« マミ展 ★゜・。☆゜・。 マイ作品 | トップページ | カラスとスズメの間って? »

2010/05/19

ナガミヒナゲシ 2010

今年もわが家の「ナガミヒナゲシ」たちが、4月後半から綺麗に咲き続けています。
以前も書きましたが、この家に越してきて間もないころ、美しい写真が印刷された
袋入りの種をいただいたのが始まり。家の東南にある花壇に咲かせたものの種が、
風に乗って家を回りこみやがて西側の砂利敷きの場所に着地。
その場所が気に入ったようで、以来毎年こぼれ種から発芽しては咲き、
わが家の春の風物詩となっています。(花壇のものはほとんど消滅しました)
私も、やがて咲き終わって枯れてきたのを抜きながら、「来年もまた出ておいで」と
種をばら撒いておきます。
 
以前は近所の歩道などでもたくさん咲いていましたが、一昨年辺りから減少。
種を落とす前に取り除かれるうちに減っていったのでしょうね。

毎年恒例でアップしてきましたが、ここ数年はさらりとご紹介していただけなので、
今年はナガミヒナゲシへの感謝を込め、いつもよりたくさんの写真をアップして
みました。見てやって下さい。 4/8~4/25にかけての撮影です。
      (sun写真クリックでも少し大きめ写真もご覧いただけますheart
 
 
             100408nagamihinagesi_tubomi 
 
 100416nagamihinagesi_tubomi2 100416nagamihinagesi_tubomi3
 
      最初は上向きに出てきた蕾は、じきに俯いてそのまま花茎を伸ばし
       やがてまた上を向いてきたなと思うと蕾を覆っている外側の萼から
               花色が透けて見えるようになります。
 
 
         100419nagamihinagesi_hana1
 
            やがて毛むくじゃらのガクを脱ぎ捨て開花。
    やや抑えた色味の花は華やかさはありませんが落ち着き感があります。
 
 
 100419nagamihinagesi_tubomi 100420nagamihinagesi_hana
 
          ひとつの花は開花から1日と持たない儚い命ですが、
               次々に蕾をもたげて咲き続けます。
 
 
 100422nagamihinagesi2 100425nagamihinagesi3
 
         右はガクを脱いで今まさに花開かんとしているところです。
          
         100425nagamihinagesi2
 
                 ガクをほぼ脱ぎきった様子。
        咲き終わると4枚の花びらははらりと落ち、次いでオシベも
            バラバラと落ち、果実の部分だけが残ります。
     この後は熟成の期間。茶色く枯れるころには中には微細な種がびっしり。
 

 
 
 100425nagamihinagesi_mi2 100425nagamihinagesi_mi2kao
 
   「ナガミヒナゲシ」の名前は、このように実が縦長であることに由来します。
   漢字で書くと「長実雛芥子」ですね。 面長な実に顔を描いてみました(^^)
 
 
たくさんご覧いただきありがとうございました。もしかしたら、続編で実のその後も
ご紹介させていただくかもしれません。忘れちゃうかな~?
 

|

« マミ展 ★゜・。☆゜・。 マイ作品 | トップページ | カラスとスズメの間って? »

コメント

最後の顔に受けました!
ほんとに賑やかに咲いていますね。
また、成長過程も自宅のお庭で観察している方ならではの詳細なレポで、勉強になりました。
毎年、楽しみですね♪

投稿: noodles3 | 2010/05/19 12:04

タネに顔がある。可愛いです。
うちの小さな株にも書こうかな。

今、散歩道はオレンジに染まっています。
昨日気がついたのですが、隣の畑の一角に群生していました。
そのタネが庭に飛んで来て、咲いたみたいです。

昨日テレビで、増えて困っていると放送していましたが、このオレンジは可愛いから許して欲しいと思いました。

投稿: ロッキーママ | 2010/05/19 14:56

◆noodles3さん、ありがとうございます ♪

いたずら書きにウケていただいて恐縮です~(^^)
今年はあまり間引きをしなかったら、すごいことになって、
今現在は写真を撮ったときよりもっと賑やかワサワサになってます。
花の時期が終わって、種が熟すまでの枯れた状態がみっともないですけど、
それ以外は、まだ寒い頃の小さな芽出しから始まって、毎年生長を
楽しませてもらってます。


