« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010/07/30

コシロシキブ出現

家のすぐ近くの道端に、流れ出てきた土が溜まってしまって草やら木やらが育って
きたところがあります。 ヨウシュヤマゴボウ、アカメガシワ、ケヤキ?…etc.
数種類生えてきた草木は、風や鳥さんに運ばれてきて芽を出したもの。
その中に、白い細かい花を付けたものがありました。えーっこれは「コシロシキブ」?
意外なお客さん登場にちょっとびっくりです。
 
その道端の「コシロシキブ」の花と、別の場所で撮ってきた「コムラサキシキブ」の花を
ご覧くださいませ。今日はちょっと写真枚数が多いです。
      (bud写真クリックでもう少し大きめ写真もご覧いただけますeye
 
 
100630sirosikibu_hana1 100630sirosikibu_ha
 
100630sirosikibu_tubomi2 100630sirosikibu_hana2
                     いずれも 6/30 撮影
 
葉のぎざぎざの付き方(上半分に鋸歯)や、葉柄と花柄の付き方(両者間に隙間有)
などから、「コムラサキシキブ」の白花&白実版で間違いないだろうと思います。
 
7月末の現在、先に咲き終わったところには小さな緑色の実がいっぱい付いています。
 
 ◇「コシロシキブ(小白式部)」:クマツヅラ科・ムラサキシキブ属
            一般に「シロシキブ」と呼ばれていることが多いようですが
            「コシロシキブ(小白式部)」「シロミノコムラサキ(白実の小紫)」が
            正しいようです。
 
 
 
100701komurasakisikibu3 100701komurasakisikibu5
 
100701komurasakisikibu6 100701komurasakisikibu7
                    いずれも 7/1 撮影
 
 ◇「コムラサキシキブ(小紫式部)」:クマツヅラ科・ムラサキシキブ属
 
 
鳥さんの落とし物から色んなものが生えてきて、うっそうと茂っていく様子を見るの、
実はわくわくしてかなり楽しんでいます。でも現実には、ここは車も人も通る道路。
少し前には張り出してきた枝を少し切りましたが、いずれはばっさり整理される
運命でしょうね。 アカメガシワやケヤキなんてかなり大きくなるし。
せめて「コシロシキブ」だけでも救い出せないかなぁ、とも思いましたがすでに私の
身長超えてますし…。 引っこ抜くにしたってアスファルトの隙間から生えてるんじゃ
無理ですね。

 
 
 
【おまけ】
同じ道端仲間の「アカメガシワ」にも6月末に花が咲きました。
 
100630akamegasiwa_mebana2 100630akamegasiwa_mebana_up
 
雌花でした! アカメガシワの花は見た事があるけれど雄花ばかりだったのです。
雌花は一度も見た事がないなぁと言っていたら、向こうから私がそうよ~と見せに
きてくれたかのようでした。 グラデーションになっていて綺麗な色でしたよ。
                 3年前にアップした雄花→こちらをご覧ください
 
 ◇「アカメガシワ(赤芽柏)」:トウダイグサ科・アカメガシワ属  雌雄異株
                  新芽が紅く葉が柏のように大きくなることからの名前
 

| | コメント (15) | トラックバック (0)

2010/07/28

忘れ草 -ヤブカンゾウ-

ちょっこし帰郷から無事戻りました。6月末からの夫の仕事の都合による
慢性睡眠不足の中での帰郷は、気持ちは大いに楽しんできましたが体は疲れて
眠くてたまりません。体力ないなぁと実感しています。
故郷の愛知県豊川市国府(こう)町では、十数年ぶりに「国府祭り」を見てきました。
その様子は、例によって‘またそのうちに’ご紹介させていただきますね。
 
★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜
 
さて、しばらく前のこと…
お地蔵様のお堂の前で、オレンジ色の「ヤブカンゾウ」の花が燃えさかる炎のように
咲いていました。
      (think写真クリックでもう少し大きめ写真もご覧いただけますconfident
 
 
       100701yabukanzou4
 
100701yabukanzou2 100701yabukanzou5
 
         100701yabukanzou3
 
 
「ヤブカンゾウ」は「忘れ草」と呼ばれる、ユリ科・ワスレグサ属の花たちの一つです。
中国の漢文に「忘憂草」として登場することから、日本では古くから「忘れ草」と
呼ばれているのだそうです。忘憂草、忘れ草、この花を持っていると辛いことを忘れる
ことができるとのことです。和歌には『○○○を忘れたくて忘れ草を身につけてみたが
ちっとも忘れられない』と恋や望郷の想いの辛さを詠んだ歌がいくつかあるようです。
 
