« ダメージ | トップページ | ナガミヒナゲシ 2010 »

2010/05/17

マミ展 ★゜・。☆゜・。 マイ作品

「マミフラワーデザイン展 2010」、まだ今日・明日で後期の展示がされていますが、
前期の出品だった私はもうすっかり終わった気分、開放感に包まれています。
自作品をご披露させていただいちゃいましょう♪
空調の風のダメージにショックと意気消沈だった私ですが、お花は何とかかんとか
終了まで頑張って持ってくれました。ありがたかったです。
 
会場まで足をお運びくださった皆さま、今日・明日の後期展にご予定くださっている
皆さま、ありがとうございました(ます)。心から感謝申し上げます。
 
さて、今回、展示会の大きなテーマが「クラシサク」となっていましたので、私の作品は
「森のテーブルの器」といったイメージの可愛い感じのものを作ってみました。
ワイヤーを編んで小振りのおわんの形を作り、網目にベアグラス(一部リリオペ)という
細い葉ものを編み込んでいって器を作りました。
それぞれの器には水うけの容器を入れ、器を重ねた隙間から草花系の花を生けて
あります。
 
それでは見てやってください。
     (tulip写真クリックでも少し大きめ写真もご覧いただけますclover
 
 
   20100511_2   器部分のみ完成した状態
 
 
201005122 
 
  
 
 
 
 
   生けこみ直後の写真です。
   まだ天井のスポットライトも
   付けられていない状態で、
   黄色っぽく写っています。
 
 
 
 
 
 
 
   201005122_2    201005121
 
                       部分アップ
 
           201005123
 
 
 
201005131
 
 
   そして
   乾いてヘナッとなってしまった
   細い葉(ベアグラス)を
   公開前のメンテナンスで
   入れなおした状態。
 
   見に来てくださった方には
   この状態をご覧いただく
   こととなりました。
   これはこれで動きや繋がりが
   感じられ面白いですが、
   伸びやかさはなくなりました。 
 
 
 
 
 
 ●使用花材●
      ベアグラス、リリオペ、フランネルフラワー、ラグラス(バニーテール)、
      マトリカリア(天使の卵)、ツインキャンドル、クラスペディア、ニゲラ、
      スペアミント、輪切りの木
 
 
 ベアグラスとリリオペを編み込んでの器作りが大変でした。1個平均2時間ほど
 かかって、目はボヨボヨ、首肩はコリコリにsweat01
 
 さてこの作品、皆さんの目にはどんなイメージに映ったでしょうか…
 
 はぁ~ とにもかくにも終わりました。 
 昨年10月のクイーンズカップ、5月のNFD大賞展、今回のマミ展、と立て続けに
 3回も展示会に出品し、いささか いえ 大いに疲れましたです。
 

|

« ダメージ | トップページ | ナガミヒナゲシ 2010 »

コメント

お久しぶりでございます。sun
このところ夏が来てしまった様な快晴な日が続き(黄砂も少なく)、冬物の後片付けに追われております。sports

展示会お疲れ様でした。素敵な器ですねぇ。heart018個あるので少なくとも器作成に16時間はかかったことになりますね。しっかりと硬そうに見えます。お花さんたちが生き生きして見えます。重ねるという創作が思いつくなんて...。heart04 ポージィーさんらしいですね。心より拍手喝采をお贈り致しますpresent

投稿: 福 | 2010/05/17 11:00

お疲れ様でした~
超可愛いです。
グラスで編むのは私もよくやりました~
緑ではなく枯れたランやイチハツなどを細かく裂いて花いれやカゴ 土瓶敷きのようなものを遊びで作ったことがあります。
たくさんの器を重ねて面白い発想ですね~
グラスの糸からウラシマソウの釣り糸を連想してしまいました~
台にされた樹はなんでしょう?
うちでもよく植木を刈り込む時に乾燥させて取ってありますよ。
何を作るというイメージはないのですが・・・笑