◆ロッキーママさん、ありがとうございます ♪

可愛い顔に見えました?(^^)
なるほど、生えてるものに直接顔を描くという手もありましたね。

ロッキーママさんのお散歩コースでは増えているんですね。
オレンジ色の花が5月の風に揺れる中を歩くのは気持ちいいですね。

お隣の畑から飛んできた種が、お庭で新天地を得たのでしたか。
確かにとても増えますけれど、小さいときに抜こうと思えば
いとも簡単に抜けるので数の調整も楽々です。生長して大株に育っても、
楽に抜けるんですよ。だから増える増えるといって嫌わないで欲しいと
いつも思っています。ロッキーママさんのお庭のも、来年以降も
生えてきたら、適当に数調整して付き合ってあげてくださいね。
 

投稿: ポージィ | 2010/05/19 15:45

以前このナガミヒナゲシの果実をアップしたら ちびまる子ちゃんに出て来る藤木君に似ているといわれ ぐぐったことがあります~
なるほど そっくりでした~笑
ポージィ さんもお茶目にその果実に顔を描かれましたね。

この後 この円盤の下が持ち上がって たくさんの芥子粒ほどの種子がこぼれるのですよね~
これも 以前アップしましたが・・・

帰化植物っていろんな条件が合うと爆発的に増えますね~
乾燥したアルカリ土壌が好きなようですが・・・


ポージィ さんのこれからの続編を期待します。

投稿: fairy ring | 2010/05/19 17:02

うちの近所では今年も旺盛に咲いています。
種を飛ばす前に取り除くことを誰もしていないからだと思います。
まつ毛もばっちりの可愛い顔ですね。
種を飛ばすころ、どんな老け顔になるのでしょうか。

投稿: 横浜のおーちゃん | 2010/05/19 17:25

◆fairy ringさん、ありがとうございます ♪

なるほど、ちびまる子ちゃんの藤木君ね!!
ウハハ 言われてみればそっくりです。藤木君も面長であの頭が~(^^)
なーんか、撮った写真を見ていたら顔を描きたくなっちゃいました(笑)

そうそ、乾いてくると狭い隙間が開いてそこから種が出るのですよね。
でもあんな狭い隙間からよく出てくると思います。大量の種も、
短い開花時間中によくぞ受粉できたものと感心しますし。

ナガミヒナゲシはアルカリ土壌が好き。うちの西側の砂利敷きの場所は
条件がピッタリだったのかもしれませんね。
反対に日当たり悪くジメッとした花壇も庭もお気に召さなかったようで。
帰化植物は、牽制しあっていた相手がいなくて好条件に恵まれると
爆発的に増えますね。日本のものが海外で爆発的に増えて
困ったさんになっている例も時折り耳にします。
このナガミヒナゲシはこれ以上増やしたくないと思ったら
意外と簡単に絶やしてしまえそうにも思えますが。

実の今後の変化、忘れずに撮れるかどうか。忘れっぽい私のこと、
引っこ抜いてしまってから「あっ!」と思い出すことになりそうです(^^;)

投稿: ポージィ | 2010/05/19 17:35

◆横浜のおーちゃん、ありがとうございます ♪

おーちゃんのご近所では変わらず旺盛に咲いてますか。
うちのほうでもまた増えていくかもしれませんね。

長い実を見ていたら思わずイタズラ描きしたくなりました。
可愛く描けてますでしょうか。
アハハ そうですね~ やがて枯れ色になって種を飛ばす頃は
どんなふけ顔になるでしょう。これは、忘れそうなんて言ってないで
ちゃんと顔を描いてアップしなくては!

投稿: ポージィ | 2010/05/19 17:39

わー、面白い!可愛い!
ナガミヒナゲシの実のお顔、いいですね。
「実の私も見てみて」と言っているみたいです。

今年もあちこちで咲いていますね。
我が家にも飛んできたことがありますが、夫が草引きでいつも取ってしまいますの咲きません。
この頃は私が草を取るからと言ってあります。

投稿: tona | 2010/05/19 20:21

ポージィさん、こんばんは。長実ヒナゲシと解釈するとよく分かりますね。植物にも居心地のよい場所とそうでない場所があるのですね。確か私の駐車場に華々しく咲いていると思います。
人それぞれみなそうでしょう。眠るときはベッドの中が一番居心地がよいけれど、起きているときは、私は断然自然の中が好きです。簡易椅子に座って、野鳥を待っている場所が最も居心地のよいところとなっています。それは、山でも良いし、川でも良いです。収穫があればよし、なくてもよし。とても居心地が良いですよ。

