« 刺々しいあなた | トップページ | ムスカリの変身 »

2010/07/21

鮮やか紫のキキョウソウ 

初めて見たときから心奪われた「キキョウソウ」の小さな花の鮮烈な紫。
嬉しいことに毎年散歩中に会うことができています。なぜか毎年違う場所でですが。
今年は古い公民館脇の小さな花壇にたくさん生えていました。
      (cute写真クリックでもう少し大きめ写真もご覧いただけますcute
 
 
         100611kikyousou1
 
100611kikyousou2 100611kikyousou3
 
                      6/11 撮影
 
 
         100617kikyousou3
 
         100617kikyousou7
 
                      6/17 撮影
 
 
この場所のものは密集していたせいか草丈が低めで、いちばん大きくて30cmほど。
花の直径も1.5cmほど。 草丈は80cmくらい花径は2cmくらいまで育つものもある
ようです。 春から5月頃までは閉鎖花をつけ、6月頃から普通に花が咲く(開放花)
そうですし、熟した実から種がこぼれ出るときは実の側面に窓が開いて、そこから
出るのだそうですが、自分ではまだ観察できていません。
 
「キキョウソウ(桔梗草)」:キキョウ科・キキョウソウ属  北米原産の帰化植物
                別名「ダンダンギキョウ(段々桔梗)」(←葉のつき方から)
 
風に乗ってうちにも来ないかなーと思っている植物のひとつです。
願ってるものがみんな来たら、うちの狭い庭はますます野草園(=草むら)化して
それこそ足の踏み場がなくなりそうですけれど(^^;)
  

|

« 刺々しいあなた | トップページ | ムスカリの変身 »

コメント

お早うございます。
「キキョウソウ」こちらでは見かけたことがありません。
確かに鮮やかな紫が、印象的で可愛いですね。
こちらにも、風に乗ってやってきてくれないかな~~。
アッ、ホントだ。
我が家の庭こそ、新しいものが入ってこれるスペースが、もうありません。
飛んできて欲しい花が一杯ありすぎです。

そういえば、一昨年「ヒメヒオウギ」が咲いたのには驚きました。
未だ、何処からやってきたのか不明。
近所の家にもやってきたみたいです。
嬉しい訪問者です。

投稿: 鎌ちゃん | 2010/07/21 08:36

キキョウソウは小さいけれど道端などに咲いていても目立ちますね。
実の窓からたくさんの種を飛ばすので、昨年とは違ったところでも顔を出すのでしょうね。
私も窓は観ましたが、まだ種が飛ぶところには出合ったことがありません。

投稿: 横浜のおーちゃん | 2010/07/21 11:33

いや〜、こりゃまた懐かしい(笑)。
でもこう暑い日が続くと、キキョウソウの時期の気温が懐かしくなりますし、なによりこの涼しげな色合いに救われますね♪

投稿: noodles3 | 2010/07/21 12:05

わっ、涼しげですね。
今、歯医者から帰宅したのですが、強烈な暑さです。
目だけでも涼しい花を見れて、良かったです。

投稿: ロッキーママ | 2010/07/21 13:09

◆鎌ちゃん、ありがとうございます ♪

こんにちは。
キキョウソウは私もほんの3~4年前に出会ったばかりなんですが、
帰化植物といってもまだ全国津々浦々まで行き渡っている
わけではないのかもしれませんね。
でも、増えているという話も目にしたり… ??
いつか鎌ちゃんのお庭にもふわりと舞い降りる日がくるかも
しれませんね。そしてわが家にも。そのとき、知らずに抜いて
しまわずにいられるかちょっと心配ですが(^^)
鎌ちゃんのお庭にはヒメヒオウギスイセンもふわり舞い降りて
くれたんですね。実はヒメヒオウギスイセンも来てくれないかなぁと
思っている植物の一つなんです。セリバヒエンソウもそうですし…
統一性のない草むら化への道まっしぐらです(笑)