投稿: fairy ring | 2010/05/17 12:18

ポージィさん こんにちは~

お疲れ様でした そして ありがとうございます

こうして、あらためて写真で拝見すると細かいところまで
よくわかります
会場ではあまりポージィさんの作品ばかりをじろじろ見ていたので
怪しまれたかもしれません~^^;

確かに篭は大変そうでした
沢山ありましたものね
野の花を生けたというイメージが彷彿されました

私が伺ったのは、2時半~3時過ぎだったと思います
確かにショートヘアなんですが・・多分違うと思います
ポージィさんが来られるなら、時間を合わせればよかった~~

投稿: glenn | 2010/05/17 12:42

お疲れ様でした。

活けこみ直後の作品と公開作品とは、やはり感じが違っていますね。
ベアグラス一本で雰囲気が全然違います。
空調の風を恨みたいですね。

背の高い方の器の一番下のニゲラがとても印象的でした。
その一輪で作品が柔らかくなっていましたよ。

投稿: ロッキーママ | 2010/05/17 12:54

あら~ 空調の風がまともに当たる場所だったのですか。
でもそのダメージをもイカすこのセンスに拍手。
(センスを優雅にあおぐイカの姿を想像してしまった。ゴメン!)
緑を基調にした清々しさを感じさせる作品です。
編まれたお椀はいろいろと使えそう。
一見、あっさりとした感じに見える作品には結構手の混んだ仕掛けが隠れている。
目ボヨ、首肩コリを乗り越えただけあります。

投稿: あまもり | 2010/05/17 15:05

この度は、拝見に行けず失礼致しました。
故に会場の雰囲気や、ほかの方の作品の傾向はわかいませんが、、、

いや〜、素敵ですね♪
いかなかったことを後悔してしまいます。
会場の状態で、思わぬ変化をするのも生け花の面白さですね。
ポージィさんの頑張りが、充分に伝わってきますよ〜♪

投稿: noodles3 | 2010/05/17 15:47

こんにちは。
ハプニングがありましたが、何とか乗り越えられたようでよかったですね。
ホッとした気持ちが伝わってきます。
「クラシサク」のテーマに、「森のテーブルの器」というイメージ・・・・
このような、イメージの描き方というのが、作品作りの大きなポイントでしょうね。
これは、句詠みにも通じるものがあり、参考になります。
>目はボヨボヨ、首肩はコリコリ・・・・
句詠みとは違って、骨の折れる作品作りですね。
お疲れ様でした。

私も、やっと、同級会幹事の役を終って、疲れまくっています。

投稿: 鎌ちゃん | 2010/05/17 17:26

ひえ~1個の器作りに2時間ですかwobbly
そりゃ体調もおかしくなるのも無理はない
その苦労の結果 可愛いのができましたねぇnote
きっと生で見たらもっと可愛いんだろうなと思います
たとえ ヘナッとなっていても。。

お疲れさまでした
ゆっくり休んで ポージィさんもヘナッから回復してくださいねhappy01

投稿: miki | 2010/05/17 17:37

お疲れ様でした~
空調の風に気をもまれたご様子だったので心配してましたが、なかなかどうして、ヘナッとした姿さえ計算?って思うくらい(笑)素敵ですよん。
でも確かに活けこみ直後の方が伸びやかで勢いがあるっ!
生で見られなかったのが残念だけど、こうしてちゃんと作品を見せて頂いてありがとございます。
器、可愛いですね。
私、ポージィさんの創リ出す作品たち、大好きです!

