« ぶらさげ rose | トップページ | 超・かんたんパウンドケーキ »

2010/06/04

CL. Iceberg

わが家には、切花をズボッと地面に挿しておいたらついてしまったズボ・バラ2種の
他に、17年前にpresentいただいて以来細々と頑張ってきた鉢植えの赤いミニ・バラ、
そして苗を買って鉢に植えたつるバラのアイスバーグがあります。
 
バラって、虫は付きやすく病気にもなりやすく、ほんと世話が焼けますねcatface
ずぼらな私には不向きな植物だとつくづく実感しています。
アイスバーグの苗を買うとき、カタログに病害虫に強いと書かれていたから選んだの
だけど、それって病気に罹らない虫が付かない、という意味じゃないんですねsweat02
当たり前かぁ…
 
ぼやきはそれくらいにして、兎にも角にも今年も何とか咲いてくれたアイスバーグ。
枯れて消滅してしまう前に、その花姿をブログ上に留めておくことにしました。
 (枯らすと決めてる、私? ^^;)
これまではずっと咲いて散るに任せ、切り取るということをしなかったのですが、
今年は一枝切り取って花瓶に生け部屋の中で楽しんでみました。
      (cute写真クリックでもう少し大きめ写真もご覧いただけますcute
 
 
100517iceberg3 100517iceberg2
 
             満開の花には、可愛い蕾のお供がふたつ
 
 
          100519iceberg2
 
                2日後、蕾がほころんできました
 
 
          100520iceberg4
 
          100520iceberg5
 
            3日後、ふたつとも小振りながら綺麗に咲きました
 
 
080516rose1 080525rose
 
        外ではこんな風に咲きます。 といってもこれは2年前の様子。
          今年よりずーっと健康で元気そうで生き生きしてるヮsweat01
         今度の冬は頑張って植え替えもしないとね。鉢植えなので。
 
 
わが家のは CL, Iceberg ということで、フロリバンダ アイスバーグから生み出された
クライミング(つる性)アイスバーグです。
アイスバーグとは氷山という意味ですね。蕾のときはほんのりサーモンピンクを
していますが、咲くと純白で柔らかい花形が優しく、ほんのり微香がします。
お世話はちっともですが、愛しいという思いだけはいっちょまえに持ってる私です。
 

|

« ぶらさげ rose | トップページ | 超・かんたんパウンドケーキ »

コメント

私の想像していたアイスバークとは趣が違っていたので読み進めて行くとこれはつる性なんですね。
花も小型でしょうか・・・・
バラね~ 私もいくつか持っていましたが やはりズボラなもので 消滅させてしまったものがあり 以来 バラは育てていません。
といいつつ 今年 白いモッコウバラの苗を購入してしまいましたが・・・^^;
肥料をあげたり植え替えたり剪定してあげたりと愛情をかけないといけないようです~~

ポージィ さんは大丈夫!
私と違ってちゃんと面倒みていらっしゃるではないですが・・・

投稿: fairy ring | 2010/06/04 09:48

わぁ~、綺麗に手入れされていますね。
たしかにバラは、病害虫に侵されやすいですよね。
それだけ大きくなると手入れが大変そう。

白いバラは香りが良いですし、心が落ち着くますね。

投稿: ロッキーママ | 2010/06/04 13:46

ほんとだ!
咲き始めは、ほんのりピンクなんですね。
とても美しいです。

薔薇って豪華絢爛ですが、痛んだ姿にはそのギャップからか裏腹なイメージがありますよね。

大船植物園の薔薇園のバックヤードに大量に処分して捨てられた薔薇の残骸を見たとき、植物園なんだから仕方がないだろ?とは思いつつちょっと幻滅したものです・・・

投稿: noodles3 | 2010/06/04 14:06

こんにちは。
ポージィさんがずぼらなら、私なんかどうなるんですか。
我が家にも、薔薇が何本かあるのですが、世話と言ったら、水遣りしかしないんですよ。
時々、妻が肥料をやったりする程度。
ですから、あまり花はたくさんつけてくれません。

>ズボッと地面に挿しておいたらついてしまったズボ・バラ・・・・
あはは~~、面白いですね。
でも、薔薇って、そんなに簡単に挿し木できるんですか?
やはり、随分、手をかけられているのでしょう。
ポージィさん宅の薔薇は、幸せですね。

投稿: 鎌ちゃん | 2010/06/04 16:39

◆fairy ringさん、ありがとうございます ♪

はい、うちのはつる性なんです。
元になったつる性じゃないアイスバーグを知らないので比較ができませんが、
花の直径も小さいんでしょうか?うちのは7cmくらいですが…。
もっとも、きっと鉢の中で根がかなり詰まってますし葉っぱは
ほとんど坊主(黒点病で)ですから、単に元気がないだけかもですね。

