいですね、蜂さんも遊びにきてくれるかな、危険だから~ミツバチは大丈夫ですね。
蜂蜜と言ったらレンゲが一般的ですよね。
昔、平塚に居る友人からミカンの蜂蜜送られてきました。ミカンの匂いがしましたね。話がずれました(>_<)

投稿: | 2010/04/24 19:10

レンゲソウといえば、紫のじゅうたんといったイメージがありました。
しかし、近くでよく見ると全く別物に見えますね。
どちらかと云えば、可憐な花で、私好みの花です。
なにげなく「レンゲソウ」と言っていましたが、
漢字で書くと「蓮華」ですか?ということは、
宗教とのつながりがある?

投稿: 茂彦 | 2010/04/24 20:50

わぁ~い、見せて頂いてありがとう!
咲きましたね~
今年はね、こちら地方、レンゲを植えてる田畑が多くて散歩も立ち止まってばかり(笑)
でもね~、畑によってピンクの濃い薄いがあるのですよ。
白っぽいレンゲって今まで見た事なかったから新種かぁ?って思ってたんですよね。
そっか、日光の浴び具合で違ってたんですね。
今年は変な気象だったもんなぁ、おかげ様でまたひとつ賢くなりました!
実の様子も楽しみにしてますね。

投稿: ちょびママ | 2010/04/25 14:03

◆玲さん、ありがとうございます ♪

こんにちは。お返事遅くなってすみません。

鉢植えのレンゲソウ、咲きましたよ~
田んぼなど、野で咲く姿とイメージが違いますね。
特に折れたものを水に挿しておいて部屋の中で咲いたのは
透き通るような感じが儚げで(^^)
現在、外に置いた鉢では20輪くらいの花が咲いています。
眺めているときはまだ一度も蜂が来たことがないのですけど、
見つけて遊びに来てくれないかな~ ミツバチは怖くないですね。

レンゲの蜂蜜も美味しいですが、蜜柑の香りがする蜜柑蜂蜜も
美味しそうですね♪ 近年ミツバチが大量死したりして、ミツバチ不足が
深刻だそうですね。国産の蜂蜜は高嶺の花になってしまいそうです。


◆茂彦さん、ありがおうございます ♪

田んぼなどに一面に咲くレンゲソウは「紫のじゅうたん」の
イメージですよね。そのことから、漢字表記のひとつは「紫雲英」と
なっています(^^) 感じることは同じ、なんですねー
間近で見たレンゲソウはこんな可憐な姿をしていました。
私も初めて知ったように思います。
漢字表記のもうひとつは「蓮華草」。仏教と縁の深い蓮(ハス)の
花のことを「蓮華・蓮花」といいますよね。それと似ていることから
「蓮華草」の名になったそうですよ。


◆ちょびママさん、ありがとうございます ♪

見てくださってありがとう~(^^)
次々に咲いてくれています。にょろにょろに伸びて立っていられなくて、
全身の姿はボロボロですが、一輪一輪のお花はとっても可憐です。

まぁ!そちらではレンゲソウを植えているところが増えたんですね。
懐かしい~という皆さんの想いの現れかしら。立ち止まっちゃいますよね♪
色の濃淡、うちのはお日様の光の当たり具合で変わりましたが、
まれに白花のものもあるようですし、咲き進みによって淡紅色から
紫味が強まっていく、というのもあるようですよ。

はい、実もできたらアップさせていただきますね。
 

投稿: ポージィ | 2010/04/25 17:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50994/47982801

この記事へのトラックバック一覧です: 咲けよ レンゲソウ:

« ときには別の表情を | トップページ | ぽぽぽぽ たんぽぽ »