投稿: ちょびママ | 2010/05/17 18:02

◆福さん、ありがとうございます ♪

お久し振りですhappy01
しばらく晴れsunが続きましたね。こちらはちょっと気温低め
でしたが、今日は気温も初夏らしくなりとても気持ちよく過ごせました。
私もちょびっとずつ進めてきた冬物を、今日もまた少し(^^)

作品を見てくださってありがとうございます。そうですね~
器作りだけで少なくとも16時間。我ながら仕事が遅くて嫌になりながら
溜息をつきつつ編み編みしましたsweat01 しっかりして硬そうに見えますか?
実際は力を加えるとぐにっと変形します(^^;)
「器を重ねる」というのも、実はマミのレッスンの中で学ぶひとつの
手法なのです。植物で編んだ手作り器を重ねたのはオリジナルですが。
3月頃、出展すると決めたときこうしようflairと思いついたものでした。
お心のこもったpresentを、ありがとうございますhappy01heart04


◆fairy ringさん、ありがとうございます ♪

超可愛いですか?ウフッありがとうございます~

編み編み、fairy ringさんもお作りになったことがあるのですね。
編んでから枯れるのを待たれたのではなく、枯れたものを使われましたか。
素材によってはその方が編みやすいかもしれませんね。
4年前のマミの展示会に初めて出品(今回2回目)したときも、
編み編み手法を使った作品でした。そのときはニューサイランを
細く裂いたものを使って。今後も出品するとしたら編み編みを
マイ・テーマにしようかしら…

器を重ねる、というのはマミのレッスンで学ぶもののひとつなのですが、
今回は手作り器を使ってオリジナル性を出してみました。
天然グリーンの器に小花たちがよく映えるだろうなと(^^)

アハハ アップされたウラシマソウ拝見してきましたよ。
生けこみ直後のはカーブを描いて垂れていて、確かに似てます、釣り糸!

台にした木はなんだか分かりません(^^;) 伐採された木をチップに
している所があって、そこに転がっていた70cm位の幹を貰ってきたんです。
桜や梅や桃じゃないことは分かるんですが、それ以外の木肌はさっぱりで。
こういうのは、今は何に使うという当てがあるわけではなくとも、
とっておきたくなるものですよね。


◆glennさん、ありがとうございます ♪

こんにちは(^^)
こちらこそ直接と写真と、両方見てくださって有難うございますhappy01
会場で、そんなにしっかり見てくださったのですね。
大丈夫ですよ、顔がくっつきそうなほど寄って、舐めるようにして
見ていらっしゃる方も珍しくありませんもの(笑)

かごが手作りだと分かってくださる方もいれば気づかれない方も
いらっしゃるみたいです~ 実際は小さいくせに時間がかかって。
私の仕事がのろいせいもあるんですけどね(^^;)

ショートカットは当たっていても、glennさんがいらっしゃったのとは
時間が違ったのですね。でも、もしかして?と思った方の雰囲気と
実際のglennさん、本当に雰囲気が似ていらしたりしてconfident


◆ロッキーママさん、ありがとうございます ♪

あらためて、ありがとうございました(^^)

ベアグラスの入れ方でがらりと雰囲気が変わりますでしょう?
ヘナッとなったベアグラスを見つけたときのショックがお分かり
いただけると思います。
昼間は人が大勢いるので多少風が遮られるようですが、夜の間に
猛烈に乾燥が進むようでした(涙)

あの1輪少し離して入れたニゲラにご注目くださいましたか。
そのように言っていただけてとても嬉しいです。


◆あまもりさん、ありがとうございます ♪

こんにちは!
そうなんです、もろに風の道筋で、特に人のいない夜間に乾く乾く(;_;)
ヘナッとなったベアグラスは、もう、このように入れる以外なくて、
センスもイカもあったもんじゃなかったのですけれど。
やぁだ、私の頭の中でもしっかりイカがセンスを振ってますヨ(笑)

おわんはさらに時間を置くと、現在の新品の畳のような色から
すっかり枯れ草色に変わると思います。そうしたら今度はどんな花
あるいは実などが合うか、試してみるのも楽しそうです。
目ボヨ首肩凝りとともに作り上げた器、すぐ捨てちゃうのは惜しいですね。

ありがとうございました。


◆noodles3さん、ありがとうございます ♪

いえいえ、お忙しく大切な時期だけに無理をなさらなくて正解です。
マミの展示会の作品はなかなか面白いので、またの機会にご都合合えば、
いらしてみてください。
素適、と思っていただけてほっとしました(笑)
思わぬ変化、本当にそうでしたね。ショックでしたが形を変え
それを受け入れるしかありませんでしたが(^^;)