ウフ しばらく止めていらしたけれど、モッコウバラの白を
お買い求めになられたんですね(^^) 来年はまだ咲かないかもですが、
そのうちに見せていただけるときがきそうですね。楽しみ。
白は香りもあるんじゃないかしら。頑張ってくださいね。

私、自慢じゃないですけれど、ほんっとに面倒見てあげないんですよ。
忘れずにするのは水遣りだけで。放任されるうちに自ら強い子に
なってくれないかと期待してるんですけどね、無理かなぁ…(^^;)


◆ロッキーママさん、ありがとうございます ♪

綺麗に手入れ してないんですよ~~(^^;)
最後の2枚は一昨年の、今よりもっと元気だった頃の姿です。
去年から今年にかけては植物たちのこと何をする気にもなれなかった
というのもありますし、薬の散布が面倒でたまらないというのもあって、
黒点病で葉っぱが落ちる落ちる。これでは光合成もできません。
今度の冬は少しは面倒見なくちゃと、今から自分に言い聞かせてます。

アイスバーグは鼻を近づけるとほんのり香ります。
少し離れていても香るともっといいのですけれど、でもこの花姿には
大いに慰められます。


◆noodles3さん、ありがとうございます ♪

ほんのりピンク、お分かりになりました?
グリーン系から真っ白になるものもありますが、このバラは
サーモンピンクから真っ白です。優しいイメージですよね。

そうですね。美しく咲き誇るバラは花の女王のといった風情ですが、
反面傷んだのは…。野バラはいざ知らず、人の手によって栽培されている
バラは、やはりこまめな手入れあってこその豪華さ美しさだと痛感します。
うちのみたいなのは手入れされていないことが一目瞭然。可哀相~

大船植物園にもバラ園がありましたね。花の時期に行ったことがありませんが。
そんなに残骸が?枯れてしまうものもおおいのでしょうか。
あるいはお手入れの結果、早くに摘み取った花殻だったり、
冬場に剪定した枝だったのでしょうか。だったらいいですけれどね。
 

投稿: ポージィ | 2010/06/04 16:55

◆鎌ちゃん、ありがとうざいます ♪

こんにちは。
あれぇ~ 信じていただけませんか?ほんとにお世話してあげないんですよ。
って、こんなこと声を大にして自慢しても始まらないんですけど(笑)
水やりとたまの肥料やり。はい、これだけです。
鉢植えのは根が詰まってきてるんじゃないかしらと思ってます。
鉢を変えられなかったら根を整理して土を変えてやることは必要ですよね?
めんどくさいなぁ~ と、こうなっちゃうんです(^^;)

ズボ・バラ、一応過去に花をご披露したことがあるんですけど、
こちらも文字通り地面にズボッでついてしまったものなんですよ。
何本か挿したうちの1本ずつですが。こちらは地面なので水遣りもなし。
たまに肥料を根元にだけです。薬を撒かないのでどれもこれも
病気で葉が落ち坊主になります。とほほ
これが真実なんです。それでも生きてる彼ら、健気です。
(ごめんね、うちのバラさんたち)

投稿: ポージィ | 2010/06/04 17:03

ポージィさん、こんばんは。まずは、cl iceberg についてですが、まるでワケワカメ。cl はチリの国名コードまたは塩素の科学記号。たまにはカリフォルニアの略字として使われることもある。icebergは、氷山ですね。さて、その二つが連結して一体どのような意味を持つのだろう。バラはroseですよね。
考えれば考えるほど分からなくなってしまった。
単に、氷山のように白いバラと考えれば良いのだろうか。そうなると、cl はなんの記号だろう。ここで、シャッポを投げます。悪しからず。

投稿: polo181 | 2010/06/04 18:08

◆polo181さん、ありがとうございます ♪

こんばんは。
ご帰宅されたのでしょうか?お疲れさまでした。良い旅でしたね(^^)

おやおや、ちょっと説明が足りなかったでしょうか。
「CL. Iceberg」 の「CL.」でずいぶんの悩ませしてしまったようで
申し訳ありません。単純な話なんです。
最後のほうの文でさらりと振れているのですが、「climbing」の略で、
「つる性の」「這い登る」といった意味です。
「CL. Iceberg」「Iceberg」は、この白いバラの品種名なのです。
「つる性アイスバーグ」と「アイスバーグ」

それにしても「チリの国名コード」も「塩素の化学記号」というのも
きれいさっぱり忘れていた私です(^^;)

投稿: ポージィ | 2010/06/04 20:42

蕾の時のきれいなピンクが咲いた時には氷の白さ・・目がさめるようですね。
私は見るばかりで花の手入れはしないのですが、バラは難しいらしいですね。
植え替えで2年前以上に元気になるといいですね。

