« 芥子坊主 | トップページ | つるし雛 »

2010/06/11

美味しいかな? -ノヂシャ-

4月に川沿いを歩いていたときのこと、土手に白く小さな花がたくさん咲いているのを
見つけました。今まで見たことのなかった、草丈20cmほどの白い小花いっぱいの草に
俄然心ときめきます。花の大きさは直径1.5mmくらいの小ささです。
帰ってから調べてみると「ノヂシャ(野萵苣)」:オミナエシ科 でした。
      (shine写真クリックでもう少し大きめ写真もご覧いただけますeye
 
 
          100421nodisya1
 
          100421nodisya3
 
          100421nodisya3cut
 
          100421nodisya7
 
          100421nodisya4
 
 
いかがですか?可愛いでしょ~(^^)
自分の目には白く見えたので「白い小花」と書きましたが、検索して調べてみると
「淡青色」「淡青紫色」などと書かれています。陽射しをいっぱい浴びて白く輝いて
見えたものの、実際は微かに青味があるようです。
 
この「ノヂシャ」はヨーロッパ原産植物で、長崎で栽培されていたものが野生化、
明治初期ころ帰化したとのこと。 欧米では野菜として広く栽培され、若菜をサラダ
として食べるそうです。 ネット上で芽生えたばかりの若菜の写真を見ましたが、
なるほど美味しそうでした。 フランス名は「マーシュ」というようです。
グリム童話「ラプンツェル」にも、植物と人の名前「ラプンツェル」として登場します。
(私は未読ですが読まれた方いらっしゃるでしょうね)。
 
和名の「ノヂシャ」は、野に生育してサラダに利用することからの命名だそうで、
「チシャ」とは「レタス」のことなのですが、「ノヂシャ」と「レタス」は科が違います。
気持ちは分かりますがちょっとややこしいですね。
 
     「ノヂシャ」:オミナエシ科・ノヂシャ属
     「レタス」 :キク科・アキノノゲシ属
 
野に咲く小花たちは可愛くてお気に入りが多いのですが、またひとつ仲間入りです。
 

|

« 芥子坊主 | トップページ | つるし雛 »

コメント

ノヂシャとレタス ややこしいですよね~
全く似てもいないのに同じような名前をつけたりして・・
ラプンツェルのお話は聞いたことがあります。
これを題材にしてイギリス在住のブロガーさんのところで 案山子祭に長い金髪の髪を垂らした案山子を見たことがあります。

サラダにするくらいですから美味しいのでしょうね。
オミナエシって お醤油の腐ったような香りとかって聞いたことがありますが・・・笑

こんなに群生しているのは見たことないかもです。
ポージィ さんが感激されたお気持ちわかります。

投稿: fairy ring | 2010/06/11 11:39

ポージィさん、こんにちは。ノジシャ、初めて見ました。食べられるのですね。そんな日は来て欲しくありませんが、異常気象が心配されていて、今年はどうやら記録的な冷夏らしい。だとしたら、昔で云う飢饉です。野草の知識があれば、クサを食べて生き延びることができます。にわか勉強では間に合いませんから、私は戦時中に体験した小動物を食べて生き延びるとしましょう。笑

投稿: polo181 | 2010/06/11 13:52

可愛い小花ですね。
若芽が食べられるって、今人気の西洋野菜のマーシュと同じ物でしょうか。
サラダで食べるそうですが。
タネが売られています。
でも花が可愛いので、食べるのはかわいそうですね。

川沿いに咲いているのですか。
うちの方の散歩道にも咲いているかな。

投稿: ロッキーママ | 2010/06/11 14:08

こんにちは。
「ノヂシャ」・・・去年、田舎の山道で、これとよく似た花を見かけました。
ひょっとして、これだったのかな。
>俄然心ときめきます・・・・ここが、私なんかと違うところですね。
どうも、探究心がなくていけません。
「チシャ」とは「レタス」・・・・これも知りませんでした。
それにしても、皆さん本当によくご存知ですね。

投稿: 鎌ちゃん | 2010/06/11 14:53

ポージィさん こんにちは~

ノジシャ、美味しくても食べたくありません><
私も春先に運河の土手で発見しました
可愛い花なので写真に撮りましたが
なんせ、わんちゃんたちのお散歩コースですから
ちょっと摘んで食べる気にはなれませんわ

私も花の色は白とばっかり思っていましたが
夫がネットで名前を調べていて、花の色は薄い青とのことでした
ポージィさんの写真でも、大きくしてみるとつぼみが薄紫に見えますね~
こんな色だったのですね!