◆鎌ちゃん、ありがとうございます ♪

こんにちは。
ガーンときましたが、何とかかんとか… 何事も経験ですね。
終わって本当にほっとしました。今日は眠くて眠くて(笑)

イメージを描いてそれを形にしていく。これは仰るようにひとつの
ポイントでしょうね。何を表現したいのか、ということですよね。
私の場合具体的になりすぎるきらいがあって、まだなかなかできません。
積み重ねが大切になってくるのでしょうね。
句を詠まれる時にも共通することですか。

あら、鎌ちゃんは幹事さんでいらしたんですか。それは色々と
ご苦労がおありでしたね。ホッとしていらっしゃいますね。
お疲れさまでした!


◆mikiさん、ありがとうございます ♪

作ってる最中は、あ~やたら時間がかかる~~と。
後で振り返ったら1個当たり2時間でしたsweat01
体調イマイチのところにこれをやったもんですからますます(笑)
おかげさまで、森の生き物の器、森のテーブルに置かれた器、の
雰囲気は出てくれたように思います。
多くの方が可愛いと言ってくださって、その点は成功かなnote
ヘナッが悔しかったですけれどね~~ ま、何事も経験ですね。

はい、私もちゃんと休んでヘナッから回復しなくっちゃですねhappy01
 

投稿: ポージィ | 2010/05/17 18:47

◆ちょびママさん、ありがとうございます ♪

見てくださって嬉しいです。
いや~ほんと、公開日の朝のメンテナンスのときはショックでした(^^;
ちょびママさんもご心配くださってたんですね。でしょ、勢いや
伸びやかさが全然違いますもんね。
ヘナッ葉では元の姿に直すのは無理で、入れられるように&見られるように、
本能で?直しました(笑)しばらく悶々としてましたがどうしようも
ないことなので受け入れました。これも経験ですね。

昨秋から立て続けだった展示会の作品は、どれも造形色の濃いものに
なりましたが、今回は生のお花たちもけっこうたくさん使ったので
その点が楽しかったです。造形の面白さに目覚めてはいるのですけど、
かといって造形ばかりだと欲求不満になるみたい(^^)

私の作品たちに優しいお言葉を有難うございます。嬉しいです。
 


投稿: ポージィ | 2010/05/17 18:54

写真で見られて、happy01うれしいです。

すてきですね。こんな、才能を秘めていたなんて、30年前は少しも知りませんでした。coldsweats02

やっぱり、私も出来上がったすぐの写真の方が好きです。でも、後の方も落ち着きがあって良いですね。

また、次回の作品も、楽しみにしています。

お疲れ様でしたheart02

投稿: はるみ | 2010/05/17 20:37

なるほど。
生けこみ直後の写真を見せていただき、メンテナンスnご苦労された様子が分かりました。
大変だったと思いますが、生きている花だからこその醍醐味でもありますね。
振り返れば半年で3回の展示会だったのですね。どれも素敵でした。

投稿: 横浜のおーちゃん | 2010/05/17 20:39

そうそう、そういう展示会とか、色々な催しとか、の事を聞くと東京に住みたいと思うのsweat01

西尾は田舎だから、そういうのは、全くないし・・・
デイズニーランドとかも、遠いしcryingでも田舎は、自然がいっぱいで、物価も安いし、そういう面では、住みやすいから、1年位、東京に住んだら、田舎にもどりたいな~lovely

投稿: はるみ | 2010/05/17 20:45

ポージィさん、こんばんは。下の台になっている丸太は自分で切ったのですか。直径はどれくらいの長さでしょう。花を差し込む網から作ったのだから、相当な時間がかかったでしょう。さて「どのように見えるか」の問いですが、私には手をつないだ親子に見えました。二人は、森の中をゆっくり散歩しているの図だと思いました。それはそれは細かい作業が必要ですから、当然疲れるでしょう。目も肩も気持ちもゆっくり休めてやってください。