投稿: polo181 | 2010/05/19 20:59

◆tonaさん、ありがとうございます ♪

ちょっとしたいたずら心でしたけど、ウケてくださいましたねー(^^)
帽子をかぶったような形をしているので顔の絵もしっくり。

うちのすぐ近所ではひところより減りましたが、、別の場所では
増えているのも見かけました。
たくさん咲いていても圧迫感のないお花ですけれど。
tonaさんのお庭にも来ているのですね。ご主人にとっては「草」の1つ。
うちでも、もう何年も毎年咲かせているのに、小さな苗が育ってくると
夫は必ず「何か草がいっぱい生えてきたね」と言います。
「あれはナガミヒナゲシ。毎年咲かせているでしょう」と言ってやっと
思い出すんですよ。「どれを抜いてよくてどれは悪いのか分からん」と
言うので、うちでも庭の整理は大方私の仕事になってます。
tonaさんのお宅と一緒ですね~(笑)


◆polo181さん、ありがとうございます ♪

こんばんは。
和名は漢字で書いたほうがイメージが湧きやすいものが多いですね。
植物にはそれぞれ、適した環境というのがあって、日向好き、半日影好き、
乾いたところ好き、湿ったところ好きなどがあり、土壌のpHの好みも
あるようですね。ナガミヒナゲシ、poloさんのお宅でも駐車場で
咲いているのですね。

仰るとおりで、人間でも居心地のいい場所が人それぞれにありますね。
はい、眠るときは自分の寝床がいちばんの居心地です。
起きているときは、poloさんが身をおかれているような環境も
大好きです。私の場合は暑い寒いがなくて蚊がいないことが条件ですが。
しばらく行っていませんが、キャンプに行って食事の後、何をするでもなく
ぼーっと座って炭火を見ているのなんかも好きです。

投稿: ポージィ | 2010/05/19 21:30

今晩は。
こちらでは、路傍を彩っていた「長実雛芥子」も殆ど散ってしまいました。
誰が名付けたか、「芥子坊主」がゆらりゆらりと、風に身を任すばかりです。
ポージィさんの描かれた「芥子坊主」可愛いですね。
こんな顔して、野に残ってくれたら、また楽しいだろうな。
我が家の庭には、全くありませんが、ちょっとつまんで咲かせてみたくなりました。

投稿: 鎌ちゃん | 2010/05/19 23:01

あはは!
面白いいたずらですね。
これが3~4人並んでいたら楽しそう!

投稿: ふくやぎ | 2010/05/19 23:09

◆鎌ちゃん、ありがとうございます ♪

おはようございます。
そちらではもう咲き終わりましたか。
こちらではもうしばらく楽しめそうです。わが家のも。
ウフッ 葱坊主ならぬ「芥子坊主」ですか(^^)
葱坊主は丸顔なのに対して芥子坊主は面長ですね。
野で風に揺れているのにみんな顔が付いていたら
面白そうでもありちょっと怖そうでもありですね。
あっちからもこっちからも見られてる~~ なんて。
咲かせてご覧になるには、すっかりカラカラに枯れた芥子坊主を
1つ摘み取ってくれば十分ですよ。


◆ふくやぎさん、ありがとうございます ♪

ちょっとしたイタズラ心で~(^^)
ケシぼうず3兄弟にすればよかったかしら。
ひとつずつ表情を変えたら個性が出て
物語も生まれるかもですね。
 

投稿: ポージィ | 2010/05/20 09:42

ナガミヒナゲシもポージィさんを思い出させるお花、
よく観察して詳しくUPされているからかな、
この頃こちらの方でも咲いていることがわかり、これもポージィさんのお陰で、しげしげと観察、増えていきそうな気配です、
可愛らしくて大変結構なことですが。
マミー展ご出品のお作を拝見させていただきました。
手編みの花器からも熱意が感じられ、大変な労作だったと思います。
もう半分はこれで成功ですね、淡い色彩で上品なイメージと可愛らしさが加わり、
会場でも皆様が癒される想いでしたでしょう。
初夏のお嬢さんに薫風と一緒に出会った爽やかさに満ちていますね。
他の方はどの様に思われたのでしょう…か。