「私を忘れないで」という想いの、ムラサキ科の「ワスレナグサ(忘れな草・勿忘草)」
とは対照的ですが、想いはどちらも切ないですね。
 
★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜
 
【おまけ】
  暑い暑い 東名高速道路のS.A.ではこんなサービスをしていました
 
100726_2sa_drymist2
 パンダや白くまの口から
 ボォォォォーッ と
 吹き出しているのは
 「ドライミスト」
 そこだけちょっと涼感
 濡れますけれど
 TVニュースでも紹介されて
 いるのを見ました
 
 
 
 
100724_1sizuokatya_cola
 
 
      お茶所・静岡県内のS.A.で
      (牧の原だったかなぁ?)
      好奇心から飲んだ
      「しずおか茶コーラ」
      お茶入りのコーラです。
      ふむ、やや弱めコーラの風味あり
      お茶の風味は…はて??
      さっぱり炭酸飲料でした(^^)
 

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2010/07/23

ムスカリの変身

この数年来プランターの隅っこに植えっぱなしのわが家のムスカリは、
毎年秋になると細長い葉っぱをビロリンビロリン『どこまで伸びる気?』というくらい
伸ばして冬越しをし、春になると数輪の花序を伸ばして可愛い花を咲かせ…
やがて緑の実が生り、熟すと弾けて黒い種が顔を覗かせます。
そうして次世代へ続く命を残した後、茎も葉も枯れて夏には一旦姿を消します。
 (今現在はその状態です)
 
撮ってはみたものの春にアップしそびれ、そのままになっていた花姿と、
そして顔を覗かせた種の様子です。枯れ姿も味わいありますね。
花色もカラカラと軽そうな実も、この暑さの中で見るとちょっと涼やかに見えます。
      (shine写真クリックでもう少し大きめ写真もご覧いただけますshine) 
 
 
 100330muscari2 3/30 撮影
 
 100403muscari2 4/3 撮影
 
 
           6/11 撮影 100611muscari_tane1
 
           6/11 撮影 100611muscari_tane2
 
 
   「ムスカリ」:ユリ科(またはヒアシンス科)・ムスカリ属
           別名「ブドウ(葡萄)ヒアシンス」
 
種を蒔いておくと、翌年は単子葉の葉が1枚だけという状態から、数年後には
花を咲かせるようにまで育っていくそうですよ。
 
 
*………*………*………*………*………*………*………*………*………*
 
 ちょっこしmy故郷・愛知県豊川市へ行ってまいります。
 コメントのお返事の遅れやご訪問ができませんこと、お許しください。
 

| | コメント (19) | トラックバック (0)

2010/07/21

鮮やか紫のキキョウソウ 

初めて見たときから心奪われた「キキョウソウ」の小さな花の鮮烈な紫。
嬉しいことに毎年散歩中に会うことができています。なぜか毎年違う場所でですが。
今年は古い公民館脇の小さな花壇にたくさん生えていました。
      (cute写真クリックでもう少し大きめ写真もご覧いただけますcute
 
 
         100611kikyousou1
 
100611kikyousou2 100611kikyousou3
 
                      6/11 撮影
 
 
         100617kikyousou3
 
         100617kikyousou7
 
                      6/17 撮影
 
 
この場所のものは密集していたせいか草丈が低めで、いちばん大きくて30cmほど。
花の直径も1.5cmほど。 草丈は80cmくらい花径は2cmくらいまで育つものもある
ようです。 春から5月頃までは閉鎖花をつけ、6月頃から普通に花が咲く(開放花)
そうですし、熟した実から種がこぼれ出るときは実の側面に窓が開いて、そこから
出るのだそうですが、自分ではまだ観察できていません。
 
「キキョウソウ(桔梗草)」:キキョウ科・キキョウソウ属  北米原産の帰化植物
                別名「ダンダンギキョウ(段々桔梗)」(←葉のつき方から)
 
風に乗ってうちにも来ないかなーと思っている植物のひとつです。
願ってるものがみんな来たら、うちの狭い庭はますます野草園(=草むら)化して
それこそ足の踏み場がなくなりそうですけれど(^^;)
  

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2010/07/19

刺々しいあなた

朝から雲ひとつない夏空が広がりました。今日は「海の日」でしたねぇ。
このお天気、暑さ、夏休み、連休 と重なって江の島の海水浴場もきっと大賑わい。
7時、ベランダで洗濯物を干していたらもうすでにパワー全開の陽射しが肌に
肌にチクチクと刺さるようでした。
 