投稿: polo181 | 2010/05/17 20:48

◆はるちゃん、ありがとうございます ♪

早速見に来てくれてありがとう(^^)

そうね。30年前は花に関して生け花もアレンジメントも
隅っこを齧ったことすらなかったから。
フラワーデザインを学び始めてかれこれ10年位かしら。
やっぱり知らず知らずの内に少しずつ蓄積されてきたものは
何かしらあるでしょうね。(でないと困る ^^;)

生けこみ直後と、手直し後、はるちゃんが書いてくれてる
とおりだと思います。残念だったけど、こういうこともあるんだと、
いい経験になりました。
次はどんなのをお見せできるかなー(^^)

やっぱり東京の文化的なことが集中している面などは羨ましいよね。
名古屋は催しなどどうなのかしら?名古屋でいろいろあればね。
ディズニーランドは無理だけど。
うちも東京へ出ようと思うと1時間半くらい掛かるけれど、それでも
十分日帰りできる距離というのは恵まれていることになるでしょうね。
暮らすのはあんまり都会都会じゃない方がのんびりできそうだし。
郊外に住んでひょいひょい行けるというのが理想的なのかもねconfident


◆横浜のおーちゃん、ありがとうございます ♪

生けこみ直後と、展示会場で見ていただいたのと、明らかな違いが(^^;)
あんなに生き生きとしていた葉が一晩でヘタッとなるとは。
空調の風の影響力の強さを知ることができて、これもいい経験だったと
思うことにしました。生きている花だからこその醍醐味。
仰るとおりですね。野生で咲いている花たちでも同じことが言えますね。

3回も立て続けに展示会に出品するなど、普段の私では考えられないことを
してしまいました。おーちゃんには3つとも直に見ていただきましたね。
本当にありがとうございました。


◆polo181さん、ありがとうございます ♪

こんばんは。
台になっている丸太、自分で切りました。と言いたいところですが、
自分で切ったのは1cm分くらい。すぐに疲れて鋸を引く手が動かなくなってきて、
結局後は全部夫に切ってもらいました(^^;) 直径は約15cmです。
他の方と比べると小振りな作品でしたが、時間は意外なほどかかりました。
私が仕事が遅いせいもあるのですけれども。いい風に言うと丁寧なのです(笑)
 
おぉ、poloさんは2つの重ねをそのように見てくださいましたか。
手をつないだ、森の中、ゆっくり… とても嬉しいお言葉です。
ありがとうございます。ゆっくり目も肩も休めたいところですが、
パソコンを触るとそうもいきませんね。ジレンマです。
 

投稿: ポージィ | 2010/05/17 22:11

期間中、メンテナンスに苦労されたようでお疲れさまでした。
作品を拝見し、先ずユニークな発想に感服です。

全体的にグリーン系のパステルカラーでまとめ、単調 になりがちなのを、明度の高い白と、ちょっと彩度の高い黄色でアクセントをつけ、しかも小さな花束を積み重ねたみたいにし、高さの異なるものを二つ並べて立体感を表現してます。
軽快で明るい中に落ち着きを感じます。
ラグラスのソフトな感じが印象的です。
高さの違う切り株と、二つを結ぶベアグラスが作品を一層引き立ててる気がします。
生意気に感想を思いつきのまま言ってしまいました。
どうぞご容赦を…
すばらしい作品を見せていただき有難うございました。

終わった安堵感でお疲れにならないように。

投稿: 夢閑人 | 2010/05/18 11:44

素敵すぎます・・・

写真をひとつひとつ拡大して見ながら、
「本物見たい・・・」とつぶやいておりました。

は~~~~

投稿: koko | 2010/05/18 13:00

◆夢閑人さん、ありがとうございます ♪

ご覧いただいて、ご感想をありがとうございます。とても嬉しいです。
器を重ねる、という手法は
マミのレッスンの中で学んだものですが、植物素材で手作りした器を
重ねることでオリジナル性と、森の中をイメージできるような雰囲気を
狙ってみました。
花材は野の草花を思わせるようなものをチョイス。
私はデザインするときに理論的に考えるのが苦手で、感覚的に決めていく
タイプなのですが、夢閑人さんに花の入れ方を明度や彩度、構成など
分析していただいて、なるほどと改めて自分の感覚を見つめ直すことが
できました。感謝です(^^)
今回、空調の風で想定外のことなども起きましたが、それもまた
ひとつの経験として糧としていきたいと思います。