投稿: | 2010/05/20 10:19

◆玲さん、ありがとうございます ♪

ナガミヒナゲシにも私を思い出してくださいますか(^^)
毎年のようにアップしているからでしょうね。
増えすぎて困る!という声も多く聞かれる中、わざわざ種を落として咲かせ、
擁護し可愛がってます~(笑)
玲さんの方でもお見かけになりますか。そのうち春の風物詩に
なるかもしれませんね。風にゆらゆら咲く様、いいですヨ♪

展示会出品作も見てくださってありがとうございます。
ほんと、土台作りに時間のかかる作品でした(^^;)
左右の背の高い作品に挟まれて私の作品があったのですが、
見てくださった方たち、ホッとしてくださったかどうか。
可愛いと感じてはいただけたかもと思っています。
玲さんには素適な言葉をたくさんいただいて、仕上げた形を
保てなかったことの心残りが慰められました。嬉しかったです。
ありがとうございます。
 


投稿: ポージィ | 2010/05/20 11:15

ポージィさん こんにちは~

あら~ ポージィさんちは種を蒔かれたのですか~
この花はどこからか自然に広がってきた雑草の一種かと思っていました
いえね、最初は空き地に群生しているのを見つけ、
なんてきれい! この土地の前の住人の方が植えていたのね
なんて思っていたのですが、それから毎年のように
あちこちに増える、増える  これはちょっと大変?
と思うようになってしまいました
でも、ポージィさんの記事を読んで、見方がまた変わりそうです
クシュクシュの淡いオレンジの花びらはかわいいですものね
それに、私も長い実をみるとポージィさんを思い出しますよ
来年からは可愛い顔付きの実を思い出しそうです^^

投稿: glenn | 2010/05/20 11:45

◆glennさん、ありがとうございます ♪

こんにちは。
そうなんです。最初は何かのオマケでいただいた種を蒔いたのですよ~
翌年はこぼれ種から勝手に生えて… その後は毎年枯れたのを
片付けながら種をばら撒いて、あとは翌年勝手に生えてくるのを
ちょいちょいと間引きして咲かせてます(^^)

glennさんのご近所やあちこちでどんどん仲間を増やしてる子達も、
最初は花壇に蒔かれたものだったんだじゃないかしら?
何しろひとつの実にものすごい数の種ができますから増え方もスゴイ。
でも簡単に抜けるので減らそうと思ったらこれまた簡単にできます。
花は可愛いですしね~、それでいつも擁護に回ってます(笑)

あら glennさんの中では、この長い実が私と結びついてますか?
これまで何回くらいアップしてきたのかしら~happy01

投稿: ポージィ | 2010/05/20 12:25

最後のスマイル 可愛い可愛いnote
こんな子が実際にズラ~っと並んでたらどれだけ可愛いだろと 
有りもしないことを想像しましたhappy01

ナガミヒナゲシ、淡いオレンジ色の花は珍しいので好きです
実は毎年見る度にポージィさんを思い出します
それだけ毎年記事を書かれているのと
春になるとあっちこっちで見かけるからですね
でも名前は思い出せなくて 今年もまたここへお邪魔して あっ、そうだflairと、、
来年は覚えているかなぁ。。coldsweats01

投稿: miki | 2010/05/21 15:28

◆mikiさん、ありがとうございます ♪

ウフ 可愛く描けてました? 嬉しやconfident
マウスで描くのはなかなか難しいですね。
可愛い顔した実がずらり並んでいたら楽しいかもしれないし
逆にちょっと不気味かもしれませんね。

ナガミヒナゲシの花、mikiさんもお好きですか。
少し控えめなこのオレンジ色って珍しいですよね。
しっかり私と結びついてますか(^^;)
毎年アップし続けて毎年擁護もし続けているんでしょうね。
過去記事読んだら赤面しそう…
そうそう。各地でゆらゆらと群れ咲いて春の風物詩にも
なっていますしね。花を見て思い出していただけるって
なんだかとっても嬉しいです。
名前は、今年この面長な顔をご覧になったので、来年はもしかすると
花を目にされると同時にflair

投稿: ポージィ | 2010/05/21 17:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50994/48196144

この記事へのトラックバック一覧です: ナガミヒナゲシ 2010:

« マミ展 ★゜・。☆゜・。 マイ作品 | トップページ | カラスとスズメの間って? »