*………*………*………*………*………*………*………*………*………*
 
ところで、刺々しいこの方にも、久し振りで花を見せてもらうことができました。
      (sagittarius写真クリックでもう少し大きめ写真もご覧いただけますheart
 
 
       100613hamanasu6toge
              触れなば刺さん とばかりのすごい棘!
                  見るだけでチクチク感が
 
 
       100613hamanasu1
 
          刺々しいこの方の名は「ハマナス」  美しい花です
 
       100613hamanasu2
 
 
       100613hamanasu3
          花後の姿  実になる部分が膨らみ始めています
            やがて真っ赤に熟し生でも食べられます
              これもいわゆるローズヒップですね
 
 
写真はいずれも 6/13 にとある公園で撮影しました。2輪だけ咲いていました。
 
私がこの花の名前を最初に知ったのは、「知床慕情」の歌詞の中ででした。
「知床の岬に ハマナスの咲く頃」 という皆さんよくご存知のあの歌ですね。
ずっと長いこと北海道など寒い地にだけ咲く花だと思いこんでいましたから、
思いがけなくご近所咲いているのを見かけたときはちょっとした感動でした。
でもやはり北海道や東北など寒い地方の海辺の砂地に多く自生しているそうです。
そんな自生種の野生のものはだいぶ少なくなってしまったとか、残念ですね。
 
「ハマナス(浜茄子、浜梨)」:バラ科・バラ属
                  海辺に生え、実の形が梨に似ていることから
                  浜梨と呼んでいたのがなまってハマナスと
                  なったとか… 茄子は完全な当て字なんですね。
 

| | コメント (16) | トラックバック (0)

2010/07/16

アイガモちゃん

   近くにある田んぼで、1ヶ所アイガモ農法を続けているところがあります。
     今年も可愛いアイガモの雛たちが田んぼに放されていましたよ。
      (chick写真クリックでもう少し大きめ写真もご覧いただけますchick
 
 
         100701ta
 
               若い稲が風にそよぐ様は涼やかです
            (ここはアイガモ農法の田んぼではありません)
 
 
100701aigamonouhou1 100701aigamonouhou2
 
100701aigamonouhou3 100701aigamonouhou5
 
       みんな元気いっぱい  人(私)には近寄ってきませんでした
 
 
       100701nyuudougumo
 
                  夏の空が広がっていました
 
                   (いずれも 7/1 撮影)
 
 
 いつになく言葉少ない記事になりました。なんだか何にも言葉が浮かんでこなくて。
     今日は可愛いアイガモちゃんたちの顔をとっくりと見てやって下さい。
        

| | コメント (18) | トラックバック (0)

2010/07/14

お久し振りね  ジューンベリー

 ♪ お久し振りね あなたに会うなんて ♪
 ♪ あれから 何年 たったのかしら~ ♪
 
思わず懐かしい歌が口をついて出てきたほど、久し振りの花と実でした。
わが家の「ジューンベリー」こと「アメリカザイフリボク」さんのことです。
前回花が咲いたのはいつだったかと過去記事を遡ってみましたら、なんと2006年。
今年は実に4年ぶりの開花でした。
狭い庭に無理やり植えたので、旺盛に茂るハナモモの葉陰でいまひとつお日さまの
光を浴びられないせいかもしれません。次はいつ?来年も咲くといいんですけれど。
      (cute写真クリックでもう少し大きめ写真もご覧いただけますcherry
 
 
          100426june_berry_hana1
 
               4/26 撮影  低い枝のものをパチリ
    白い優しげな花が素適です。枝いっぱいこぼれるほど咲くのを見てみたい。
 
 
          100521june_berry_mi3
          100521june_berry_mi1
 
             5/21 撮影  花後グリーンの実ができました。
          このグリーンの実が、6月ころ色付くから「ジューンベリー」
 
 
        100620juneberry_mi1
 
         6/20 撮影  6月中旬ころから急速に赤味を増してきました。
        赤味を増すと同時に実の径も少し大きくなって、直径8mmほどに。
 
         そろそろ食べごろ?と思うと必ず知らない間に消えています。
      4年前に生ったときといっしょで、目ざといヒヨドリに全部先を越されました。
           もっと完熟してからの方が美味しいと思うんだけどなー
       それにしたって、低い枝の5粒くらいは見落としてくれたっていいのに。
           たくさん生れば私たち人間の口に入る分も出てくるかしら?
            7月の始めまでには、すべての実が消えていました。
 
                     そして誰もいなくなった
 
 
    「ジューンベリー(アメリカザイフリボク)」:バラ科・ザイフリボク属
 

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2010/07/12

これが ○ッ○-○!