なんだか気が抜けてますが、やらなきゃいけない家のことも色々あって
伸びてもいられません。大丈夫そうです(^^)


◆kokoさん、ありがとうございます ♪

見てくださってありがとうございます。
そんな手放しで感心?されちゃいけませんよ。
実物は酷いかもしれないですし、ここだと他の方の作品との
比較もないですから~
3回も立て続けに出展してしまいましたから、これで当分展示会は
無しにしたいです。費用も馬鹿にならないですし(涙)
でも、いい経験になりました(^^)
 

投稿: ポージィ | 2010/05/18 17:15

出来たての写真、拝見しました! 確かに全体の色の鮮やかさが違いますね。
私が見た時も十分に森の食卓ではありましたが、細い葉っぱがあれば、なるほど、親子みたいですね! 品良く、より空間が広がった感じでしょうか。
二度ともおいしくいただきました。ご馳走様です!

投稿: naomi | 2010/05/18 18:22

◆naomiちゃん、ありがとうございます ♪

こちらも見てくださってありがとうございます。
器のグリーンはドライになっても構わなくはあったんですけど、
それにしても急激な変化は予想をはるかに通り越して驚きでした~。
細い葉っぱはできたての姿に戻すことももはや叶わず。
最初の入り方だと伸びやかで、そう、仰るように空間が広がってましたね。
メンテナンス後の入れ方でも、細い葉がもう少し生き生きとして
張りを持っていてくれたら… まぁ、どう思ってもあれ以外は
仕方がなかったのですが。
ちょっと残念でしたけど、これも1つの経験。私の中で何かしらの糧に
なっていってくれると思います。
2度とも美味しかったと言ってくださってありがとうございます。
お粗末さまでしたhappy01
 

投稿: ポージィ | 2010/05/18 21:22

ちょっと心残りでしたね。
なんとかならなかったか。。
それがなければ、、、

でも、ここでみられて満点ですよ!

投稿: ふくやぎ | 2010/05/19 00:00

◆ふくやぎさん、ありがとうございます ♪

見比べるとやっぱり あぁ~~ 
という気持ちが湧いてきてしまいます。
両方の写真をアップしたところに残念さが滲み出てるかも。
でもま、こういうこともある、これも経験、と
心に刻み付けました。

見てくださってありがとうございました。

投稿: ポージィ | 2010/05/19 09:30

どのような作品展であれ、出品する人の苦労は並大抵
のものではないですね。ブログを拝見していて、その
苦労がひしひしと伝わって来ます。苦労と同時に愛情も。
作品展に行かせてもらって、いい経験をしました。
創造することの苦しみ、そして楽しみ。そんなことを漠然と
感じています。

投稿: 茂彦 | 2010/05/22 21:43

◆茂彦さん、ありがとうございます ♪

こんにちは。お体の調子はその後いかがでしょうか。
もうすっかり回復されていると良いのですが。

展示会にお越しいただき、ブログでもまた見ていただき
ありがとうございました。
今回いただいたコメントの「苦労と同時に愛情も」伝わってくる
というお言葉が、ひときわジーンと心に沁みました。
まさしく苦しみ喜びいろいろなものが詰まってますね。
そしてとてもいい勉強にもなると感じました(^^)
 

投稿: ポージィ | 2010/05/23 16:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50994/48366251

この記事へのトラックバック一覧です: マミ展 ★゜・。☆゜・。 マイ作品:

« ダメージ | トップページ | ナガミヒナゲシ 2010 »