◆横浜のおーちゃん、ありがとうございます ♪

仰るように、咲いていればパッと目に飛び込んできます。
小さな花なのですけれど、やはりこの紫は目を引きます。
パカッと割れるのでもなく、言葉どおりに実の一部に窓を開くのが
面白いですね。おーちゃんはその窓もご覧になっているのですね。
種はきっと微細なものなのでしょうね。


◆noodles3さん、ありがとうございます ♪

noodlesさんがアップされてからずいぶんと経ってしまいましたが
やっと!アップすることができました(^^;)
つい一昨日でしたか見に行ったところ、その花壇では今は
ガウラが揺れてました。
この写真を撮ったときは梅雨の晴れ間でかなり陽射しが
きつかったのですが、ここ数日と比べたら、全然まだまだでしたね。
それくらいこの数日は暑いです。目からせめてほんのちょっぴりでも
涼しさを感じていただければ幸いです。


◆ロッキーママさん、ありがとうございます ♪

暑い中のお出かけ、お疲れ様でした!もわっと熱い空気の中を
歩くと息が詰まりそうになりますね。ほんと強烈です。
私も午前中に30分ほど庭作業をしましたが、水を浴びたように
汗だくになりました。
キキョウソウの涼やかな花、今でも咲いていてくれると
ありがたいのですが、もう無理かな。
せめて目だけも少しばかり涼んでいただけてよかったです。
 

投稿: ポージィ | 2010/07/21 15:15

ポージィさん こんばんは

キキョウソウ、初めてです
でも、道ばたに生えていることが多いのなら
どこかでお目にかかっているのかもしれません

これも帰化植物なんですね~
帰化植物は繁殖力が旺盛ですね
でも、こんなに可愛い花だったら庭にも飛んで来て欲しいなぁ


投稿: glenn | 2010/07/21 23:32

夏には涼しげな花ですね。
ひまわりのように、見ているだけで夏っ!
ってのも好きなのですが。

投稿: ふくやぎ | 2010/07/21 23:41

◆glennさん、ありがとうございます ♪

こんばんは~(^^)
キキョウソウ初めてでいらっしゃいましたか。
可愛いでしょう?園芸植物と比べるとちょっと花数は少なめですが、
そこがまたいいとも思います。
繁殖しているところではしているらしいのですが、
うちの近辺ではそんなにものすごく増えている風でもなさそうな。
庭に飛んできてくれたら楽しくなっちゃう花ですよね。
数は調整させてもらいますけれど。


◆ふくやぎさん、ありがとうございます ♪

紫の花が涼やかですよね。
でも、5~7月頃が花期のようで、この場所のも
おととい見たらもうすっかり咲き終わっているようでした。
見ているだけで夏!の代表格はやっぱりヒマワリですね。
他には何でしょ?ダリアとかカンナとか?
 

投稿: ポージィ | 2010/07/22 00:08

ポージィさん、こんばんは。まず閉鎖花とは何のことでしょう。文字からは、閉じている花と言う意味にとれますが、閉じていたら、それは花とは言えないでしょう?
その後、子孫を残してから普通の花を咲かせると書いてありました。帰化植物で一年草、見つけるのが難しいのですか。

投稿: polo181 | 2010/07/22 20:48

◆polo181さん、ありがとうございます ♪

こんばんは。
閉鎖花とは「花冠が開かず、自花の雌しべと雄しべの間で受粉受精する花」
のことを言います。ずーっと前なんですがタチツボスミレの閉鎖花について
記事を書いていますのでよろしかったらご覧ください。
http://fshop-posyposy.cocolog-nifty.com/posyposy/2006/06/post_5f0f.html
効率的確実に子孫を残すための植物たちの戦略の1つで、面白いですね。
花弁が開かなくてもそれでもやっぱり花ということになります。
私は3~4年前に初めて見つけて以来、毎年見てはいますが、今のところ
数多くはありません。でも検索して色んな方のサイトを拝見しますと
どんどん増えていると書いている方もあり、場所によって様々なようですね。

投稿: ポージィ | 2010/07/22 23:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50994/48748543

この記事へのトラックバック一覧です: 鮮やか紫のキキョウソウ :

« 刺々しいあなた | トップページ | ムスカリの変身 »