散歩していて見かけた、畑の見慣れないもの。
斑入りの切れこみ深い巨大な葉が四方に広がっている、70cmくらいの株。
なんだあれ~~?近づいて見てみることにしました。
        (clover写真クリックでもう少し大きめ写真もご覧いただけますpencil
 
 
          100611zucchini3
                    頭より大きい葉っぱ!
 
 
          100611zucchini1
                    全体はこんな雰囲気
 
 
          100611zucchini2
                   答えが見つかりました!
 
 
皆さんもお分かりになりましたよね。それともすでにご存知だったでしょうか。
はい、この野菜の正体はは「ズッキーニ」でした。
自分で料理したことはありませんでしたが、外食に使われていたのを何度か
食べた経験はあります。でも栽培されているのを見るのは初めて。
 
ズッキーニはキュウリみたいな格好ですけれど、カボチャの仲間だそうです。
カボチャも大きな葉っぱですが、ズッキーニの葉もデカイ!株もデカイ!!
お店で売られている野菜が、どんな風に生っているのか知るの、楽しくないですか?
私は生っている様子を見るの好きです。近くから見られないのが残念ですが。
この姿を見たら、自分でも料理に使ってみたくなりました。
 
 
 「ズッキーニ」:ウリ科・カボチャ属
          品種により、洋梨型や球形のものもあるそうで、そういう形だと
          カボチャの仲間らしく見えそうですね。
          私たちが食べるのは、花が咲いて4~5日の幼い果実で、
          生長すると繊維質が多くなり、硬くて食べられなくなるようです。
          花も食用にされるそうですよ。(花ズッキーニ)
 

| | コメント (19) | トラックバック (0)

2010/07/09

梅雨空に華をそえる

毎年、大型のアオイ科の花たちが咲き始めると、いよいよ夏が来たなと実感します。
うちの近所では、初夏から秋にかけ、「ゼニアオイ」に始まり「タチアオイ」「ムクゲ」
「モミジアオイ」「フヨウ」「スイフヨウ」とアオイ科の花たちが咲き続けていきます。
ですから「ゼニアオイ」「タチアオイ」が咲くのを見ると、夏が来たと感じるのです。
      (cute写真クリックでもう少し大きめ写真もご覧いただけますcute
 
 
100602zeniaoi2 100602zeniaoi3
 
                    ご近所の「ゼニアオイ」
       今の地へ越してくるまで見たことのなかった花で、生まれて初めて
              見た「ゼニアオイ」の花が、ここのものでした。
               以来毎年楽しませていただいています。
                       (6/2 撮影)
 
100610tatiaoi_p2 100610tatiaoi_r2
 
          100610tatiaoi_r6
 
              川沿いの土手に咲いていた「タチアオイ」
                      (6/10 撮影)
 
      「タチアオイ」は、これまで見てきたのはほとんどが八重のものでしたが
     川沿いを、いつもは行かないもう少し上流へ行った土手に咲いていたのは
       一重のものでした。 八重も一重も薄い花びらが軽やかで美しい。
         川面を背景の「タチアオイ」 なかなかいい雰囲気でした。
 
           6月初旬 梅雨入り前の、陽射しの暑い日のことでした。
          タチアオイの花が、その高く伸びた茎のてっぺんまで咲く頃
      梅雨が明けるといいますね。 梅雨明けはたいてい7月の中頃でしょうか。
              少し前から「ムクゲ」も咲き始めています。
        梅雨が明けると本格的な夏の到来。今年はどんな夏でしょうね。
     もうすでに大雨の被害に大変な思いをされている方々もいらっしゃいますが
        さらに加えて梅雨末期の大雨被害などが起きないことを祈ります。
 
 
   「ゼニアオイ(銭葵)」:アオイ科・ゼニアオイ属
   「タチアオイ(立葵)」:アオイ科・タチアオイ属
 

| | コメント (18) | トラックバック (0)

2010/07/07

小さいけれどラン

6月に入ってからあちこちで「ネジバナ」が花盛りですね。
わが家の庭に数年前からやってきた2株のネジバナも、今年も咲いてくれました。
日当たりの悪い庭だし、花以外の季節は庭作業のたび踏みつけられているで
しょうに健気。蕾が順々に咲き上っていくからか長いこと楽しませてもらえます。
これもわが家の年に一度の逢瀬です。
 
庭以外では、今年は家から徒歩10分くらいにある小さな市立の公園の芝生に
咲いているのを見つけました。数は少なめ。まだこれからだったのかしら?
芝や白詰草、ニワゼキショウなども一緒に、みんな仲良さそうに見えました。
今年も上手に撮れませんでしたが(; ;)、その公園のネジバナです。
       (clover写真クリックでもう少し大きめ写真もご覧いただけますheart
 