ラプンツェルは塔に閉じ込められたお姫様の話ですよね?
(wikipediaで再確認しました~そうそう、こんなはなしでした^^)

投稿: glenn | 2010/06/11 14:58

◆fairy ringさん、ありがとうございます ♪

チシャことレタスとノヂシャ、科も違えば見た目も全然違いますよね。
昔はそれくらいサラダにして食べる菜というのが限られていたと
いうことなんでしょうかねぇ。

ラプンツェルのお話ご存知なんでしたね。私はグリム童話はいくつか
読んでるはずですがこのお話は知りませんでした。案山子祭にその
ラプンツェルの案山子を作るくらい有名なんですね。

え"っ オミナエシはお醤油の腐ったような香り、ですか!?
いやぁ、オミナエシも嗅いだことありませんでしたが、醤油の腐った香りって
どんなんでしょ。臭そう…そんなじゃ食べる気は起きなさそうです(笑)

白っぽい小花がわーっと咲いている様子、惹きつけられるものがありますね(^^)


◆polo181さん、ありがとうございます ♪

こんにちは。
poloさんもノヂシャは初めてでいらっしゃいましたか。
欧米ではちゃんと栽培して食べられているそうですよ。日本でもそのうち
ポピュラーになる日がくるかもしれませんね。
今年は春からして低温・日照不足でしたが、夏も記録的冷夏が予想されて
いるのですか?そうなると日本の農業はどれもこれも大打撃ですね。
私たちの生活も食糧不足で苦戦を強いられそうです。
でも、これからは世界的に食糧不足の時代になっていく可能性がありますね。
戦時中に食べられた小動物ですか…イナゴとかカエル、フナなどかしら。
話には聞いていますが、当時よりそれらの小動物の数も野草の数も減っていて
あっという間に食べつくされてしまいそうですね。
う~~ブルブル そんなことにならないよう切に祈ります。


◆ロッキーママさん、ありがとうございます ♪

とっても可愛い花でしたよ(^^)
「今人気の西洋野菜のマーシュ」←まさにそれですよ、きっと!
サラダで食べてフランス名を「マーシュ」というそうですから。
へぇ~、種も売られていてレストランやスーパーなどでも売られて
いるのでしょうか。うちの辺りではまだ見かけていませんでした。
プランターに種をまいて若菜摘みをしてサラダとして食べるのかしら。
ほんと、こんな可愛い花が咲くと知ってしまったら、食べてしまうのが
惜しくなりそうですね。

境川の土手に咲いていましたが、見たのは4月でしたから、今年はもう
終わっているか、すっかり夏草に埋もれてしまっているかもしれませんね。


◆鎌ちゃん、ありがとうございます ♪

こんにちは。
セリ科の植物で白い小さな花を咲かせるものは他にもありますが、
鎌ちゃんがご覧になったのは、このノヂシャだったのかはたまた他のもの
だったのか、なんでしょう。

「俄然心ときめきます」は、私の場合探究心ときめかせるわけではなく、
単純に白い小花が好きだという、それだけなんですよ(^^;)
初めて出会ったものだったのであれこれ調べてもみましたけれど。


◆glennさん、ありがとうございます ♪

こんにちは。
glennさんも土手でご覧になって調べられたのですね。
ウフフ 土手のものを摘んで食べるのは、美味しいとしてもちょっと~~
私が見た場所もやっぱりワンちゃんのお散歩コースになってますから。
ロッキーママさん↑からの情報では種が売られているそうです。
それだったら、プランターででも衛生的に栽培したのを食べられますね。

花の色についてもやっぱり気づかれましたね。
私もパソコンに取り込んで大きいのを見て、あ~ほんとだ青味が…と
気づきました。外では白く輝いて見えましたね(^^)

ラプンツェルのお話、ご存知でしたか。そうそう、魔法使いに閉じ込められる
お話のようですが、私はいくつか読んだグリム童話の中に入ってなかった
みたいです。そのお話からするとノヂシャはよっぽど美味しいみたいですね。
 

投稿: ポージィ | 2010/06/11 15:36

ノヂシャは近所でもたくさん咲いていました。
色は青色の程度がさまざまで白く見えるのも多いですね。はっきり青と思えるンもありましたよ。
今は実になっているころでしょうか。
どんな実?・・観察したことがないことに今気付きました。

投稿: 横浜のおーちゃん | 2010/06/12 08:30

◆横浜のおーちゃん、ありがとうございます ♪

おーちゃんのご近所でもたくさん見られましたか。
花の色には結構ばらつきがあるのですね。私が見たものは
お日さまの下では白に見えるものばかりでしたが、はっきり青と
思えるようなものもあるとのことで、来年が楽しみです。
もう実になっているでしょうね、きっと。
昨日、ノヂシャを見かけた辺りを歩きましたが、丈の高い草に
覆われていて、ノヂシャらしきものは何も見えませんでした(^^;)
おーちゃんのご近所ではどうなっているでしょう。
小さい花ですから実も小さそうですが、どんなのでしょうね。

投稿: ポージィ | 2010/06/12 11:34

日本では、ごくごく近年のお目見えの白菜に比べ、
レタスはもっともっと古くからおなじみでしたね。
比較にならないほど。。

投稿: ふくやぎ | 2010/06/12 22:35

◆ふくやぎさん、ありがとうございます ♪

よくご存知ですね。
日本的な感じのする白菜より、レタスのほうが
ずーっと昔から日本に存在するって、何だか不思議な
気がしますね。現在お馴染みのレタスとは違う品種では
あったようですけれど。
さて、チシャと名は付いてもレタスとは全然異なるノヂシャは
これから日本に定着していくでしょうや否や。

投稿: ポージィ | 2010/06/12 23:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50994/48445725

この記事へのトラックバック一覧です: 美味しいかな? -ノヂシャ-:

« 芥子坊主 | トップページ | つるし雛 »