投稿: 横浜のおーちゃん | 2010/06/04 21:52

◆横浜のおーちゃん、ありがとうございます ♪

咲いたら氷の白さ、おーちゃん上手くまとめてくださいました。
柔らかなピンクが真っ白に咲く姿、なかなか良いです(^^)
…と、楽しませてもらうのですから、もう少しお世話もしないといけませんね。
アブラムシなどは、根元に撒く薬剤で対処できるのですが、
黒点病などは全体に薬剤を噴霧しなくてはいけないのがどうも嫌なのと
面倒なのとでついつい怠ってしまいます。植え替えも面倒~~
何とか思い腰をあげて植え替え頑張ります。元気を取り戻してくれますように。

投稿: ポージィ | 2010/06/04 23:19

ポージィさんがズボラだなんて、、、
信じられませんよ。
行き当たりばったりのふくやぎが言うのもナンですが。。

投稿: ふくやぎ | 2010/06/04 23:29

この頁を開いたとたんに、体中に何か柔らかなもので包み込まれる様な不思議な錯覚を覚えました。heart04具体的に申し上げますと、シルクのドレスのようなbell。6月ですものね。crownring 話がそれました。happy02sweat01
ここまできれいに見事に花を咲かせるのは並大抵ではないのでしょうね。色々なところでバラの花を見かけますが、つい足が停まって見てしまう今日この頃です。eyeglass

投稿: 福 | 2010/06/05 09:24

◆ふくやぎさん、ありがとうございます ♪

あら、ズボラに思えません?
どうも、几帳面・しっかりしてる・真面目、っていう印象
持たれることが多いみたいなんですけどね、
実はズボラのめんどくさがりやでかなりいい加減(^^;)
ふくやぎさんだって行き当たりばったりには思えませんヨ。
意外性を持ってるから面白いのかもしれませんね~
それとも両面持ってるからバランスが取れてるのかな?

投稿: ポージィ | 2010/06/05 09:26

◆福さん、ありがとうございます ♪

あ、またまた嬉しいことを仰ってくださってlovely
アイスバーグというのバラの魅力と写真の陰影マジックの
なせる業ですね。サーモンピンクの蕾から真っ白な花が咲く
アイスバーグは魅惑的ですshineshine
この花の白さは、なるほどflairシルクを思わせるものがありますね。
はい、思いはジューンブライドに行きますね。

…と、思うならもう少しちゃんとお世話してあげればいいのですけど、
黒星病でボロボロ葉が落ちて坊主に近いうちのアイスバーグ。ごめんなさい。
よそで、それはそれは見事に咲かせているお宅を拝見しては
恥じ入ってますcoldsweats01
私も、昨日出かけた帰りの途中、たくさんの満開のバラが美しい
お宅の横でしばし足をとめてきましたhappy01

投稿: ポージィ | 2010/06/05 09:35

初夏の海(その1)、緑のそよ風(その2)、
HOTEL LA CIENGA(その3)、魅惑の箱根湿性花園
(その4)、ぶらさげをまとめて拝見しました。
いい旅をされましたね。羨ましい。
箱根湿性花園へ行ったのはいつのことだったかな?
なつかしく思い出しました。ビデオ撮影したので、
記録が残っているはず。探してみたいと思っています。

投稿: 茂彦 | 2010/06/05 12:54

◆茂彦さん、ありがとうございます ♪

旅の記録をまとめてご覧くださいましたね。
4回にも分けたのでとても盛りだくさんに感じられそうですが、
1泊2日の旅でした(^^) 帰省でも法事でもない泊りがけの旅は何年かぶり。
お天気にも恵まれていい旅となりました。
箱根湿生花園へは、茂彦さんも行かれたことがおありなのですね。
まぁ、そうでしたか。良い所ですね。ビデオ見つかるといいですね。
ぜひまた行きたいと思っています(^^)
 

投稿: ポージィ | 2010/06/05 20:41

素敵な白バラですね。
蕾の時はピンク?
開いたらアイボリーにも見えます。
バラってお好きな人は庭にいっぱい育てていますね。
トゲはあるし大変だろうと思います。
手が掛かる分、咲いたら喜びも2倍かしらね?
もう今日になりますが、ヤプログの臨時メンテだそうで
朝の10:30~11:30
ちょうどポージィさんがお越しになるような時間帯!sweat01
一応お知らせしておきます。

投稿: 池田姫 | 2010/06/07 00:56

◆池田姫さん、ありがとうございます ♪

お帰りになられたんですね。お久し振りです~

カタログ見て惚れ込んで買った白バラです(^^)
うちにきてからはカタログとは全然違う姿ですけど(かわいそうに)。
手の掛かるバラをいっぱい綺麗に咲かせている方には
頭が下がります。大変な分綺麗に咲いたときの喜びは大きいって
よく聞きますね。

メンテナンスのお知らせ、ありがとうございます。

投稿: ポージィ | 2010/06/07 08:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50994/48454329

この記事へのトラックバック一覧です: CL. Iceberg:

« ぶらさげ rose | トップページ | 超・かんたんパウンドケーキ »