 
       100617nezibana7
 
       いきなり何じゃ?な写真(^^) 斜め上から見たらこんな感じでした。
                 フリルがいっぱい、って感じね。
 
 
100617nezibana2 デュエット
 
                シングル 100617nezibana3
 
100617nezibana6  つぼみ
 
 
       100617nezibana5 
 
                   すべて 6/17 撮影 
 
 
毎年同じことを思って同じことを書いていますが、何度見てもそう思うのだから
しかたない(?)。 『ネジバナの一つ一つの小さな花って「カトレア」みたいnote
そして『いかにもランの仲間だねぇ』と、毎回感動するのです。
もちろん、ネジネジの面白さにも、花色の可愛らしさにも、感動するのですが。
 
足の踏み場がないくらいたくさんニョキニョキ咲いていたら、どんな雰囲気でしょうね。
見てみたい気がします。
 
 「ネジバナ(捩花)」:ラン科・ネジバナ属  別名「モジズリ(捩摺)」
             湿っていて日当たりのよい、背の低い草地でよく生育
 

| | コメント (17) | トラックバック (0)

2010/07/05

赤紫のカーペット

6月初旬、近くの境川沿いを散歩中、向こう岸側の土手が赤紫色に染まっている
場所があるのに気づきました。
     (ribbon写真クリックでもう少し大きめ写真もご覧いただけますeye
 
         100610nayokusafuzi
 
少し上流まで歩いて橋を渡りその場所まで戻ってきたところ、土手を染めていたのは
赤紫色の「フジ(藤)」みたいな印象の野草の花でした。
 
         100601nayokusafuzi6
 
 100601nayokusafuzi3 100601nayokusafuzi4
 
         100601nayokusafuzi5
 
 
「クサフジ」という名前が思い浮かんだものの、確か似たのが2~3種あったはず。
帰ってから調べてみると、どうやら「ナヨクサフジ(弱草藤)」のようです。
 
ヨーロッパ等の原産の植物で、飼料や緑肥として持ち込まれ栽培されていたものが
自生するようになり、戦時中に帰化が確認され現在は全国で見られるそうです。
川沿いのその土手で、これまでそんなに咲いているのを見た覚えはありませんが
いつのまにどこからやってきたんでしょう。急速に勢力拡大したように思います。

遠目に見る紫に染まっている様子も、近くで見る上に向かって伸びた花穂にマメ科
らしい可愛い花がたくさん集まって咲きゆらゆらしている様子も見応えありました。
 
「ナヨクサフジ(弱草藤)」:マメ科・ソラマメ属  別名「ヘアリーベッチ」
               在来種の「クサフジ」に対して見かけが弱々しい(ナヨナヨ)
               ことから「ナヨクサフジ」の名になったようですが、繁殖力は
               旺盛で、名前とは裏腹のようです。
               柔らかそうではありましたがナヨナヨとは感じませんでしたし。
 
 
先週(7/8)、再びこの場所を通りかかってみると、もう花の時期は終わったらしく、
赤紫色だった絨毯はベージュ色の絨毯に変わっていました。
 

| | コメント (18) | トラックバック (0)

2010/07/02

グーズベリーの花

昨年の初めての出会いのとき、すでに実が生っていたご近所の「グーズベリー」。
実はその後1枚も葉のない状態が長く続いていたので枯れてしまったの?と
心配していましたが、春になったらちゃんと芽が出てきてホッとしたのでした。
そして、今年は花も見ることができましたよ。
地味であんまり目立たない花だけど、初夏らしい爽やかな印象の花でした。
こんな感じ。ご覧ください。 昨年アップの実の様子は→コチラから
     (shine写真クリックでもう少し大きめ写真もご覧くださいshine
 
 
      100502gooseberry_4
 
      100502gooseberry_1
 
      100502gooseberry_2
 
          直径・長さとも1cm位と、思ったより小さな花でした。
              お日さまの光を受けた姿が綺麗でしょ。
                     (5/2 撮影)
 
 
      100602gooseberry_mi2
 
      100602gooseberry_mi4
 
         花を見てからちょうど1ヵ月後、若い実ができていました。
           こちらもお日さまの光が透けてとっても綺麗です。
                     (6/2 撮影)
 
 
さて、今年はあれからあの爽やかなグリーンの実たちはどうなったのでしょう。
少し赤く色付いてそれから?完熟の頃はまたも見逃しました。来年見られるかな?
 

| | コメント (14) | トラックバック (0)

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »